芸術文化とは? わかりやすく解説

芸術文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/07 18:06 UTC 版)

紀元前500年」の記事における「芸術文化」の解説

現在はローマカピトリーノ美術館所蔵されている雌の像が制作された。後に15世紀末ないし16世紀始めに双子像が加えられた。(おおよその年代

※この「芸術文化」の解説は、「紀元前500年」の解説の一部です。
「芸術文化」を含む「紀元前500年」の記事については、「紀元前500年」の概要を参照ください。


芸術文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 01:58 UTC 版)

マダガスカル」の記事における「芸術文化」の解説

口承されるもの、著述されたものの別を問わず幅広い文学文芸発展している。マダガスカル伝わ主な芸的伝のひとつが「ハインテニ(hainteny、詩)」「カバリ(kabary、講談)」「ウハブラナ(ohabolana、ことわざ)」の形式表現される弁舌である。「イブニア(Ibonia)」という頌詩はこれら伝統好例である。「イブニア」は島のそこかしこで、いくつかの異なる形態をとりながら、何世紀もの間受け継がれてきており、マダガスカル村々が持つ多様な神話価値観うかがい知ることができる。弁舌という文化的伝統は、ジャン=ジョゼフ・ラベアリヴェルやエリ・ラザウナリスンといった、20世紀以後作家にも続いている。ラベアリヴェルはアフリカでは初めて近的な詩を書いた詩人であり、ラザウナリスンはマダガスカル語詩人ニューウェーブ一人である。マダガスカルまた、音楽の分野でも豊富な伝統文化がある。沿岸部の「サレジ(salegy)」、中央高地の「ヒラガシ(hiragasy)」などのように地方ごとに特色ある音楽ジャンル発展しており、これらは集まり地方のダンスフロア、全国規模ラジオ放送盛り上げるのに一役買っている造形美術盛んである絹織り併せてランバ呼ばれるまとい布の生産古くから行われてきたが、ラフィア椰子その他の地元素材も、敷物、籠、袋、帽子などの実用品数々作るのに利用されてきた。木彫り彫刻高度な発展遂げており、各地明確な様式違い見せている。これはたとえば、バルコニーの手すりの装飾その他の建築要素顕著である木彫り職人たちはさまざまな家具什器のほか、「アルアル(aloalo)」という、埋葬時に地面立て彫刻手がける普通の木彫り彫像作るが、その多く観光客向けである。2008年には、中央高地ザフィマニリ族の伝統的な木彫工芸が、ユネスコ世界無形文化遺産傑作である旨の宣言受けた。 アンタイムル族の村々では、花などの装飾的な自然素材埋め込ん漉いた紙がいつのころからかエコ・ツーリスト向けに売られ始めて久しい刺繍透かしかがり(糸抜き細工)を施した布地生産は、手仕事行われている。地元市場などで売られるテーブルクロスその他の手芸品同様であるアンタナナリヴいくつかの都市部では、地元アーティスト作品展示販売するファインアート画廊が、軒数こそ少ないながら増えている。また、フスチャ野外展覧会のような毎年行われる芸術祭マダガスカルはいくつかあり、それらがファインアート分野における文化継続的な発展貢献している。

※この「芸術文化」の解説は、「マダガスカル」の解説の一部です。
「芸術文化」を含む「マダガスカル」の記事については、「マダガスカル」の概要を参照ください。


芸術文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/27 14:00 UTC 版)

コンドン (オレゴン州)」の記事における「芸術文化」の解説

コンドンでは1月のロバート・バーンズデー、3月バスケットボール大会11月秋祭りなど、年間を通じて様々な行事を開催している。 また、州道19号線沿いのバーンズ・パークはギリアム歴史博物館があり、アメリカ合衆国国家歴史登録財登録されサイラス・A・ライスの家や旧駅舎、車掌車教会理髪店刑務所校舎などが展示されている。 また、レジャー施設として9ホールゴルフ場プール映画館があり、夏にはコンサート招致している。

※この「芸術文化」の解説は、「コンドン (オレゴン州)」の解説の一部です。
「芸術文化」を含む「コンドン (オレゴン州)」の記事については、「コンドン (オレゴン州)」の概要を参照ください。


芸術文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 05:32 UTC 版)

旧石器時代」の記事における「芸術文化」の解説

自然信仰呪術広く行われたが、晩期旧石器時代ヨーロッパで35,000年前最初の芸術生まれた絵画だけでなく塗装彫刻始まった動物女性などの彫刻見つかっているが、その技術きわめていとされる芸術信仰呪術緊密に結びついていた。

※この「芸術文化」の解説は、「旧石器時代」の解説の一部です。
「芸術文化」を含む「旧石器時代」の記事については、「旧石器時代」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 01:10 UTC 版)

さいたま市出身の人物一覧」の記事における「芸術・文化」の解説

遠藤憲昭 - ファッションプロデューサー 荻原浩 - 作家 北澤楽天 - 「日本の近代漫画の祖」と言われた漫画家大宮市名誉市民第一号に推挙され晩年暮らした盆栽町居宅跡には、楽天作品収蔵しさいたま市立漫画会館開設された。 さとうふみや - 漫画家 たつみや章 - 児童文学 矢島信男 - 特撮監督 林弘樹 - 映画監督図書館プロデューサー

※この「芸術・文化」の解説は、「さいたま市出身の人物一覧」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「さいたま市出身の人物一覧」の記事については、「さいたま市出身の人物一覧」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/27 09:54 UTC 版)

1830年」の記事における「芸術・文化」の解説

12月5日 - ベルリオーズ幻想交響曲初演[要出典]。

※この「芸術・文化」の解説は、「1830年」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「1830年」の記事については、「1830年」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 15:59 UTC 版)

ルーテル教会」の記事における「芸術・文化」の解説

パッヘルベルJ.S.バッハテレマンメンデルスゾーンなど著名な音楽家が所属していたことで有名であるバッハルーテル教会生み出した偉大な音楽家である。また、源流に当たるルター聖歌隊経験し賛美歌作詞作曲した音楽家でもあった。バッハ教会音楽も、ルター以来会衆賛美歌伝統中心に据えられている。 宗教改革旗手中にはツヴィングリのように典礼音楽否定した重視しなかった人もいたが、ルター音楽神の賜物として高く評価した。かれは、聖歌隊主な歌い手とするラテン語聖歌代わって会衆礼拝音楽直接参加することを唱え一般信徒も歌うことができるドイツ語讃美歌書いたとりわけ詩篇46翻案し作詞作曲した「神はわがやぐら」は有名である以後ドイツ語讃美歌コラール)が多数創作され教会堂歌われるようになり、ルター派教会音楽バッハ活躍した18世紀前半まで隆盛誇ったその後一時衰退したが、19世紀から20世紀にかけて徐々に復興したアルブレヒト・デューラールーカス・クラナッハカスパー・ダーヴィト・フリードリヒエゴン・シーレらの著名な画家たちルター派属していた。多くの思想家輩出しており、ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルセーレン・キェルケゴールフリードリヒ・ニーチェ代表的存在である。ルター派牧師の子であったフリードリヒ・ニーチェキリスト教批判続けたが、教会離脱することも破門されこともなく葬儀ルター派教会盛大に行われている。

※この「芸術・文化」の解説は、「ルーテル教会」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「ルーテル教会」の記事については、「ルーテル教会」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 22:44 UTC 版)

ニュージャージー州」の記事における「芸術・文化」の解説

ニュージャージー州他州と同様独自の料理宗教社会博物館殿堂を持っている。 州内では近代的な発明多く生まれた例えば、FMラジオ映画撮影カメラリチウム乾電池電球トランジスター電車挙げられるその他にドライブイン・シアターブルーベリークランベリー栽培、はがき、遊歩道ジッパー蓄音機塩水タフィ飛行船種なしスイカ戦争初め使われ潜水艦アイスクリームコーンがある。 州内には軽食レストランが多い。その数は600を超え他州よりも多い。

※この「芸術・文化」の解説は、「ニュージャージー州」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「ニュージャージー州」の記事については、「ニュージャージー州」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 00:42 UTC 版)

アラスカ州」の記事における「芸術・文化」の解説

アラスカ人気のある年間行事には、アンカレッジ市からノームまでのイディタロッドトレイル犬橇レースフェアバンクス世界氷の芸術選手権ケチカンのアラスカ・ハミングバード祭、シトカ祭、ランゲルのスティキーン川ガーネット祭がある。スティキーン川の春に世界で最大級にアメリカハクトウワシが集まってくる。 アラスカ先住民歴史遺産センター州内11の民族豊富な歴史遺産誇っている。その目的先住民自尊心高めあらゆる人々文化的交流を図ることである。アラスカ民族芸術基金州内あらゆる地域文化から民俗芸術促進し市場乗せようとしている。アンカレッジ市西6番アベニュー500ギャラリーニューヨーク市ソーホーマーサー通り109のアラスカハウス・ニューヨーク、さらにインターネットでも閲覧できる

※この「芸術・文化」の解説は、「アラスカ州」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「アラスカ州」の記事については、「アラスカ州」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/14 07:30 UTC 版)

コンコード (カリフォルニア州)」の記事における「芸術・文化」の解説

市ではコンコード・ジャズフェスティバルを毎年開催している。1999年買収されコンコード・レコードは市に拠点置いている。ジャズ・ミュージシャンのデイヴ・ブルーベックコンコード生まれた2006年には、コンコード高校の隣、コンコード・ブールバードに面した所にある公園が、彼の名誉を称えてデイヴ・ブルーベック公園改名された。 コンコードにはドラムコーインターナショナルDCI)の大会で18優勝実績を持つ、ブルーデビルス拠点置いている。ブルーデビルス世界中から才能のあるミュージシャン集めているドラムコーである。

※この「芸術・文化」の解説は、「コンコード (カリフォルニア州)」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「コンコード (カリフォルニア州)」の記事については、「コンコード (カリフォルニア州)」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 08:49 UTC 版)

ウィスコンシン州」の記事における「芸術・文化」の解説

ウィスコンシン州田園経済では酪農業チーズ作り昔から有名だった自動車のナンバープレートにも1940年から「アメリカ酪農地帯と書かれている。このことから州民には「チーズヘッド」という渾名ができた(チーズヘッドには軽蔑的な意味もある)。またチーズの塊の形に黄色い泡で作られた「チーズヘッド・ハット」もできた。 州内では市民の歴史遺産祝って多くの民族祭が開催されている。サマーフェスト、オクトーバーフェスト、ポーリッシュ・フェスト、フェスタ・イタリアーナ、アイリッシュ・フェスト、バスティーユデイズ、シッテンデ・メイ(ノルウェー憲法記念日)、シボイガン開催されるブラッと(ヴルストデイモンロー市メコン市で開催されるチーズデイズ、アフリカンワールド・フェスティバル、インディアン・サマー、アラブ・フェスト、などである。

※この「芸術・文化」の解説は、「ウィスコンシン州」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「ウィスコンシン州」の記事については、「ウィスコンシン州」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/17 22:37 UTC 版)

ファウンテンバレー (カリフォルニア州)」の記事における「芸術・文化」の解説

毎年6月には市内のマイル・スクエア地域公園夏祭り開催される祭りでは自動車展示会移動遊園地音楽屋台などを楽しめる

※この「芸術・文化」の解説は、「ファウンテンバレー (カリフォルニア州)」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「ファウンテンバレー (カリフォルニア州)」の記事については、「ファウンテンバレー (カリフォルニア州)」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 09:46 UTC 版)

オクラホマ州」の記事における「芸術・文化」の解説

オクラホマ州アメリカ合衆国国勢調査局分類南部位置づけられているが、定義によってはその全体あるいは一部南西部および南部文化地域入り、また地理・文化地域の定義ではアップランドサウスグレートプレーンズにも一部入っている州民先祖を辿れば、ドイツ人イギリス人、スコットランド・アイルランド人およびインディアン比率が高い。インディアン言語では25言語話されている。北アメリカ白人移民増えたときに多くのインディアン部族オクラホマ移住させられたので、言語的に非常に多様であるオクラホマ大学人類学准教授ノーブル博物館インディアン言語補助学芸員であるメアリー・リンは、絶滅高度に危惧される言語があるとのことである。 現在のオクラホマ州呼ばれる地域これまで6つ政体支配した。また67インディアン部族州内にいる。部族本部の数で最も多く連邦認定した部族でも39ある。州西部の牧場経営者、インディアン部族南部開拓者および東部の石油成金が州文化構成要素となり、大都市であっても国内で最も文化の低い所と見なされてきた。州民南部によく見られるもてなし良さ慣れており、カタログ・フォー・フィランソロピーはその全体としての寛容さ国内第4位に位置づけている。またジョン・スタインベック小説怒りの葡萄』がオーキー呼ばれたダストボウル時代教養の無い貧窮喘ぐ農夫困窮度を描いていたが、そのような否定的な文化にも馴染んできた。しかし、オーキーという言葉州民から肯定的な意味合い使われることの方が多い。

※この「芸術・文化」の解説は、「オクラホマ州」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「オクラホマ州」の記事については、「オクラホマ州」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 10:01 UTC 版)

ニューメキシコ州」の記事における「芸術・文化」の解説

ニューメキシコ州には1990年時点でインディアン134,000住んでおり、現在でもインディアン文化重要な中心であり続けている。ナヴァホ族アパッチ族どちらもアサバスカ語族である。アパッチ族いくらかのユト族州内連邦指定地住んでいるナヴァホ族居留地大半が隣のアリゾナ州にあるが、面積は1,600エーカー (65,000 km²) あり、国内最大となっている。前史時代農業営んでいたプエブロ族インディアン州内散らばったプエブロ住んでいるニューメキシコ州民の3分の1上がヒスパニック出自申告しており、その多く植民地時代開拓者の子孫である。その祖先州内北部入植したメキシコ移民大半は南部住んでいる。また主に北部では人口10ないし15%がヒスパニック系ユダヤ人祖先を持っている。 特徴あるスペイン語方言話す人も多い。ニューメキシコスペイン語には他でのスペイン語話者分からない語彙あることが多い。ニューメキシコ歴史で、他のスペイン語地域孤立していたことがあり、よそでは古語と考えられる中世後期カスティリア語を残しており、また地名などインディアン言語多く採用しさらには概念新し発明には英語の語彙使っている。 アルバカーキにはニューメキシコ自然史科学博物館国立ヒスパニック文化センター、および国立原子力科学歴史博物館があり、さらに毎年秋にアルバカーキ国際バルーン・フィエスタが開催されている。

※この「芸術・文化」の解説は、「ニューメキシコ州」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「ニューメキシコ州」の記事については、「ニューメキシコ州」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/20 22:51 UTC 版)

コロニア・ローマ」の記事における「芸術・文化」の解説

コリマ通りに数多くギャラリーがある。一帯はまたアメリカ合衆国世界出ようとする中南米芸術家引き寄せている。 カサ・ラム文化センター20世紀はじめ邸宅修復活用するプロジェクトの一環として、1994年オープンした1911年建てられ邸宅中に展示スペースレストラン設けられている。 カサ・ウニベルシタリア・デル・リブロ(大学本の家)は1920年代建てられ建物で、1986年以降この建物メキシコ国立自治大学(UNAM)に貸し出されており、UNAM関係の書籍販売特化した書店になっている特定の大学学術的著書専門に売る書店としてはメキシコ唯一のものであるサグラダ・ファミリア教会ロマネスク・リヴァイヴァル建築またはゴシック・リヴァイヴァル建築分類されメキシコ人のマヌエル・ゴロスペの設計で1910-1912年に主要部分建てられ鉄筋コンクリート製の建物である。1920年代イエズス会士画家のゴンサレス・カラスコが内部壁画飾り、またクリステロ戦争期の1927年プルタルコ・エリアス・カリェスによって処刑されイエズス会士殉教者とされるミゲル・プロ(英語版)の遺物残されている。 ヌエストラ・セニョーラ・デル・ロサリオ教会ゴシック・リヴァイヴァル建築様式で1920-1930年にかけて建てられた比較的新しい建物だが、記録によれば1911年計画されたメキシコ革命のために遅れていたもので、ディアス時代建物と共通度が高い。

※この「芸術・文化」の解説は、「コロニア・ローマ」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「コロニア・ローマ」の記事については、「コロニア・ローマ」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/01 15:19 UTC 版)

宮城県古川高等学校の人物一覧」の記事における「芸術・文化」の解説

久保田憲治 - 中32画家日本画白鳥三郎 - 高1画家画家独立協会審査員熊谷一 - 高1(金剛流能楽師土田英彦 - 高7(デザイナー佐藤宏 - 高10画家宮本信夫 - 高12造形美術家、TENTO MUSHI、東京都庁ふれあいモール佐々木實 - 高18画家画家新制協会金沢茂 - 高18東京交響楽団首席トロンボーン奏者江村功 - 高19東京ジャズギルトオーケストラバンドマスター) 加藤恒光 - 高20写真家千葉照男 - 高20彫刻家千石進 - 高22仙台フィルハーモニー工藤春彦 - 高24東京放送管弦楽団コンサートマスター、「NHK歌謡コンサートコンサートマスター、「紅白歌合戦」、「BSにっぽんの歌」等にレギュラー出演。) 姉歯公也 - 高22造形作家成田英文 - 高34リヨン国立歌劇場専属オペラ歌手相澤政宏 - 高39東京交響楽団首席フルート奏者成田博之 - 高39声楽家バリトン歌手日本声楽コンクール優勝国際ミトロプーロス声楽コンクール最高位入賞したオペラ歌手二期会所属大橋諭 - 高41トランペット奏者大和田雅洋 - 高41サクソフォーン奏者洗足学園音楽大学准教授東京藝術大学講師伊藤圭 - 高48NHK交響楽団首席クラリネット奏者日本クラリネットコンクール優勝。) 佐藤健悦 - 高48漫画家小野洋一郎 - 高49漫画家第一回コミックパンチ漫画大賞入選作家。宮部みゆき原作ブレイブストーリー代表作。) 本田勇介 - 高55ピアニスト音楽家国際大会でも優勝している世界的ピアニスト。) 芳賀史徳 - 高55クラリネット奏者佐藤直幸 - 高60声楽家

※この「芸術・文化」の解説は、「宮城県古川高等学校の人物一覧」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「宮城県古川高等学校の人物一覧」の記事については、「宮城県古川高等学校の人物一覧」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 03:01 UTC 版)

ノースカロライナ州」の記事における「芸術・文化」の解説

州内には芸術音楽料理豊かな伝統がある。非営利芸術文化活動12米ドル経済効果があり、43,600人の雇用生み出し地方政府州政府には1億1,900万米ドル収入がある。国内でも初の州議会設立し資金手当した美術館としてノースカロライナ美術館設立運営してきており、州経済大きな効果もたらし続けている。

※この「芸術・文化」の解説は、「ノースカロライナ州」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「ノースカロライナ州」の記事については、「ノースカロライナ州」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/23 08:36 UTC 版)

パインブラフ (アーカンソー州)」の記事における「芸術・文化」の解説

パインブラフ・コンベンションセンターは州で最大級イベント施設である。芸術・科センターでは演劇ワークショップ行っており、子どもも大人楽しめる他の見どころとしては、ダウンタウンにある市の歴史描いた壁画、パインブラフ・ジェファーソン郡歴史博物館アーカンソー鉄道博物館、アーカンソー・エンターティナー栄誉殿堂などがある。 パインブラフレジャースポットは、ウォータースポーツ州内でも最上級漁場となっているアーカンザス川でのバス釣り、さらにゴルフテニスまで幅広い毎年30から35バス釣りトーナメント開催されており、パインブラフ・ジェファーソン郡地公園は「世界バス首都」という異名を持つ。マイク・ハッカビー・デルタ・リバーズ・ネイチャーセンターでは、デルタ地帯動物数多く展示されている。

※この「芸術・文化」の解説は、「パインブラフ (アーカンソー州)」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「パインブラフ (アーカンソー州)」の記事については、「パインブラフ (アーカンソー州)」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 05:00 UTC 版)

ハワイ州」の記事における「芸術・文化」の解説

ハワイ土着文化ポリネシア系のものであるハワイ太平洋中部南部拡がる広大なポリネシア三角の北端である。伝統的なハワイ文化は現在でも色濃く残っていて、全島儀式伝統行事再演が行われている。ルアウハワイ宴会)やフラなど大きく変化した形態ではあるが、アメリカ合衆国影響を与えたものもある。 アメリカ本土の他、日本などからの移民持ち込んだ文化影響与えている(後述)。

※この「芸術・文化」の解説は、「ハワイ州」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「ハワイ州」の記事については、「ハワイ州」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 03:04 UTC 版)

ミシシッピ州」の記事における「芸術・文化」の解説

ミシシッピ州ブルースを始めとした音楽文化知られている

※この「芸術・文化」の解説は、「ミシシッピ州」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「ミシシッピ州」の記事については、「ミシシッピ州」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 07:49 UTC 版)

ウェリントン」の記事における「芸術・文化」の解説

ウェリントン芸術文化のうえでもニュージーランド首都であり、また国内映画産業中心である。ピーター・ジャクソンリチャード・テイラー (Richard Taylor)、それにクリエイティヴプロフェッショナルの成長続け集団によって、東の郊外ミラマー (Miramar) は、世界で最高の映画制作拠点一つへと変貌遂げたジェーン・カンピオンヴィンセント・ウォードのような監督たちは、インディペンデント精神保ったまま、世界中スクリーン作品上映させることに成功したタイカ・ワイティティ (Taika Waititi)、チャーリー・ブレイクリー (Charlie Bleakley)、コスタ・ボテス (Costa Botes)、ジェニファー・ブッシュ=ドメック (Jenifer Bush-Daumec) といった新進映画作家たちは、ウェリントン拠点とするネットワークと、映画関わる機会を拡張している。また『ロード・オブ・ザ・リング3部作『アバター』アカデミー視覚効果賞受賞したWETAデジタル社の成功により、CG制作プロダクションの数も増加している。 ウェリントンは、テ・パパ・トンガレワ (Te Papa Tongarewa ニュージーランド国立博物館)、ナショナル・オペラ・カンパニー (National Opera Company)、ニュージーランド交響楽団 (New Zealand Symphony Orchestra)、シティ・ギャラリー (City Gallery Wellington)、チェンバー・ミュージック・ニュージーランド (Chamber Music New Zealand)、ロイヤル・ニュージーランド・バレエ団 (Royal New Zealand Ballet)、セント・ジェイムズ・シアター (St. James Theatre)、ダウンステージ・シアター (Downstage Theatre)、バッツ・シアター (Bats Theatre)、ニュージーランド芸術財団 (Arts Foundatin of New Zealand) の所在地である。 この街では、隔年開催されるニュージーランド国際芸術フェスティバル (New Zealand International Arts Festival) のほか、キューバ・ストリート・カーニバル (Cuba Street Carnival)、フリンジ・フェスティバル (Fringe Festival)、サマー・シティ (Summer City)、ニュージーランド・アフォーダブル・アート・ショウ (New Zealand Affordable Art Show)、多数映画祭、ワールド・オブ・ウェアラブル・アート (World of Wearable Art) といった大イベント開かれる多くの地域民族別コミュニティ毎年イベント開いており、それらはみな、かつては退屈な政治都市だったこの首都を、ニュージーランド全国羨望の的へと変えることに貢献している。 地元音楽シーンは、フェニックス・ファウンデーション (The Phoenix Foundation) やシハード (Shihad)、ファット・フレディーズ・ドロップ (Fat Freddy's Drop)、ブラック・シーズ (The Black Seeds) の成功により、多様性富みつつ隆盛する才能宝庫化した2005年には、マッセー大学 (Massey University) とヴィクトリア大学ウェリントン校 (Victoria University of Wellington) の音楽レッスンおよび音楽理論プログラム統合により、ニュージーランド・スクール・オブ・ミュージック (The New Zealand School of Music) が設立された。 詩人国際近代文学研究所ディレクターのビル・マンハイア (Bill Manhire) によって、ヴィクトリア大学創作文芸プログラムは、新し文学活動のるつぼへと変わった舞踊演劇のテ・ワエア (Te Whaea)、美術のザ・ラーニング・コネクション (The Learning Connexion) といった高等教育機関は、次世代訓練創造性開発の場提供しているこの街新たな芸術センター、トイ・ポネケ (Toi Poneke) は、創造的なプロジェクトコラボレーション多文化交流による作品製作のための場となっている。芸術プログラム&サービス・マネージャーのエリック・ホロワクス (Eric Holowacz) と、このエイベル・スミス通り施設拠点とする少人数チームは、オープニング・ノーツ (Opening Notes)、ドライブ・バイ・アート (Drive by Art)、毎年開催されるアートスプラッシュ・フェスティバル (Artsplash Festival)、パブリック・アート新プロジェクトといった、野心的な新企画プロデュースしてきた。 首都ということでウェリントン公的機関活動中心であるわけだが、行政文化担当者は、都市生活こうした面と結びつくことに積極的である21世紀始めにウェリントン南半球の芸術・文化・創造性活気ある中心としての地位確立した

※この「芸術・文化」の解説は、「ウェリントン」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「ウェリントン」の記事については、「ウェリントン」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 22:50 UTC 版)

コリエンテス州」の記事における「芸術・文化」の解説

フォルクローレチャマメ発祥地として有名であるコリエンテス州は、アルゼンチンでは唯一かなりの数の黒人住んでおり、黒人文化影響見て取れる。ラスギド・ドブレはチャマメをよりリズミカルにしたものである。黒人カンバ(グアラニー語で黒を表す)と呼ばれ、彼ら独自の地域を持っている。 黒人影響カルナバル表れアルゼンチン全土でもコリエンテスカルナバル祝典は最もカラフルである。

※この「芸術・文化」の解説は、「コリエンテス州」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「コリエンテス州」の記事については、「コリエンテス州」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 23:16 UTC 版)

エントレ・リオス州」の記事における「芸術・文化」の解説

ウルグアイとの国境に近いグアレグアイチュでは毎年アルゼンチンで最も長いカルナバルが行われる。エントレ・リオス州はミュージシャンリリアナ・エレーロの出身地である。

※この「芸術・文化」の解説は、「エントレ・リオス州」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「エントレ・リオス州」の記事については、「エントレ・リオス州」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 08:13 UTC 版)

同志社香里中学校・高等学校」の記事における「芸術・文化」の解説

安藤武博 - ゲームクリエイター 柴貴正 - ゲームクリエイター 室谷由紀 - 将棋女流棋士 湯浅卓雄 - 指揮者東京藝術大学教授

※この「芸術・文化」の解説は、「同志社香里中学校・高等学校」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「同志社香里中学校・高等学校」の記事については、「同志社香里中学校・高等学校」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 09:08 UTC 版)

埼玉県立浦和高等学校の人物一覧」の記事における「芸術・文化」の解説

大谷羊太郎 - 推理作家ミュージシャン小説殺意の演奏』で、第16回江戸川乱歩賞受賞 小川游 - 浦和画家さいたま市美術家協会会長 KAGAYA加賀谷穣) - イラストレーター映像作家。主にプラネタリウム作品手がけている 加藤克巳 - 歌人。元現代歌人協会理事長 金子徳衛 - 浦和画家金子吉衛(元埼玉県蕨市長)の実弟川崎昌平 - 作家詩人アーティスト著書中に記したネットカフェ難民」で、第24回新語・流行語大賞トップ10受賞 川村親光 - 浦和画家。元埼玉県美術家協会会長 神吉敬三 - 美術史家上智大学名誉教授 小松崎邦雄 - 浦和画家。元東京芸術大学講師 斎藤三郎 - 浦和画家 佐藤優 - 作家・評論家。同志社大学客員教授、元外務省大臣官房総務課課長補佐。「外務省ラスプーチン」と呼ばれた 澤野久雄 - 作家元朝日新社記菅順二 - 建築家竹中工務店常務取締役元日本建築学会副会長 杉田豊 - グラフィックデザイナー筑波大学名誉教授絵本「ねずみのごちそう」で、ボローニャ国際児童図書展グラフィック受賞 高田誠 - 浦和画家文化功労者元日理事長 田中保 - 浦和画家サロン・ドートンヌ会員、サロン・デ・ナショナル会員富田祐弘 - アニメーション脚本家ライトノベル小説家、漫画家代表作愛天使伝説ウェディングピーチ内藤五琅 - 浦和画家日本美術院特待 永田二郎 - 浦和画家黒田清輝岡田三郎助師事 仁田三夫 - 写真家考古学者世界的に著名なエジプト学者 藤田紘久 - ウェブマスターウェブサイト写真加工.com」を運営 増田三男 - 彫金家1991年人間国宝重要無形文化財保持者)に認定 本宮ひろ志中退) - 漫画家代表作サラリーマン金太郎渡辺克也 - オーボエ奏者。ソリスツ・ヨーロピアンズ・ルクセンブルク首席奏者 渡辺武夫 - 浦和画家。「シャンパァニュの丘」で、日本芸術院賞受賞

※この「芸術・文化」の解説は、「埼玉県立浦和高等学校の人物一覧」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「埼玉県立浦和高等学校の人物一覧」の記事については、「埼玉県立浦和高等学校の人物一覧」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 02:39 UTC 版)

ローラン」の記事における「芸術・文化」の解説

ピエール=ローラン・エマール - フランスピアニストローラン・ジェルメッティ - フランス生まれ作曲家音楽プロデューサーローラン・イレール - フランスバレエダンサーイヴ・サン=ローラン - アルジェリア出身ファッションデザイナー及びファッションブランド。 ローラン・スーリソー - フランス風刺画家リス本名

※この「芸術・文化」の解説は、「ローラン」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「ローラン」の記事については、「ローラン」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 03:55 UTC 版)

中津 (大阪市)」の記事における「芸術・文化」の解説

佐伯祐三洋画家)- 生家光徳寺である。 森本薫劇作家

※この「芸術・文化」の解説は、「中津 (大阪市)」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「中津 (大阪市)」の記事については、「中津 (大阪市)」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 09:56 UTC 版)

ケンタッキー州」の記事における「芸術・文化」の解説

詳細は「w:Culture of Kentuckyを参照 ケンタッキー州文化南部ものである考えられがちであるが、特定地域では中西部アパラチア山脈地方影響受けて特徴あるものになっているバーボン・ウィスキー蒸留タバコ競馬カレッジバスケットボール知られている先祖見ればアップランドサウス類似している19世紀にはかなりの数のドイツ人移民入ってきており、中西部オハイオ川沿いのルイビルコビントンニューポートなどに入植したドイツ人移民先祖に持つ州民人口比率では、南部州の中でメリーランド州デラウェア州ウェストバージニア州次いで第4位である。その数字アーカンソー州バージニア州のものに近い。スコットランド系イングランド系、スコットランド・アイルランド系アメリカ人も、ケンタッキー州文化大きな影響与えており、州全体に分布している。 19世紀ケンタッキー州奴隷州であり、黒人人口4分の1以上になっていた。しかし綿花プランテーション無かったので、他の奴隷州ほどその比率上がらなかった。現在は人口の8%足らず黒人であり、現代ブラックベルトには含まれない。ただし、州中央部西部にそこそこ人口がいる。ケンタッキー州南北戦争後大半公共の場人種差別を行うジム・クロウ体系採用したが、ディープ・サウス各州ほどアフリカ系アメリカ人差別しことはなく、1954年の「ブラウン対教育委員会事件判決以後平和的に学校で人種差別撤廃した後の1966年には南部州初の公民権法成立させた。 競馬のビッグレースであるケンタッキーダービーに先だってルイビル市では2週間ダービー・フェスティバル開催されるルイビル市ではケンタッキー州祭、ケンタッキー州シェイクスピア祭、サザン・ゴスペルのハイライトである全国カルテット大会開催される州内第3都市ボーリンググリーンでは、世界で唯一シボレー・コルベット組み立て工場があり、1994年全国コルベット博物館開館した第4都市オーエンズボロでは、「世界バーベキュー首都」というニックネーム箔を付けるべく、毎年国際 Bar-B-Q 祭を開催している。 ビクトリア様式建築擁することで国内最大世界で第3位歴史保存地区であるオールド・ルイビルは、国内最大屋外アートショーであるセントジェイムズ・コート・アートショーを開催している。この地区は1883年から1887年までサザン・エクスポジションが開催されており、このとき初めトーマス・エジソン電球公開された。またアリス・ヒーガン・ライス小説キャベツ畑ウィッグス夫人』やファウンテン・フォックスの漫画『トゥーナービル・トローリー』の舞台となったエイブラハム・リンカーン生誕地であるホジェンビルでは、毎年リンカーン・デイ祝祭があり、また2008年2月にはリンカーン生誕200周年全国祭の出発点となったバーズタウンはケンタッキー・バーボン祭で、バーボン・ウィスキー主要生産地として歴史祝っている。グラスゴースコットランドグラスゴー開催されるハイランドゲームズケンタッキー版を開催して本家真似をしている。スタージスサウスダコタ州毎年開催されるスタージス・モーターサイクル・ラリーのミニ版である「リトル・サージス」を開催している。 小さな町であるベントン住人お気に入りのスイートポテト敬意を払いジャガイモの日を開催している。グレイソン郡クラークソンでは、クラークソン・ハニーフェストを祝うことで養蜂産業との結びつき祝っている。毎年9月最終週木曜から土曜にかけて開催されケンタッキー州の公式蜂蜜祭にもなっている。

※この「芸術・文化」の解説は、「ケンタッキー州」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「ケンタッキー州」の記事については、「ケンタッキー州」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 01:17 UTC 版)

アシュランド (オレゴン州)」の記事における「芸術・文化」の解説

アシュランドは、オレゴン・シェイクスピア・フェスティバルで有名な都市である。毎年このため数千人の観光客訪れる。1930年屋外で夏に行う行事として始まったフェスティバルは、2月から10月までのシーズン拡大しシェイクスピアそれ以外の劇をレパートリーとして、3つの劇場で上演されている。オレゴン・シェイクスピア・フェスティバルのチケット売上枚数、および上演数はアメリカ国内のどの劇場よりも上回っている。例年一年間におよそ10万人の観光客に対して35万枚チケット販売している。 その他、教会改装して作られたオレゴン・キャバレー・シアターがあり、年間を通してミュージカル上演される

※この「芸術・文化」の解説は、「アシュランド (オレゴン州)」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「アシュランド (オレゴン州)」の記事については、「アシュランド (オレゴン州)」の概要を参照ください。


芸術・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 15:06 UTC 版)

世界三大一覧」の記事における「芸術・文化」の解説

世界三大図書館アメリカ議会図書館大英図書館フランス国立図書館 世界三大国際映画祭カンヌ国際映画祭フランス)、ベルリン国際映画祭ドイツ)、ヴェネツィア国際映画祭イタリア世界三大ファンタスティック映画祭ポルト国際映画祭ポルトガル)、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭ベルギー)、シッチェス・カタロニア国際映画祭スペイン世界三大演劇演技体系世界戯劇三大表演体系スタニスラフスキー・システムベルトルト・ブレヒト演劇芸術京劇芸術体系梅蘭芳世界三大喜劇王チャールズ・チャップリンバスター・キートンハロルド・ロイド 世界三大サーカスリングリングサーカス(アメリカ)、ボリショイサーカスロシア)、木下大サーカス 戦前の例ではベル・ハームストン・サーカス(イギリス)が世界三大サーカスとして紹介されている。 世界三大民族舞踊モイセーエフ民族舞踊団(ソ連)、メキシコ民族舞踊団、マゾフシェ民族合唱舞踊団ポーランド世界三大雪まつりさっぽろ雪まつりケベック・ウィンター・カーニバルカナダ)、ハルビン氷祭り中国

※この「芸術・文化」の解説は、「世界三大一覧」の解説の一部です。
「芸術・文化」を含む「世界三大一覧」の記事については、「世界三大一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「芸術文化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



芸術文化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの紀元前500年 (改訂履歴)、マダガスカル (改訂履歴)、コンドン (オレゴン州) (改訂履歴)、旧石器時代 (改訂履歴)、さいたま市出身の人物一覧 (改訂履歴)、1830年 (改訂履歴)、ルーテル教会 (改訂履歴)、ニュージャージー州 (改訂履歴)、アラスカ州 (改訂履歴)、コンコード (カリフォルニア州) (改訂履歴)、ウィスコンシン州 (改訂履歴)、ファウンテンバレー (カリフォルニア州) (改訂履歴)、オクラホマ州 (改訂履歴)、ニューメキシコ州 (改訂履歴)、コロニア・ローマ (改訂履歴)、宮城県古川高等学校の人物一覧 (改訂履歴)、ノースカロライナ州 (改訂履歴)、パインブラフ (アーカンソー州) (改訂履歴)、ハワイ州 (改訂履歴)、ミシシッピ州 (改訂履歴)、ウェリントン (改訂履歴)、コリエンテス州 (改訂履歴)、エントレ・リオス州 (改訂履歴)、同志社香里中学校・高等学校 (改訂履歴)、埼玉県立浦和高等学校の人物一覧 (改訂履歴)、ローラン (改訂履歴)、中津 (大阪市) (改訂履歴)、ケンタッキー州 (改訂履歴)、アシュランド (オレゴン州) (改訂履歴)、世界三大一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS