養蜂とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 養蜂の意味・解説 

よう ほう やう- [0] 【養蜂】

蜜(みつ)やろう)を取るための蜜蜂みつばち)を飼育すること。 「 -業」

養蜂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/26 06:22 UTC 版)

養蜂(ようほう)とは、蜂蜜あるいは蜜蝋花粉をとるためにミツバチ飼育することである。また、虫媒による、農作物の受粉を確実にするためにも使われる。


  1. ^ Eva Crane (1983). The Archaeology of Beekeeping. 
  2. ^ a b c Ronan James Head (2008年2月17日). “A Brief Survey of Ancient Near Eastern Beekeeping (PDF)”. 2010年3月17日閲覧。 “"Evidence for apiculture in Mesopotamia is scarce.""One notable problem surrounds the Mesopotamian word for “honey.” Akkadian dišpu (Sumerian làl) refers either to date syrup (Arabic dibs), or honey and it is difficult to know which one is intended in a given passage."”
  3. ^ トゥーサン=サマ 1998, p. 22.
  4. ^ トゥーサン=サマ 1998, pp. 22-24.
  5. ^ a b c 佐々木正己 『ニホンミツバチ』 海游舎、1999年、94頁。ISBN 978-4-905930-57-0
  6. ^ 岩下均 『虫曼荼羅: 古典に見る日本人の心象』 春風社、2004年。ISBN 4-86110-004-6
  7. ^ 衛生管理”. 社団法人 日本養蜂はちみつ協会. 2008年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月30日閲覧。
  8. ^ “ニセアカシア「要注意リスト」に 駆除の動き 養蜂業者に危機感”. YOMIURI ONLINE(読売新聞). (2006年8月20日). オリジナルの2008年1月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080123142613/http://chubu.yomiuri.co.jp/tokushu/saizensen/saizensen060820_1.htm 2008年1月30日閲覧。 
  9. ^ 我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト 掲載種の付加情報(根拠情報) <植物> (PDF)”. 環境省. 2018年10月30日閲覧。
  10. ^ 蜂の病虫害について”. 趣味の養蜂. 2009年4月2日閲覧。
  11. ^ スズメバチ駆除器(トラップ)の作り方”. 大和ミツバチ研究所. 2017年10月11日閲覧。
  12. ^ 捕食性天敵”. 一般社団法人 日本養蜂協会. 2017年10月11日閲覧。
  13. ^ 鈴木健太郎 (2015年8月30日). オオスズメバチを確保せよ!焼酎漬けと蜂蜜漬け. 鈴木養蜂場はちみつ家.. https://www.youtube.com/watch?v=9x0a0j9S3MQ 2017年10月11日閲覧。 
  14. ^ “養蜂:蜜争い、甘くない 愛好家と業者、ブームでトラブル続発 振興法改正、届け出義務化”. 毎日新聞. (2013年2月2日). オリジナルの2013年5月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/66aEd 
  15. ^ 1999年3月7日朝日新聞より


「養蜂」の続きの解説一覧

養蜂

出典:『Wiktionary』 (2010/08/10 09:13 UTC 版)

名詞

(ようほう)

  1. 蜂蜜蜜蝋採取目的に、蜜蜂飼育すること。

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「養蜂」の関連用語

養蜂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



養蜂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの養蜂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの養蜂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS