2007年までとは? わかりやすく解説

2007年まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 06:15 UTC 版)

松本薫 (柔道)」の記事における「2007年まで」の解説

石川県金沢市出身兄弟が既に柔道を始めていたこともあり、親の勧め6歳になる直前岩井柔道塾で柔道習い始めた。指導者岩井克良によれば味噌蔵町小学校時代松本は「表情がない口数が少ない黙って黙々とやるタイプで、勝ったって喜ばない淡々としていた」。団体戦では10kg以上重男子相手にも巧みな間合い対等に渡り合う引き分け要員として活躍した一方で岩井柔道塾では週1回レスリング練習取り入れていた影響もあってか、レスリングスタイルに似た前傾構えをこの当時身に付けた。柔道の大会以外にレスリング全国少年少女レスリング選手権大会にも出場すると、2年生時に22kg級で2位3年生時には24kg級で3位4年生時には27kg級に出場して3位記録している。 兼六中学校2年時には全国中学校柔道大会44kg級で3位に入るも、その時1つ年上の姉である松本明子48kg級優勝したのに発奮して翌年全国中学校柔道大会では2階上の52kg級に出場して優勝果たした高校金沢から上京して藤村女子高校に進学した高校1年3月全国高校選手権の52kg級に出場するが、3回戦埼玉栄高校2年三木千尋に有効を取られ敗れた高校2年になると57kg級に階級上げた8月にはインターハイ出場して決勝まで進むと、道場1年先輩その年世界ジュニア優勝することにもなる津幡高校3年広村麻衣判定(3-0)で破って優勝した。 しかし、三井住友海上合同で練習する藤村女子高校の練習方法が肌に合わず、また、東京の生活が馴染めなかったこともあり高校2年10月には郷里金沢学院東高校転校することとなったこれにより高校3年の時は全国高等学校体育連盟規約インターハイには出場できなかったものの、9月全日本ジュニアでは、決勝大阪工大高校1年牧志津香横四方固破ったをはじめオール一本勝ちして優勝果たした一方で高校2年1月には初めてのシニア国際大会となるブルガリア国際出場すると、準決勝オーストリアサブリナ・フィルツモザー腕挫十字固敗れるが3位となった高校3年8月にはドイツジュニア国際出場して決勝地元ドイツの選手破って優勝した一度上京しながら郷里戻ってしまったこともあり大学進学にあたって地元短大進んで栄養士資格を取得することも考えたものの、環境整った帝京大学柔道に取組みたいという気持ち上回ったことで2006年4月には同大学への進学果たし国会議員谷亮子輩出したことでも有名な同大柔道部一員となった1年8月にはドイツジュニア国際出場するが、準々決勝ブラジルケトレイン・クアドロス敗れて3位とどまり2連覇はならなかった。9月全日本ジュニア決勝では筑波大学1年藤田康恵を指導1で破って2連覇達成して世界ジュニア代表に選ばれた10月世界ジュニアでは初戦スロベニアのタイダ・ケティスと対戦してGS入ってから相手頭が鼻を直撃したことにより骨折疑われるくらいの出血となった止血施して柔道衣を取替え試合再開となったが、再び出血したところ、審判団合議の上治療時間がかかるのみならず、また出血する危険だからという理由で棄権負け言い渡した。この裁定抗議したものの受け入れられなかった。その後気力振り絞って3位決定戦まで進むが、そこでハンガリーのドラ・ヘゲダスに腕挫十字固敗れて5位に終わった2007年に入ると、2月ベルギー国際では準決勝で元世界チャンピオンであるキューバユリスレイディス・ルペティ効果敗れて3位だった。2年になると6月優勝大会で決勝東海大学対戦して藤川美紗縦四方固で破るもチーム2位とどまった10月学生体重別で2回戦山梨学院大学3年高部由美敗れるも、11月講道館杯では決勝牧志津香から効果取って優勢勝して、シニア全国大会初優勝果たした。これが評価され12月嘉納杯出場するも、3回戦ハンガリーバツコー・ベルナデット掬投敗れるが、3位決定戦ではこの階級長きにわたって活躍してきた元オリンピック及び世界チャンピオンであるスペインイサベル・フェルナンデス判定(3-0)で破って3位になった

※この「2007年まで」の解説は、「松本薫 (柔道)」の解説の一部です。
「2007年まで」を含む「松本薫 (柔道)」の記事については、「松本薫 (柔道)」の概要を参照ください。


2007年まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 10:00 UTC 版)

石川ミリオンスターズ」の記事における「2007年まで」の解説

2006年10月27日 - チームの名称が「石川ミリオンスターズ」に決定する2007年1月25日 - ドラフト会議参加2007年3月5日 - 全選手との契約完了する2007年10月16日 - 富山サンダーバーズ戦に勝利しリーグ初代優勝チームとなる。 2007年10月17日 - 2007年度シーズンの全日程を終了4322敗7引分勝率.662で1位2007年10月20日 - 四国アイランドリーグ香川オリーブガイナーズとの間でグランドチャンピオンシップ開催10月28日まで行われ1勝3敗で敗退詳細2007年グランドチャンピオンシップを参照2007年11月19日 - プロ野球ドラフト会議内村賢介東北楽天ゴールデンイーグルス育成選手として指名されリーグ初のNPB指名選手となる。

※この「2007年まで」の解説は、「石川ミリオンスターズ」の解説の一部です。
「2007年まで」を含む「石川ミリオンスターズ」の記事については、「石川ミリオンスターズ」の概要を参照ください。


2007年まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 09:40 UTC 版)

サンダー・ヴァン・ドーン」の記事における「2007年まで」の解説

スペイン領イビサ島のジャッジメント・サンデーやロンドンのザ・ギャラリーなどのクラブでの活動経験を得られたことは、彼のキャリアにおいて最初の大きな業績となった2007年7月BBCラジオワンのエディ・ハリーウェルズ=ショー紹介された。2007年から2008年にかけて自主作成しリミックスなどを行う彼のプロダクションは、一般的な電子音楽産業界から歓迎され世界50カ国以上のラジオ局支持された。 彼がリミックス手掛けた注目すべきアーティストたちには、シーアザ・キラーズスウェディッシュハウスマフィアデペッシュ・モード など数多く人たちがいる。さらに、ロビー・ウィリアムズとのコラボレーション行った

※この「2007年まで」の解説は、「サンダー・ヴァン・ドーン」の解説の一部です。
「2007年まで」を含む「サンダー・ヴァン・ドーン」の記事については、「サンダー・ヴァン・ドーン」の概要を参照ください。


2007年まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/01 09:53 UTC 版)

チュランディ・マルティナ」の記事における「2007年まで」の解説

マルティナ1984年キュラソー島生まれた1999年初め国際大会となる世界ユース陸上競技選手権大会100m出場し準決勝進出成績残した2000年2002年世界ジュニア陸上競技選手権大会にも出場した結果を残すことはできなかった。2002年ブラジル・ベレンで開催され南アメリカ競技大会100mにおいて優勝、これが初め得た国際大会タイトルとなった2003年100m自己記録1029まで伸ばし6月セントジョージズ開催され中央アメリカ・カリブ海陸競技選手大会オランダ領アンティル代表として出場した。また8月パンアメリカン競技大会100mにも出場し準決勝進出した8月24日には世界陸上競技選手権パリ大会100mにおいて初の世界選手権出場果たしたが、モーリス・グリーン同組1次予選8組5着(1035)となり敗退した2004年8月アテネオリンピックオランダ領アンティル選手団3人のうちの1人として自身初のオリンピック出場果たした開会式では母国選手団旗手務めた5月サントドミンゴ開催され競技会において自己記録を0秒16短縮する1013記録するなど、2004年マルティナにとって記録大きく上させた年となった2005年中央アメリカ・カリブ海陸競技選手大会で100m3位入り銅メダル獲得したほか、4×100mリレーオランダ領アンティルチームのアンカーとして銀メダル獲得した。またチームオランダ領アンティル記録更新した世界陸上競技選手権ヘルシンキ大会4×100mリレーではチーム決勝進出貢献し、6位入賞成績を残すとともに国内記録3845更新させた。男子100mにも出場したがこちらは2次予選敗退結果終わった2006年4月エルパソ開催され競技会において100m自己記録1004更新した7月中央アメリカ・カリブ海競技大会出場し100mでは1006大会新記録樹立して優勝した4×100mリレーでもチーム優勝導き2つめの金メダルを獲得した。 2007年6月マルティナパンアメリカン競技大会100m大会記録タイ1006記録して優勝した8月世界陸上競技選手権大阪大会では100m200mともに決勝進出しいずれも5位の成績残した9月22日IAAFワールドアスレチックファイナル100m出場し6位となり、この年競技終えた

※この「2007年まで」の解説は、「チュランディ・マルティナ」の解説の一部です。
「2007年まで」を含む「チュランディ・マルティナ」の記事については、「チュランディ・マルティナ」の概要を参照ください。


2007年まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 03:08 UTC 版)

ウサイン・ボルト」の記事における「2007年まで」の解説

ジャマイカ西部のトレローニー西アフリカ系の家庭生まれる。彼とその兄弟には、Usain(حُُسَيْن ḥusayn フサイン)、Sadeeki(シッディーク)、Sherine(شيرين Shirin シーリーン)と、いずれもアフリカ流通するアラビア語・ペルシア語系の名がつけられている。10代前半まではクリケット選手だった。 2002年地元ジャマイカ行われた世界ジュニア選手権大会史上最年少(当時)の15歳優勝。その名を轟かせた。更に、翌年世界ユース選手権でも優勝し2004年には200mで、17歳にしてジュニア史上初めて20秒を切る1993ジュニア世界新記録出したこの頃から彼は自分自身才能気付き始めたという。しかし、この年その後故障連覇かかった世界ジュニア出場できなかった。そして、大型新人としてアテネオリンピックには果敢に出場するも、一次予選惨敗2105で5着)、苦汁嘗めた。 2005年行われた世界選手権では、決勝には進んだものの、足を痛めた影響で最下位2627,-0.5 m/sとなった2007年8月30日世界選手権200m決勝において、1991(-0.8 m/s)で銀メダル獲得する優勝1976大会新当時)を記録した100m王者タイソン・ゲイである。 2007年9月1日世界選手権400mリレー決勝では2走を務め3789ジャマイカ新記録当時))銀メダル獲得する

※この「2007年まで」の解説は、「ウサイン・ボルト」の解説の一部です。
「2007年まで」を含む「ウサイン・ボルト」の記事については、「ウサイン・ボルト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2007年まで」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

2007年までのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2007年までのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの松本薫 (柔道) (改訂履歴)、石川ミリオンスターズ (改訂履歴)、サンダー・ヴァン・ドーン (改訂履歴)、チュランディ・マルティナ (改訂履歴)、ウサイン・ボルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS