アンカーとは?

アンカー [1]anchor

錨(いかり)。
アンカーパーソンanchorpersonに同じ。
アンクルancreに同じ。
綱引き最後尾の人。

アンカー

【英】anchor

ハイパーテキストで、他のページとリンクしているハイライト部、下線部、あるいはクリッカブル(クリックするとハイパーリンクする部分になっている語句フレーズグラフィックのこと。

アンカー

アンカーとは、(1)HTMLで、ハイパーリンク設定される要素タグ)のこと、あるいは(2)ページレイアウトソフトの「QuarkXpress」で、テキスト前に画像ボックス罫線取り込んで、あたかも文字あるかのように扱う機能のことである。

(1)
【英】anchor

マークアップ言語HTMLで、リンク先情報与えハイパーリンク設定する要素タグ)のこと。

例えば、

<br><a href="http://www.sophia-it.com">IT百科事典</a>のように記述することで、「IT百科事典の文字に対してhttp://www.sophia-it.com」へのリンクが埋め込まれることとなる。

アンカーのタグは、テキストだけでなく画像などのオブジェクトに対して指定することもできる。

(2)
【英】anchor

ページレイアウトソフトの「QuarkXpress」の機能のひとつで、テキスト前に画像ボックス罫線取り込んで、あたかも文字あるかのように扱う機能のこと。

WWWのほかの用語一覧
Flash:  Flash  待ち受けFlash
HTML:  アトリビュート  アンカー  C-HTML  CSS  DHTML

アンカー

英語 anchor

ドラムブレーキ構成部品のひとつで、ブレーキシュー支持する部品支持する方式により、フローティング式とピボット式に分けられる。フローティング式はシュー端面曲面とし、平面のアンカーにあてる方式で、ピボット式ほどアンカー部の精度を必要としないため製造コスト安く広く使われている。反面ブレーキ解除したときのシュー位置が決まらず、引きずり起こすことがあり(センタリング不良)、シューのリターンスプリングのバランス考慮する必要があるピボット式はシュー固定ピン(アンカーピン)の周り回転するので安定した動きになる。ピボット部は比較的高い加工精度要求され、おもに大型車採用されている。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

アンカー Anchor

  海洋掘削装置海洋中に係留するために使われる錨である。船体大きさ比例してその大きさ重量大きくなるのが一般的である。また泥や砂など海底土質によって把駐力違いがあるため重量ばかりでなくその形状考慮されているが、近年軽量で高把駐力のものが開発され、海洋掘削装置に使われている。昔はペンダントワイヤとブイによるブイシステムが一般的であったが、稼動水深増大に従い、ブイやペンダントワイヤを使用しないチェーサーシステムにとってかわりつつある。
アンカー
分野 海洋掘削
同義語
関連用語 チェーサーシステム, ブイ, ペンダントワイヤ, 孫アンカー, 把駐力
類似語  
略語  
アンカー

アンカー

土木用語ではワイヤーロープ等を地中固定させる為の等を示す。

建築用語では建物土台となる部分基礎になる部分をつなぎ合わせるU字型の金具を指す。


アンカー

名前 Anker

アンカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/28 08:52 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

アンカーアンカ

anchor

固有名詞

その他の綴りのアンカー、アンカ

関連項目



アンカー!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/16 13:32 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

アンカー!』 (anchor) は、2002年4月6日から2006年3月25日まで北海道放送(HBCテレビ)で放送されていた情報番組である。

「お父さんのための新番組」をコンセプトに掲げた土曜夕方の番組で[1]、道内・国内・国外それぞれで報じられた1週間のニュースやスポーツなどのまとめ情報、家族を連れての行楽に役立つ観光情報、そしてお父さん必携のグッズやおすすめの映画作品など、働き盛りの男性層が気になる情報を中心に紹介していた[1][2]。放送時間は毎週土曜 17:00 - 17:55(日本標準時)。

番組タイトルは、視聴者の1週間を締めくくる番組であることをリレーのアンカー(最終走者)に喩えたものである[1]。また本番組の出演メンバーは、当初はキャスターではなくアンカーと呼ばれていた[1]

出演者

脚注

  1. ^ a b c d アンカー!北海道放送 Internet HBC”. 北海道放送. 2002年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月16日閲覧。
  2. ^ 北海道放送 TV TOP”. 北海道放送. 2002年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月16日閲覧。

外部リンク


北海道放送 土曜 17:00 - 17:55
前番組 番組名 次番組
RAVE
(2001年10月20日 - 2002年3月30日)
※17:00 - 17:30
【日曜6:00枠へ移動】
ウルトラマンコスモス
(2001年7月14日 - 2002年3月30日)
※17:30 - 18:00
【土曜18:00枠へ移動】
アンカー!
(2002年4月6日 - 2006年3月25日)
[E]スポーツ
(2006年4月8日 - 2008年3月29日)
※17:00 - 17:25
ウィークリー赤れんが
(2006年4月 - 2008年3月)
※17:25 - 17:30
【土曜17:55枠から移動】
ウルトラマンメビウス
(2006年4月8日 - 2007年3月31日)
※17:30 - 18:00

アンカー

出典:『Wiktionary』 (2010/11/06 07:04 UTC 版)

名詞

  1. リレー競技最後競技者。
  2. 固定
  3. 情報技術HTMLにおいて、他のファイル画像等を結びつけるタグ

語源

略語

  1. アンカーボルト」の略。基礎ボルトのこと。
  2. アンカーマン」の略。テレビ番組ラジオ番組メインキャスター



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アンカー」の関連用語

アンカーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アンカーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアンカーの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2020, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2020 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンカー (改訂履歴)、アンカー! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアンカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS