アンカーとは? わかりやすく解説

アンカー【anchor】

読み方:あんかー

船の錨(いかり)。

リレーレース最後の走者、または泳者

アンカーマン」の略。

登山で、ザイルでからだをつなぎ合った最後尾の者。また、その者ザイル結び方

anchor escapementの略》時計歯車かみ合って回転調節する爪状の装置アンクル

アンカーボルト」の略。

文書作成ソフトなどで、本文中に挿入した図版を、特定の文や語句関連づけておく仕組みまた、アンカーテキストのこと。


アンカー

アンカーとは、(1)HTMLで、ハイパーリンク設定される要素タグ)のこと、あるいは(2)ページレイアウトソフトの「QuarkXpress」で、テキスト前に画像ボックス罫線取り込んであたかも文字であるかのように扱う機能のことである。

(1)
【英】anchor

マークアップ言語HTMLで、リンク先情報与えてハイパーリンク設定する要素タグ)のこと。

例えば、

<br><a href="http://www.sophia-it.com">IT百科事典</a>のように記述することで、「IT百科事典の文字に対してhttp://www.sophia-it.com」へのリンクが埋め込まれることとなる。

アンカーのタグは、テキストだけでなく画像などのオブジェクトに対して指定するともできる

(2)
【英】anchor

ページレイアウトソフトの「QuarkXpress」の機能のひとつで、テキスト前に画像ボックス罫線取り込んであたかも文字であるかのように扱う機能のこと。

WWWのほかの用語一覧
Flash:  Flash  待ち受けFlash
HTML:  アトリビュート  アンカー  C-HTML  CSS  DHTML

アンカー

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

アンカー Anchor

  海洋掘削装置海洋中に係留するために使われる錨である。船体大きさ比例してその大きさ重量大きくなるのが一般的である。また泥や砂など海底土質によって把駐力違いがあるため重量ばかりでなくその形状考慮されているが、近年軽量で高把駐力のものが開発され海洋掘削装置使われている。昔はペンダントワイヤとブイによるブイシステムが一般的であったが、稼動水深増大に従いブイやペンダントワイヤを使用しないチェーサーシステムにとってかわりつつある。
アンカー
分野 海洋掘削
同義語
関連用語 チェーサーシステム, ブイ, ペンダントワイヤ, 孫アンカー, 把駐力
類似語  
略語  
アンカー

アンカー

名前 Anker

アンカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/18 00:32 UTC 版)

アンカーアンカ




「アンカー」の続きの解説一覧

アンカー!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/29 09:44 UTC 版)

アンカー!』 (anchor) は、2002年4月6日から2006年3月25日まで北海道放送(HBCテレビ)で放送されていた情報番組である。


  1. ^ a b c d アンカー!北海道放送 Internet HBC”. 北海道放送. 2002年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月16日閲覧。
  2. ^ 北海道放送 TV TOP”. 北海道放送. 2002年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月16日閲覧。


「アンカー!」の続きの解説一覧

アンカー(MC)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/06 13:44 UTC 版)

FLAG7」の記事における「アンカー(MC)」の解説

アンカーはあしたのコンパスより続投月曜速水健朗2017年4月3日 -2017年8月28日火曜佐々木俊尚2017年4月4日 - 2017年8月29日水曜古市憲寿2017年4月5日 - 2017年8月31日31日三浦瑠麗代行)) 木曜三浦瑠麗2017年4月6日 - 2017年8月24日

※この「アンカー(MC)」の解説は、「FLAG7」の解説の一部です。
「アンカー(MC)」を含む「FLAG7」の記事については、「FLAG7」の概要を参照ください。


アンカー(MC)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/06 13:44 UTC 版)

FLAG7」の記事における「アンカー(MC)」の解説

※アンカーの中で唯一、FLAG9からの続投フジテレビ社員である。 金曜森下知哉○(2017年4月7日 - 2017年6月30日

※この「アンカー(MC)」の解説は、「FLAG7」の解説の一部です。
「アンカー(MC)」を含む「FLAG7」の記事については、「FLAG7」の概要を参照ください。


アンカー(Anchor)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 04:13 UTC 版)

ファインディング・ニモ」の記事における「アンカー(Anchor)」の解説

ヒラシュモクザメブルースチャムと共に食べないように努力している。可愛い子ぶるイルカ嫌っている。しかし、ブルースチャムとは違い魚の友達連れて来るという課題成し遂げたり暴走するブルースの事を弁解するなど目立った短所見られない

※この「アンカー(Anchor)」の解説は、「ファインディング・ニモ」の解説の一部です。
「アンカー(Anchor)」を含む「ファインディング・ニモ」の記事については、「ファインディング・ニモ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アンカー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アンカー

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 12:31 UTC 版)

名詞

アンカー

  1. リレー競技最後競技者
  2. いかり
  3. 固定
  4. 情報技術HTMLにおいて、他のファイル画像等を結びつけるタグ

語源

略語

アンカー

  1. アンカーボルト」の略。基礎ボルトのこと。
  2. アンカーマン」「アンカーウーマン」「アンカーパーソン」の略。テレビ番組ラジオ番組メインキャスター雑誌などで、記者取材内容最終稿にしあげる編集者

「アンカー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アンカー」の関連用語

アンカーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アンカーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2023by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアンカーの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2023, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2023 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンカー (改訂履歴)、アンカー! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのFLAG7 (改訂履歴)、ファインディング・ニモ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアンカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS