ブレーキシューとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 部品 > ブレーキシューの意味・解説 

ブレーキ‐シュー【brake shoe】


ブレーキシュー

英語 brake shoe

内拡式ドラムブレーキで、ドラムブレーキ作用を起こさせる部品をいう。自動車前進走行している状態でブレーキ作用したときに、ドラム回転によって押しもどされるトレーリングシューと、ドラム回転によって食い込んでサーボ効果生ずるリーディングシューがある。トレーリングシューの仕事量はリーディングシューの3分の1程度で、効き少ないが摩耗量も少なくなる。内拡式ドラムブレーキは、使用するシュー組み合わせによって、リーディングトレーリング(LT)式、2トレーリング(2T)式、2リーディング(2L)式などと呼ぶ。後退走行をするときにはシュー作用が入れ替わって、2トレーリング式が2リーディング式に変わる。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ブレーキシュー/ブレーキパッド

ブレーキング時にドラムディスク押しつけて直接制動行なうパーツのこと。ドラムブレーキに使われている制動用の部材を「ブレーキシュー」と呼びディスクブレーキに使われているものを「ブレーキパッド」という。どちらも使用ていれば摩耗するので、販売店定期的交換をしよう。
ブレーキシュー


関連用語】ディスクブレーキ ドラムブレーキ ブレーキ

ブレーキシュー

Vブレーキサイドプルブレーキなどのブレーキ機構リム押し付けられる磨耗材のこと。ブレーキ制動司る大切な部品なので定期的に点検し、磨り減っている場合早めに交換したい。
ブレーキシュー

制輪子

(ブレーキシュー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/02 19:37 UTC 版)

制輪子(せいりんし)またはブレーキシュー英語: brake shoe)は、ブレーキ装置の一部で、自動車ドラムブレーキ鉄道車両踏面ブレーキ自転車のブレーキなどに用いられて、対象とする物体に押し当てて摩擦により制動力を得る部品である。ディスクブレーキにおいては、同様の部品をブレーキパッドという。 ブレーキシューは単数を表す単語なので、正式には複数形のブレーキシューズ(Brake shoes)であるが日本ではブレーキシューが一般的な表現である。






「制輪子」の続きの解説一覧



ブレーキシューと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブレーキシュー」の関連用語

ブレーキシューのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブレーキシューのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2021 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
Be.BIKEBe.BIKE
Copyright(C) 2001- 2021 CAR MATE MFG.CO.,LTD. All Rights Reserved.
Be.BIKE自転車用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの制輪子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS