ダウンサイジングコンセプトとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ダウンサイジングコンセプトの意味・解説 

ダウンサイジングコンセプト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/04 14:04 UTC 版)

ダウンサイジングコンセプト[1]Engine downsizing)とは、自動車においてターボチャージャースーパーチャージャーなどの過給機を使うことにより、従来エンジンと同等の動力性能を確保したまま排気量を小型化し、巡航時の燃費を向上させるエンジン設計コンセプトのことを指す。ダウンサイジングコンセプトはガソリンエンジンディーゼルエンジンの両方に適用される。和製英語であり、英語では Engine downsizing という(外寸の縮小ではない)。最近では通常「エンジンのダウンサイジング」などと言われているので注意が必要である。




  1. ^ 鈴木孝 『ディーゼルエンジンと自動車』 ISBN 978-4895225090 三樹書房、2008年、108頁
  2. ^ 日本での過給器付きエンジンはディーゼルエンジンの方が歴史が長く、ルーツブロワー付きは1955年(昭和30年)の民生UDエンジンシリーズ、ターボチャージャーも大型自動車鉄道車両DMF31系エンジンDML30系エンジン)、船舶用、産業用などで1960年代後半から1970年代にかけてすでに実用化されている。
  3. ^ 国産乗用車初のターボ車は430型系日産・セドリック/グロリアで、エンジンは共にL20ET型巡航時の燃費(60 km/h低地燃費)を改善すべく、自然吸気仕様に比べて歯車比が小さくされていた。
  4. ^ フィアット500のツインエアなど
  5. ^ 軽自動車そのものが最小の資源で最大の効率を求めた商品である。
  6. ^ フォルクスワーゲン Technology & Concepts>TSIとダウンサイジング
  7. ^ a b “自動車ライター注目のクルマ 24 スバル レヴォーグ - "日本車初"ダウンサイジングターボ、実力はいかに?”. マイナビニュース. (2014年8月16日). http://news.mynavi.jp/series/pickupcar/024/ 2015年1月14日閲覧。 
  8. ^ “マツダ人見執行役員、ダウンサイズせずにSKYACTIV-Gの燃費向上図る”. Response.. (2013年12月20日). http://response.jp/article/2013/12/20/213452.html 2015年1月14日閲覧。 
  9. ^ エコカー技術:マツダのSKYACTIVターボエンジンは“意味ある”過給ダウンサイジング (1/3) - MONOist(モノイスト)
  10. ^ 日産技報-ダウンサイジング直噴ガソリンターボエンジン(MR16DDT)の開発 (特集:ニッサン・グリーンプログラム2012を支えるパワートレイン技術)
  11. ^ 乗用車やSUVなどでは、特にターボ化の際に変速機の1速やデフの最終減速比を高めるなど、ギアリングが変更されることが多く、これがドライバビリティに大きく影響する
  12. ^ 強まる流体式リターダの装着 小排気量で見直される制動対策 トラクタの安全対策 - 株式会社ニッポンリターダシステム


「ダウンサイジングコンセプト」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ダウンサイジングコンセプト」の関連用語

ダウンサイジングコンセプトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ダウンサイジングコンセプトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダウンサイジングコンセプト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS