シビックとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > > ホンダの車種 > シビックの意味・解説 

シビック【civic】

読み方:しびっく

多く複合語形で用い都市の市民の、の意を表す。「―センター


シビック

シビック

主要
諸元
タイプ シビック シビック ハイブリッド
2.0GL 1.8GL 1.8G MXST MX MXB
2.0L DOHC
i-VTEC
1.8L i-VTEC 1.3L 3Stage i-VTECIMA
駆動方式 FF  FF
車名
型式
ホンダ
DBA-FD2
ホンダ・DBA-FD1 ホンダ・DAA-FD3
トラ
ンス
ミッ
ション
電子制御5速オートマチックロックアップ機構付)
Sマチック

Sマチック
5速マニュアル
ホンダマルチマチックS
自動無段変速機
寸法
重量
乗車
定員
全長(m) 4.540 4.540
全幅(m) 1.750 1.755 1.750 1.755
全高(m) 1.440 1.435
ホイールベース(m) 2.700 2.700
トレッド(m) 前/後 1.500/1.525 1.500/1.530※1
最低地上高(m) 0.150 0.135
車両重量kg 1,280 1,240 1,240 1,200 1,300 1,280 1,260
最大車両重量kg※2 1,300 1,260 1,250 1,210 1,320 1,300 1,270
乗車定員(名) 5 5
客室内寸法(m)
長さ/幅/高さ
1.900/1.470/1.170  1.900/1.470/1.170
原動機 原動機型式 K20A R18A LDA-MF5
エンジン エンジン型式 K20A R18A LDA
エンジン種類
シリンダー数
及び配置
水冷直列4気筒横置 水冷直列4気筒横置
機構 DOHC
チェーン駆動
吸気2 排気2
SOHC チェーン駆動
吸気2 排気2
SOHC チェーン駆動
吸気1 排気1
総排気量cm3 1,998 1,799 1,339
内径×行程mm 86.0×86.0 81.0×87.3 73.0×80.0
圧縮比 9.6 10.5 10.8
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射
ホンダPGM-FI
電子制御燃料噴射
ホンダPGM-FI
使用燃料種類 無鉛レギュラーガソリン 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量(L) 50 50
電動機
モーター
電動機型式 MF5
電動機種類 交流同期電動機
薄型DCブラシレスモーター
定格電圧(V) 158
性能 エンジン 最高出力
kWPS]/rpm)*
114155
/6,000
103140]/6,300 7095]/6,000
最大トルク
N・mkg・m]/rpm)*
188[19.2]
/4,500
174[17.7]/4,300 123[12.5]/4,600
電動機
モーター
最高出力
kWPS]/rpm)
1520]/2,000
最大トルク
N・mkg・m]/rpm)
103[10.5]/0~1,160
燃料消費率km/L10・15モード走行国土交通省審査値) 13.6 17.0 16.2 26.0 28.5 31.0
《28.5》
主要燃費向上対策 可変バルブタイミング
ロックアップ機構トルコンAT車)、
電動パワーステアリング
ハイブリッドシステム
可変バルブタイミング
アイドルストップ装置
電動パワーステアリング
自動無段変速機
最小回転半径(m) 5.4 5.4 5.3
動力
用主
電池
IMA
バッテリー
形式 -  ニッケル・水素電池
個数 -  11
容量 3時放電率(Ah -  5.9
動力
伝達

走行
装置
変速比 1速 2.651 2.666 3.142 2.526~0.421
2速 1.516 1.534 1.869
3速 1.081 1.066 1.235
4速 0.772 0.756 0.948
5速 0.566 0.550 0.727
後退 2.000 1.956 3.307 4.510~1.875
減速比 4.562 4.437 4.294 4.944
ステアリング装置形式 ラック・ピニオン
パワーステアリング仕様
ラック・ピニオン
パワーステアリング仕様
タイヤ前・後 205/55R16 89V 205/55R16
89V
195/65R15 91S
ブレーキの種類
形式
油圧式
ベンチレーテッドディスク
油圧式
ベンチレーテッドディスク
油圧式ディスク 油圧式ディスク※3
サスペン
ション
方式
マクファーソン マクファーソン
ダブルウイッシュボーン ダブルウイッシュボーン
スタビ
ライザー
形式
トーション・バー トーション・バー
トーション・バー トーション
バー
 
■《  》内はi-サイドエアバッグ+サイドカーテンエアバッグ装着車数値
※1:MXBのVSA装着車は1.535m。※2メーカーオプション組み合わせて装着した場合最大車両重量です。各組み合わせ装着車両重量販売会社お問い合わせください。※3:MXBのVSA装着車油圧式リーディング・トレーリング
■*はネット値です。「ネット」とはエンジン車両搭載した態とほぼ同条件で測定したものです
■新単位として、出力は「PS」から「kW」に、トルクは「kg・m」から「N・m」に切り替わっています。
燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です実際の走行時には、この条件気象道路車両、運転、整備などの状況)が異なってきますので、それに応じて燃料消費率異なります
シビック ハイブリッドは全タイプ、グリーン税制低燃費低公害車普及促進優遇税制)の対象となりますご購入時に自動車取得税軽減措置受けられます(平成21年3月31日まで)。また、ご購入翌年度自動車税について軽減措置受けられます(平成22年3月31日までの新車登録車対象)。
主要諸元道路運送車両法による型式指定申請書数値
CIVIC、G-CON、ホンダマルチマチックIMAIHCCINTER NAVI SYSTEMPGM-FIVSAVTEC本田技研工業株式会社登録商標です
製造事業者本田技研工業株式会社

シビック

名前 Sibbick

ホンダ・シビック

(シビック から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/11 17:51 UTC 版)

シビック(CIVIC)は、本田技研工業が生産および販売している乗用車である。欧州ではCセグメントに、アメリカ合衆国ではコンパクトカーにそれぞれ区分されている。


注釈

  1. ^ 当時の日本車はアメリカ車の影響を受けた曲線を多用したスタイリングが流行しており、その中には後方部分の窓が小さくなるなど実用性に欠けるものも多く見られた。
  2. ^ 後にこのグレード名は、アキュラ・インテグラや2代目フィットのスポーツグレード「RS」にも用いられた。
  3. ^ ただし、販売当時開催されていたJAFグランプリに、1200RSをベースとしたレースカーで参戦していた。
  4. ^ このSL型から始まったシビックレースは途中「シビックワンメイクレース」と名を変え8代目のFD型まで続いた。
  5. ^ アコードも同様に、モデル途中で販売店が分割された影響で次期型にモデルチェンジするまでクリオ店とプリモ店の両方で扱っていた。アコードが次期型にモデルチェンジするにあたって、プリモ店向けにはアスコットが投入されて穴を埋めることになった。次期シビックのクリオ店バージョンは投入されなかったが、同クラスでより上級志向のコンチェルトが1年後に登場した。
  6. ^ これはシビックだけでなく1980年代半ばまでのホンダ車全般にいえることであった。したがって、この時期のホンダ車は、ロールは少ないものの、乗り心地が固く、うねりのある路面や荒れた路面での挙動が不安定であった。
  7. ^ レースベースモデルの「SiR」を除く
  8. ^ ただし、98M以前の初期型についてはフロントグリルは日本仕様フェリオと同じタイプである。クーペは日本同様バンパーにモールがない。
  9. ^ これにより、ホンダが発売するコンパクトセダンはフィットアリアのみとなった。その後、グレイスに引き継がれたが、2020年7月31日をもって販売を終了したため、ホンダで日本国内向けのコンパクトセダンを扱わなくなった
  10. ^ CVT車のみ。レザーインテリアとセット。
  11. ^ 3代目インサイトにはLEB型が搭載されており、モーター(H4型)と組み合わせたe:HEV(イー エイチイーブイ)専用車種となる
  12. ^ シビックセダンに比べて全長が+25mm、全幅が+20mm、全高が-5mm

出典

  1. ^ 【1位は日本車】2019年に世界で最も売れたクルマ20選 半数以上を日本車が占めるAUTOCAR 2021年5月1日閲覧
  2. ^ アメリカではどんなクルマが売れているの? 日本とはまったく違う新車販売ランキング2020GAZOO.com 2021年5月4日閲覧
  3. ^ ホンダが11代目シビックを北米で発表。史上初アメリカ生産となるハッチバックはどんな姿になる?【週刊クルマのミライ】clicccar 2021年5月4日閲覧
  4. ^ “ホンダ「CIVIC CVCC」、米国自動車技術者協会(SAE)AUTOMOTIVE ENGINEERING誌から20世紀優秀技術車 70年代版を受賞” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2000年3月24日), https://www.honda.co.jp/news/2000/c000324.html 2021年12月29日閲覧。 
  5. ^ 『絶版日本車カタログ』三推社講談社89頁参照
  6. ^ “ホンダ「シビックCVCC」、20世紀の優秀技術車に”. webCG. (2000年3月28日). https://www.webcg.net/articles/-/20947 2021年12月29日閲覧。 
  7. ^ デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第5号3ページより。
  8. ^ “HONDA CIVIC 新発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1972年7月11日), https://www.honda.co.jp/news/1972/4720711.html 2021年12月29日閲覧。 
  9. ^ “HONDA CIVIC GL 3ドアシリーズ 新発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1972年8月31日), https://www.honda.co.jp/news/1972/4720831.html 2021年12月29日閲覧。 
  10. ^ 八重洲出版 HONDA 50Years ホンダ50年史『PRODUCTION MODEL ALL ALBUM 1963-1998』387頁より
  11. ^ “HONDA CIVIC CVCC HONDA CIVIC 1500 4door新発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1973年12月12日), https://www.honda.co.jp/news/1973/4731212.html 2021年12月29日閲覧。 
  12. ^ “51年排出ガス規制適合車〈NEW CIVIC CVCCシリーズ〉の発売にあたって” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1975年8月20日), https://www.honda.co.jp/news/1975/4750820c.html 2021年12月29日閲覧。 
  13. ^ “「ホンダ シビックを7年ぶりにモデルチェンジ 経済性、居住性などを大巾に向上させ発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1979年7月18日), https://www.honda.co.jp/news/1979/4790718.html 2021年12月17日閲覧。 
  14. ^ デアゴスティーニジャパン 8号15ページより。
  15. ^ “ホンダ シビックバンを全面改良して発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1979年9月28日), https://www.honda.co.jp/news/1979/4790928.html 2021年12月17日閲覧。 
  16. ^ “ホンダ初のステーションワゴン ホンダ シビックカントリーを発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1980年1月22日), https://www.honda.co.jp/news/1980/4800122.html 2021年12月17日閲覧。 
  17. ^ “シビック1300にCVCC-IIエンジン搭載し、併せて、O・D付ホンダマチック機構を採用。また、クイントにサンルーフ仕様2タイプを追加。” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1980年6月10日), https://www.honda.co.jp/news/1980/4800610.html 2021年12月17日閲覧。 
  18. ^ “シビック1500、シビックカントリーにCVCC-IIエンジンを新搭載、ホンダマチックにO・D機構を加え発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1980年7月31日), https://www.honda.co.jp/news/1980/4800731.html 2021年12月17日閲覧。 
  19. ^ “FF・ノッチバックスタイルの「ホンダシビック4ドアセダン」新発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1980年9月10日), https://www.honda.co.jp/news/1980/4800910.html 2021年12月17日閲覧。 
  20. ^ a b c 『昭和55年 写真生活』(2017年、ダイアプレス)p93
  21. ^ “F・F小型乗用車 新型「シビック・バラードシリーズ」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1983年9月22日), https://www.honda.co.jp/news/1983/4830922.html 2021年12月17日閲覧。 
  22. ^ デアゴスティーニジャパン第5号7ページより。
  23. ^ “FF小型乗用車「シビック・バラードシリーズ」に新設計DOHC・16バルブエンジン搭載車を追加し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1984年10月24日), https://www.honda.co.jp/news/1984/4841024c.html 2021年12月17日閲覧。 
  24. ^ “小型高性能DOHC・16バルブエンジン搭載の「ホンダシビック4ドア・Si」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1985年2月22日), https://www.honda.co.jp/news/1985/4850222.html 2021年12月17日閲覧。 
  25. ^ “新型「シビック&CR-X」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1987年9月9日), https://www.honda.co.jp/news/1987/4870909.html 2021年12月17日閲覧。 
  26. ^ “「シビック&CR-X」シリーズの装備を充実して発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1988年8月3日), https://www.honda.co.jp/news/1988/4880803.html 2021年12月17日閲覧。 
  27. ^ “ホンダ独創のVTECエンジンを「シビック・3ドア」と「CR-X」に搭載するなど「シビック&CR-X」シリーズの装備を充実し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1989年9月21日), https://www.honda.co.jp/news/1989/4890921.html 2021年12月17日閲覧。 
  28. ^ デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第10号11ページより。
  29. ^ “新しいコンセプトのもとに開発したニューベンチマーク・カー新型 シビックと4ドアセダンのシビックフェリオを発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1991年9月10日), https://www.honda.co.jp/news/1991/4910910.html 2021年12月29日閲覧。 
  30. ^ エクステリア - CIVIC 1991.9”. 本田技研工業. 2021年12月29日閲覧。
  31. ^ 小林三郎 (2012年7月23日). “ホンダ イノベーション魂の小林氏に聞く 第3回:まずコンセプト、技術はその次だ”. 日経クロステック. 日経BP. p. 2. 2021年12月29日閲覧。
  32. ^ “米国において開発、生産されたスタイリッシュな「シビック クーペ」を輸入し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1993年2月16日), https://www.honda.co.jp/news/1993/4930216.html 2021年12月29日閲覧。 
  33. ^ デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第20号15ページより。
  34. ^ “シビック及びシビックフェリオをフルモデルチェンジ” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1995年9月5日), https://www.honda.co.jp/news/1995/4950904.html 2021年12月29日閲覧。 
  35. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第16号21ページより。
  36. ^ “シビック/シビックフェリオ「日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞念車」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1996年1月25日), https://www.honda.co.jp/news/1996/496015.html 2021年12月29日閲覧。 
  37. ^ “シビック/シビックフェリオをマイナーチェンジし発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1996年9月5日), https://www.honda.co.jp/news/1996/496094.html 2021年12月29日閲覧。 
  38. ^ “シビック/シビック フェリオに安全装備を充実しマイナーチェンジ、3ドアは「タイプR」を新設定、4ドアには「LEV・II」を設定追加し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1997年8月22日), https://www.honda.co.jp/news/1997/4970822.html 2021年12月29日閲覧。 
  39. ^ “「シビック/シビックフェリオ」をマイナーモデルチェンジ” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (1998年9月3日), https://www.honda.co.jp/news/1998/4980903.html 2021年12月29日閲覧。 
  40. ^ ホンダ シビック 新車試乗記 MOTOR DAYS(モーターデイズ) 2000年10月13日
  41. ^ デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第19号15ページより。
  42. ^ Honda、ベトナムで四輪事業を開始”. 本田技研工業ニュースリリース (2006年8月24日). 2013年7月26日閲覧。
  43. ^ デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第27号11ページより。
  44. ^ 東風Honda、新型CIVICを発表”. 本田技研工業ニュースリリース (2006年3月20日). 2013年7月26日閲覧。
  45. ^ 东风Honda全新CIVIC全国统一上市” (中国語). 東風本田汽車 (2006年4月22日). 2013年7月26日閲覧。
  46. ^ 東風ホンダ自主開発モデル「CIIMO」を発表”. 本田技研工業ニュースリリース (2012年4月23日). 2013年7月26日閲覧。
  47. ^ 思铭CIIMO激情登场 售价11.18万元-11.98万元” (中国語). 東風本田汽車 (2012年4月22日). 2013年7月26日閲覧。
  48. ^ http://www.autoweek.com/article/20100517/carnews/100519893
  49. ^ 2011年北米国際自動車ショーに「シビック コンセプト」を出展
  50. ^ 2011年ニューヨークオートショーで新型「シビック」の量産モデルを発表
  51. ^ 2012年ホンダシビック - 概要(Honda Media Newsroom)
  52. ^ 「グリーンカー・オブ・ザ・イヤー」にホンダ・シビック・ナチュラルガス(AFP.BB.NEWS.2011年11月18日)2011年11月19日閲覧
  53. ^ 凝聚精华 第九代CIVIC(思域)全新登场” (中国語). 東風本田汽車 (2011年9月16日). 2013年7月26日閲覧。
  54. ^ 官方指导价13.18-18.58万元 第九代CIVIC(思域)上市销售” (中国語). 東風本田汽車 (2011年10月29日). 2013年7月26日閲覧。
  55. ^ フィットは5ドアハッチバック、シャトル、セダン、SUVの4つのボディタイプに
  56. ^ “米安全協会の衝突安全性試験、ホンダ「シビック」に最高評価”. Reuters. (2013年3月8日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE92703120130308 2013年3月8日閲覧。 
  57. ^ http://hondanews.com/channels/honda-automobiles-civic/releases/best-selling-fun-to-drive-honda-civic-enhanced-again-for-2014-model-year
  58. ^ 2011年フランクフルトモーターショーで欧州向け新型「シビック(5ドア)」を発表
  59. ^ http://www.hondauk-Media.co.uk/uploads/presspacks/8bc160f4fd99f659910aa9eb85451002801f1eb2/2012_Civic_press_pack_-_FINAL.pdf
  60. ^ ホンダ、フランクフルトショーに出展する欧州専用モデル「シビックツアラー」の写真を公開 - Auto Blog、2013年8月11日配信
  61. ^ http://www.hondanews.eu/en/carpresspackdetail/?id=3525
  62. ^ http://www.zf.com/corporate/en/press/press_releases/press_release.jsp?newsId=22025448
  63. ^ 售价12.99-16.99万元 东风Honda第十代CIVIC(思域)傲世登场” (中国語). 東風本田汽車 (2016年4月12日). 2016年4月13日閲覧。
  64. ^ “日本で今夏発売予定の新型「CIVIC(シビック)」シリーズを東京オートサロン2017で日本初披露” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年1月13日), https://www.honda.co.jp/news/2017/4170113.html 
  65. ^ “新型「CIVIC」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年7月27日), https://www.honda.co.jp/news/2017/4170727-civic.html 
  66. ^ [安全運転支援システム Honda SENSING ] Honda
  67. ^ 「ホンダ シビック カタログ」、2018年9月発行。B411CV1781000 1809、本田技研工業
  68. ^ “「CIVIC SEDAN/CIVIC HATCHBACK」をマイナーモデルチェンジし発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2020年1月10日), https://www.honda.co.jp/news/2020/4200110-civic.html 
  69. ^ ホンダ、新型「シビック」プロトタイプのティザー写真公開”. CarWatch (2020年11月18日). 2021年8月6日閲覧。
  70. ^ ホンダ、新型「シビック(プロトタイプ)」をワールドプレミア”. CarWatch (2020年11月18日). 2021年8月6日閲覧。
  71. ^ ホンダ、新型「シビック(11代目)」セダンタイプを正式発表”. CarWatch (2021年4月30日). 2021年8月6日閲覧。
  72. ^ ホンダ シビックセダン 新型、米国発売…2万1700ドルから”. Response. (2021年6月17日). 2021年6月19日閲覧。
  73. ^ “新型「CIVIC」をホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業, (2021年6月10日), https://www.honda.co.jp/news/2021/4210610.html 2021年6月10日閲覧。 
  74. ^ “新型「CIVIC」を世界初公開” (プレスリリース), 本田技研工業, (2021年6月24日), https://www.honda.co.jp/news/2021/4210624.html 2021年6月24日閲覧。 
  75. ^ “新型「CIVIC」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2021年8月5日), https://www.honda.co.jp/news/2021/4210805-civic.html 2021年8月5日閲覧。 
  76. ^ 【ホンダ シビック 新型】価格は319万円から、6MTも設定 9月3日発売決定”. Response. (2021年8月5日). 2021年8月5日閲覧。
  77. ^ “新型「CIVIC」受注状況について” (プレスリリース), 本田技研工業, (2021年10月8日), https://www.honda.co.jp/news/2021/4211008.html 2021年10月8日閲覧。 
  78. ^ “新型「CIVIC e:HEV」をホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業, (2022年4月14日), https://www.honda.co.jp/news/2022/4220414.html 2022年4月14日閲覧。 
  79. ^ “新型「CIVIC e:HEV」を発売~進化したスポーツe:HEVで爽快な走りを提供~” (プレスリリース), 本田技研工業, (2022年6月30日), https://www.honda.co.jp/news/2022/4220630-civic.html 2022年6月30日閲覧。 
  80. ^ CIVIC 環境仕様 (PDF)”. 本田技研工業. 2022年6月30日閲覧。
  81. ^ “新型「CIVIC TYPE R」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2022年9月1日), https://www.honda.co.jp/news/2022/4220901-civic.html 2022年9月1日閲覧。 
  82. ^ 【マレーシア】ホンダ、シビックのHV版を市場投入[車両](NNA ASIA)” (日本語). LINE NEWS. 2022年10月14日閲覧。
  83. ^ ホンダ、中型セダン「シビック」HV版発売 - NNA ASIA・マレーシア・車両”. NNA.ASIA. 2022年11月16日閲覧。
  84. ^ “2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて「CIVIC e:HEV / CIVIC TYPE R」が「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞~国産車として初の受賞~” (プレスリリース), 本田技研工業, (2022年12月8日), https://www.honda.co.jp/news/2022/4221208.html 2022年12月9日閲覧。 
  85. ^ 本田技研工業 お客様相談センター HP 車名の由来:シビック



シビック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 03:24 UTC 版)

高校事変」の記事における「シビック」の解説

人が橋渡し役となっている海外資金調達網。元締め優莉架禱斗シンガポールインドベトナムイスラエル中国頭文字取っている。加盟組織としてゼッディウムの他、中国ウェイ兄弟中東のディスティノ、フィリピンのエストバ解放戦線エルサルバドルモリエンテス挙げられる

※この「シビック」の解説は、「高校事変」の解説の一部です。
「シビック」を含む「高校事変」の記事については、「高校事変」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「シビック」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「シビック」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シビック」の関連用語

シビックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
自動車メーカー一覧
ホンダの車種一覧



シビックのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
HONDAHONDA
(C) Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホンダ・シビック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの高校事変 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS