衝突安全ボディーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 衝突安全ボディーの意味・解説 

衝突安全ボディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/11 15:18 UTC 版)

衝突安全ボディー(しょうとつあんぜんボディー)は、自動車の衝突時における乗員保護(衝撃吸収機能)と生存空間の確保(乗員保護機能)などを考慮して設計製造された自動車用車体のこと。衝突安全に関する車体性能には各国のメーカーごとに様々な技術があるが、各社の技術のすべてに一般向けの名称があるわけではない。


  1. ^ 自動車技術ハンドブック編集委員会『自動車技術ハンドブック (2) 改訂版』自動車技術会、2005年、85頁
  2. ^ 歩行者頭部保護性能試験の概要 - 自動車事故対策機構(更新日不明)2019年1月12日閲覧
  3. ^ 飯田産業 発泡樹脂充填材を用いたサンドイッチ構造品の軽量・高剛性化技術の開発 - サポインマッチナビ中部(2018年8月20日更新)2019年1月12日閲覧
  4. ^ 高強度発泡充填材フレームの開発 - マツダ技報(2015 No.32)2019年1月12日閲覧


「衝突安全ボディー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「衝突安全ボディー」の関連用語

衝突安全ボディーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



衝突安全ボディーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの衝突安全ボディー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS