ノンシンクロトランスミッションとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ノンシンクロトランスミッションの意味・解説 

ノンシンクロトランスミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/08 07:05 UTC 版)

ノンシンクロトランスミッション: non-synchronous transmission)は変速機構に回転速度を同期させる機構(シンクロメッシュ)を持たないマニュアルトランスミッションである。主にトラクターなどの農業機械や大型の貨物自動車オートバイなどで用いられている。このうち常時噛合(コンスタントメッシュ)式のものはドグミッションとも呼ばれる。




  1. ^ [1]
  2. ^ a b c d e US US20140251065A1, "Clutch brake warning indicator", published 2014-9-11 
  3. ^ メインドライブシャフトの事、メンドラとも言う
  4. ^ いすゞスムーサーGの紹介”. 公益社団法人自動車技術会. 2019年1月23日閲覧。


「ノンシンクロトランスミッション」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ノンシンクロトランスミッション」の関連用語

ノンシンクロトランスミッションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ノンシンクロトランスミッションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノンシンクロトランスミッション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS