リフとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > 暗礁 > リフの意味・解説 

リフ[riff]

テーマの中で、比較簡潔繰返しの多いものを呼ぶ。もとはジャズにおいてバックグラウンド繰り返される短いフレーズ(=バック・リフ)のことを言ったが、現在では広い意味で使われている。

李孚Li Fu

リフ

(?~?)
陽平太守

字は子憲。鉅鹿郡の人《賈逵伝》。本姓を馮氏といったが、のちに李氏改めた《賈逵伝》。馮員の父、馮紞の祖父晋書馮紞伝》。

晋書』では安平の人とあり、名を「浮」とする。

興平年間一九四~一九六)、李孚は学生であったが、韮を植えて、成熟を待ってから収穫するつもりだった。鉅鹿では人々飢え苦しんでいて、彼に韮を求める者もいたが、李孚は一本分け与えず、自分でも食べようとしなかった。そのため当時人々は強い意志持っている評価した《賈逵伝》。

のちに役人となり、建安年間一九六~二二〇)に袁尚冀州宰領するようになると、その主簿となった。のちに袁尚は兄袁譚諍い起こし別駕審配を鄴城に残して平原遠征に出かけた。そのとき曹操が鄴城を包囲したため袁尚引き返したが、その途中、鄴城内守備少ないことを案じ、また審配外部動静知らせたく思い、誰を派遣すべきかと李孚に相談した《賈逵伝》。

李孚は言った。「いま小者を行かせれば、内外状況充分知らせることもできず、しかも到達できない恐れさえあります。李孚がみずから参りましょう」、袁尚「必要なものはあるか」、李孚「鄴の包囲は非常に厳しいと聞きます。大勢ならば気付かれますゆえ、ただ三騎のみ率いていけば充分です」。袁尚はそれを聞き入れた《賈逵伝》。

李孚はみずから穏健な者を三人選び行き先告げず、「食糧準備せよ、武器を持ってはならぬ」と命じ、それぞれに悍馬支給した。袁尚別れ告げ南方向かい駅舎休息をとりながら淇までやってきた。従者には問事の三十本を乗馬に付けさせ、自分は平上幘を着用し、従者三騎を連れて日暮れどきに鄴の城下到着した。このとき大将軍曹操?)が禁令出していたにも関わらず、(包囲する者の中には馬草食わせる者が多かったので、李孚はそれを利用して夜中到着したのである賈逵伝》。

太鼓を鳴らしながら真っ直ぐ(包囲陣へ)入り、「都督だ」と自称しつつ北側の陣を通過立て札に当たって東へ歩き東側の陣の立て札からは、さらに包囲陣沿いに南へ歩いていった。歩いて行くごとに包囲将兵叱りつけ、過失重さに従って処罰を行った。太祖曹操)の本陣の前を通り過ぎ真っ直ぐ南へ横切り、南側の陣の角からは西に折れ章門まで来ると、またもや包囲の者を怒鳴りつけて縛り上げた。その場所包囲の者を下がらせておいて城下駆け寄り城壁の上の人を呼ぶと、上の人が李孚を繩で引っ張り上げた。審配らは李孚の姿を見ると泣いて喜び太鼓の音も騒がしく歳を唱えた。包囲の者が報告すると、太祖は「こやつめはただ入ったばかりではない、また抜け出してくるだろう」と笑った《賈逵伝》。

李孚は役目を終えたので帰ろうとしたが、外の包囲厳しくなっていて、もう出ていくことはできないと思った。おのれの使命考えれば早く帰らなければならない。そこで心の底計略固め審配に「いま城内食糧少ないので年寄り子供のために使ってはなりませぬ。こいつらを放り出し食糧節約ましょうと言った審配はそれを聞きとどけ、次の夜、数千人を選んで白旗持たせ三つの門から一斉に降服させた。また一人一人松明持たせ、李孚はやがて、連れてきた従者降服者と同じ衣服を着せて、みなと一緒にていった賈逵伝》。

そのとき包囲将兵たちは、城内の者が全員降服すると聞いていたし松明の光が明るく輝いていたので、みんなでただ光を眺めるだけで包囲のことを忘れていた。李孚は北門を出ると、西北の角から包囲突破して抜け出すことができた。翌日太祖は李孚が脱出したと聞き、「吾の言った通りだったな」と手を打って笑った《賈逵伝》。

李孚が北方行き袁尚拝謁すると、袁尚は非常に喜んだ。しかし袁尚は鄴を救援することができず、敗走して中山落ち延びたが、そこへ袁譚がさらに追撃したので、袁尚逃走する。李孚は袁尚を見失ったため、袁譚元へ参詣して今度袁譚の主簿となり、東方平原に帰った《賈逵伝》。

このとき袁尚城北十七里、滏水の向こう岸にいた。だから「北方へ行った」と言うのであるこのあと城内審配出撃して、袁尚とともに包囲陣を挟み撃ちにしようとしている。李孚の伝え計略なのだろう。なお彼が袁譚から授かった官職青州主簿ではなく冀州主簿であることが後文見える。

太祖進撃して袁譚攻撃すると、袁譚戦死してしまったので李孚は城に戻った。城内では降服することが決まったが、まだ混乱続いていて落ち着かなかった。李孚はひとまず太祖拝謁しておくべきだと考え、馬に乗って牙門まで行き、「冀州主簿李孚、密かに申し上げたき儀あり」と叫んだ。太祖が彼を呼び入れると、李孚は土下座して陳謝した《賈逵伝》。

太祖何を申したいのかと訊ねると、李孚は「いま城内では強者弱者争い、みな心が落ち着きませぬ。降服者のうち城内でも信頼されている者に、ご命令伝えさせるのがよろしかろうと存じます」と答えた。公(曹操)は「卿が即時帰城して伝えてくれ」と言った。李孚が平伏して命令乞うと、公が「卿の考えによって伝えよ」と言ったので、李孚は城内帰り、「おのおの本来の持ち場へ帰れ、でしゃばってはならぬ」と命じた。城内はこうして落ち着いた。そこで報告帰ると、公は役立つ者だと李孚を評価した。このとき離間を図る者がいたため、遠ざけられて閑職に回された《賈逵伝》。

出向して解の県長兼務し、厳格有能であると名を高めた。次第昇進して司隷校尉まで昇り当時七十歳余りだったが、彼の精密さと決断力衰え見せず策略は昔のままだった。陽平太守務めていたとき亡くなった《賈逵伝》。

参照袁尚 / 袁譚 / 審配 / 曹操 / 馮員 / 馮紞 / 解県 / 冀州 / 鄴県 / 鉅鹿郡 / 章門 / 中山国 / 平原郡 / 陽平郡 / 梁期県淇県) / 県長 / 主簿 / 司隷校尉 / 太守 / 大将軍 / 都督 / 別駕従事 / 問事 / 牙門 / 表(立て札) / 平上幘 / 問事


リフ

名前 RiffLif

利府

読み方:リフ(rifu

所在 宮城県宮城郡利府町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

利府

読み方:リフ(rifu

所在 宮城県(JR東北本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

リフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/16 16:25 UTC 版)

音楽におけるリフriff)は、オスティナート、つまり、繰り返されるコード進行、音型、リフレイン、または旋律の音型であり、主にリズムセクション楽器によって演奏され、楽曲の基礎や伴奏として成立するものを指す(特にロックラテンファンク、またジャズで顕著である)。ラヴェルの『ボレロ』のように、クラシックもまた、時にシンプルなリフの上に成り立っている。シンプルでありながらキャッチーなリズムの音型をホンキングするサックスのように、あるいは、カウント・ベイシー・オーケストラのヘッド・アレンジに於ける、リフを基に展開される変奏のように、リフとは単純でもあり、逆に複雑なものとしても成立する。




「リフ」の続きの解説一覧



リフと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リフ」の関連用語

リフのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



リフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2019 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2019 mujin. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS