白旗とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > 白旗の意味・解説 

しら‐はた【白旗】

読み方:しらはた

白色の旗。降伏戦意のないことを示すときなどに用いる。しろはた。「—を振りかざす

昔、平氏赤旗に対して源氏用いた旗。しろはた

「白旗」に似た言葉

しろ‐はた【白旗】

読み方:しろはた

しらはた」に同じ。


はっ‐き〔ハク‐〕【白旗】

読み方:はっき

白い旗。戦場で降伏意思表示などに用いる。しらはた


白旗

読み方:シラハタ(shirahata)

所在 千葉県千葉市中央区


白旗

読み方:シラハタ(shirahata)

所在 神奈川県藤沢市


白旗

読み方:シラハタ(shirahata)

所在 熊本県上益城郡甲佐町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

白旗

読み方
白旗しらはた
白旗しらばた
白旗しろはた

白旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 02:17 UTC 版)

白旗(しろはた、しらはた、はっき)は、広義では無地で白色を指す。


  1. ^ 実際には幼児幼稚園児、等)にも使用例は広がる。
  2. ^ 画像ページ内の "Other versions" にある画像が作品の全容。
  3. ^ a b Why Do Surrendering Soldiers Wave White Flags?
  4. ^ Laws of War : Laws and Customs of War on Land (Hague II); July 29, 1899(イェール大学)


「白旗」の続きの解説一覧

白旗(しらはた)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 04:45 UTC 版)

草津温泉」の記事における「白旗(しらはた)」の解説

湯畑から光泉寺という寺院階段方向向かった右手に白旗湯畑があり、源泉湧き出る様子を見ることができる。源泉源頼朝発見したと言い伝えられ源泉内に頼朝祭った石祠頼朝宮)があり、町文化財指定されている。かつては御座の湯」と呼ばれ1897年源氏の白旗にちなみ「白旗の湯」と改称した草津の主要源泉唯一白濁しており、湯の花空気温泉混ざることで淡く白濁するお湯強酸性のため、刺激強く入浴すると肌が少しピリッとする感覚を楽しむことができる。熱の湯横の共同浴場「白旗の湯」で入浴出来るが、引湯している施設10程度希少である。泉質は「酸性・含硫黄アルミニウム硫酸塩塩化物温泉硫化水素型)」で、源泉温度50.8湧出量毎分660リットル特筆事項は、pH値2.1水素イオン H⁺8.91mg、硫酸水素イオン HSO4⁻ 195mg、硫酸イオン SO4²⁻ 651mg、臭化物イオン Br⁻1.5mg、メタケイ酸 H2SiO3 216mg、遊離硫化水素 H2S7.7mg、等の成分から硫化水素臭を含む独特な匂い酸味淡く白濁している事。

※この「白旗(しらはた)」の解説は、「草津温泉」の解説の一部です。
「白旗(しらはた)」を含む「草津温泉」の記事については、「草津温泉」の概要を参照ください。


白旗(ホワイトフラッグ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 16:21 UTC 版)

レース旗」の記事における「白旗(ホワイトフラッグ)」の解説

白色レース旗(英: The white flag)はFIA主催する国際自動車スポーツ、あるいは北米行われているインディカー・シリーズNASCARによって意味合いが違う。FIAルールの場合、掲示ポスト区間内に遅い車が存在することに注意を喚起する場合使われるインディカーNASCARは、ファイナルラップ入ったことを報せる為に白旗が振られるいずれも掲示方法振動掲示である。 FIAルールの場合、オフィシャルカー救急車FROSUPER GTのみ)などのレースカー比較して低速走行する車がコース入っている事を知らせる、コースオフしたレースカーコース復帰する際の初期加速中による低速走行何らかのトラブルによってスローダウンしているマシンがいるときに掲示される

※この「白旗(ホワイトフラッグ)」の解説は、「レース旗」の解説の一部です。
「白旗(ホワイトフラッグ)」を含む「レース旗」の記事については、「レース旗」の概要を参照ください。


白旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 09:07 UTC 版)

ヘヴィーオブジェクト」の記事における「白旗」の解説

降伏を示す無線信号条約にはないが、基本的に自軍オブジェクト撃破されても白旗を打電すればその時点で戦闘終結するとされる

※この「白旗」の解説は、「ヘヴィーオブジェクト」の解説の一部です。
「白旗」を含む「ヘヴィーオブジェクト」の記事については、「ヘヴィーオブジェクト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「白旗」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

白旗

出典:『Wiktionary』 (2018/05/16 16:34 UTC 版)

名詞

しろはたしらはたハッキ

  1. 白色はた降伏際に使用する。以下の集団象徴する
    1. 源氏の旗。

「白旗」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



白旗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

白旗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



白旗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JRAJRA
Copyright 2022 Japan Racing Association.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの白旗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの草津温泉 (改訂履歴)、レース旗 (改訂履歴)、ヘヴィーオブジェクト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの白旗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS