マリファナとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 大麻 > マリファナの意味・解説 

マリファナ【(スペイン)marijuana】

読み方:まりふぁな

大麻(たいま)の葉・茎・花から得られる幻覚作用をもつ物質タバコ入れて吸引するマリフアナマリワナ。ハシーシ。ハシッシュ


マリファナ

【仮名】まりふぁな
原文marijuana

植物の一種。マリファナの抽出物は、化学療法オピオイドモルヒネなど)による重度吐き気嘔吐管理として、研究が行われている。

大麻

(マリファナ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/22 05:53 UTC 版)

大麻(たいま、cannabis[1])は、アサ(大麻草)の花冠を乾燥または樹脂[1]、液体化させたもの。マリファナ(marijuana)とも[1][2]。花から製造された(栽培種の花序からとった[3])ものをガンジャGanja)、樹脂をハシシ(hashish)、チャラスと呼ぶ[4][1]吸食以外でも歴史としては古く、紀元前から用いられてきた。世界50カ国以上が何らかの形で医療大麻を合法化しており、規制緩和が進むものの、殆どの国において娯楽用としての大麻吸食は法律で禁止されている[5][6][7]。   


注釈

  1. ^ クラスAは「最も有害」(most harmful)、クラスBは中間、クラスCは「害が少ない」(less harmful)
  2. ^ ただし、大麻の場合は他のB分類のドラッグの扱いとは違い、初犯は警告、再犯は罰金、それ以降は逮捕というスリーストライク制が適用される。しかし初犯の記録は残さないため、現実的にはこの方法での取り締まりは不可能である
  3. ^ 安価な労働力としてメキシコ人移民の雇用が増え、アメリカ人の雇用が不安定になり移民問題となった。メキシコ人は週末になると大麻を嗜むことで知られ、大麻を違法化することによって、それを口実にメキシコ人をアメリカ社会からの排除を行った。大麻は厳しく取り締まり、少量の所持で終身刑になった判例もある。
  4. ^ 大幣、大麻は「たいま」とも読む。お祓い大麻ともいう。ほかに、年末に神社が配る神札には、「神宮大麻」(伊勢神宮の例)、「氏神大麻」などと書かれ、中に串が入っているが、これは元来は中に小さなお祓い大麻が入っていた名残りである[46]。また、各地神社の祭祀で麻の枝葉や繊維を使用していたか、現在も使用している例も多い。
  5. ^ 祖霊がわが家に帰り来るのに道に迷うわないようにと、庭先とか玄関先で、前年に収穫し繊維や種をとったあとの残りの大麻(おがら)を「迎え火」として炊く風習は現在も残っている。また、祖霊の乗り物として、ナスの牛とキュウリの馬(精霊馬)を作る土地があるが、その足にもおがらを使う。
  6. ^ 国民の40%近くの大麻の使用経験があるイギリスでは、ゲートウェイ理論に否定的な意見が支配的である[99]
  7. ^ 大麻取締法が規制するのは、無許可かつ故意の栽培、所持(採取)である。
  8. ^ 検査にはMonitect-3と呼ばれる簡易検査キットが使われた。これはイムノクロマト法によって、メタンフェタミン、アンフェタミン、THCの検出が可能である。
  9. ^ なお、ヘロインの不法所持は10年以下の懲役、あへんの不法所持は7年以下の懲役、向精神薬不法所持は3年以下の懲役である。
  10. ^ a b 立法当初は万国阿片条約にて締結されたアヘンの取締りを主目的としていた[201]

出典

  1. ^ a b c d e f g h 山本郁男「大麻文化科学考(その1)」『北陸大学紀要』第14巻、北陸大学、1990年12月、1-15頁、CRID 1390290699828562944doi:10.15066/00000194ISSN 0387-074XNAID 110006556297 
  2. ^ a b c d e 国連薬物犯罪事務所 2006, p. 157.
  3. ^ 阿部和穂『大麻大全』(武蔵野大学出版会、2018年)21ページ、ISBN 978-4-903281-39-1
  4. ^ a b c d グリンスプーン & バカラー 1996, pp. 17–18.
  5. ^ タイの産業用・医療用大麻の規制に関する最新情報 2022年9月版”. 山田コンサルティンググループ株式会社 (2022年11月8日). 2023年5月24日閲覧。
  6. ^ a b Russo EB, Jiang HE, Li X, et al. (2008). “Phytochemical and genetic analyses of ancient cannabis from Central Asia”. Journal of Experimental Botany 59 (15): 4171–4182. doi:10.1093/jxb/ern260. PMC 2639026. PMID 19036842. http://jxb.oxfordjournals.org/content/59/15/4171.full. 
  7. ^ a b Jason Bittel、ルーバー荒井ハンナ・訳 (2016年10月7日). “2500年前の墓から完全な大麻草13本を発見”. ナショナル・ジオグラフィック日本語版. 2016年12月28日閲覧。
  8. ^ 渡辺和人, 山折大, 木村敏行, 山本郁男「大麻文化科学考(その20) : 第20章大麻に関する諸外国の法規制」『北陸大学紀要』第33巻、北陸大学、2009年12月、1-9頁、CRID 1390009224851849600doi:10.15066/00000215ISSN 0387-074X  注・変動が激しいため最新の規制状況ではない。
  9. ^ a b 国際麻薬統制委員会 (2019年6月). “State responses to drug-related criminality” (PDF). International Narcotics Control Board. 2019年6月10日閲覧。
  10. ^ ナショナル ジオグラフィック. “第5回 世界の主流は「薬物の非犯罪化」”. 2022年4月7日閲覧。
  11. ^ a b Robert Valencia (2017年7月9日). “Medical Marijuana Protections Blocked by House Committee—Which States Will Be Affected?”. Newsweek. http://www.newsweek.com/house-committee-blocks-medical-marijuana-protections-patients-which-states-661377 2017年9月15日閲覧。 
  12. ^ Thomas Fuller, Californians Legalize Marijuana in Vote That Could Echo Nationally New York Times, 2016.
  13. ^ a b Tom Angell (2018年1月24日). “米バーモント州で大麻解禁、知事が「個人の自由の問題」と発言”. Forbes. https://forbesjapan.com/articles/detail/19455 2018年4月20日閲覧。 
  14. ^ Alicia Wallace (2020年12月4日). “Cannabis got a big win in Congress, but legal weed isn't around the corner”. CNN. https://edition.cnn.com/2020/12/04/business/cannabis-more-act-house-vote/index.html 2020年12月6日閲覧。 
  15. ^ a b Washington Supreme Court Upholds Termination of Medical Marijuana User Gordon Rees Scully Mansukhani, LLP(June 2011)2021年6月5日閲覧
  16. ^ a b 加藤仁美 (2015年6月17日). “米コロラド州最高裁、雇用主は医療用マリファナ使用の被雇用者を解雇できると判決”. IBタイムズ. 2015年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月22日閲覧。
  17. ^ a b E-Update: California's High Court Affirms Decision Upholding Discharge of Employee for Marijuana Use(2008年11月21日時点のアーカイブ
  18. ^ a b http://www.osba.org/Resources/Article/Legal/CM_Emerald_v_BOLI.aspx
  19. ^ The Editorial Board (2014年7月27日). “Repeal Prohibition, Again”. New York Times. http://www.nytimes.com/interactive/2014/07/27/opinion/sunday/high-time-marijuana-legalization.html 2016年9月1日閲覧。 
  20. ^ Inc, Gallup (2016年10月19日). “Support for Legal Marijuana Use Up to 60% in U.S.” (英語). Gallup.com. 2023年11月22日閲覧。
  21. ^ “大麻合法化の支持率、初の明確な過半数に=米調査”. ロイター. (2013年10月23日). http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPTYE99M04E20131023 2016年9月1日閲覧。 
  22. ^ “カナダ政権交代でマリファナ市場拡大期待、関連株が一時急伸”. ロイター. (2015年10月21日). http://jp.reuters.com/article/canada-election-marijuana-idJPKCN0SF01Z20151021 2016年9月1日閲覧。 
  23. ^ 中野渉 (2016年4月20日). “大麻合法化、カナダが2017年春に”. ハフィントン・ポスト. https://www.huffingtonpost.jp/2016/04/20/canada-aims-for-marijuana-legalization_n_9744914.html 2016年9月1日閲覧。 
  24. ^ a b c 園田寿 (2018年10月18日). “カナダで大麻を使用して帰国した日本人旅行者や留学生は大麻取締法によって処罰されるのだろうか”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/sonodahisashi/20181018-00100964 2019年1月15日閲覧。 
  25. ^ しかし、コーヒショップを廻れば、いくらでも大麻を購入できるため、欠陥法となっている。「観光に打撃、大麻店はオランダ人限定で」『ニューズウィーク日本版』2011年6月8日
  26. ^ Misuse of Drugs Act
  27. ^ 渡辺正仁、早崎華、由留木裕子、渡辺克哉「カンナビジオールの治療効果とその作用機序」『保健医療学雑誌』第9巻第2号、2018年、112-125頁、doi:10.15563/jalliedhealthsci.9.112NAID 130007492289 
  28. ^ 赤星栄志「大麻草の品種とTHC(マリファナ成分)」『農業経営者』2013年2月号、2013年1月、48-50頁。 
  29. ^ 高島大典「無毒アサ「とちぎしろ」の育成について」『栃木県農業試験場研究報告』第28号、1982年10月、p47-54、CRID 1050564288541207808NAID 40002727610 
  30. ^ 『禁止表国際基準』(日本語版、2018年1月版)12頁。日本アンチ・ドーピング機構公式サイト内「世界アンチ・ドーピング規定」より検索。
  31. ^ [1]1000244664 『大麻入門』という本に、麻薬の麻という字はかつてヤマイダレのある「痲」と書いていたのが、「1949年... | レファレンス協同データベース]
  32. ^ 船山信次「アサと麻と大麻 : 有用植物から危険ドラッグまで」『ファルマシア』第52巻第9号、日本薬学会、2016年、827-831頁、CRID 1390282679475684608doi:10.14894/faruawpsj.52.9_827ISSN 0014-8601 
  33. ^ 小学館 (2016年9月). “マリファナ【(スペイン)marijuana】の意味 - goo国語辞書”. デジタル大辞泉. NTTレゾナント. 2016年9月9日閲覧。
  34. ^ 佐藤均、日本臨床カンナビノイド学会『カンナビノイドの科学 大麻の医療・福祉・産業への利用』築地書館、2015年、12頁。ISBN 978-4-8067-1501-6 
  35. ^ 世界保健機関 (2009-09-31). Clinical Guidelines for Withdrawal Management and Treatment of Drug Dependence in Closed Settings. p. 3. ISBN 978-92-9061-430-2. https://apps.who.int/iris/handle/10665/207032 
  36. ^ Jan van Amsterdam; David Nutt; Wim van den Brink (2013). “Generic legislation of new psychoactive drugs” (PDF). J Psychopharmacol 27 (3): 317–324. doi:10.1177/0269881112474525. PMID 23343598. http://www.undrugcontrol.info/images/stories/documents/generic-legislation-nps.pdf. 
  37. ^ a b レスター・グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 著、杵渕幸子、妙木浩之 訳『サイケデリック・ドラッグ―向精神物質の科学と文化』工作舎、2000年、46,59-60頁。ISBN 4-87502-321-9  Psychedelic Drugs Reconsidered, 1979
  38. ^ グリンスプーン & バカラー 1996, pp. 19–20.
  39. ^ 貝原益軒大和本草』(PDF) 巻之六 草之二、1709年、民用草類 大麻(アサ)頁http://www.nakamura-u.ac.jp/~library/lib_data/pdf/b06.pdf 
  40. ^ 下山順一郎生薬学』(image/jp2) 上巻(11版)、蒼虬堂、1912年、274-278頁https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1087923/145 
  41. ^ 山本郁男「大麻文化科学考(その5)」『北陸大学紀要』第18巻、北陸大学、1994年12月、1-13頁、CRID 1390572174805265664doi:10.15066/00000198ISSN 0387-074XNAID 110006556350 
  42. ^ a b c 国連薬物犯罪事務所 2006, p. 172.
  43. ^ US AG Declares Ending DEA MMJ Raids Now US Policy
  44. ^ 松田恭子「今から始める大麻栽培 無毒大麻を産業に活かす」『農業経営者』2012年9月号、2012年8月10日、19-28頁。 
  45. ^ 鳥居龍蔵上代の日向延岡』1935年、87-94頁https://books.google.co.jp/books?id=9Qa3R-AJ9oEC&pg=PT246 
  46. ^ 神奈川県神社庁設立60周年記念特別展<展示19>
  47. ^ 松下正明(総編集) 著、編集:牛島定信、小山司、三好功峰、浅井昌弘、倉知正佳、中根允文 編『薬物・アルコール関連障害』中山書店〈臨床精神医学講座8〉、1999年6月、109頁。ISBN 978-4521492018 
  48. ^ a b c d e 大学における大麻・薬物問題とその対策編集委員会「大麻 (PDF) 」『大学における大麻・薬物問題とその対策ガイドブック2010』国立大学法人保健管理施設協議会。
  49. ^ 国連薬物犯罪事務所 2006, p. 103.
  50. ^ a b 国連薬物犯罪事務所 2006, p. 164.
  51. ^ a b Nutt D, King LA, Saulsbury W, Blakemore C (March 2007). "Development of a rational scale to assess the harm of drugs of potential misuse". Lancet. 369 (9566): 1047–53. doi:10.1016/S0140-6736(07)60464-4. PMID 17382831
  52. ^ a b Phillips, Lawrence D; Nutt, David J; King, Leslie A (November 2010). “Drug harms in the UK: a multicriteria decision analysis” (pdf). The Lancet 376 (9752): 1558–1565. doi:10.1016/S0140-6736(10)61462-6. PMID 21036393. http://www.sg.unimaas.nl/_OLD/oudelezingen/dddsd.pdf. 
  53. ^ 鮎川潤 (1997年), 犯罪学入門, 講談社 
  54. ^ アメリカ医学研究所 (1999). Marijuana and Medicine: Assessing the Science Base. doi:10.17226/6376. ISBN 978-0-309-07155-0. https://www.nap.edu/catalog/6376/marijuana-and-medicine-assessing-the-science-base 
  55. ^ “Cannabis less harmful than drinking, smoking: report Agence France-Presse”. (2008年10月2日). http://rawstory.com/news/2008/Cannabis_less_harmful_than_drinking_smoking_1002.html 2016年8月15日閲覧。 
  56. ^ “大麻、酒やたばこより害少ない 英研究”. AFP. (2008年10月3日). https://www.afpbb.com/articles/-/2524452 2016年8月25日閲覧。 
  57. ^ a b http://www.unodc.org/ungass2016/en/contribution_ngos.html
  58. ^ a b 薬物政策国際委員会 (2011). War on Drugs. The Global Commission on Drug Policy. p. 2-4、11-12. http://www.opensocietyfoundations.org/sites/default/files/global-commission-report-english-20110624.pdf 
  59. ^ イギリス薬物政策委員会 (2012-10) (pdf). A fresh Approach to drugs. the UK Drug Policy Commission. p. 83. ISBN 978-1-906246-41-9. http://www.ukdpc.org.uk/wp-content/uploads/a-fresh-approach-to-drugs-the-final-report-of-the-uk-drug-policy-commission.pdf 2014年8月2日閲覧。 
  60. ^ a b 世界保健機関 1997, p. 18.
  61. ^ a b 世界保健機関 2016, §6.1.2 Long-term cannabis use and cognitive function, 6.1.4 Psychosis and schizophrenia.
  62. ^ 世界保健機関 (30 November 2016). Extract from the Report of the 38th Expert Committee on Drug Dependence, convened from 14 to 18 November 2016, at WHO headquarters in Geneva (Report). World Health Organization.
  63. ^ Cannabis” (英語). www.who.int. 世界保健機関. 2023年11月22日閲覧。
  64. ^ a b Gobbi, Gabriella; Atkin, Tobias; Zytynski, Tomasz; Wang, Shouao; Askari, Sorayya; Boruff, Jill; Ware, Mark; Marmorstein, Naomi et al. (2019-04-01). “Association of Cannabis Use in Adolescence and Risk of Depression, Anxiety, and Suicidality in Young Adulthood: A Systematic Review and Meta-analysis”. JAMA psychiatry 76 (4): 426–434. doi:10.1001/jamapsychiatry.2018.4500. ISSN 2168-6238. PMC 6450286. PMID 30758486. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30758486/. 
  65. ^ FDAがマリファナ由来成分含む薬を初めて認可。幼児に発症する特殊なてんかんに効果 - Engadget Japanese”. Engadget JP. Engadget (2018年6月27日). 2019年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月24日閲覧。
  66. ^ a b DrugScience 2016, p. 31.
  67. ^ a b c d DrugScience 2016, pp. 33–34.
  68. ^ a b c DrugScience 2016, p. 35.
  69. ^ 世界保健機関 2018, p. 12.
  70. ^ a b DrugScience 2016, pp. 35–38.
  71. ^ DrugScience 2016, p. 37.
  72. ^ 名取はにわ、北沢義博、高橋滋(情報公開・個人情報保護審査会). “「平成17年度覚せい剤等撲滅啓発事業の事業計画書の提出について」等の一部開示決定に関する件(平成19年度(行情)答申第398号)”. 内閣府. 2010年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月4日閲覧。
  73. ^ イギリス薬物政策委員会 (2012-10) (pdf). A fresh ApproAch to drugs. the UK Drug Policy Commission. pp. 38-39, 50-51. ISBN 978-1-906246-41-9. http://www.ukdpc.org.uk/wp-content/uploads/a-fresh-approach-to-drugs-the-final-report-of-the-uk-drug-policy-commission.pdf 2014年8月2日閲覧。 
  74. ^ DrugScience 2016, pp. 43–44.
  75. ^ a b DrugScience 2016, pp. 39–40.
  76. ^ Silins E, et al. (2014-9). “Young adult sequelae of adolescent cannabis use: an integrative analysis.”. The Lancet Psychiatry. 1 (4): 286-93. doi:10.1016/S2215-0366(14)70307-4. PMID 26360862. http://www.thelancet.com/journals/lanpsy/article/PIIS2215-0366(14)70307-4/abstract. 
  77. ^ a b “17歳未満の大麻常用、学歴や自殺リスクに差”. AFPBB News. (2014年9月10日). https://www.afpbb.com/articles/-/3025539 2014年10月9日閲覧。 
  78. ^ Skunk strength has doubled, studies suggest The Guardian
  79. ^ National Drug Threat Assessment 2007 National Drug Intelligence Center
  80. ^ US Drug Enforcement Administration, "Drugs of Abuse"
  81. ^ McLaren, Jennifer; Swift, Wendy; Dillon, Paul; Allsop, Steve (2008-07). “Cannabis potency and contamination: a review of the literature”. Addiction (Abingdon, England) 103 (7): 1100–1109. doi:10.1111/j.1360-0443.2008.02230.x. ISSN 0965-2140. PMID 18494838. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18494838/. 
  82. ^ An overview of cannabis potency in Europe 2004 (PDF)
  83. ^ 子どものマリフアナ中毒、緊急治療室搬送が2.3倍に 仏”. CNN. 2023年11月22日閲覧。
  84. ^ Quality Control Results - Health Canada's Marihuana Supply - Medical Use of Marihuana Health Canada
  85. ^ Medicinal cannabis The Office for Medicinal Cannabis
  86. ^ Lynn Zimmer Ph.D.; John P. Morgan M.D. (1997年). “Marijuana Myths Marijuana Facts: A Review of the Scientific Evidence | Office of Justice Programs”. アメリカ合衆国司法省. 2023年11月22日閲覧。
  87. ^ 大麻(マリファナ)について 横浜市衛生研究所(2021年6月5日閲覧)
  88. ^ Abuse, National Institute on Drug (2019年12月31日). “Drugged Driving DrugFacts | National Institute on Drug Abuse (NIDA)” (英語). nida.nih.gov. 2023年11月22日閲覧。
  89. ^ 大麻の喫煙が自動車の運転に及ぼす影響は殆ど無いとの研究結果”. 大麻報道センター (2010年6月16日). 2023年11月22日閲覧。
  90. ^ R. Andrew Sewell, et.al. THE EFFECT OF CANNABIS COMPARED WITH ALCOHOL ON DRIVING (2009)
  91. ^ a b 大麻を吸引して運転するのは飲酒運転より安全、という研究結果が出される BUZZAP!
  92. ^ Managing, improving and investing in the road network GOV.UK
  93. ^ K. Terhune. 1992. The incidence and role of drugs in fatally injured drivers. Washington, DC: US Department of Transportation National Highway Traffic Safety Administration, Report No. DOT HS 808 065.
  94. ^ CANNABIS : OUR POSITION FOR A CANADIAN PUBLIC POLICY
  95. ^ Erowid Cannabis Vault : House of Lords Report”. エロウィド. 2023年11月22日閲覧。
  96. ^ Asbridge, Mark; Hayden, Jill A.; Cartwright, Jennifer L. (2012-02-09). “Acute cannabis consumption and motor vehicle collision risk: systematic review of observational studies and meta-analysis”. BMJ (Clinical research ed.) 344: e536. doi:10.1136/bmj.e536. ISSN 1756-1833. PMC 3277079. PMID 22323502. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22323502/. 
  97. ^ “The impact of recreational cannabis markets on motor vehicle accident, suicide, and opioid overdose fatalities”. ScienceDirect. (2023-03-01). doi:10.1016. https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0277953623000357?via%3Dihub. 
  98. ^ 世界保健機関 1997.
  99. ^ Select Committee on Science and Technology Fifth Report)
  100. ^ ANNUAL REPORT 2006 THE STATE OF THE DRUGS PROBLEM IN EUROPE (PDF) European Monitoring Centre for Drugs and Drug Addiction
  101. ^ 世界薬物報告書(2006年)第2章より抜粋、外務省訳 (PDF)
  102. ^ REPORT ON THE DRUG SITUATION 2006 (PDF) As approved on 20-02-2007 by the Scientific Committee of the NDM
  103. ^ Tarter, Ralph E.; Vanyukov, Michael; Kirisci, Levent; Reynolds, Maureen; Clark, Duncan B. (2006-12). “Predictors of Marijuana Use in Adolescents Before and After Licit Drug Use: Examination of the Gateway Hypothesis”. American Journal of Psychiatry 163 (12): 2134–2140. doi:10.1176/ajp.2006.163.12.2134. ISSN 0002-953X. https://ajp.psychiatryonline.org/doi/full/10.1176/ajp.2006.163.12.2134. 
  104. ^ Agrawal, A.; Lynskey, M. T.; Bucholz, K. K.; Martin, N. G.; Madden, P. a. F.; Heath, A. C. (2007-01). “Contrasting models of genetic co-morbidity for cannabis and other illicit drugs in adult Australian twins” (英語). Psychological Medicine 37 (1): 49–60. doi:10.1017/S0033291706009287. ISSN 1469-8978. https://www.cambridge.org/core/journals/psychological-medicine/article/abs/contrasting-models-of-genetic-comorbidity-for-cannabis-and-other-illicit-drugs-in-adult-australian-twins/C0FD4E25A5DB361C84874520E6227B2C. 
  105. ^ Exposing the Myth of Smoked Medical Marijuana
  106. ^ Marijuana: Facts Parents Need to Know, pg 9-10
  107. ^ John Morgan and Lynn Zimmer. Marijuana Myths, Marijuana Facts: A Review of the Scientific Evidence. 1997. p. 35(書籍)
  108. ^ Secades-Villa, Roberto; Garcia-Rodríguez, Olaya; Jin, Chelsea J.; Wang, Shuai; Blanco, Carlos (2015-02). “Probability and predictors of the cannabis gateway effect: a national study”. The International Journal on Drug Policy 26 (2): 135–142. doi:10.1016/j.drugpo.2014.07.011. ISSN 1873-4758. PMC 4291295. PMID 25168081. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25168081/. 
  109. ^ The White House Department of Health & Human Services Substance Abuse and Mental Health Services Administration Mandatory Guidelines for Federal Workplace Drug Testing Programs
  110. ^ Faulty Drug Test Kits Used Widely by Law Enforcement to Be Exposed at March 3 Press Conference --Report Entitled 'False Positives Equal False Justice' to Be Released at National Press Club; Retired FBI Forensics Expert and Victims of False Arrests to Testify 2012
  111. ^ a b “神社で使われる「大麻」の90%が中国産であるという事実”. yahooニュース. (2016年11月2日). https://news.yahoo.co.jp/byline/endotsukasa/20161102-00064032 2016年11月4日閲覧. "かねて我が国には大麻を吸引する習慣などはなかった。" 
  112. ^ a b c 昭和57年版 犯罪白書 第4編/第1章/第2節/1”. hakusyo1.moj.go.jp. 2021年4月16日閲覧。
  113. ^ 大麻(マリファナ)について”. www.city.yokohama.lg.jp. 2021年4月16日閲覧。
  114. ^ 昭和55年 警察白書”. www.npa.go.jp. 2021年4月16日閲覧。
  115. ^ 弁護士小森榮の薬物問題ノート:なぜ減らない薬物事犯
  116. ^ 大麻のウソにだまされるな!!正しい知識・情報で大切な自分を守る!!”. 群馬県 (2022年11月1日). 2023年5月24日閲覧。
  117. ^ 薬物○事犯検挙人員の推移” (PDF). 厚生労働省. 2023年5月24日閲覧。
  118. ^ 日本放送協会. “大麻所持などの疑いで検挙 10代と20代が70%余占める|NHK 新潟県のニュース”. NHK NEWS WEB. 2022年4月13日閲覧。
  119. ^ 神奈川県内 未成年の大麻 6年で10倍 背景にSNSや誤情報 | 青葉区”. タウンニュース (2022年4月7日). 2022年4月13日閲覧。
  120. ^ 大麻摘発過去最多 20代以下が7割占める(日テレNEWS)”. Yahoo!ニュース. 2022年4月13日閲覧。
  121. ^ 大麻対策のためのポータルサイト「I'm CLEAN」|警察庁Webサイト”. 警察庁. 2022年4月13日閲覧。
  122. ^ 医療用大麻の解禁へ議論 使用罪の新設も 夏には法改正の骨子”. 朝日新聞デジタル (2022年5月25日). 2023年11月22日閲覧。
  123. ^ 【速報】医療用大麻、解禁へ 厚労省小委員会が方向性まとめる 大麻「使用罪」創設も”. FNNプライムオンライン (2022年9月29日). 2023年11月22日閲覧。
  124. ^ 麻薬取扱者免許申請”. 栃木県. 2023年11月22日閲覧。
  125. ^ Masamutsu Nagahama (1968). “A review of drug abuse and counter measures in Japan since World War II”. U.N. Bulletin on Narcotics 20 (3): 19-24. https://www.unodc.org/unodc/en/data-and-analysis/bulletin/bulletin_1968-01-01_3_page004.html. 
  126. ^ 警視庁 警察白書
  127. ^ a b c 平成20年中の薬物・銃器情勢 警察庁 (PDF)
  128. ^ 警視庁「平成27年における薬物・銃器情勢」 p2
  129. ^ 「日本人力士も簡易検査で大麻陽性」MSN産経ニュース(2008年9月14日)
  130. ^ 「大麻陽性なら解雇を確認 相撲協会の反ドーピング委」共同通信(2008年9月17日)[リンク切れ]
  131. ^ 「ロシア人力士の大麻検査と解雇処分には問題が多すぎる」JanJanニュース(2008年9月14日)
  132. ^ 相撲協会の尿検査に新たな問題点が発覚 大麻取締法変革センター
  133. ^ 北海道と大麻草 北海道立衛生研究所食品薬品部食品保健科研究職員 藤本啓
  134. ^ 相次ぐ大学生の大麻摘発 裏にはお役人の点数稼ぎ”. 日刊サイゾー (2009年2月19日). 2023年11月22日閲覧。
  135. ^ 警視庁「平成27年における薬物・銃器情勢」 p13
  136. ^ 大麻の栽培紹介雑誌、東京都の「有害」指導後にまた発行読売新聞』2009年2月4日
  137. ^ 昭和23年6月12日の衆議院厚生委員会において、竹田儀一厚生大臣は大麻取締法の提案理由を次のように説明した。「大麻草に含まれている樹脂等は麻薬と同樣な害毒をもつているので、従来は麻薬として取締つてまいつたのでありますが、大麻草を栽培している者は大体が農業に従事しているのでありまして、今回提出されています麻薬取締法案の取締の対象たる医師、歯科医師、薬剤師等は、職業の分野がはなはだしく異つています関係上、別個な法律を制定いたしまして、これが取締の完璧を期する所存であり、本法案を提出する理由と相なつております。」(出典:国会会議録検索システム)
  138. ^ “第198回国会 参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員会会議録”. (2019年3月20日). https://kokkai.ndl.go.jp/#/detailPDF?minId=119813895X00320190319&page=1&spkNum=0&current=-1 2019年4月20日閲覧。 
  139. ^ “大麻の成分含むてんかん治療薬 国内でも使用可能に”. 朝日新聞. (2019年3月20日). https://www.asahi.com/articles/ASM3N440PM3NUBQU001.html 2019年4月20日閲覧。 
  140. ^ 最高裁判所昭和57年9月17日第二小法廷決定
  141. ^ 夏井高人「植物分類体系の変化が法制度に与える影響-大麻規制法令を中心とする考察-」『法律論叢』第84巻第4-5号、明治大学法律研究所、2012年1月、91-111頁、ISSN 0389-5947NAID 1200051996892020年4月28日閲覧 
  142. ^ 2001年大麻栽培免許拒否理由 大麻栽培免許に係る疑義について(照会) 『特に、目的については、免許制度により禁止の解除を行っている趣旨からして、「国民生活にとって必要不可欠なものであるか否か等目的意義が禁止を解除するに値するものであるか否か」を検討し行うことが妥当とされていますが、この趣旨は,農作物として出荷する目的での栽培を一律に認めるのではなく、あくまでも、その栽培目的が伝統文化の いる生活必需品として生活に密着した必要不可欠な場合に限り免許すべきものと解してよろしいか。』 厚生労働省医薬局監視指導・麻薬対策課長 『平成13年3月9日保健第1976号により照会があった標記については、貴見のとおりと解する。』
  143. ^ 【衝撃事件の核心】「大麻で町おこし」は大ウソ!?裏切られた鳥取県は「栽培全面禁止」…産業用の生産現場に広がる波紋(2/4ページ)”. 産経ニュース (2016年12月26日). 2023年11月22日閲覧。
  144. ^ 中村勉 (2016年5月28日). “大麻にまつわる噂「海外で合法的に使えば大丈夫」はホント? 法的な問題を分析”. 弁護士ドットコム. 2019年1月15日閲覧。
  145. ^ 林修三「大麻取締法と法令整理」『時の法令』通号530号(財務省印刷局編、1965年4月)
  146. ^ テドロス・アダノム・ゲブレシウス、(訳)日本臨床カンナビノイド学会 (23 July 2018). 国連事務総長(アントニオ・グテーレス氏)への手紙 (pdf) (Report). 世界保健機関. 2019年1月15日閲覧 原文:ECDD 40th meetingの Director-General letter。翻訳文書の経緯:2018年6月 第40回WHO ECDD会議の結果について”. 日本臨床カンナビノイド学会 (2018年9月3日). 2019年1月15日閲覧。
  147. ^ WHOがマリファナ合法化を「奨励しない」と明言 カナダで解禁迫る”. ライブドアニュース. 2023年11月22日閲覧。
  148. ^ INCB holds consultations with Uruguay on cannabis legalization for non-medical purposes”. 国際麻薬統制委員会 (2021年1月4日). 2021年2月13日閲覧。
  149. ^ “UN commission reclassifies cannabis, no longer considered risky narcotic”. 国連. (2020年12月2日). https://news.un.org/en/story/2020/12/1079132 2020年12月3日閲覧。 
  150. ^ Smart RG (1976). “Effects of legal restraint on the use of drugs: a review of empirical studies”. U.N. Bulletin on Narcotics 28 (1): 55–65. PMID 1046373. http://www.unodc.org/unodc/en/data-and-analysis/bulletin/bulletin_1976-01-01_1_page006.html. 
  151. ^ 鮎川潤 (1997年), 『犯罪学入門』, 講談社 
  152. ^ Personal Use Introduction 具体的にはアラスカ州カリフォルニア州コロラド州メイン州ミネソタ州ミシシッピ州ネブラスカ州ネバダ州ニューヨーク州ノースカロライナ州オハイオ州、オレゴン州、マサチューセッツ州など。
  153. ^ a b “米2州で大麻合法化、同性婚も3州で承認 6日の住民投票で”. AFPBB News. (2012年11月8日). https://www.afpbb.com/articles/-/2911120?pid=9801221 
  154. ^ “全米初、ワシントン州で嗜好用大麻が合法に”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年12月7日). https://www.afpbb.com/articles/-/2915446?pid=9956265 2012年12月8日閲覧。 
  155. ^ 米コロラド州で大麻販売を解禁、医療目的以外で全米初」『Reuters』、2014年1月2日。2023年11月22日閲覧。
  156. ^ Marijuana Is Now Officially Legal In Alaska” (英語). Time (2015年2月24日). 2023年11月22日閲覧。
  157. ^ Matt Ferner (2015年2月26日). “Recreational Marijuana Now Legal In D.C.”. Huffington Post. 2017年9月7日閲覧。
  158. ^ Smith, Aaron (2015年7月1日). “Recreational pot use is now legal in Oregon”. CNNMoney. 2023年11月22日閲覧。
  159. ^ BALLOTPEDIA 2016 ballot measures
  160. ^ http://abcnews.go.com/Politics/wireStory/maine-chooses-legalize-marijuana-recreational-43450933
  161. ^ Calvo bill would legalize marijuana for recreational use”. Pacific Daily News (2017年1月10日). 2017年9月7日閲覧。
  162. ^ “マレーシア元首相 TPPは再び植民地化招く”. NHK. (2013年8月27日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130827/k10014056301000.html 2013年8月28日閲覧。 
  163. ^ Inter-Agency Advisory Regarding Claims That Smoked Marijuana Is a Medicine FDA Newsroom
  164. ^ Exposing the Myth of Smoked Medical Marijuana DEA
  165. ^ Working to Reform Marijuana Laws Since 1970” (英語). NORML (2023年11月8日). 2023年11月22日閲覧。
  166. ^ a b c “カナダ、10月17日に大麻解禁 首相が発表”. AFPBB News. フランス通信社. (2018年6月21日). https://www.afpbb.com/articles/-/3179352 2018年6月21日閲覧。 
  167. ^ Pot Activists Hail Court Victory, but Crown Says It's Non Binding”. NORML.ORG Canada. 2023年11月22日閲覧。
  168. ^ Elliott, Josh (2015年9月30日). “Liberals 'committed' to legalizing marijuana: Trudeau” (英語). CTVNews. 2023年11月22日閲覧。
  169. ^ “カナダ、嗜好品の大麻を来夏合法化へ 法案発表、世界2か国目”. AFPBB News. フランス通信社. (2017年4月14日). https://www.afpbb.com/articles/-/3125097 2018年6月21日閲覧。 
  170. ^ カナダ、娯楽目的の大麻使用を合法化へ”. BBC (2018年6月20日). 2018年11月23日閲覧。
  171. ^ 大麻解禁、押し寄せるマネー カナダの町で「ラッシュ」 朝日新聞デジタル(2018年11月14日)2021年6月5日閲覧
  172. ^ カナダにおける大麻の合法化について”. 日本国政府 在バンクーバー日本国総領事館 (2018年10月4日). 2018年11月23日閲覧。
  173. ^ 2008 Annual report: the state of the drugs problem in Europe. ISBN 9291683116. (PDF)
  174. ^ オランダ与党CDA議員代表 コーヒーショップの全面閉鎖を主張
  175. ^ オランダのソフト・ドラッグ政策、転換を迫られる
  176. ^ オランダで大麻規制強化、「コーヒーショップ」は困惑」『Reuters』、2011年10月11日。2023年11月22日閲覧。
  177. ^ UKCIA news database:UK. Allow athletes to use cannabis, says sports minister Evening Standard, London Monday 11 Dec 2006
  178. ^ Cannabis: classification and public health
  179. ^ ACMD: Cannabis: Classification and Public Health (2008)
  180. ^ Sample, Ian; correspondent, science (2008年11月25日). “Scientists attack plan to upgrade cannabis” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/science/2008/nov/25/drugs-alcohol-medical-research-society 2023年11月22日閲覧。 
  181. ^ § 31a BtMG - Einzelnorm”. www.gesetze-im-internet.de. 2023年11月22日閲覧。
  182. ^ “ドイツ:野党代表、背後に大麻草…「氷水かぶり」映像波紋”. 毎日新聞. (2014年8月30日). http://mainichi.jp/select/news/20140830k0000e030238000c.html 2014年8月31日閲覧。 
  183. ^ ドイツ、医療用大麻の使用を合法化”. AFPBB News (2017年1月20日). 2017年9月7日閲覧。
  184. ^ “フランス、大麻使用の罰則大幅緩和へ 禁錮刑廃止、罰金引き下げ”. AFPBB. (2018年1月26日). https://www.afpbb.com/articles/-/3160017 2018年1月20日閲覧。 
  185. ^ Country Profile - Belgium”. EMCDDA. 2021年7月22日閲覧。
  186. ^ Italian Supreme Court Rule In Favour Of Rasta & Ganja
  187. ^ “イタリア政府が大麻栽培容認 医療用限定、軍施設で”. 朝日新聞. (2014年9月20日). http://www.asahi.com/articles/ASG9N2497G9NUHBI001.html 2014年9月20日閲覧。 
  188. ^ Greenwald, Glenn (2009年3月14日). “The success of drug decriminalization in Portugal” (英語). Salon. 2023年11月22日閲覧。
  189. ^ Czech Govt Allows 5 Cannabis Plants For Personal Use From 2010, Wall Street Journal, December 8, 2009, 9:25 AM ET
  190. ^ みゆきポアチャ (2014年8月21日). “ドラッグジェネレーションの到来 急増する薬物依存、大麻合法化を巡る議論も〜北欧・福祉社会の光と影”. 日本ビジネスプレス. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41511 2014年8月31日閲覧。 
  191. ^ スイスの合法マリフアナ、たばこ同様の課税・警告表示で売り上げ増”. AFPBB News (2017年5月15日). 2017年9月7日閲覧。
  192. ^ a b 欧州で広がる大麻合法化の動き、マルタはEU初の法案成立へ”. CNN.co.jp. CNN (2021年12月15日). 2023年5月5日閲覧。
  193. ^ a b c d マルタ共和国で「EU初の大麻合法化」、ドイツも追随見通し”. Forbes JAPAN 公式サイト. フォーブス ジャパン (2021年12月15日). 2023年5月5日閲覧。
  194. ^ No More Jail Terms for Drug Possession Russia Medical News Today 15 May 2004
  195. ^ Oren Liebermann, Kara Fox (2017年3月6日). “Israel decriminalizes marijuana”. CNN. 2017年9月7日閲覧。
  196. ^ staff, T. O. I. (2019年3月31日). “Partial decriminalization of public cannabis use takes effect Sunday night”. Times of Israel. 2020年1月1日閲覧。
  197. ^ Nicholas Casey (2013年12月12日). “ウルグアイ、国家として初めて大麻を合法化”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702303747904579253013044692266 2016年5月28日閲覧。 
  198. ^ “ウルグアイの大麻合法化は「国際法違反」、国連機関が非難”. AFP News. (2013年12月12日). https://www.afpbb.com/articles/-/3004924 2016年10月11日閲覧。 
  199. ^ ウルグアイ:大麻の使用におけるリスク低減のためのガイドライン”. 一般社団法人日本臨床カンナビノイド学会 (2019年6月7日). 2023年5月24日閲覧。
  200. ^ Background to the Ganja Issue in Jamaica
  201. ^ 鈴木慎一郎「Yard Livity part 5 ジャマイカのガンジャ文化」『レゲエ・マガジン』46号(株式会社タキオン、1995年)129-132ページ
  202. ^ ジャマイカ法務省 (2015年). “Dangerous Drugs Amendment Act 2015 Fact Sheet”. Ministry of Justice. 2017年9月7日閲覧。
  203. ^ “メキシコ、少量の麻薬所持を合法化”. AFPBB News. (2009年8月23日). https://www.afpbb.com/articles/-/2633390?pid=4487726 2013年3月15日閲覧。 
  204. ^ ジャマイカ法務省 (2018-11-2). “「嗜好用大麻の禁止は違憲」=解禁の動き加速か-メキシコ”. 時事通信. 2018年11月5日閲覧。
  205. ^ 嗜好用マリフアナ使用禁止は違憲、メキシコ最高裁”. AFPBB (2021年6月29日). 2021年7月22日閲覧。
  206. ^ 岡田玄 (2021年3月12日). “大麻の合法化案、メキシコ下院で可決 麻薬組織に対抗”. 朝日新聞. 2021年7月22日閲覧。
  207. ^ Feature: Brazilian President Signs New Drug Law -- No Jail for Users”. StoptheDrugWar.org. 2023年11月22日閲覧。
  208. ^ 医療マリファナの合法化と支援:チリが最初の農場を開き、がんを治療する大麻油を生産”. Latin Post (2014年9月9日). 2017年12月10日閲覧。
  209. ^ コロンビア、医療大麻を合法化”. www.afpbb.com (2015年12月23日). 2023年11月22日閲覧。
  210. ^ Is this the future of our own "War on Drugs"? AP Wire
  211. ^ Southeast Asia: Most Killed in Thailand's 2003 Drug War Not Involved With Drugs, Panel Finds”. StoptheDrugWar.org. 2023年11月22日閲覧。
  212. ^ Frédéric Burnand (2017年4月28日). “麻薬撲滅は幻想、東南アジアでも麻薬政策の転換進む”. swissinfo. 2019年1月15日閲覧。
  213. ^ 【NIKKEI ASIA】タイで話題、大麻の香り飲料/イチタン、セブン店舗で販売『日経産業新聞』2021年6月2日グローバル面
  214. ^ 大使館からのお知らせ”. Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2022年6月9日閲覧。
  215. ^ a b Thailand just decriminalized cannabis. But you still can't smoke joints, minister says” (英語). CNN Travel (2022年6月9日). 2022年6月10日閲覧。
  216. ^ タイ、大麻の家庭栽培を解禁 受刑者3000人も釈放へ”. 日本経済新聞 (2022年6月9日). 2022年6月10日閲覧。
  217. ^ One million free cannabis plants handed out from next month: Anutin” (英語) (2022年5月9日). 2022年6月10日閲覧。
  218. ^ 南ア、「大麻の私的な場での個人使用は合法」 憲法裁が判断”. AFPBB (2018年9月18日). 2021年7月22日閲覧。



マリファナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 14:37 UTC 版)

ハンボルト郡 (カリフォルニア州)」の記事における「マリファナ」の解説

ハンボルト郡はマリファナの栽培増殖関わる文化的性格広く知られているカリフォルニア州命題215号では、郡内医者推薦得た患者介護人に合法的に99までマリファナの栽培認めている。「ザ・ニューヨーカー」のデイビッド・サミュエルズはこの郡のことを「カリフォルニア州で高級品質のマリファナを栽培する中心地」と表現している。しかし命題215認められる以前1970年代初期から1980年代後期)、ベイエリアカウンターカルチャー人々大挙してこの地域入ってきた。多くの者は安価な土地求め、マリファナを栽培して購入資金稼ぎ土地オーナーになった。特にガーバービルやレッドウェイの周辺では、田園文化ヒッピー融合して、マリファナが経済中心となる「ヒッピー・ビリー」の地域社会を創り上げた。その品質評判呼びカリフォルニア海岸部からアメリカ合衆国中西部の州に運送することで多くの者が富を掴んだ地域生産者と州および連邦政府の間に紛争があったことで、かえってフンボルト郡の評判一部になった1983年以降収穫期には、CAMP(マリファナの栽培反対するキャンペーン団体)がヘリコプター私有地乗り付け不当な探索没収行った1980年代土地著名人だったオースティン・スティーブ・ボウザーは、州警察役人ハンボルト郡アメリカ合衆国取り戻すときだと告げたことを回想している。ガーバービルのラジオ局KMUDは、警察がどこのマリファナ農園襲おう向かっているかに関する情報地域発していた。2008年独立系映画ハンボルト郡」は郡のマリファナの栽培サブカルチャー主題にしている。

※この「マリファナ」の解説は、「ハンボルト郡 (カリフォルニア州)」の解説の一部です。
「マリファナ」を含む「ハンボルト郡 (カリフォルニア州)」の記事については、「ハンボルト郡 (カリフォルニア州)」の概要を参照ください。


マリファナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 00:35 UTC 版)

河合その子」の記事における「マリファナ」の解説

涙の茉莉花LOVE」を番組初披露する際、片岡鶴太郎曲名を「涙の『マリファナ』LOVE」とわざと読み笑い誘った

※この「マリファナ」の解説は、「河合その子」の解説の一部です。
「マリファナ」を含む「河合その子」の記事については、「河合その子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マリファナ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

マリファナ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/31 17:54 UTC 版)

語源

英語: marijuana転写

名詞

  1. 乾燥などさせたもの。

異表記・別形


「マリファナ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



マリファナと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マリファナ」の関連用語

マリファナのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マリファナのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2024 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大麻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハンボルト郡 (カリフォルニア州) (改訂履歴)、河合その子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマリファナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS