小者とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 若い人 > 小者の意味・解説 

こ‐もの【小者】

身分の低い奉公人丁稚(でっち)。小僧

武家雑役に使われた者。小人(こびと)。

年若い人。

「おのれほどの―と組んで勝負すまじきぞとて」〈太平記・九〉


小者

読み方:コモノkomono

武家などに雇われ雑役に使われた者。


小者

読み方:こしゃ

  1. 大物でない芸人こせこせした下積み芸人

分類 芸能


小者

読み方:こもの

  1. 男の召使
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

武家奉公人

(小者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/19 19:18 UTC 版)

武家奉公人(ぶけほうこうにん)とは、文字通り武家奉公する者を言う。江戸時代以前では主家に仕える(奉公する)武士も含めて単に奉公人と呼んだ。江戸時代以降はもっぱら非武士身分の中間小者を指した。


  1. ^ 『世界大百科事典』、日立デジタル平凡社、1998年
  2. ^ 『決定版江戸時代考証総覧』、新人物往来社、1994年、ASIN B00N4T23DQ。
  3. ^ 今泉定介編『故実叢書 武家名目抄 職名部 巻八』 p. 878
  4. ^ 上杉侯家士分限簿』 p. 26
  5. ^ 分限帳 元禄三年』 (米沢藩分限帳) pp. 468-478
  6. ^ 遺穂集』信之部 p. 52


「武家奉公人」の続きの解説一覧



小者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小者」の関連用語

小者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの武家奉公人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS