三助とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 三助の意味・解説 

さん すけ [1] 【三助】

銭湯で、湯を沸かしたり客の背中を洗ったりする男。

三助


三助

読み方:さんすけ

  1. 檐。〔第五類 一般建物
  2. 軒を云ふ。
  3. 軒をいう。

三助

読み方:さんすけ

  1. 湯屋下男をいふ。
  2. 湯屋に雇はれて浴客垢をおとすを業とする男。
  3. 銭湯風呂下男のこと。助さん逆にいつたものである。又光明皇后一助、二助、三助の風呂係を置かれたに依るともいふ。
  4. 銭湯風呂下男のこと、助さん逆にいつたものである。又光明皇后一助、二助、三助の風呂係を置かれたに依るともいふ。
  5. 銭湯下男のこと、「助さん」の逆語。助平になるの意。浴客の背を流す者を「流し」ともいう。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

三助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/02 16:13 UTC 版)

|thumb|300px|right|]]


  1. ^ a b c d 日本大百科全書 「さんすけ(三助)」 小学館 2017年08月09日閲覧
  2. ^ 世界大百科事典 第2版「さんすけ(三助)」 日立ソリューションズ・クリエイト 2017年08月11日閲覧
  3. ^ a b c 中野栄三『入浴・銭湯の歴史』雄山閣出版、1984年、175-178頁
  4. ^ 三田村鳶魚『江戸の女』青蛙房
  5. ^ デジタル大辞泉「さんすけ(三助)」 小学館 2017年08月09日閲覧
  6. ^ 浜野卓也『光明皇后』さ・え・ら書房、1981年 ISBN 978-4-378-02103-4
  7. ^ 永六輔1971『極道まんだら』文藝春秋
  8. ^ a b 【仕事人】日本で唯一の銭湯の流し・橘秀雪さん(71) 江戸っ子の背中見つめて Archived 2010年8月25日, at the Wayback Machine.(産経ニュース)--2009年5月31日
  9. ^ 【銭湯百景】(1)背中流し「三助」復活の動き『毎日新聞』朝刊2018年1月31日(くらしナビ面)
  10. ^ みどり湯について&NEWS(2018年2月3日閲覧)
  11. ^ 施設案内|楽天地天然温泉 楽天地スパ|東京楽天地
  12. ^ 施設案内|草加健康センター 相模健康センター|東名厚木健康センター


「三助」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三助」の関連用語

三助のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三助のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS