従者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 従者の意味・解説 

じゅう‐しゃ【従者】

読み方:じゅうしゃ

主人供をする者。供の者供人。ずさ。じゅしゃ


じゅ‐しゃ【従者】

読み方:じゅしゃ

じゅうしゃ(従者)


ず‐さ【者】

読み方:ずさ

じゅうしゃ」の直音表記

「―共よびて、尾のかたを引きあげさせ」〈宇治拾遺一四


従者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 06:23 UTC 版)

ふおんコネクト!」の記事における「従者」の解説

領主仕え男性詳し役職については特に言及されておらず側近騎士立場であった可能性もある。領主とともに馬に乗って領地視察する最中錬金術士出会う錬金術士ワイン蒸留し度数の高い酒を作ったことを咎めるが、領主言った上記の理由を聞く領主ともども赤面し錬金術士に「バカップル」と評されてしまう。領主捕虜になった際に錬金術士黄金錬成完了したかどうか聞くが、未だ完成していなかった。代わりに完成していた「不老不死の術」を交渉材料にするかと言われるが、悪用されてはいけないとして、「墓場持っていけ」と返答するこの時点で錬金術士不老不死となっているので、墓場には持って行けないのだが)。なお、その際にネズミのつがいを不老不死に」という冗談言ったのだが、錬金術士ネズミの持つ病原菌によって世界滅ぼすことになることを瞬時に計算し、「一瞬ガチ世界滅ぼ方法思いつく人に良識があって良かったと言われるその後バラバラにされた領主遺体持ち帰り錬金術士の手蘇生されるさまを見て複雑だ」と発言する。なお、前述のとおり「近い将来近親相姦になる」という理由で彼女をホムンクルスにしなかったという説明受けた際に領主とともに赤面していること、過去蒸留酒の件でも赤面していることから領主とは昔から相思相愛であったことが伺えるその後生死(ともに不老不死になったかどうか)は不明だが、子孫しっかりと残っていることがわかっている。

※この「従者」の解説は、「ふおんコネクト!」の解説の一部です。
「従者」を含む「ふおんコネクト!」の記事については、「ふおんコネクト!」の概要を参照ください。


従者(ヴァレット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 14:25 UTC 版)

姫×姫」の記事における「従者(ヴァレット)」の解説

姫をサポートする3人の従者。三人の従者はそれぞれ知性の赤」「純潔の青」「高貴の緑」と呼ばれるキーアミュレットと呼ばれるネックレスを身につけている。

※この「従者(ヴァレット)」の解説は、「姫×姫」の解説の一部です。
「従者(ヴァレット)」を含む「姫×姫」の記事については、「姫×姫」の概要を参照ください。


従者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 04:53 UTC 版)

迷宮キングダム」の記事における「従者」の解説

他のランドメイカーの手助けをする。他者やる気を出させる能力や、他者能力切り替え手伝能力を持つ。

※この「従者」の解説は、「迷宮キングダム」の解説の一部です。
「従者」を含む「迷宮キングダム」の記事については、「迷宮キングダム」の概要を参照ください。


従者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/05 08:36 UTC 版)

古代ローマの奴隷制」の記事における「従者」の解説

古代ローマ貴族は、特に忠実な奴隷として、2.3人の従者を抱えていた。彼ら従者は、幼少の頃より将来仕えるべき主人となるべき貴族の子弟とともに、同じ家庭教師から教育を受けて大切に育てあげられた。ガイウス・グラックスの従者のように自殺して主人の後を追ったり、ガイウス・ユリウス・カエサルの従者のように命懸けで暗殺され主人遺体回収したりなど、その主人への忠実さ美談として伝わっている。

※この「従者」の解説は、「古代ローマの奴隷制」の解説の一部です。
「従者」を含む「古代ローマの奴隷制」の記事については、「古代ローマの奴隷制」の概要を参照ください。


従者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 15:45 UTC 版)

アリス・ギア・アイギス」の記事における「従者」の解説

姫が幼いころから仕えている女性さりげなく姫に助言する

※この「従者」の解説は、「アリス・ギア・アイギス」の解説の一部です。
「従者」を含む「アリス・ギア・アイギス」の記事については、「アリス・ギア・アイギス」の概要を参照ください。


従者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 02:06 UTC 版)

戦え!!イクサー1」の記事における「従者」の解説

クトゥルフ宇宙船のサー・バイレットの間において、サー・バイレットの側に侍る者たち。全員着けている「口を縦に開けた不気味な笑い顔」の仮面そういうデザイン過ぎず、その口に相当する部位で蠢いている一つ目本当の目である

※この「従者」の解説は、「戦え!!イクサー1」の解説の一部です。
「従者」を含む「戦え!!イクサー1」の記事については、「戦え!!イクサー1」の概要を参照ください。


<従者>(エスクワイヤ)>

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 08:16 UTC 版)

フールズフィスト」の記事における「<従者>(エスクワイヤ)>」の解説

<姫>が<罪人の戎衣(ジャケット・グリモア)>を用いて雇用する悪徳秘めた猛悪部下

※この「<従者>(エスクワイヤ)>」の解説は、「フールズフィスト」の解説の一部です。
「<従者>(エスクワイヤ)>」を含む「フールズフィスト」の記事については、「フールズフィスト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「従者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「従者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



従者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「従者」の関連用語

従者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



従者のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのふおんコネクト! (改訂履歴)、姫×姫 (改訂履歴)、迷宮キングダム (改訂履歴)、古代ローマの奴隷制 (改訂履歴)、アリス・ギア・アイギス (改訂履歴)、戦え!!イクサー1 (改訂履歴)、フールズフィスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS