動静とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 動作 > 動き > 動静の意味・解説 

どう‐せい【動静】

読み方:どうせい

[名](スル)

物事動きありさま。ようす。「―を探る」「天下の―」

行動したり、行動せずにじっとしていたりすること。

時に随って―するが政事家の活手段」〈魯庵社会百面相


動静

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 09:10 UTC 版)

安富氏」の記事における「動静」の解説

安富氏鎌倉時代中期以降に幕府奉行人として現れ安富長嗣行長・高嗣ら一族奉行人としての活動室町時代初期まで史料に残るが、応永年間以降は史料細川京兆家重臣内衆)として現れるうになる。『相国寺供養記』では明徳3年1392年)の相国寺落慶法要に際して細川頼元の「郎党二十三騎」として安富安芸守盛家・又三郎盛衡父子供奉しているとの記述がある。盛衡の子目される盛長は1460年頃に雨滝城を築き一族東讃7郡を治め讃岐東方守護代世襲した。応仁の乱においては細川勝元重臣であった安富民部元綱や弟の盛継ら一族活躍した記録が諸史料に見える細川政元重臣であった安富元家は、長享・延徳の乱における政元の六角高頼討伐に際して近江守護代兼任し一時は元の政務代行するなど活躍した惣領以外の一族盛行摂津西成郡守護代を、盛光が備中守護代それぞれ務めるなど細川氏領国における守護代代官広く務めた。しかし、政元暗殺後の細川京兆家内紛混乱に続く衰退とともに安富氏勢威衰え戦国末期には長宗我部元親雨滝城を落とされ没落した江戸期一族動向不明

※この「動静」の解説は、「安富氏」の解説の一部です。
「動静」を含む「安富氏」の記事については、「安富氏」の概要を参照ください。


動静

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 09:10 UTC 版)

安富氏」の記事における「動静」の解説

元々は関東御家人であったが、1265年頃に肥前深江村地頭任命され元寇警備のために頼清の子である頼泰が九州下向そのまま住み着いた元寇期における「下り衆」の典型安富泰・貞父子鎮西引付衆務めるなど一族幕府官吏として活動したが、南北朝時代以降深江村土着土豪として活動鎌倉時代後期から戦国時代末期まで300年に及び深江村支配したが、戦国時代末期有馬氏との抗争敗れ深江村追われた。江戸期には深江氏と改称し鍋島藩家老として存続した。鎌倉時代以降文書まとめた深江文書」を残し、とくに鎌倉末期から南北朝時代における肥前国史を知る上で貴重な史料となっている。

※この「動静」の解説は、「安富氏」の解説の一部です。
「動静」を含む「安富氏」の記事については、「安富氏」の概要を参照ください。


動静

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/08 16:59 UTC 版)

鳥取温泉」の記事における「動静」の解説

鳥取県入湯税を基に算出した調査に拠れば鳥取温泉年間利用者毎年7万人から8万人推移している。その数は2006年平成18年)をピーク近年はやや減少傾向みられるものの、1998年平成10年)と比較する増えている。鳥取県全体温泉利用客数1998年以来右肩下がりにあり、1998年から2010年25%減少だが、鳥取温泉に限る17%増である。 1997年以前温泉利用客数計算方法が全く異なっており、各自治体申告基づ推計値である。これによると、1997年平成9年)の鳥取温泉利用客数年間45万人で、バブル景気の頃にはピーク迎え1989年平成元年)には年間69万人が利用したことになっている

※この「動静」の解説は、「鳥取温泉」の解説の一部です。
「動静」を含む「鳥取温泉」の記事については、「鳥取温泉」の概要を参照ください。


動静

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 07:04 UTC 版)

岩井温泉」の記事における「動静」の解説

2017年平成29年)の鳥取県による調査では、年間入湯客数は約15000人で、2000年頃と比較する半分以下減少している。鳥取県内の入湯客総数2000年から10年間で約26万人(約-20%)のマイナスであるものの、それ以上の減少となっている。 観光客数ピーク昭和末期から平成5年にかけていわゆるバブル期で、年間12集客があったと推計されている。(この数は、上記の入湯客数の調査とは異な方法での推計値であり、単純な比較できない

※この「動静」の解説は、「岩井温泉」の解説の一部です。
「動静」を含む「岩井温泉」の記事については、「岩井温泉」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「動静」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

動静

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 08:44 UTC 版)

名詞

どうせい

  1. 物事人物動き

発音(?)

ど↗ーせー

「動静」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



動静と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「動静」の関連用語

動静のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



動静のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの安富氏 (改訂履歴)、鳥取温泉 (改訂履歴)、岩井温泉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの動静 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS