ごろごろとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ごろごろの意味・解説 

ごろ ごろ

[1] ( 副 ) スル
かなり重い大きなものがころがるさま。また、その音を表す語。 「ドラム缶を-と転がす」
大きなものがたくさんころがっているさま。 「大きな石が-している」
雷鳴や、重いものが動いて立てる音を表す語。 「遠くで-鳴り出した」
のどを鳴らす音を表す。
たくさんあって、ありふれているさま。 「そんな話なら世間に-している」
何もしないでだらけて時を過ごすさま。 「休みの日は一日中家で-している」
異物や塊があって、違和感があるさま。 「目が-する」
[4] ( 名 )


ごろごろ

別表記:ゴロゴロ

(1)大きなもの、重い物などが転がるさまを表す表現。人がだらけて寝転がっている様子や、多くのものが散在している様子などにも用いる。
(2)などが轟く音を表す表現下痢腹痛で腹が鳴っているさまなどにも用いる。
(3)目に異物が入って眼球動き滑らかでないさまをなどを意味する表現

ごろごろ

出典:『Wiktionary』 (2011/08/01 11:22 UTC 版)

副詞

  1. かみなりが轟いている音。
    どうかすると毎日のように夕だち降って、そのたんびにきっとごろごろぴかりと来るんですから、嫌い人間まったく往生でした。(岡本綺堂半七捕物帳 雷獣と蛇』)
  2. 惰眠を貪っている様子
    こんなを、いつまでも、ごろごろさせて置いては、もったいない、と冗談でなく、思いはじめた。(太宰治一日の労苦』)
  3. 大きい物が転がる様子
    大きな石は、ゴロゴロ転がりだした。(海野十三俘囚』)
  4. 猫撫で声
    やまねこ、にゃあご、ごろごろ さとねこ、たっこ、ごろごろ。」(宮沢賢治かしわばやしの夜』)
  5. 至る所にある様子
    それから巨礫ごろごろしてゐる。うすぐろく安山岩だ。(宮沢賢治台川』)
  6. 腹を下した様。

発音

ご↘ろごろ

名詞

ごろごろ

  1. 幼児語かみなり




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ごろごろ」の関連用語

ごろごろのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ごろごろのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのごろごろ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS