きらいとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 機雷 > きらいの意味・解説 

き‐らい【帰来】

[名](スル)帰って来ること。副詞的にも用いる。「帰来大い活躍している」

一時散じた生徒次第に―して」〈福沢福翁自伝


きらい〔きらひ〕【嫌い】

[名・形動

きらうこと。いやだと思うこと。また、そのさま。「嫌いな食物」「運動嫌いな人」⇔好き。

(「きらいがある」の形で用いる)好ましくない傾向懸念。「独断の嫌いがある」「考えすぎる嫌いがある」

(「きらいなく」の形で用いる)差別区別。「男女の嫌いなく入学許可する」

連歌連句で、句の配置上、避けなければならないきまり。

(「…ぎらい」の形で)名詞または他の語句に付いて、その物事をするのがいやであること、また、そのような人の意を表す。「勉強嫌い」「食わず嫌い


き‐らい【機雷】

《「機械水雷」の略》水面下敷設係留し、艦船接触したりすると爆発する水雷

[補説] 書名別項。→機雷


きらい【機雷】


嫌い

読み方:きらい

ワ行五段活用動詞「嫌う」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

【機雷】(きらい)

Mine

機械水雷」の略語
水中設置しておき、船舶至近距離爆発するようにした爆弾
衝撃波水圧変化によって船体外壁損壊させ、浸水誘発して行動の自由を奪う。

基本的用法は、重要な港湾海峡海岸付近に大量散布する事である。
防勢にあっては自国拠点付近海域散布し、敵の艦隊揚陸船団の数を減殺したり到着遅らせたりするために用いる。
攻勢では主に通商破壊戦活用され、敵国商船輸送船航行妨害するために重要な港湾海峡航路散布してシーレーン封鎖する。

陸上戦闘における地雷と同様、敵の行動予測している限りは非常に安価かつ効果的攻撃手段である。
各国海軍は、対抗戦術として機雷除去掃海)のために専門部隊艦艇掃海艦艇)を配備している。

関連CAPTOR

感知方式

船舶通過感知する方法には以下のようなものがある

変種として、予め設定された数の船舶通過するまでは起爆しない「回数機雷」もある。
あらかじめ記憶された音紋などから敵味方識別する機能備えている事も多い。


帰来 (きらい)

天枢穴の下4寸、中極穴の外2寸
Stomach Meridian

帰来

読み方
帰来きらい

喜来

読み方
喜来きらい

きらい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/23 17:04 UTC 版)

きらい

関連項目

  • Wikipedia:索引_きら#きらい


きらい

出典:『Wiktionary』 (2018/08/01 13:59 UTC 版)

語源

動詞きらう」の連用形

名詞・形容動詞

きらい(い)】

  1. ある物を嫌う事、その気持ち

発音

き↗らい

関連語

翻訳

形容表現「~がきらいだ」

名詞

きらい【嫌(い)】

  1. よくない傾向

発音

き↗らい

同音異義語

きらい




きらいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「きらい」の関連用語

きらいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



きらいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
鈴木鍼灸整骨院鈴木鍼灸整骨院
Copyright(C)2021 SUZUKI Acupuncture&Moxibustion&Osteopathy all rights reserved
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのきらい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのきらい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS