勘所とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 部分 > 勘所の意味・解説 

かん‐どころ【勘所/甲所/肝所】

三味線などで、音調整えるために指で弦を押さえるところ。つぼ。

はずすことのできない大事なところ。肝心なところ。急所。「—を心得仕事ぶり


かん‐どこ【甲所・勘所・肝所】

〔名〕 =かんどころ(甲所)

雑俳柳多留‐二二(1788)「かんどこがわるいで昼寝しそこなひ」


かん‐どころ【甲所・勘所・肝所】

〔名〕

三味線琵琶などで、一定の高さの音を出すために、左手指先で弦を押える場所。おさえどころ。つぼ。かんどこ

雑俳歌羅衣(1834‐44)八「弾返す師も子も幾度肝所

② (肝所) はずしてはならない大事な点。肝心かなめの場所。急所。大切な所。重点かんどこ

常磐津三世相錦繍文章おその六三)(1855)序「見切り肝心、かん所」




勘所と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「勘所」の関連用語

勘所のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



勘所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS