嫌いとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > 嫌いの意味・解説 

きらい〔きらひ〕【嫌い】

読み方:きらい

[名・形動

きらうこと。いやだと思うこと。また、そのさま。「—な食物」「運動が—な人」⇔好き。

(「きらいがある」の形で用いる)好ましくない傾向懸念。「独断の—がある」「考えすぎる—がある」

(「きらいなく」の形で用いる)差別区別。「男女の—なく入学許可する

連歌連句で、句の配置上、避けなければならないきまり。

(「…ぎらい」の形で名詞または他の語句に付いてその物事をするのがいやであること、また、そのような人の意を表す。「勉強—」「食わず—」


ぎらい〔ぎらひ〕【嫌い】

読み方:ぎらい

「きら(嫌)い5」に同じ。「負けず—」「食わず—」


嫌い

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

嫌悪

(嫌い から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 02:44 UTC 版)

嫌悪(けんお)とは、憎み嫌うこと。嫌厭(けんえん)や厭悪(えんお)ともいう。反義語は愛好


  1. ^ McCorkle Jr., William W. Ritualizing the Disposal of the Deceased: From Corpse to Concept. Peter Lang, 2010.
  2. ^ Druschel, B. A., & Sherman, M. F. (1999). Disgust sensitivity as a function of the Big Five and gender. Personality and Individual Differences, 26:739-748.
  3. ^ Phillips ML et al. A specific neural substrate for perceiving facial expressions of disgust. Nature. 1997 Oct 2;389(6650):495-8. PMID 9333238
  4. ^ Mitchell IJ, Heims H, Neville EA, Rickards H. Huntington's disease patients show impaired perception of disgust in the gustatory and olfactory modalities.[リンク切れ] Journal of Neuropsychiatry and Clinical Neuroscience, 17:119-121, February 2005. PMID 15746492
  5. ^ Sprengelmeyer R, Schroeder U, Young AW, Epplen JT. "Disgust in pre-clinical Huntington's disease: a longitudinal study." Neuropsychologia. 2006;44(4):518-33. Epub 2005 Aug 11. PMID 16098998


「嫌悪」の続きの解説一覧

嫌い

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 09:28 UTC 版)

和語の漢字表記

(きらい)

  1. きらい 参照

「嫌い」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



嫌いと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

嫌いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



嫌いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの嫌悪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの嫌い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS