かみなりとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > かみなりの意味・解説 

いかずち いかづち 【雷

〔「厳(いか)つ霊(ち)」の意。「つ」は助詞
かみなり。なるかみ[季] 夏。 「鼓の音は-の声と聞くまで/万葉集 199
魔物。 「上に八色(やくさ)の-あり/日本書紀 神代上訓

かみ なり [3] [4] 【雷】

〔「神鳴り」の意から〕 との間,あるいは大地との間の放電によって,発光音響発生する自然現象かんなり。かむなり。いかずち[季] 夏。
雷を起こす神。鬼のような姿で虎の皮ふんどしをしめ,太鼓輪形連ね背負い,これを打ち鳴らす人間のへそを好むという。雷神なるかみ。かみなりさま。
比喩的に)腹を立ててどなりつけること。 「先生の-が落ちた」

かみなり 【雷】

狂言の一。踏みはずして地上落ちた雷が,通りかかった旅の医者治療をうけ,薬代代わりに天候の順調,五穀豊穣(ほうじよう)約束する。

らい [1] 【雷】

かみなり。いかずち[季] 夏。

【らい】[漢字]

【 礼 】
⇒ れい〔礼〕 [漢]
【 来 ( 來 ) 】 [音] ライ
くる。 「 来会来客来航来迎らいごう来社来襲来信来朝来日らいにち来訪来臨往来外来去来襲来伝来到来渡来舶来捲土重来(けんどじゆうらい)(けんどちようらい)) ・千客万来
きたす。まねく。 「 来賓招来
つぎの。きたる。 「 来月 ・来週 ・来春来世来年
これから先。 「 来日らいじつ将来未来
過去から現在へ継続している。このかた。 「 来由来歴以来元来爾来(じらい)伝来年来 ・本来 ・夜来由来
【 雷 】 [音] ライ
かみなり。 「 雷雨雷雲雷神雷声雷鳴遠雷春雷落雷避雷針疾風迅雷
とどろく。 「 雷同雷名
爆発する装置。 「 雷管雷撃魚雷地雷水雷
【 磊[音] ライ
石が多く積み重なっている。 「 磊塊磊磊
【 頼 ( 賴 ) 】 [音] ライ
たのむ。たよりにする。 「 依頼信頼頼信紙無頼漢ぶらいかん


かみなり

作者平岩弓枝

収載図書ちっちゃなかみさん
出版社角川書店
刊行年月1987.1
シリーズ名角川文庫

収載図書女ぶり
出版社東京文芸社
刊行年月1987.7

収載図書ちっちゃなかみさん 改版 新装
出版社角川書店
刊行年月2008.9
シリーズ名角川文庫


かみなり

作者京極夏彦

収載図書前巷説百物語
出版社角川書店
刊行年月2007.4


読み方:かみなり

  1. 叱言の事、又は監督者親爺等を云ふ。
  2. 小言のこと。⑵〔犯〕賭博場其筋の手が入つたこと。
  3. 叱言のこと。又は監督者親爺等をいう。②屋根伝いにて明取窓等より忍込む窃盗犯をいう。

分類 犯罪者


読み方:かみなり

  1. 博徒隠語巡査のこと。賭博場巡査踏み込むを「-が落ちる」といふ。

分類 東京博徒


雷鳴

読み方:かみなり

  1. 屋根伝ヒニテ、明窓引窓口ナドヨリ忍入ル窃盗犯。〔第三類 犯罪行為〕〔第三類 犯罪行為
  2. 屋根伝ひにて明取窓等より忍込む。窃盗犯を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

神成

読み方
神成かみなり

(かみなり から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/09 23:14 UTC 版)

(かみなり、いかずち)とは、と雲との間、あるいは雲と地上との間の放電によって、光と音を発生する自然現象のこと[1]




注釈

  1. ^ 日本の古語では「つま」は男女を問わず配偶者の意味
  2. ^ 落雷によって大気中の窒素が田畑に固着されるため収穫が増えたという説がある。なお、現在では十分に窒素肥料が蒔かれている為、落雷した田とそうでない田の間で稲の生長に差異はほとんど見られず、自動車等の内燃機関から排出される窒素酸化物の量が増えた事も相対的に落雷による収量の差異が見られなくなる一因として上げられる
  3. ^ 気象台#特別地域気象観測所へ移行を参照のこと。
  4. ^ 『広辞苑』によれば「『死して雷となったと伝えられる菅原道真の領地桑原(現、京都、桑原町)には、古来落雷した例がないという話』に因むともの」、また、「『雷神が誤って大阪府和泉市「西福寺」の井戸に落ちた時に農夫が蓋をしたところ、雷神が、自分は桑樹を嫌うから、くわばらくわばらと唱えれば再び落ちたりしない』と答えたとの伝説に基づくという説もある」という。なお、西福寺で配られている説明によれば、「俊乗坊重源と言う僧が一心に雨乞いをしていた際、近隣の住民が身の回りの世話をしていた。ひとりの女性が袖をまくり上げて井戸端で洗濯をしていると、空が曇って雷が鳴り始めた。すると、女の白い二の腕に目が眩んだ雷神が井戸の中に落ちたので女が井戸に蓋をした。出す出さないの問答の末、雷神は、出してくれたらもう2度とこの地に落ちないと約束をして助けてもらった」と書かれている。
  5. ^ 「くわばら、くわばら」と唱えるのは、の木が神聖な力を持つという信仰があったためであるとも考えられている。詳細は「クワ」を参照。

出典

  1. ^ 大辞林 第三版 - コトバンク
  2. ^ 広辞苑 第6版
  3. ^ a b c d ブリタニカ百科事典「雷」
  4. ^ a b c 河崎善一郎「1. 雷放電とは--雷放電の物理(講座 身近なプラズマ--雷)」 (PDF) 『プラズマ・核融合学会誌 80巻』(2004年7月号)、p.591 、プラズマ・核融合学会、ISSN 0918-7928、2010年8月5日閲覧。
  5. ^ 日本大気電気学会 編『大気電気学概論』オーム社
  6. ^ FNの高校物理 電荷分離メカニズム 2011年5月29日閲覧。
  7. ^ 大阪大学河崎研究室・日本放送協会共同動画撮影成功。「見えない雷 2万分の1秒の世界」日本放送協会制作、2011年2月5日放送にて発表。
  8. ^ 雷雲中における放射線発生メカニズムに関する研究 鳥居建男、2003年12月。
  9. ^ 根粒菌はすごい - 東京農業大学WEBジャーナル
  10. ^ 気象庁 平年値の更新について ―平年値(統計期間1981~2010年)を作成しました―
  11. ^ 「稲妻世界最多」でギネス認定、1時間に3600本 ベネズエラ”. AFP (2014年1月31日). 2019年2月15日閲覧。
  12. ^ 天気のことわざ



かみなり

出典:『Wiktionary』 (2011/11/22 12:01 UTC 版)

名詞

かみなり

  1. (そら)の間に閃光走り轟音鳴り響く現象のこと
  2. ったり(しかる)ったりおこるして)大声おおごえでどなること。

語源

関連語

翻訳




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かみなり」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

かみなりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かみなりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのかみなり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS