アイスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 菓子 > アイス > アイスの意味・解説 

アイス [1] 【ice】

氷。他の語と複合して用いられる。 「 --ミルク
アイス-クリーム・アイス-キャンデーの略。
アイス-クリーム訳語氷菓子」のもじり〕 明治時代俗語で,高利貸し。 「 -を恐がつて居処(きよしよ)定めずに逃げてるなんぞは愚極まる社会百面相 魯庵

あい・す [1] 【愛す】

( 動五 )
サ変動詞愛する」の五段化〕 「 愛す 」に同じ。 「いつまでも-・されたい」 「自然を-・す心」
[可能]あいせる
( 動サ変
あいする口頭語では五段活用優勢で,未然形は「愛さない」「愛される」のように「愛さ」が普通。終止形連体形は五段の「愛す」,サ変の「愛する」の両方が用いられる。「愛すべし」の場合文語サ変愛す」の終止形が用いられたもの〕

インサーキットエミュレータ

別名:アイス
【英】ICE, In-Circuit Emulator

インサーキットエミュレータとは、OSBIOSなどの組込みシステム開発においてCPUエミュレートする装置のことである。

インサーキットエミュレータは、マイクロプロセッサCPU)の機能専用ハードウェア上でエミュレートする。実際プロセッサと同じ機能を有しており、動作環境忠実表現する。そのためデバッガ(ソフトウェアデバッガ)が使用できない状況でのプログラミングにおいて威力発揮する。

近年では、CPU高速化、かつ、複雑化したことで、インサーキットエミュレータの開発追いつかなくなってきている。また、かつては組み込みシステム開発では必須のツールであったが、複数回路をまとめたASICApplication Specific Integrated Circuit)を用いることが多くなっていることもあり、あまり使われなくなっている。

なお、組み込みシステム開発向けのデバッガ全般ICEin-circuit emulator、アイス)と呼ぶことがあるが、インサーキットエミュレータはIntel登録商標であり、組み込みシステム開発向けのデバッガ全般ICEと呼ぶのは誤りである。

マイクロプロセッサのほかの用語一覧
CPU:  A6チップ  アウト・オブ・オーダー実行  アドレス指定方式  インサーキットエミュレータ  オーバークロック  オーバーヘッド  オクタコア

アイス

分類:月・惑星探査


名称:アイス(ICE)
小分類:彗星小惑星探査
開発機関会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1978年8月12日
運用停止年月日:1997年5月5日
打ち上げ国名:アメリカ
打ち上げロケット:デルタ2914
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地

ICE(アイス)は、元々は国際太陽地球エクスプローラー(探求者の意味)3号、略称ISEE-3として打ち上げられました。ISEE-3は、太陽地球引力釣り合うラグランジュ点(L1)を巡る軌道上で太陽からのプラズマ放射線観測しました。1981年になってNASAは、ISEE-3残りロケット推進剤を使って軌道を変えれば、ジャコビニ・ジンナー彗星接近させることができることに気づきました。こうして、ISEE-3ICE(国際彗星エクスプローラー)と名を変え、地球と月の間を何度も巡りながら速度調節して、1983年12月に、ジャコビニ・ジンナー彗星に向かって飛び出し行きました。2年近く飛行の後、彗星に約8,000kmまで近づいたICEは、彗星近く太陽風流れを変える様子や、彗星から延びる尾を観測しました。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?
幅1.7m、高さ1.6mの16角柱側面から長さ49mのアンテナ4本と3mブームを展張します。打ち上げ時の重量は478kgです。

2.どんな目的使用されたの?
地球と月の中間のラグランジュ点(L1)を巡る秤動軌道において太陽風太陽電波観測。後にジャコビニ・ジンナー彗星の尾を観測しました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
彗星の尾を直接観測一酸化炭素イオン確認プラズマ密度増加観測しており、現在も運用続けています。

4.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
1978年11月20日L1を巡る秤動軌道到着1982年6月10日彗星に向かうための軌道修正開始しました。1983年に4回の月フライバイにより地球影響圏を脱出1985年9月11日ジャコビニ・ジンナー彗星に7,862kmまで接近しました。

アイス飛行シーケンス
アイス飛行シーケンス


アイス

名前 IceEisEythe

アイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/27 17:08 UTC 版)

アイス (ice) は英語で氷の意。




「アイス」の続きの解説一覧

アイス

出典:『Wiktionary』 (2010/11/06 04:00 UTC 版)

名詞

アイス

  1. アイスクリームの略
  2. 明治時代俗語高利貸しのこと。1の和訳語の氷菓子と音が通じることから。
  3. 朝鮮朝顔曼陀羅花)の異名のひとつ。。

造語成分

  1. の」、「氷を入れた」の意をもつ語を造る
    アイスコーヒーアイスピック

翻訳




アイスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アイス」の関連用語

アイスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アイスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリインサーキットエミュレータの記事を利用しております。
JAXAJAXA
Copyright 2019 Japan Aerospace Exploration Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアイス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアイス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS