AISとは?

AIS

1.AISの導入

海上における船舶の安全航行遭難救助のために無線通信が果たす役割は、 1912年に起こったタイタニック号事故使用されたモールス無線電信から人工衛星デジタル技術利用したGMDSSGlobal Maritime Distress and Safety System全世界的な海上遭難・安全システム)に変革遂げた現在においても益々まっています。

これまでの遭難・安全通信のためのシステムは、 船舶海況情報等を提供し、遭難発生した場合速やか捜索救助実現目的構築されてきました。 AIS(Automatic identification system船舶自動識別装置)は、これまでの遭難・安全通信のためのシステム加えて衝突防止海上交通管制活用する電波航法装置導入が必要であるとの要望にこたえるためにIMOInternational Maritime Organization国際海事機関)において、1990年代当初から船舶航行安全について規定するSOLAS条約International Convention for Safety of Life at Sea海上における人命の安全のための国際条約)第Ⅴ章の改正審議され、2000年12月MSC73Maritime Safety Committee73:第73海上安全委員会)において採択されたことにより2002年7月から一定の船舶段階的に導入されることとなりました。

SOLAS条約第Ⅴ章改正概要以下のとおりです。

2.AISの導入効果

AISを船舶搭載することで、目視可否によらずに複数船舶行動随時把握することが可能となり、衝突危険性著しく軽減することができるようになります

また、陸上施設においても、海上交通管制に必要な船舶固有情報自動的、かつリアルタイム入手することが可能となるなど、狭水域等での安全航行への活用期待されています。


AISのイメージ図
AISのイメージ図


AIS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/22 04:40 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
AIS
ais
  • ais - ラのシャープ (♯)。 ⇒嬰イ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「AIS」の関連用語

AISのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



AISのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
総務省総務省
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのAIS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS