国際海事機関とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 機関 > 機関 > 国際海事機関の意味・解説 

こくさい‐かいじきかん〔‐カイジキクワン〕【国際海事機関】


国際海事機関(IMO)


国際海事機関

読み方こくさいかいじきかん
【英】: international maritime organization
略語: IMO

国際海事機関のことで、国際海運問題担当する国連専門機関一つである。
1958 年 3 月発効した政府海事協議機関条約基づいて1959 年 1 月 13 日 IMCO政府海事協議機関)として設立された。1982 年 5 月 22 日現在の名称に変更されている。1984 年 9 月現在で加盟国わが国を含め 126 カ国である。設立目的は、(1) 国際海運影響のある技術的問題につき政府間の協力および情報交換促進を図ること、(2) 海上安全および航行能率に関する事項につき実行可能な最高基準採用奨励すること、(3) 海運問題に関し他の国連機関への助言互い活動調整を図ること、(4) 必要な国際会議召集し、海運問題に関する国際条約または協定起草すること、である。
機構総会理事会海上安全委員会機関が必要と認め補助機関および事務局より成る。補助機関としては現在、総会下部機関として海洋環境委員会理事会下部機関として法律委員会技術協力委員会簡易化委員会、さらに海上安全委員会などの下部機関として航行安全小委員会などの 11小委員会がある。

国際海事機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/02 18:12 UTC 版)

国際海事機関(こくさいかいじきかん[1]英語: International Maritime OrganizationIMO)は、国際連合専門機関のひとつ[2]






「国際海事機関」の続きの解説一覧



国際海事機関と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国際海事機関」の関連用語

国際海事機関のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国際海事機関のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣官房総合海洋政策本部内閣官房総合海洋政策本部
Copyright© Cabinet Secretariat, Cabinet Public Relations Office. All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2020 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国際海事機関 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS