フライバイとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙用語 > フライバイの意味・解説 

フライバイまたは接近通過 flyby

探査機探査ようとする惑星着陸またはその惑星軌道に入らずに、接近して通り過ぎながら、画像撮影や他の実験を行う場合飛行のこと。

スイングバイ

(フライバイ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/12 23:32 UTC 版)

スイングバイ: swing-by)とは、天体の運動と万有引力(以下では「重力」とする)を利用して宇宙機の運動ベクトルを変更する技術。天体の「固有運動」の後ろ側あるいは前側の近傍を通過(フライバイ)することにより、天体と宇宙機の相互のあいだで、重力によって運動量と運動エネルギーがやりとりされ、それぞれの運動ベクトルが通過前と通過後で変化する[1]




[ヘルプ]
  1. ^ ただし、一般に天体の質量のほうが何倍も大きいので、天体側の運動ベクトルの変化は誤差の範囲である。
  2. ^ : Venus-Earth-Earth gravity assist




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フライバイ」の関連用語

フライバイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フライバイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2019.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスイングバイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS