鳴りとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 鳴り > 鳴りの意味・解説 

なり【鳴り】

鳴ること。音をたてること。また、その音。「鳴りのよいスピーカー」「海鳴り」「耳鳴り


なり【鳴】

〔名〕 (動詞「なる(鳴)」の連用形名詞化) 鳴ること。音を立てること。また、その音。ひびき。こえ。

天草本平家(1592)四「クガ カイシャウ ノ テキ ミカタ フナバタヲ タタキ、エビラヲ タタキ、〈略〉シバシワ narimo(ナリモ) シヅマラナンダ」


鳴り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鳴り

読み方:なり

  1. 噂。
  2. 〔的〕噂のことを云ふ。「ガワナリ」は影響のこと。同条参照
  3. うわさ。〔香具師不良

分類 的、露店商香具師香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



鳴りと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鳴り」の関連用語

鳴りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鳴りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS