1970とは? わかりやすく解説

1970

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/29 07:37 UTC 版)

マクラーレン・M14A」の記事における「1970」の解説

1970年マクラーレンにとって驚異的な一年であったブルース・マクラーレンデニス・ハルムシーズン序盤3戦は2位が2回に4位1回リタイア3回という成績であったしかしながら1970年6月2日グッドウッド・サーキット新しCan-AmマシンのM8Dをテストしていたブルース・マクラーレン事故死する。マクラーレンその5後に行われたベルギーグランプリ欠場したハルムその1ヶ月前にインディ500練習中メタノール火災負傷していた。 マクラーレンダン・ガーニーピーター・ゲシン起用しオランダグランプリから参戦再開したハルムフランスグランプリから復帰しゲシン代わって出場したガーニーはもう1戦に出場しドイツグランプリからはゲシン出場したハルム3位3度入賞したが、マクラーレンコンストラクターズランキング5位でシーズン終えたアンドレア・デ・アダミッチはアルファロメオエンジンを搭載したM7Dでシーズンを始めオランダグランプリから同じくアルファロメオエンジンを搭載したM14Dスイッチした。

※この「1970」の解説は、「マクラーレン・M14A」の解説の一部です。
「1970」を含む「マクラーレン・M14A」の記事については、「マクラーレン・M14A」の概要を参照ください。


1970

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/22 16:12 UTC 版)

マーチ・701」の記事における「1970」の解説

1970年2月6日(金)シルバーストン・サーキット開催されたイベントマーチ701発表したクリス・エイモンワークスマシンの701/1でデモ走行しジャッキー・スチュワートティレル用の701/2をドライブしたマーチ資金調達に関する憶測チーム参戦発表以来なされていたが、新たにチームスポンサーとしてSTPコーポレーション発表された先に発表された2人ドライバーに加えSTPのアンディ・グラナテリによって指名されマリオ・アンドレッティ登場したアンドレッティ新車試していなかった。エイモンチームメイトとしてジョー・シフェール発表され、彼と共にマーチフォーミュラ2カードライブしていたロニー・ピーターソン701ドライブすることが発表された

※この「1970」の解説は、「マーチ・701」の解説の一部です。
「1970」を含む「マーチ・701」の記事については、「マーチ・701」の概要を参照ください。


1970

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 22:39 UTC 版)

マトラ・MS120」の記事における「1970」の解説

1970年開幕戦南アフリカグランプリベルトワーズ4位フィニッシュしたものの、ペスカロロは7位に終わった。続くスペイングランプリ両者共にエンジントラブルリタイアした第3モナコではペスカロロが3位獲得したが、ベルトワーズはディファレンシャルトラブルでリタイアとなったベルギーではベルトワーズ3位入賞したが、ペスカロロは電気系トラブルで6位に終わったオランダグランプリベルトワーズが5位、ペスカロロは8位となったマトラおよびペスカロロのホームとなったフランスグランプリでは、ベルトワーズが5位となったが、ペスカロロは燃料切れ13位に終わったイギリスグランプリではベルトワーズがホイールトラブル、ペスカロロはクラッシュ両者リタイアとなったドイツグランプリではペスカロロが6位に入ったが、ベルトワーズはサスペンショントラブルでリタイアとなったオーストリアグランプリではベルトワーズが6位、ペスカロロが14となったイタリアグランプリではベルトワーズ3位獲得したが、ペスカロロはエンジントラブルリタイアしたカナダグランプリではペスカロロが7位、ベルトワーズが8位となったアメリカグランプリではペスカロロが8位を獲得したが、ベルトワーズはハンドリングトラブルでリタイアとなった最終戦メキシコグランプリでは観衆コントロールができずに開催1時間遅れたものの、ベルトワーズが5位、ペスカロロは9位となった1971年シーズンチームはペスカロロに代えてニュージーランド人ドライバークリス・エイモン起用した

※この「1970」の解説は、「マトラ・MS120」の解説の一部です。
「1970」を含む「マトラ・MS120」の記事については、「マトラ・MS120」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1970」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1970」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1970」の関連用語

1970のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1970のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマクラーレン・M14A (改訂履歴)、マーチ・701 (改訂履歴)、マトラ・MS120 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS