1970年代までとは? わかりやすく解説

1970年代まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/29 15:06 UTC 版)

スタートレックに関する日本語資料一覧」の記事における「1970年代まで」の解説

日本では映画『スター・トレック』(TMP) が公開されるまでは、日本語のものとしては時々テレビ放映される「正史『宇宙大作戦』(TOS) のドラマ以外には、ジェイムズ・ブリッシュ著したノヴェライズ早川書房訳出するものがほぼ唯一であったそれ以外日本語情報源としては1978年よりツルモトルームから発行された雑誌STARLOG』のみといってよい。ただし、1975年にはスターフリートベース京都系統ファンクラブ成立しており、同人誌という形で日本語資料存在した

※この「1970年代まで」の解説は、「スタートレックに関する日本語資料一覧」の解説の一部です。
「1970年代まで」を含む「スタートレックに関する日本語資料一覧」の記事については、「スタートレックに関する日本語資料一覧」の概要を参照ください。


1970年代まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 03:55 UTC 版)

ニューオーリンズ・セインツ」の記事における「1970年代まで」の解説

1966年11月1日NFLコミッショナーのピート・ロゼールによって新球団として承認されたことが発表され1967年創設された。 1967年ロサンゼルス・ラムズとのチュレーン・スタジアムで行われた開幕戦でジョン・ギリアムが92ヤードキックオフリターンTD決めたが13-27で敗れたこの年チームは3勝11敗に終わった。エクスパンションチームが3勝をあげたのはこの当時NFL記録であった1970年のNFLAFL統合経て当初NFC西地区所属1986年まで20年間地優勝はおろかプレーオフ出場さえなかった。1979年まで地区2位にさえなることはなかった。その中QBアーチー・マニングプロボウルにも選出された。1979年1983年チーム勝率5割を達成した1987年までのうち残り全てのシーズン負け越しした。 1970年11月8日生まれつき右足つまさきから先のない障害持ったキッカートム・デンプシーNFL記録となる63ヤードFG決めて19-17デトロイト・ライオンズ破った。この記録2013年にマット・プレイターが64ヤードFG成功させて更新した

※この「1970年代まで」の解説は、「ニューオーリンズ・セインツ」の解説の一部です。
「1970年代まで」を含む「ニューオーリンズ・セインツ」の記事については、「ニューオーリンズ・セインツ」の概要を参照ください。


1970年代まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 04:30 UTC 版)

ジャクソン・ブラウン」の記事における「1970年代まで」の解説

生まれ西ドイツハイデルベルクであるが、1951年家族ロサンゼルス移住している。父親ピアノ弾きをしていたため、家ではいつも音楽流れているような環境だった。また、あまり知られていないが弟のセヴェリン音楽活動をしている。ブラウンピアノ教えたのも彼であり、ブラウン彼のことを「僕の音楽ヒーロー」と呼んでいる。66年彼はニッティ・グリッティ・ダート・バンド加入しゴールデン・ベア演奏、ダート・バンドは後にブラウンの曲をカバーしている。 1967年10月ニコのデビュー・ソロ・アルバム『Chelsea Girl』に「青春の日々These Days)」が収録される。以来イーグルスニッティー・グリッティー・ダート・バンド、トム・ラッシュなどが作品取り上げデビュー前からその名は広く知られていた。 1972年アサイラム・レコードからアルバム『ジャクソン・ブラウン・ファースト』でメジャー・デビュー果たす。同アルバム収録されている「ドクター・マイ・アイズ」は、全米シングル・チャート第8位のヒットとなった以後1974年レイト・フォー・ザ・スカイ』が14位、1976年プリテンダー』が5位、1978年孤独なランナー』が3位着実にチャート成績伸ばし1980年リリースしたアルバムホールド・アウト』で初の全米チャート1位獲得する1970年代ブラウン作品は、日々の生活の中で感じ苦悩葛藤心の痛みなどを歌っており、同世代人々から高い支持得た作詞家として評価高くローリングストーン誌から「1970年代で最も完成された作詞家」と評された。

※この「1970年代まで」の解説は、「ジャクソン・ブラウン」の解説の一部です。
「1970年代まで」を含む「ジャクソン・ブラウン」の記事については、「ジャクソン・ブラウン」の概要を参照ください。


1970年代まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/18 14:15 UTC 版)

スレイド (バンド)」の記事における「1970年代まで」の解説

イン・ビトゥイーンズ(英語: The N' Betweens)というで1966年結成同年キム・フォーリーのプロデュースシングルをリリースしているが、この時点では単発終わる。 その後アニマルズチャス・チャンドラー見出され1969年、アンブローズ・スレイド(英語: Ambrose Slade名義でファースト・アルバムビギニングス』を発表しかしながら同作前後発売されシングルと同様に、チャートインすることはなかった。なお、このアルバムスレイドディスコグラフィでもファースト・アルバムとして扱われている。 ここまでビート・ロックサイケデリック・ロック影響下にあるサウンド聴かせていたが、チャンドラー指導によりイメージ改革乗り出すこととなる。スレイド改名し派手な衣装をまとい、ポップなメロディー豪快かつタイトなリズム合わせたサウンド創出ティーンエイジャーから厚い人気を得るようになり、1971年シングルだから君が好き』で全英シングルチャート1位を初め獲得また、時期同じくしてライブ・パフォーマンスに対する評価上がり1972年発表ライブ・アルバム『スレイド・アライブ(英語版)』は英国アルバムチャート2位まで上昇すかさず発表したスタジオ盤『スレイド?』は1位獲得以降『スレイデスト(英語版)』『大狂乱スレイド一座英語版)』の2枚アルバム1位獲得シングル盤だから君が好き』や『恋のバック・ホーム』『クレイジー・ママ』『カモン!!』『スクゥイーズ・ミー、プリーズ・ミー』『メリー・クリスマス・エヴリバディ』と1973年までに計61位入った。特に『メリー・クリスマス・エヴリバディ』は、100万を超えるベストセラーとなった1974年バンド主演の映画『スレイド・イン・フレイム(英語版)』の制作開始映画スレイドをはじめとしたバンドの間で起こった音楽業界での出来事基づいた内容であった映画のサウンドトラック盤からの先行シングルとして発売された『ファー・アウェイ』は、全英シングルチャート最高位2位獲得しノルウェーチャートでも上位チャートインした。同作ホルダーお気に入りの楽曲ともなった11月サウンドトラック盤狂乱の炎』が発売され多くの批評家から肯定的な評価得た一方翌年1月公開された映画芳しい成果得られなかった。 1975年に入ると、T・レックスデヴィッド・ボウイスウィートスージー・クアトロなどと並ぶ人気ミュージシャンになり、圧倒的な人気乗りアメリカ進出目論むが、芳しい成果得られないまま終わる。イギリス国内おいても映画テーマ曲ハウ・ダズ・イット・フィール」が1975年2月シングルとして発売されるも、シングルチャートでは最高位15位と、チャートアクション鈍り始めた1977年にはポリドールとの契約切られチャンドラーとも意見の相違から決別することとなる。同時にスレイドサウンド相対する面があるパンク・ロック全盛時代においては、しばらく低迷味わうことになる。

※この「1970年代まで」の解説は、「スレイド (バンド)」の解説の一部です。
「1970年代まで」を含む「スレイド (バンド)」の記事については、「スレイド (バンド)」の概要を参照ください。


1970年代まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 03:02 UTC 版)

ルチアーノ・ベリオ」の記事における「1970年代まで」の解説

70年代にはいると、劇場のための作品オペラに取組み、この作品失敗作認識したことで、余計にオペラ的な音楽追求に取り組むことになる。しかし、彼は伝統的にオペラ」と呼ばず、「ミュージック・シアター」とあえて呼び、「音楽演劇支配する新しいタイプの劇を模索するうになる。その最初の成功例は「本当の話」(真実の物語ではあるが、劇場に対する拘り最晩年まで持続した

※この「1970年代まで」の解説は、「ルチアーノ・ベリオ」の解説の一部です。
「1970年代まで」を含む「ルチアーノ・ベリオ」の記事については、「ルチアーノ・ベリオ」の概要を参照ください。


1970年代まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 13:44 UTC 版)

アトランタ・ファルコンズ」の記事における「1970年代まで」の解説

1965年6月30日NFLコミッショナーのピート・ロゼールからランキン・スミスにオーナーシップ与えられチーム創設された。同年11月27日ドラフト1巡目全体1位テキサス大学出身LB、トミー・ノービスを指名した。このドラフトでは1巡目から5巡目まで最初最後に指名権与えられたノービスAFLドラフトでも1巡目全体5位でヒューストン・オイラーズ指名されたがファルコンズ入団した1966年8月1日最初のプレシーズンゲームがフィラデルフィア・イーグルスとの間で行われたレギュラーシーズン開幕後9連敗したが、11月20日ロードニューヨーク・ジャイアンツ破りシーズン初勝利をあげた。最後の4試合で2勝をあげて3勝11敗に終わったノービスルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得プロボウルにも選出された。 1967年1勝121分終わった。トミー・ノービスが2年連続プロボウル選ばれた1968年開幕から3連敗したところでノーム・ヘッカーヘッドコーチは解任されノーム・バン・ブルックリンが後任となったヘッドコーチ交代後2試合目のニューヨーク・ジャイアンツ戦でシーズン初勝利をあげたが、その後1勝しかできず2勝12敗に終わった。クロード・ハンフリーが最優秀新人守備選手選ばれた1969年11月16日シカゴ・ベアーズ戦では控えQBランディ・ジョンソンが4TDパス投げて48-31で勝利週間最優秀攻撃選手選ばれた12月7日地元で試合FBハーモン・ウェイジがTDランTDレシーブTDパスをあげる活躍を見せて45-17でニューオーリンズ・セインツ破ったこの年チーム創設以来最高の6勝8敗の成績をあげた。プロボウルにジム・バトラー、ボブ・ベリー、グレッグ・ブレジナ、ボブ・エター、ジョージ・クンツ、ジム・ミッチェル、ケン・リーブスの7名が選ばれた1960年代の4シーズンを通してチームはわずか12勝しかあげられなかった。 1970年9月27日グリーンベイ・パッカーズ戦でボブ・ベリーがチーム初の300ヤード投げたQBとなった10月4日、ジム・バトラーがチーム記録となる127ヤード走った11月30日チームマンデーナイトフットボール初登場果たしマイアミ・ドルフィンズ対戦したこの年チーム開幕から6試合で3勝をあげたが4勝8敗2分に終わったプロボウルハンフリークンツノービス選ばれている。 1971年この年ノーム・バン・ブルックリンヘッドコーチがプロフットボール殿堂入り果たした最終週に、ニューオーリンズ・セインツ破り、7勝6敗1分けとチーム初のシーズン勝ち越し遂げた1972年ドラフトハイズマン賞受賞したパット・サリバンを獲得した10月1日、デイブ・ハンプトンがチーム記録となる161ヤード走ってチーム創設以来初めロサンゼルス・ラムズ破った。2試合残して7勝5敗の成績収めていたが、サンフランシスコ・フォーティナイナーズ0-20完封負け最終週カンザスシティ・チーフス戦にも負けて7勝7敗に終わったRBデイブ・ハンプトンはいったんは1000ヤードを超えたが、続くプレーで6ヤードロスしてしまい995ヤードシーズン終えた1973年開幕戦ニューオーリンズ・セインツ62-7破ったが、続く3試合で合15得点しあげられ3連敗したその後7連勝した最後の3試合中2試合敗れて9勝5敗でプレーオフ逃した。デイブ・ハンプトンはこの年997ヤードランで、2年連続あと一歩のところで1000ヤードラッシャーとなれなかった。この年ニック・マイク=メイヤー、ジョン・ズック、クンツプロボウル選ばれた1974年、2勝6敗となったところで、ノーム・バン・ブルックリンヘッドコーチ(GM兼任していた)は解任され、ディフェンスコーディネーターのマリオン・キャンベルが後任となったが、ヘッドコーチ交代後も5連敗し最終週にようやく勝利し、3勝11敗に終わったハンフリーとジェフ・ヴァン・ノートがプロボウル選ばれた1975年、ジョージ・クンツをドラフト全体1位指名権引き換えにボルチモア・コルツトレードした。ドラフトではQBスティーブ・バートコウスキー(英語版)を獲得した2月26日それまでにグリーンベイ・パッカーズマイアミ・ドルフィンズ強豪にしたパット・ペプラーがGMに就任したこの年チームは4勝10敗に終わった最終週61ヤード走ったデイブ・ハンプトンが1000ヤードラッシャーとなった。ヴァン・ノートとPジョン・ジェームズがプロボウル選ばれた1976年、キャンベルヘッドコーチがシーズン途中解任され、パット・ペプラーが暫定ヘッドコーチとなったチームは4勝10敗に終わった。ジョン・ジェームズは2年連続プロボウル選ばれた2年目QBバートコウスキーは、2TD、9INT、キム・マッキルケンも2TD、10INTと散々だった1977年ワシントン・レッドスキンズダラス・カウボーイズQB務めたエディ・ルバロンがGMに、ランキン・スミス・ジュニアが球団社長に、ロサンゼルス・ラムズアシスタントコーチ、リーマン・ベネットがヘッドコーチに就任した14試合でわずか129失点という近代フットボールとなってからの記録樹立、7勝7敗でシーズン終えた強力なディフェンスは「The Gritz Blitz」と呼ばれた。ジョン・ジェームズ、ハンフリー、ローランド・ローレンスがプロボウル選ばれた1978年、2勝4敗から5連勝し7勝4敗、最後の5試合で3敗したものの9勝7敗で、チーム創設13年目でプレーオフ初出場果たしたワイルドカードプレーオフでは敵地フィラデルフィア・イーグルス14-13勝利した。ディビジョナルプレーオフでダラス・カウボーイズ対戦し相手エースQBロジャー・ストーバック負傷退場追い込み試合終盤リードした控えQBダニー・ホワイト逆転許し20-27敗れた1979年9月2日ニューオーリンズ・セインツとの開幕戦で、新人RBのウィリアム・アンドリュースが167ヤード走り延長の末40-34で勝利した彼はチーム記録となる1,023ヤード走った。またQBバートコウスキーは自身初の2,000ヤードを超える2,505ヤード投げた。しかしディフェンス388失点許し、6勝10敗に終わった。ヴァン・ノートがプロボウル選ばれた

※この「1970年代まで」の解説は、「アトランタ・ファルコンズ」の解説の一部です。
「1970年代まで」を含む「アトランタ・ファルコンズ」の記事については、「アトランタ・ファルコンズ」の概要を参照ください。


1970年代まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 01:55 UTC 版)

松田聖子」の記事における「1970年代まで」の解説

1962年 3月10日福岡県久留米市荒木町当時三潴郡筑邦町)に生まれる。出生名蒲池法子(かまちのりこ)。 1974年 4月久留米市荒木中学校入学テニス部入部し3年在籍した1977年 4月カトリック系久留米信愛女学院高等学校入学キリスト教研究部入部行事の際、皆の前で聖書を読む女神」という役職(各学年1人ずつ)に選出される1978年 CBS・ソニー集英社主催の「ミス・セブンティーンコンテスト」九州地区大会で優勝CBS・ソニー制作部若松宗雄スカウトされ若松紹介東京音楽学院九州校(渡辺プロ系列に通い東京渡辺プロ本社デモテープを送るが、写真選考不採用となる。 1979年 6月若松導きによりサンミュージックプロダクションオーディションを受けるため上京社長相澤秀禎男性社員ピンと来なかったが、直接歌唱聴いた音楽プロデューサー女性幹部社員らに注目され合格。同プロダクション契約7月卒業待たず高校中退歌手デビューのため単身上京サンミュージックの寮に入り堀越高等学校転入その後、「松田聖子」という芸名付与される11月ニッポン放送ザ・パンチ・パンチ・パンチ』のパーソナリティパンチ・ガール」のオーディションに合格。翌年1月からレギュラー出演開始12月日本テレビ系ドラマおだいじに』に出演役名も「松田聖子」。 12月資生堂洗顔クリームエクボ」のCMモデルオーディション最終審査でえくぼが出ず不合格選ばれたのは山田由紀子)。

※この「1970年代まで」の解説は、「松田聖子」の解説の一部です。
「1970年代まで」を含む「松田聖子」の記事については、「松田聖子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1970年代まで」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1970年代までのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1970年代までのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスタートレックに関する日本語資料一覧 (改訂履歴)、ニューオーリンズ・セインツ (改訂履歴)、ジャクソン・ブラウン (改訂履歴)、スレイド (バンド) (改訂履歴)、ルチアーノ・ベリオ (改訂履歴)、アトランタ・ファルコンズ (改訂履歴)、松田聖子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS