1巡目とは? わかりやすく解説

1巡目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/12 14:48 UTC 版)

51 (トランプ)」の記事における「1巡目」の解説

プレイヤーは必ず手札のうち不要な1枚カードを、場にある5のうち1枚カード交換するパス出来ない

※この「1巡目」の解説は、「51 (トランプ)」の解説の一部です。
「1巡目」を含む「51 (トランプ)」の記事については、「51 (トランプ)」の概要を参照ください。


1巡目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 19:28 UTC 版)

おーい、ニッポン」の記事における「1巡目」の解説

左から順に都道府県名、放送日キャッチコピー事実上のサブタイトル放送当時)。 富山県(1998.10.25)- 『たっぷり ゆったり 見ておトク高知県(1998.11.29) 秋田県(1999.2.14)- 『秋田は、であったかい。』 大分県(1999.5.2)- 『おおいたの、うらおもてない、おもてなし香川県(1999.5.30)- 『日本中香川をみつめる日がやってくる。』 和歌山県(1999.6.27)- 『太平洋キッス!』 北海道(1999.8.1) 岡山県(1999.9.5)- 『日本中岡山をみつめる日がやってくる。』 山形県(1999.10.31) 山梨県(1999.11.23) 三重県(1999.12.12) 千葉県(2000.1.30) 鹿児島県(2000.2.27)- 『おじゃんせ、みやんせ、たもいやんせ!(来て見て、おたべ下さい)』 静岡県(2000.4.16) 沖縄県(2000.5.5) 山口県(2000.6.4) 兵庫県(2000.7.2) 茨城県(2000.7.30) 青森県(2000.10.15)- 『あずまし ふるさと りんご色』 岐阜県(2000.11.26) 熊本県(2000.12.17)- 『ばってんくまもと栃木県(2001.1.28) 福島県(2001.2.25)- 『あったか ふっくら うつくしま』 佐賀県(2001.4.15)- 『掘れば掘るほど』 埼玉県(2001.5.6)- 『多彩珠(たさいたま)』 滋賀県(2001.6.3)- 『「えぇモン」は琵琶湖だけやない!』 神奈川県(2001.8.5)- 『青春いっぱい!』 北海道・道東(2001.9.2)- 『21世紀フロンティアスピリット岩手県(2001.10.7)- 『いきいきわくわくわんこもり』 福井県(2001.12.2)- 『美味さも情けも満福井!』 宮崎県(2001.12.23)- 『来んね、こんね、太陽いっぱい宮崎県徳島県(2002.3.3)- 『徳島とくしま宣言長崎県(2002.4.14)- 『見せます!魅せます!長崎の春』 石川県(2002.5.5)- 『百万石殿様気分奈良県(2002.6.2)- 『あなたを一日奈良づけ』 群馬県(2002.8.4)- 『ここはふるさとテーマパーク宮城県(2002.9.1)- 『今日宮城王国気分!』 長野県(2002.10.6)- 『大きい秋 み〜つけた。』 大阪府(2002.11.3)- 『大阪人心を結集巨大お好み焼」を焼く』 広島県(2002.12.8)- 『かがやけ!お好みランド北海道(2003.2.2)- 『冬こそ“ほくほく北海道愛媛県(2003.2.23)- 『伊予の国ほのぼの みかん色島根県(2003.6.1)- 『日本再発見!あなたと島根縁結び新潟県(2003.8.10)- 『生活天国生活大国愛知県(2003.9.28)- 『あ、いちばんがいっぱい』 福岡県(2003.10.19)- 『来々福々 人情あつあつ!』 京都府(2003.11.23)- 『みやびにくちづけ鳥取県(2003.12.21)- 『こころ湯ったり 旬感とっとり東京都-前編(2004.1.31)- 『ふるさとの"夢"せいぞろい東京都-後編(2004.2.1)- 『ワクワク"TOKYO"再発見

※この「1巡目」の解説は、「おーい、ニッポン」の解説の一部です。
「1巡目」を含む「おーい、ニッポン」の記事については、「おーい、ニッポン」の概要を参照ください。


1巡目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 20:15 UTC 版)

2006年のNBAドラフト」の記事における「1巡目」の解説

指名順選手経歴国籍指名チーム大学/クラブチーム太字この年ルーキー・オブ・ザ・イヤー選出され選手1 アンドレア・バルニャーニ (PF) R イタリア トロント・ラプターズ ベネトン・トレヴィーゾイタリア) 2 ラマーカス・オルドリッジ (PF) S A R アメリカ合衆国 シカゴ・ブルズポートランド・トレイルブレイザーズトレード元はニューヨーク・ニックス指名権テキサス大学 3 アダム・モリソン (SF) R アメリカ合衆国 シャーロット・ボブキャッツ ゴンザガ大学 4 タイラス・トーマス (PF) R アメリカ合衆国 ポートランド・トレイルブレイザーズシカゴ・ブルズトレードルイジアナ州立大学 5 シェルデン・ウィリアムス (PF) アメリカ合衆国 アトランタ・ホークス デューク大学 6 ブランドン・ロイ (SG) S A R アメリカ合衆国 ミネソタ・ティンバーウルブズポートランド・トレイルブレイザーズトレードワシントン大学 7 ランディ・フォイ (PG/SG) R アメリカ合衆国 ボストン・セルティックスミネソタ・ティンバーウルブズトレード元はポートランド・トレイルブレイザーズ指名権ビラノバ大学 8 ルディ・ゲイ (SG/SF) R アメリカ合衆国 ヒューストン・ロケッツメンフィス・グリズリーズトレードコネチカット大学 9 パトリック・オブライアント (C) アメリカ合衆国 ゴールデンステート・ウォリアーズ ブラッドリー大学 10 モハメド・セネ (C) セネガル シアトル・スーパーソニックス RBC Verviers-Pepinster (ベルギー11 J・J・レディック (SG) アメリカ合衆国 オーランド・マジック デューク大学 12 ヒルトン・アームストロング (C) アメリカ合衆国 ニューオーリンズ・ホーネッツ コネチカット大学 13 タボ・セフォロシャ (SG/SF) スイス フィラデルフィア・セブンティシクサーズシカゴ・ブルズトレード) アンジェリコ・ビエッラ (イタリア14 ロニー・ブリュワー (SG) アメリカ合衆国 ユタ・ジャズ アーカンソー大学 15 セドリック・シモンズ (PF) アメリカ合衆国 ニューオーリンズ・ホーネッツ元はミルウォーキー・バックス指名権ノースカロライナ州立大学 16 ロドニー・カーニー (SF) アメリカ合衆国 シカゴ・ブルズフィラデルフィア・セブンティシクサーズトレードメンフィス大学 17 ショーン・ウィリアムス (SF) アメリカ合衆国 インディアナ・ペイサーズ メンフィス大学 18 オレクシー・ペチェロフ (PF) ウクライナ ワシントン・ウィザーズ パリ・バスケット・レーシング(フランス19 クインシー・ドゥービー (SG) アメリカ合衆国 サクラメント・キングス ラトガース大学 20 レナルド・バークマン (SF) アメリカ合衆国 ニューヨーク・ニックス元はデンバー・ナゲッツ指名権サウスカロライナ大学 21 ラジョン・ロンド (PG) S A R C アメリカ合衆国 フェニックス・サンズボストン・セルティックストレード元はロサンゼルス・レイカーズ指名権ケンタッキー大学 22 マーカス・ウィリアムズ (PG) R アメリカ合衆国 ニュージャージー・ネッツ元はロサンゼルス・クリッパーズ指名権コネチカット大学 23 ジョシュ・ブーン (C) アメリカ合衆国 ニュージャージー・ネッツ コネチカット大学 24 カイル・ラウリー (PG) S A R C アメリカ合衆国 メンフィス・グリズリーズ ビラノバ大学 25 シャノン・ブラウン (SG) C アメリカ合衆国 クリーブランド・キャバリアーズ ミシガン州立大学 26 ジョーダン・ファーマー (PG) C アメリカ合衆国 ロサンゼルス・レイカーズ元はマイアミ・ヒート指名権UCLA 27 セルジオ・ロドリゲス (PG) スペイン フェニックス・サンズポートランド・トレイルブレイザーズトレードCBエストゥディアンテススペイン) 28 モーリス・エイガー (SG) アメリカ合衆国 ダラス・マーベリックス ミシガン州立大学 29 マーディ・コリンズ (PG) アメリカ合衆国 ニューヨーク・ニックス元はサンアントニオ・スパーズ指名権テンプル大学 30 ジョエル・フリーランド (PF) イングランド ポートランド・トレイルブレイザーズ元はデトロイト・ピストンズ指名権CBグラン・カナリアスペイン

※この「1巡目」の解説は、「2006年のNBAドラフト」の解説の一部です。
「1巡目」を含む「2006年のNBAドラフト」の記事については、「2006年のNBAドラフト」の概要を参照ください。


1巡目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 22:36 UTC 版)

2004年のNBAドラフト」の記事における「1巡目」の解説

指名順選手名経歴国籍指名チーム出身校など太字この年ルーキー・オブ・ザ・イヤー選出され選手1 ドワイト・ハワード (F/C) S A R D C アメリカ合衆国 オーランド・マジック サウスウェスト・アトランタ・クリスチャン・アカデミー高校 (ジョージア州アトランタ) 2 エメカ・オカフォー (F/C) R アメリカ合衆国 シャーロット・ボブキャッツ (元はクリッパーズ指名権) コネチカット大学 3 ベン・ゴードン (G) R アメリカ合衆国 ( イギリス) シカゴ・ブルズ コネチカット大学 4 ショーン・リビングストン (PG) C アメリカ合衆国 ロサンゼルス・クリッパーズ (元はボブキャッツ指名権) ピオリア・セントラル高校 (イリノイ州ピオリア) 5 デビン・ハリス (G) S アメリカ合衆国 ワシントン・ウィザーズ (ジェリー・スタックハウスクリスチャン・レイトナーと共にアントワン・ジェイミソン現金との交換マーベリックストレード) ウィスコンシン大学 6 ジョシュ・チルドレス (G/F) R アメリカ合衆国 アトランタ・ホークス スタンフォード大学 7 ルオル・デン (SF) S D イギリス フェニックス・サンズ (ブルズトレード) デューク大学 8 ラファエル・アラウージョ (C) ブラジル トロント・ラプターズ ブリガムヤング大学 9 アンドレ・イグダーラ (G/F) S R D C F アメリカ合衆国 フィラデルフィア・76ers アリゾナ大学 10 ルーク・ジャクソン (SF) アメリカ合衆国 クリーブランド・キャバリアーズ オレゴン大学 11 アンドリス・ビエドリンシュ (F/C) ラトビア ゴールデンステート・ウォリアーズ BKスコント (ラトビア) 12 ロバート・スウィフト (C) アメリカ合衆国 シアトル・スーパーソニックス ベーカーズフィールド高校 (カリフォルニア州ベーカーズフィールド) 13 セバスチャン・テルフェア (PG) アメリカ合衆国 ポートランド・トレイルブレイザーズ リンカーン高校 (ニューヨーク市ブルックリン区) 14 クリス・ハンフリーズ (F) アメリカ合衆国 ユタ・ジャズ ミネソタ大学 15 アル・ジェファーソン (PF) A R アメリカ合衆国 ボストン・セルティックス プレンティス高校 (ミシシッピ州プレンティス) 16 カーク・スナイダー (SG) アメリカ合衆国 ユタ・ジャズ (元はニックス指名権) ネバダ大学リノ校 17 ジョシュ・スミス (SF) R D アメリカ合衆国 アトランタ・ホークス (元はバックス指名権) バージニア州 Mouth of Wilson) 18 J・R・スミス (SG) C アメリカ合衆国 ニューオーリンズ・ホーネッツ セントベネディクト高校 (ニュージャージー州ニューアーク) 19 ドレル・ライト (SF) C アメリカ合衆国 マイアミ・ヒート サウスケント高校 (コネチカット州) 20 ジャミーア・ネルソン (PG) S R アメリカ合衆国 デンバー・ナゲッツ (マジックトレード) セント・ジョセフ大学 21 パベル・ポドコルジン (C) ロシア ユタ・ジャズ (元はロケッツ指名権) (マーベリックストレード) Metis Varese (イタリア) 22 ヴィクトル・ハラッパ (SF) ロシア ニュージャージー・ネッツ (エディー・ギルと現金と共にブレイザーズトレード) CSKAモスクワ (ロシアリーグ) 23 セルゲイ・モニア (SG) ロシア ポートランド・トレイルブレイザーズ (元はグリズリーズの指名権) CSKAモスクワ (ロシアリーグ) 24 デロンテ・ウェスト (PG) アメリカ合衆国 ボストン・セルティックス (元はマーベリックス指名権) セントジョセフ大学 25 トニー・アレン (SG) D C アメリカ合衆国 ボストン・セルティックス (元はピストンズ指名権) オクラホマ州立大学 26 ケビン・マーティン (SG) アメリカ合衆国 サクラメント・キングス 西カロライナ大学 27 サーシャ・ヴヤチッチ (PG) C スロベニア ロサンゼルス・レイカーズ Snaidero Udine (イタリア) 28 ベーノ・ウドリー (PG) C スロベニア サンアントニオ・スパーズ オリンピア・ミラノ (イタリア) 29 デビッド・ハリソン (C) アメリカ合衆国 インディアナ・ペイサーズ コロラド大学 注: ミネソタ・ティンバーウルブズは、ジョー・スミス契約に関して労使協定違反したため200120022004ドラフト1巡目指名失った

※この「1巡目」の解説は、「2004年のNBAドラフト」の解説の一部です。
「1巡目」を含む「2004年のNBAドラフト」の記事については、「2004年のNBAドラフト」の概要を参照ください。


1巡目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 04:10 UTC 版)

2000年のNBAドラフト」の記事における「1巡目」の解説

指名順選手名経歴国籍指名チーム出身校など太字この年ルーキー・オブ・ザ・イヤー選出され選手1 ケニオン・マーティン (PF) アメリカ合衆国 ニュージャージー・ネッツ シンシナティ大学 2 ストロマイル・スウィフト (PF/C) アメリカ合衆国 バンクーバー・グリズリーズ LSU 3 ダリアス・マイルズ (SF/SG) アメリカ合衆国 ロサンゼルス・クリッパーズ East St. Louis HS(イリノイ州イースト・セントルイス) 4 マーカス・ファイザー (PF) アメリカ合衆国 シカゴ・ブルズ アイオワ州立大学 5 マイク・ミラー (SF/SG) アメリカ合衆国 オーランド・マジック フロリダ大学 6 ダーマー・ジョンソン (SG/SF) アメリカ合衆国 アトランタ・ホークス シンシナティ大学 7 クリス・ミーム (C/PF) アメリカ合衆国 シカゴ・ブルズ (ジャマール・クロフォード 及び金銭交換キャブストレード) テキサス大学 8 ジャマール・クロフォード (SG) アメリカ合衆国 クリーブランド・キャバリアーズ (金銭と共にクリス・ミーム交換ブルズトレード) ミシガン大学 9 ジョエル・プリジビラ (C) アメリカ合衆国 ヒューストン・ロケッツ (ジェイソン・コリアー 及び将来ドラフト1巡目指名交換バックストレード) ミネソタ大学 10 キーオン・ドゥーリング (SG) アメリカ合衆国 オーランド・マジック (ナゲッツ指名権将来ドラフト1巡目指名交換コーリー・マゲッティ, デレック・ストロング及び金銭交換クリッパーズトレード) ミズーリ大学 11 ジェローム・モイソ (PF) フランス ボストン・セルティックス UCLA 12 イータン・トーマス (PF/C) アメリカ合衆国 ダラス・マーベリックス シラキュース大学 13 コートニー・アレクサンダー (SG) アメリカ合衆国 オーランド・マジック (将来ドラフト1巡目指名及び金銭交換マーベリックストレード) カリフォルニア州立大学フレズノ校 14 マティーン・クリーブス (PG) アメリカ合衆国 デトロイト・ピストンズ ミシガン州立大学 15 ジェイソン・コリアー (C) アメリカ合衆国 ミルウォーキー・バックス (ジョエル・プリジビラ交換で、将来ドラフト1巡目指名と共にロケッツトレード) ジョージア工科大学 16 ヒド・ターコルー (SF) トルコ サクラメント・キングス エフェス・ピルゼン S.K. (トルコ) 17 デズモンド・メイソン (SF/SG) アメリカ合衆国 シアトル・スーパーソニックス オクラホマ州立大学 18 クエンティン・リチャードソン (SF/SG) アメリカ合衆国 ロサンゼルス・クリッパーズ (ラプターズからホークスシクサーズニックス経由して) デポール大学 19 ジャマール・マグロア (C) カナダ シャーロット・ホーネッツ ケンタッキー大学 20 スピーディ・クラクストン (PG) アメリカ合衆国 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ ホフストラ大学 21 モリス・ピーターソン (SF/SG) アメリカ合衆国 トロント・ラプターズ (元はウルブズ指名権) ミシガン州立大学 22 ドネル・ハーヴェイ (SF) アメリカ合衆国 ニューヨーク・ニックス ( エリック・ストリックランド及びピート・ミカエルとの交換でジョン・ウォーレスと共にマーベリックストレード) フロリダ大学 23 デショーン・スティーブンソン (SG) アメリカ合衆国 ユタ・ジャズ (元はヒート指名権) ワシントン・ユニオンハイスクール (カリフォルニア州フレズノ) 24 ダリボル・バガリッチ (C) クロアチア シカゴ・ブルズ (元はスパーズ指名権) ベンストン・ザグレブ (クロアチア) 25 ジェイク・サカリディス (C) ギリシャ フェニックス・サンズ AEKアテネBC (ギリシャ) 26 ママドゥ・ヌジャイ (C) セネガル デンバー・ナゲッツ (元はジャズの指名権) オーバーン大学 27 プリモス・ブレゼッチ (C) スロベニア インディアナ・ペイサーズ ユニオン・オリンピア (スロベニア) 28 エリック・バークリー (PG) アメリカ合衆国 ポートランド・トレイルブレイザーズ セントジョンズ大学 29 マーク・マドセン (PF) アメリカ合衆国 ロサンゼルス・レイカーズ スタンフォード大学

※この「1巡目」の解説は、「2000年のNBAドラフト」の解説の一部です。
「1巡目」を含む「2000年のNBAドラフト」の記事については、「2000年のNBAドラフト」の概要を参照ください。


1巡目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 18:01 UTC 版)

2001年のNBAドラフト」の記事における「1巡目」の解説

指名順選手名経歴国籍指名チーム出身校など太字この年ルーキー・オブ・ザ・イヤー選出され選手1 クワミ・ブラウン (C) アメリカ合衆国 ワシントン・ウィザーズ グリン・アカデミー高校 (ジョージア州) 2 タイソン・チャンドラー (C) S A C アメリカ合衆国 ロサンゼルス・クリッパーズ (エルトン・ブランドとのトレードシカゴ・ブルズ移籍) ドミンゲス高校 (カリフォルニア州) 3 パウ・ガソル (C) S A R C スペイン アトランタ・ホークス (シャリーフ・アブドゥル=ラヒームとのトレードメンフィス・グリズリーズ移籍) FCバルセロナ (スペインリーグ) 4 エディ・カリー (C) C アメリカ合衆国 シカゴ・ブルズ ソーンウッド高校 (イリノイ州サウスホーランド) 5 ジェイソン・リチャードソン (SG) R アメリカ合衆国 ゴールデンステート・ウォリアーズ ミシガン州立大学 6 シェーン・バティエ (F/G) R D C アメリカ合衆国 メンフィス・グリズリーズ デューク大学 7 エディ・グリフィン (F) アメリカ合衆国 ニュージャージー・ネッツ (ヒューストン・ロケッツトレード) シートンホール大学 8 サガナ・ジョップ (C) セネガル クリーブランド・キャバリアーズ オークヒル・アカデミー高校 バージニア州) 9 ロドニー・ホワイト (SF) アメリカ合衆国 デトロイト・ピストンズ ノースカロライナ大学 10 ジョー・ジョンソン (SG) S A R アメリカ合衆国 ボストン・セルティックス アーカンソー大学 11 ケドリック・ブラウン (SF) アメリカ合衆国 ボストン・セルティックス (元はデンバー・ナゲッツ指名権) Okaloosa-Walton CC 12 ウラジミール・ラドマノビッチ (SF) ボスニア・ヘルツェゴビナ セルビア・モンテネグロ シアトル・スーパーソニックス FMP Zeleznik (ユーゴスラビア) 13 リチャード・ジェファーソン (SF) R C アメリカ合衆国 ヒューストン・ロケッツ (ネッツトレード) アリゾナ大学 14 トロイ・マーフィー (PF) アメリカ合衆国 ゴールデンステート・ウォリアーズ (元はインディアナ・ペイサーズ指名権) ノートルダム大学 15 スティーブン・ハンター (C) アメリカ合衆国 オーランド・マジック デポール大学 16 カーク・ヘイストン (PF) アメリカ合衆国 シャーロット・ホーネッツ インディアナ大学 17 マイケル・ブラッドリー (PF) アメリカ合衆国 トロント・ラプターズ ビラノバ大学 18 ジェイソン・コリンズ (C) アメリカ合衆国 ヒューストン・ロケッツ (ニックスからサンズマジック経由して) (ネッツトレード) スタンフォード大学 19 ザック・ランドルフ (PF) S A アメリカ合衆国 ポートランド・トレイルブレイザーズ ミシガン州立大学 20 ブレンダン・ヘイウッド (C) C アメリカ合衆国 クリーブランド・キャバリアーズ (マジック経由してウィザーズトレード) (元はヒート指名権) ノースカロライナ大学 21 ジョセフ・フォーテ (SG) アメリカ合衆国 ボストン・セルティックス (元はサンズ指名権) ノースカロライナ大学 22 ジェリル・サッサー (SG) アメリカ合衆国 オーランド・マジック (バックスからロケッツ経由して) 南メソジスト大学 23 ブランドン・アームストロング (SG) アメリカ合衆国 ヒューストン・ロケッツ (マーベリックスからマジック経由してネッツトレード) ペパーダイン大学 24 ラウル・ロペス (PG) スペイン ユタ・ジャズ レアル・マドリード・バロンセスト (リーガACB) 25 ジェラルド・ウォーレス (SF) S D アメリカ合衆国 サクラメント・キングス アラバマ大学 26 サミュエル・ダレンベア (C) カナダ フィラデルフィア・セブンティシクサーズ シートンホール大学 27 ジャマール・ティンズリー (PG) R アメリカ合衆国 バンクーバー・グリズリーズ (レイカーズからニックス経由して)(ペイサーズトレード) アイオワ州立大学 28 トニー・パーカー (PG) S A R C F フランス サンアントニオ・スパーズ パリ・バスケット・レーシング (フランスリーグ) 注: ミネソタ・ティンバーウルブズは、ジョー・スミス契約に関して労使協定違反したため200120022004ドラフト1巡目指名失った

※この「1巡目」の解説は、「2001年のNBAドラフト」の解説の一部です。
「1巡目」を含む「2001年のNBAドラフト」の記事については、「2001年のNBAドラフト」の概要を参照ください。


1巡目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 00:44 UTC 版)

51 (トランプゲーム)」の記事における「1巡目」の解説

プレイヤーは必ず手札のうち不要な1枚カードを、場にある5のうち1枚カード交換するパス出来ない

※この「1巡目」の解説は、「51 (トランプゲーム)」の解説の一部です。
「1巡目」を含む「51 (トランプゲーム)」の記事については、「51 (トランプゲーム)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1巡目」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1巡目のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1巡目のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの51 (トランプ) (改訂履歴)、おーい、ニッポン (改訂履歴)、2006年のNBAドラフト (改訂履歴)、2004年のNBAドラフト (改訂履歴)、2000年のNBAドラフト (改訂履歴)、2001年のNBAドラフト (改訂履歴)、51 (トランプゲーム) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS