ロサンゼルス・レイカーズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > スポーツ競技団体 > バスケットボール > NBAチーム > ロサンゼルス・レイカーズの意味・解説 

ロサンゼルス・レイカーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 02:14 UTC 版)

ロサンゼルス・レイカーズLos Angeles Lakers)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスに本拠を置く全米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム。ウェスタン・カンファレンスパシフィック・ディビジョンに所属。NBAの歴史の中で最も成功したチームの1つであり[6]ボストン・セルティックスと並んで歴代最多タイの17回のNBAチャンピオンおよび1回のNBLチャンピオンを獲得している。その他に1回のマクドナルド選手権優勝がある。


注釈

  1. ^ レイカーズにはすでにノーム・ニクソンという優秀なポイントガードがいたことから、モンクリーフはオフガードとして素晴らしい補強になる可能性があったため、ジョンソンかモンクリーフのどちらを指名するか迷っていた。

出典

  1. ^ a b ステイプルズ・センター公式サイト” (英語). 2020年7月28日閲覧。
  2. ^ Media Guidelines And Policies” (英語). 2018–19 Los Angeles Lakers Media Guide. NBA Properties, Inc. (2018年10月16日). 2019年2月10日閲覧。
  3. ^ “Nike Jerseys” (英語). NBA Media Ventures, LLC. (2018年7月31日). https://www.nba.com/lakers/nike-jerseys 2019年2月10日閲覧。 
  4. ^ Los Angeles Lakers Reproduction Guideline Sheet” (英語). NBA Properties, Inc.. 2018年2月8日閲覧。
  5. ^ Lakers x Bibigo”. Lakers.com. NBA Media Ventures, LLC (2021年9月21日). 2021年9月22日閲覧。
  6. ^ Fromal, Adam (2017年9月23日). “Ranking Every NBA Franchise on Historical Success” (英語). 2022年2月7日閲覧。
  7. ^ Reavis, Tracey in Sacchare (ed) (2000). p. 95
  8. ^ Barreiro, Dan. "George Mikan: The First Icon". From the Official NBA Encyclopedia, Third Edition. NBA.com. 2012年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月20日閲覧
  9. ^ Ostler, Scott (2013年2月19日). “Remembering Jerry Buss and 'Showtime'”. San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/sports/ostler/article/Remembering-Jerry-Buss-and-Showtime-4288541.php 2013年2月21日閲覧。 
  10. ^ All-Time Longest Win Streaks in NBA History” (英語). NBA.com. NBA Media Ventures, LLC (2013年3月14日). 2018年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月17日閲覧。
  11. ^ シーズンMVP受賞者一覧”. basketball-reference.com. 2020年9月27日閲覧。
  12. ^ World’s Most Valuable Sports Teams 2021” (英語). Forbes (2021年5月7日). 2021年6月11日閲覧。
  13. ^ Lakers Part Ways with Head Coach Byron Scott” (英語). NBA.com (2016年4月24日). 2016年4月30日閲覧。
  14. ^ Lakers Announce Agreement With Luke Walton to Become New Head Coach” (英語). Los Angeles Lakers (2016年4月29日). 2016年4月30日閲覧。
  15. ^ Lakers draft Duke's Ingram with No. 2 selection” (英語). ESPN.com (2016年6月24日). 2017年6月16日閲覧。
  16. ^ Lakers Name Earvin "Magic" Johnson President of Basketball Operations” (英語). NBA.com (2017年2月21日). 2017年2月23日閲覧。
  17. ^ Lakers GM Mitch Kupchak, exec Jim Buss relieved of duties as Magic Johnson takes over basketball operations” (英語). latimes.com (2017年2月21日). 2017年2月26日閲覧。
  18. ^ Lakers Name Rob Pelinka General Manager” (英語). NBA.com (2017年3月7日). 2017年3月13日閲覧。
  19. ^ Lakers to Pick Second Overall at 2017 Draft” (英語). NBA.com (2017年5月16日). 2017年7月26日閲覧。
  20. ^ LeBron James agrees to four-year, $153.3 million deal with Lakers” (英語). espn.com (2018年7月2日). 2019年2月9日閲覧。
  21. ^ Magic Johnson: Lakers to consult with LeBron James on moves” (英語). espn.com (2018年7月17日). 2019年2月9日閲覧。
  22. ^ Lakers Acquire Anthony Davis” (英語). Lakers.com. NBA Media Ventures LLC (2019年7月6日). 2020年3月16日閲覧。
  23. ^ レイカーズ、1985-86シーズンに並ぶ球団最高記録…レブロンも今季6回目の“トリプルダブル”を達成”. basketballking.jp (2019年12月12日). 2020年7月19日閲覧。
  24. ^ デイビスが42得点と躍動したレイカーズ、ジャズを破り10年ぶりのウェスタン・カンファレンス首位が確定”. バスケットボールキング (2020年8月4日). 2020年8月4日閲覧。
  25. ^ Lakers Acquire Russell Westbrook”. NBA.com (2021年8月6日). 2021年8月6日閲覧。
  26. ^ Lakers Sign Carmelo Anthony”. NBA.com (2021年8月6日). 2021年8月6日閲覧。
  27. ^ Lakers Sign Dwight Howard”. NBA.com (2021年8月6日). 2021年8月6日閲覧。
  28. ^ 故障した航空機に乗っていたチームの幸運と不運 残酷なまでの運命の違い… - スポーツニッポン、2016年12月5日
  29. ^ Adams, L., "NBA Draft Rights Held For 2019/20", HoopsRumors, January 28, 2020.
  30. ^ Coon, Larry. “NBA Salary Cap FAQ – 2011 Collective Bargaining Agreement”. 2014年4月13日閲覧。 “If the player is already under contract to, or signs a contract with a non-NBA team, the team retains the player's draft rights for one year after the player's obligation to the non-NBA team ends. Essentially, the clock stops as long as the player plays pro ball outside the NBA.”
  31. ^ Meet Chinemelu Elonu”. NBA.com (2009年7月15日). 2010年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月15日閲覧。
  32. ^ Lakers Complete Trade with Cleveland and New York”. NBA.com (2022年1月3日). 2022年1月3日閲覧。
  33. ^ a b c Los Angeles Lakers Draft Register”. basketball-reference.com. 2008年8月20日閲覧。
  34. ^ Los Angeles Lakers Hall of Famers”. Basketball-Reference. 2008年10月25日閲覧。
  35. ^ 'Voice of the Lakers' Was Team's Constant Throughout the Years”. NBA.com. 2008年10月25日閲覧。
  36. ^ Naismith Memorial Basketball Hall of Fame Announces Class of 2010”. Naismith Memorial Basketball Hall of Fame (2010年4月5日). 2010年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月7日閲覧。
  37. ^ Lakers Retired Numbers”. Los Angeles Lakers (2010年9月17日). 2010年11月12日閲覧。
  38. ^ Hanging From the Rafters”. NBA.com. 2012年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月12日閲覧。
  39. ^ Lakers to Retire Kobe Bryant's Jerseys”. NBA.com (2017年9月12日). 2017年9月13日閲覧。
  40. ^ Lakers to retire Kobe Bryant's No. 8, 24 jerseys on Dec. 18”. ESPN.com (2017年9月12日). 2017年9月13日閲覧。
  41. ^ L.A. to Honor Great Minneapolis Lakers Teams and Players”. Los Angeles Lakers (2002年4月5日). 2002年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月23日閲覧。



ロサンゼルス・レイカーズ (2014)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 22:43 UTC 版)

ケント・ベイズモア」の記事における「ロサンゼルス・レイカーズ (2014)」の解説

2014年2月19日スティーブ・ブレイクとの引換えに、マーション・ブルックスとともにロサンゼルス・レイカーズに放出された。

※この「ロサンゼルス・レイカーズ (2014)」の解説は、「ケント・ベイズモア」の解説の一部です。
「ロサンゼルス・レイカーズ (2014)」を含む「ケント・ベイズモア」の記事については、「ケント・ベイズモア」の概要を参照ください。


ロサンゼルス・レイカーズ (2019)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 09:40 UTC 版)

ジェメリオ・ジョーンズ」の記事における「ロサンゼルス・レイカーズ (2019)」の解説

2019年3月31日、ロサンゼルス・レイカーズと契約したことが発表された

※この「ロサンゼルス・レイカーズ (2019)」の解説は、「ジェメリオ・ジョーンズ」の解説の一部です。
「ロサンゼルス・レイカーズ (2019)」を含む「ジェメリオ・ジョーンズ」の記事については、「ジェメリオ・ジョーンズ」の概要を参照ください。


ロサンゼルス・レイカーズ (2017)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 14:07 UTC 版)

マット・トーマス」の記事における「ロサンゼルス・レイカーズ (2017)」の解説

トーマスドラフト外終わった2017年にロサンゼルス・レイカーズのサマーリーグチームでプレーした彼は8試合プレーし平均9.6得点記録してサマーリーグ優勝貢献した最後の3試合では16本中14本のスリー沈め話題呼んだまた、ポートランド・トレイルブレイザーズとの決勝戦では23得点記録、9本中8本のフィールドゴール沈め3ポイントについては5本中5本成功と完璧な内容であった

※この「ロサンゼルス・レイカーズ (2017)」の解説は、「マット・トーマス」の解説の一部です。
「ロサンゼルス・レイカーズ (2017)」を含む「マット・トーマス」の記事については、「マット・トーマス」の概要を参照ください。


ロサンゼルス・レイカーズ(2019-2021)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 01:57 UTC 版)

ジャレッド・ダドリー」の記事における「ロサンゼルス・レイカーズ(2019-2021)」の解説

2019年7月7日、ロサンゼルス・レイカーズと契約した2020年のNBAファイナルにてマイアミ・ヒートを第6試合目で破り自身初となるNBAチャンピオン獲得した

※この「ロサンゼルス・レイカーズ(2019-2021)」の解説は、「ジャレッド・ダドリー」の解説の一部です。
「ロサンゼルス・レイカーズ(2019-2021)」を含む「ジャレッド・ダドリー」の記事については、「ジャレッド・ダドリー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロサンゼルス・レイカーズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ロサンゼルス・レイカーズ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ロサンゼルス・レイカーズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロサンゼルス・レイカーズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロサンゼルス・レイカーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのケント・ベイズモア (改訂履歴)、ジェメリオ・ジョーンズ (改訂履歴)、マット・トーマス (改訂履歴)、ジャレッド・ダドリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS