ロサンゼルス・ラムズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ロサンゼルス・ラムズの意味・解説 

ロサンゼルス・ラムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 09:51 UTC 版)

ロサンゼルス・ラムズ英語: Los Angeles Rams、略称: LAR)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス都市圏のイングルウッドに本拠地をおくNFLチーム[1]NFC西地区に所属している。ホームスタジアムはSoFiスタジアムで、ロサンゼルス・チャージャーズと共用している。本部と練習場は、カリフォルニア州のアゴウラヒルズに位置している。


注釈

  1. ^ 1945年クリーブランド1951年ロサンゼルス1999年セントルイス
  2. ^ ただし1978年からNFLはシーズン14試合から16試合に変更している。

出典

  1. ^ a b ラムズのロス移転が決定!チャージャースと同居案も”. NFL JAPAN (2016年1月13日). 2016年1月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年1月13日閲覧。
  2. ^ a b FUN FACTS”. St.Louis Rams Official Site. 2021年11月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年12月26日閲覧。
  3. ^ ラムズ、プロボウル7度のOTペースを解雇 NFL JAPAN 2009年3月11日[リンク切れ]
  4. ^ ラムズ、プロボウル7度のWRホルトを解雇 NFL JAPAN 2009年3月14日[リンク切れ]
  5. ^ 人気ラジオホストとNHLのオーナー、ラムズ買収に名乗り NFL JAPAN Archived 2009年11月26日, at the Wayback Machine.
  6. ^ 毒舌があだ? リンボー氏がラムズ買収グループから除外 NFL JAPAN 2009年10月8日 Archived 2010年7月27日, at the Wayback Machine.
  7. ^ ラムズ、フィッシャー氏とHC就任で合意”. NFL JAPAN (2012年1月14日). 2012年1月20日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ フィッシャー氏、ラムズHC就任は「簡単な選択だった」”. NFL JAPAN (2012年1月18日). 2012年1月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年1月20日閲覧。
  9. ^ セインツDCがラムズへ、フィッシャー新HCと再タッグ”. NFL JAPAN (2012年1月17日). 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年1月20日閲覧。
  10. ^ マクダニエルス氏、古巣ペイトリオッツに合流”. NFL JAPAN (2012年1月11日). 2012年1月20日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ ラムズがショッテンハイマーOC、ウィリアムスDC就任発表”. NFL JAPAN (2012年1月24日). 2012年1月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年1月26日閲覧。
  12. ^ ラムズ新GM決定、ファルコンズからスニード氏招へい”. NFL JAPAN (2012年2月12日). 2012年2月12日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ レッドスキンズが全体2位獲得、予想はQBグリフィン指名”. NFL JAPAN (2012年3月10日). 2012年3月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月10日閲覧。
  14. ^ ラムズ決断、先発QBをフォールズからキーナムへ交代”. NFL JAPAN (2015年11月17日). 2016年8月5日閲覧。
  15. ^ ラムズがQBフォールズ解雇、「これがお互いにとってベスト」とHC”. NFL JAPAN (2016年7月28日). 2016年8月5日閲覧。
  16. ^ ラムズ、新HCに元レッドスキンズOCマクベイを抜てき”. NFL JAPAN (2017年1月13日). 2017年12月25日閲覧。
  17. ^ ラムズがボーンカラーを取り入れた新ユニフォームを公開NFL Japan 2020年5月14日
  18. ^ ディフェンス部門の年間最優秀選手賞はラムズDTドナルドが3度目の受賞”. NFL JAPAN (2021年2月7日). 2021年11月16日閲覧。
  19. ^ Lions to trade Matthew Stafford to Rams in blockbuster deal involving Jared Goff, picks”. NFL. 2021年2月1日閲覧。
  20. ^ ライオンズがQBスタッフォードをラムズにトレード、ラムズからはQBゴフとドラフト指名権を獲得”. NFL JAPAN (2021年1月31日). 2021年11月16日閲覧。
  21. ^ 4勝4敗のブロンコスで眠って7勝1敗のラムズで目覚めたとOLBボン・ミラー”. NFL JAPAN (2021年11月4日). 2021年11月16日閲覧。
  22. ^ WRオデル・ベッカムがラムズと1年契約に合意”. NFL JAPAN (2021年11月12日). 2021年11月16日閲覧。
  23. ^ Aferiat, Jake. Super Bowl 2022 final score, results: Rams win first title in 22 years after with comeback over Bengals. The Sporting News. 2022年2月14日. 2022年2月14日閲覧.
  24. ^ CHRONOLOGY Archived 2008年5月11日, at the Wayback Machine. St.Louis Rams Official Site 2009年12月26日閲覧[リンク切れ]


「ロサンゼルス・ラムズ」の続きの解説一覧

ロサンゼルス・ラムズ(第1期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 08:56 UTC 版)

ブレイク・ボートルス」の記事における「ロサンゼルス・ラムズ(第1期)」の解説

2019年3月18日、ロサンゼルス・ラムズが獲得発表。しかし、ラムズでは3試合出場に留まり、同年限り退団した

※この「ロサンゼルス・ラムズ(第1期)」の解説は、「ブレイク・ボートルス」の解説の一部です。
「ロサンゼルス・ラムズ(第1期)」を含む「ブレイク・ボートルス」の記事については、「ブレイク・ボートルス」の概要を参照ください。


ロサンゼルス・ラムズ(第2期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 08:56 UTC 版)

ブレイク・ボートルス」の記事における「ロサンゼルス・ラムズ(第2期)」の解説

2020年12月29日ジャレッド・ゴフ怪我欠いたロサンゼルス・ラムズと契約した。しかし、出場はなかった。

※この「ロサンゼルス・ラムズ(第2期)」の解説は、「ブレイク・ボートルス」の解説の一部です。
「ロサンゼルス・ラムズ(第2期)」を含む「ブレイク・ボートルス」の記事については、「ブレイク・ボートルス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロサンゼルス・ラムズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ロサンゼルス・ラムズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロサンゼルス・ラムズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロサンゼルス・ラムズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブレイク・ボートルス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS