ダラス・カウボーイズとは? わかりやすく解説

ダラス・カウボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 14:40 UTC 版)

ダラス・カウボーイズ英語: Dallas Cowboys、略称: DAL)は、アメリカ合衆国テキサス州アーリントンダラス・フォートワース複合都市圏)に本拠地をおくNFLチーム。NFC東地区に所属している。ホームスタジアムはAT&Tスタジアム。本部と練習場は、同じテキサス州のフリスコにあるフォード・センター・アット・ザ・スター。


  1. ^ The World's Most Valuable Sports Teams 2020 Forbes 2021年4月19日閲覧。
  2. ^ The NFL’s Most Valuable Teams 2020: How Much Is Your Favorite Team Worth?”. フォーブス (2020年9月10日). 2021年4月19日閲覧。
  3. ^ The Dallas Cowboys are Back on the Horse as America’s Favorite Football TeamHarris Interactive 2015年12月1日閲覧。
  4. ^ 引退したLTはランクイン?RB歴代トップ10 -後編-”. NFL JAPAN (2012年6月19日). 2012年7月3日閲覧。
  5. ^ MNF History: 1982”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  6. ^ 松田てつひろ『NFLガイド1995』タッチダウン、1995年、5ページ。ISBN 4-924342-48-3
  7. ^ カウボーイズ衰退の原因は? 伝説のトリプレッツが分析”. NFL JAPAN (2012年5月19日). 2012年5月31日閲覧。
  8. ^ Mark Maske (2005年2月23日). “Bledsoe, Cowboys Reach Agreement; Deal Reunites QB With Parcells”. ワシントン・ポスト. 2012年1月21日閲覧。
  9. ^ カウボーイズ、QBロモがFGホルダーに復帰?”. NFL JAPAN (2009年12月10日). 2012年1月21日閲覧。
  10. ^ a b c Sources: Cowboys cut T.O.”. ESPN (2009年3月5日). 2012年1月21日閲覧。
  11. ^ 屈指のパスラッシャーに成長、ウェアが模範のヒューストン”. NFL JAPAN. 2012年1月21日閲覧。
  12. ^ 近藤祐司 (2009年10月30日). “無名校からスターダムへ! カウボーイズ救世主オースティン”. NFL JAPAN. 2012年1月21日閲覧。
  13. ^ 1勝7敗のカウボーイズ、ついにフィリップスHCを解任”. NFL JAPAN (2010年11月9日). 2012年1月21日閲覧。
  14. ^ カウボーイズのWRオースティンらがプロボウル選出”. NFL JAPAN (2011年1月28日). 2012年1月21日閲覧。
  15. ^ LBウェアとQBロモ、カウボーイズにとってより重要なのは?”. NFL JAPAN (2011年6月30日). 2012年1月21日閲覧。
  16. ^ カウボーイズオーナー、「ジャイアンツのようになりたかった」”. NFL JAPAN (2012年1月24日). 2012年1月26日閲覧。
  17. ^ カウボーイズ、今シーズン失敗の原因は?”. NFL JAPAN (2013年1月11日). 2013年8月8日閲覧。
  18. ^ カウボーイズ本拠地、「AT&Tスタジアム」へ名称変更”. NFL JAPAN (2013年7月26日). 2013年8月8日閲覧。
  19. ^ ダラス・カウボーイズ”. NFL JAPAN. 2021年2月12日閲覧。
  20. ^ 飛田野芽生「合格したい」NFLチアリーダーに挑戦 - スポーツ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年2月18日閲覧。
  21. ^ History – Dallas Cowboys Cheerleaders”. Dallas Cowboys Cheerleaders. 2021年2月12日閲覧。
  22. ^ DCC ALUMNI SPOTLIGHT – TOMOKO MITA JOHNSTON” (英語). 2022年2月18日閲覧。


「ダラス・カウボーイズ」の続きの解説一覧

ダラス・カウボーイズ(2度目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 18:03 UTC 版)

ジャスティン・デュラント」の記事における「ダラス・カウボーイズ(2度目)」の解説

一時は引退考えた彼は2016年7月18日カウボーイズ1年契約結んだこの時カウボーイズは、マクレイン出場停止処分を受けており、他の選手負傷していた。彼は主にパスシチュエーションで起用された。第2週ワシントン・レッドスキンズ戦では第4Qにパスブロックし、勝利貢献した11試合目の試合ハムストリング負傷、2試合後のニューヨーク・ジャイアンツ戦で復帰したタンパベイ・バッカニアーズ戦でひじを負傷した彼はプレーオフにらんでシーズン最後の2試合インアクティブとなったオフシーズンにひじの手術をした彼は2017年7月20日カウボーイズと再契約結んだ8月14日トレーニングキャンプ参加した第7週から第9週まで股関節負傷欠場第13週脳震盪で、第14週第15週はひじの怪我欠場した12月26日チームから解雇された。この年7試合出場し負傷したショーン・リーの代役として3試合先発出場14タックル成績であった

※この「ダラス・カウボーイズ(2度目)」の解説は、「ジャスティン・デュラント」の解説の一部です。
「ダラス・カウボーイズ(2度目)」を含む「ジャスティン・デュラント」の記事については、「ジャスティン・デュラント」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ダラス・カウボーイズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ダラス・カウボーイズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ダラス・カウボーイズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダラス・カウボーイズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジャスティン・デュラント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS