ラスベガス・レイダースとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ラスベガス・レイダースの意味・解説 

ラスベガス・レイダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 04:25 UTC 版)

ラスベガス・レイダース英語: Las Vegas Raiders、略称: LV)は、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス都市圏のパラダイスに本拠地をおくNFLチーム。AFC西地区に所属している。ホームスタジアムはアレジアント・スタジアムで、本社は同じネバダ州のヘンダーソンに位置している。


注釈

  1. ^ しかし、最初の2年間はオークランドでスタジアムを建設できなかったことから、サンフランシスコのスタジアムを使用していた

出典

  1. ^ Gillan, Jeff (2018年11月14日). “Raiders Stadium: Biggest door in city, and grass that moves”. Las Vegas: KSNV. https://news3lv.com/news/local/raiders-stadium-biggest-door-in-city-and-grass-that-moves 2019年1月30日閲覧. "Stadium officials told the Authority the project is on schedule for completion in 626 days from today." 
  2. ^ Team History profootballhof.com
  3. ^ a b c d e f g アル・デービス・オーナーの経歴と功績”. NFL JAPAN (2011年10月9日). 2012年1月1日閲覧。
  4. ^ No. 10: The Heidi Game”. nfl.com (1999年11月24日). 2011年2月9日閲覧。
  5. ^ Brian Ditullio (2010年12月2日). “The Heidi Bowl”. bleacherreport.com. 2013年8月4日閲覧。
  6. ^ Battaglio, Stephen. "The Blunder Years", TV Guide, November 1, 2010, Pages 20-21
  7. ^ Brian Ditullio (2010年12月2日). “Dolphins Vs. Raiders (Sea Of Hands)”. bleacherreport.com. 2013年8月4日閲覧。
  8. ^ MNF History: 1977”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  9. ^ a b An Old Raider’s Old-School Values”. ニューヨーク・タイムズ (2009年12月7日). 2013年6月1日閲覧。
  10. ^ 第11回スーパーボウル”. NFL JAPAN. 2012年1月1日閲覧。
  11. ^ The Ghost To The Post”. スポーツ・イラストレイテッド (1978年1月2日). 2011年2月9日閲覧。
  12. ^ Hall of Fame Dinner Segments: Dave Casper”. nfl.com (2007年8月3日). 2011年2月9日閲覧。
  13. ^ Ghost to the Post”. raiders.com (2010年12月24日). 2011年2月9日閲覧。
  14. ^ NFL史上に残るシンデレラチーム”. NFL JAPAN (2011年3月29日). 2012年1月1日閲覧。
  15. ^ 第15回スーパーボウル”. NFL JAPAN. 2012年1月1日閲覧。
  16. ^ Phillips, B.J. (1981年2月9日). “The Wild Cards Run Wild”. タイム. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,922427,00.html 2008年12月21日閲覧。 
  17. ^ 第18回スーパーボウル”. NFL JAPAN. 2012年1月1日閲覧。
  18. ^ Flatter, Ron. “Bo knows stardom and disappointment”. ESPN. http://espn.go.com/sportscentury/features/00016045.html 2008年12月21日閲覧。 
  19. ^ “Allen no stranger to big plays”. AP通信. (2003年7月31日). http://espn.go.com/classic/s/2003/0730/1587419.html 2008年12月21日閲覧。 
  20. ^ Bell, Jarrett (2007年1月17日). “Coaches chasing Super Bowl — and history”. USAトゥデイ. http://www.usatoday.com/sports/football/nfl/2007-01-16-dungy-lovie_x.htm 2008年12月21日閲覧。 
  21. ^ NFLがマンデーナイトフットボールのスケジュールを組む際、レイダースはアウェイにされていた。
  22. ^ Dickey, Just Win, Baby. p. 234.
  23. ^ Dickey, Just Win, Baby. pp. 234–239.
  24. ^ Anderson, Dave (1990年9月16日). “Just Give Me $10 Million, Baby”. ニューヨーク・タイムズ. http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F3061EF73F5B0C758DDDA00894D8494D81 2008年12月21日閲覧。 
  25. ^ Classic MNF: 1988 Raiders vs. Broncos”. ESPN (2002年11月6日). 2011年2月9日閲覧。
  26. ^ a b Todd Marinovich: The Man Who Never Was 4/7”. esquire.com (2010年4月23日). 2011年2月9日閲覧。
  27. ^ a b ブレイディの左肩負傷、元名QBは問題なしとの見解”. NFL JAPAN (2011年12月31日). 2012年1月1日閲覧。
  28. ^ ビル・マークレビッツ. “HOT OFF THE GRIDIRON #66「天はニューイングランドに味方した!」”. NFL JAPAN. 2011年2月9日閲覧。
  29. ^ a b HOT OFF THE GRIDIRON #88 "ジョン・グルーデン・ボウル"”. NFL JAPAN. 2011年2月9日閲覧。
  30. ^ 第37回スーパーボウル”. NFL JAPAN. 2012年1月1日閲覧。
  31. ^ Bob Carter. “Moves, emotions have Moss causin' a commotion”. ESPN. 2010年11月12日閲覧。
  32. ^ レイダース、最年少HCキフィンを解任”. NFL JAPAN (2008年10月1日). 2011年2月9日閲覧。
  33. ^ レイダース、新指揮官に暫定HCのケーブル氏”. NFL JAPAN (2009年2月4日). 2011年2月9日閲覧。
  34. ^ レイダース先発QB争いに決着、指揮官がラッセルを指名”. NFL JAPAN (2009年8月24日). 2011年2月9日閲覧。
  35. ^ 低迷レイダース、ついに先発QB交代を決断”. NFL JAPAN (2009年11月19日). 2011年2月9日閲覧。
  36. ^ レイダースが先発QBに3番手フライ抜てき、ラッセル復権ならず”. NFL JAPAN (2009年12月17日). 2011年2月9日閲覧。
  37. ^ 近藤祐司 (2010年9月10日). “2010シーズン、大化けするのはレイダース!?【後編】”. NFL JAPAN. 2011年2月9日閲覧。
  38. ^ 近藤祐司 (2010年9月10日). “2010シーズン、大化けするのはレイダース!?【前編】”. NFL JAPAN. 2011年2月9日閲覧。
  39. ^ レイダース、負け越し回避のケーブルHCと契約延長せず”. NFL JAPAN (2011年1月5日). 2011年2月9日閲覧。
  40. ^ レイダース、ジャクソンOCが指揮官に昇格”. NFL JAPAN (2011年1月18日). 2011年2月9日閲覧。
  41. ^ レイダースのジャクソン新HC、「我々は強者となる」”. NFL JAPAN (2011年1月19日). 2011年2月9日閲覧。
  42. ^ デービス・オーナー死去、NFLから悲しみの声”. NFL JAPAN (2011年10月9日). 2012年1月1日閲覧。
  43. ^ レイダース、故デービス・オーナーに捧げる逆転勝利”. NFL JAPAN (2011年10月10日). 2012年1月1日閲覧。
  44. ^ 劇的勝利のレイダース、涙とともに新たなスタート”. NFL JAPAN (2011年10月10日). 2012年1月1日閲覧。
  45. ^ レイダース緊急事態、QBキャンベルが今季絶望も”. NFL JAPAN (2011年10月17日). 2012年1月1日閲覧。
  46. ^ レイダース、QBパーマーをトレードで獲得”. NFL JAPAN (2011年10月19日). 2012年1月1日閲覧。
  47. ^ 渡辺史敏 (2011年10月21日). “トレード期限間際で交渉成立、最終的に笑うのは?”. NFL JAPAN. 2012年1月1日閲覧。
  48. ^ レイダース、新HCにマッデン氏以来の守備畑出身コーチが就任へ”. NFL JAPAN (2012年1月25日). 2012年1月26日閲覧。
  49. ^ レイダースはデルリオ新HC誕生、4年契約で招へい”. NFL JAPAN (2015年1月15日). 2016年1月18日閲覧。
  50. ^ DEマックが史上初の快挙、オールプロチーム発表!”. NFL JAPAN (2016年1月9日). 2016年1月18日閲覧。
  51. ^ オールプロ3回の名Sウッドソン、今季限りでの現役引退を表明”. NFL JAPAN (2015年12月22日). 2016年1月18日閲覧。
  52. ^ レイダースQBカー負傷で“負けたような気分”とOLBアービン”. NFL JAPAN (2016年12月26日). 2017年12月25日閲覧。
  53. ^ レイダースがRBリンチ獲得を正式発表”. NFL JAPAN (2017年4月27日). 2017年12月25日閲覧。
  54. ^ レイダースQBカー、「このレイダースがすでに5敗もしているとは」”. NFL JAPAN (2017年10月31日). 2017年12月25日閲覧。
  55. ^ NFLラムズが来季ロスへ移転 オーナー投票で承認”. 朝日新聞社 (2016年1月13日). 2016年1月18日閲覧。
  56. ^ レイダース、2016年は現スタジアムが本拠地と発表”. NFL JAPAN (2016年2月12日). 2016年5月21日閲覧。
  57. ^ ペイトリオッツ・オーナー、レイダースのラスベガス移転案を支持”. NFL JAPAN (2016年5月21日). 2016年5月21日閲覧。
  58. ^ レイダースがラスベガス移転を申請へ NFL日刊スポーツ、2017年1月16日閲覧
  59. ^ Beaton, Andrew (2018年12月11日). “Oakland Files Lawsuit Against Raiders, NFL”. The Wall Street Journal. 2018年12月11日閲覧。
  60. ^ グルーデン氏が総額113億円の10年契約でレイダースHCに就任へ、米報道”. フランス通信社 (2018年1月6日). 2018年3月21日閲覧。
  61. ^ Raiders Media Relations (2020年1月22日). “Las Vegas Raiders - Silver and Black officially welcomed to the Silver State”. NFL Enterprises, LLC. https://www.raiders.com/news/las-vegas-raiders-silver-and-black-officially-welcomed-to-the-silver-state 2020年1月23日閲覧。 
  62. ^ Belson, Ken; Rosman, Katherine. “Raiders Coach's Emails Included Homophobic and Misogynistic Comments”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2021/10/11/sports/football/what-did-jon-gruden-say.html?smtyp=cur&smid=tw-nytimes 2021年10月11日閲覧。 
  63. ^ ファルコンズがQBマーカス・マリオタとの2年契約の条件に合意”. NFL Japan. 2022年3月22日閲覧。
  64. ^ NFLチーム研究所:Week 31 – オークランド・レイダース”. NFL JAPAN (2017年11月25日). 2020年9月30日閲覧。
  65. ^ 近藤祐司 (2008年10月10日). ““ブラックホール”に要注意! レイダースを愛する荒くれ集団”. NFL JAPAN. 2011年2月9日閲覧。


「ラスベガス・レイダース」の続きの解説一覧

ラスベガス・レイダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 08:18 UTC 版)

チャンドラー・ジョーンズ」の記事における「ラスベガス・レイダース」の解説

2022年3月16日にラスベガス・レイダースと3年契約結んだ

※この「ラスベガス・レイダース」の解説は、「チャンドラー・ジョーンズ」の解説の一部です。
「ラスベガス・レイダース」を含む「チャンドラー・ジョーンズ」の記事については、「チャンドラー・ジョーンズ」の概要を参照ください。


ラスベガス・レイダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 14:23 UTC 版)

マーカス・マリオタ」の記事における「ラスベガス・レイダース」の解説

2020年3月25日オークランドから本拠地移転したばかりのラスベガス・レイダースに2年1760ドル契約したレイダースではデレック・カー控えとなり、2年間で先発出場した試合はなかった。

※この「ラスベガス・レイダース」の解説は、「マーカス・マリオタ」の解説の一部です。
「ラスベガス・レイダース」を含む「マーカス・マリオタ」の記事については、「マーカス・マリオタ」の概要を参照ください。


ラスベガス・レイダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 14:37 UTC 版)

ダバンテ・アダムス」の記事における「ラスベガス・レイダース」の解説

2022年3月8日パッカーズはフランチャイズタグをアダムスに付けた。3月14日アダムスパッカーズ2022年シーズンのためのフランチャイズタグの下ではプレーしない伝え、これを拒否した同年3月17日アダムス2022年ドラフト1巡目および2巡目指名権との交換でラスベガス・レイダースにトレードされた。トレードとともにアダムス5年1億4125ドル契約サインしNFL史上最高年俸ワイドレシーバーとなった。このトレードによりアダムス20122013年カリフォルニア州立大学フレズノ校一緒にプレーしていたQBデレック・カーと再びチームメイトとなったカー自身アダムスレイダース入団予てから熱望していた。またアダムスカリフォルニア出身あり、かつてオークランド本拠地置いていたレイダースファンであった

※この「ラスベガス・レイダース」の解説は、「ダバンテ・アダムス」の解説の一部です。
「ラスベガス・レイダース」を含む「ダバンテ・アダムス」の記事については、「ダバンテ・アダムス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ラスベガス・レイダース」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ラスベガス・レイダースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ラスベガス・レイダースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラスベガス・レイダース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのチャンドラー・ジョーンズ (改訂履歴)、マーカス・マリオタ (改訂履歴)、ダバンテ・アダムス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS