サンフランシスコ・フォーティーナイナーズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > サンフランシスコ・フォーティーナイナーズの意味・解説 

サンフランシスコ・フォーティナイナーズ

(サンフランシスコ・フォーティーナイナーズ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/26 06:17 UTC 版)

サンフランシスコ・フォーティナイナーズ英語: San Francisco 49ers、略称: SF)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリアサンタクララに本拠地をおくNFLチーム。NFC西地区に所属している。


  1. ^ 後のナイナーズヘッドコーチ
  2. ^ NFLグレイトタッチダウン100 ポリドール ASIN B00005FNUS
  3. ^ .C. Owens' 'alley-oop' catches for 49ers were a hit right from the jump”. ロサンゼルス・タイムズ (2010年12月12日). 2011年9月25日閲覧。
  4. ^ a b 1957 Playoff Game”. プロフットボール殿堂. 2011年9月25日閲覧。
  5. ^ a b c d ビデオ 伝説の名勝負ベスト15 大逆転!NFL Number VIDEO ISBN 4-16-911614-3
  6. ^ 殿堂入りRBジョンソン氏、81歳で死去”. NFL JAPAN (2011年6月5日). 2011年9月25日閲覧。
  7. ^ 49ersの殿堂入りコンビ、脳を研究施設に献体”. NFL JAPAN (2011年6月10日). 2011年9月25日閲覧。
  8. ^ a b c NFL史上に残る大逆転劇トップ10 -前編-”. NFL JAPAN (2011年6月4日). 2011年8月2日閲覧。
  9. ^ a b 残り9秒で決勝TD、49ersがセインツ撃破”. NFL JAPAN (2012年1月15日). 2012年1月21日閲覧。
  10. ^ Daniel Brown (2013年12月26日). “49ers at Candlestick Park: The Catch II”. mercurynews.com. 2015年2月22日閲覧。
  11. ^ David Dietz (1998年10月7日). “DeBartolo Guilty of Felony / $1 million fine, 2 years of probation”. サンフランシスコ・クロニクル. 2015年2月22日閲覧。
  12. ^ Frank Ritsky (2000年3月16日). “Bobb McKittrick, 64, Coach of Standout Offensive Line for 49ers”. ニューヨーク・タイムズ. 2015年2月22日閲覧。
  13. ^ Erickson fired with three years left on deal”. ESPN (2005年1月6日). 2015年2月22日閲覧。
  14. ^ Leonard Shapiro (2005年4月24日). “Smith Is Taken 1st While Williams, Rodgers Fall”. ワシントン・ポスト. 2015年2月22日閲覧。
  15. ^ Joe Neel (2008年1月9日). “When Sudden Death Strikes Athletes”. NPR. 2012年1月21日閲覧。
  16. ^ David Fucillo (2008年9月3日). “49ers - Cardinals: Last five games”. ninersnation.com. 2015年2月22日閲覧。
  17. ^ O'Sullivan to start for 49ers in season opener”. ESPN (2008年8月23日). 2015年2月22日閲覧。
  18. ^ 49ers、シングレタリー氏が暫定HCに昇格”. NFL JAPAN (2008年10月22日). 2015年2月22日閲覧。
  19. ^ 49ers、来季へつながる劇的勝利 49ers、来季へつながる劇的勝利 NFL JAPAN 2008年12月29日
  20. ^ 49ers、OC解雇はシングレタリーHCの判断ミスか”. NFL JAPAN (2010年10月2日). 2015年2月22日閲覧。
  21. ^ 49ersの先発QB争い、ヒルが安定感とリーダーシップで制す”. NFL JAPAN (2009年8月25日). 2011年9月15日閲覧。
  22. ^ 49ers指揮官、未契約の新人WRはいまだ眼中になし?”. NFL JAPAN (2009年9月4日). 2011年9月15日閲覧。
  23. ^ 2010年シーズン、飛躍が楽しみなチーム”. NFL JAPAN (2010年2月16日). 2010年11月18日閲覧。
  24. ^ 【第17週】49ersが7年ぶり5割、ラムズは“初”のホーム全敗”. NFL JAPAN (2010年1月4日). 2012年1月21日閲覧。
  25. ^ 31年ぶり開幕5連敗の49ers、先発QB交代濃厚か”. NFL JAPAN (2010年10月11日). 2010年11月18日閲覧。
  26. ^ 49ers、OC解雇はシングレタリーHCの判断ミスか”. NFL JAPAN (2010年10月2日). 2010年11月18日閲覧。
  27. ^ 49ersのオーナー、シングレタリーHCを擁護”. NFL JAPAN (2010年10月27日). 2010年11月18日閲覧。
  28. ^ 49ers、シングレタリーHCを解任”. NFL JAPAN (2010年12月27日). 2010年12月29日閲覧。
  29. ^ 49ers球団社長、「HC交代は数週間前から考えていた」”. NFL JAPAN (2010年12月28日). 2010年12月29日閲覧。
  30. ^ 49ers、次期HCにスタンフォード大のハーボー氏を招聘”. NFL JAPAN (2011年1月8日). 2011年1月8日閲覧。
  31. ^ 49ers完封勝ち、NFC西地区優勝を決める”. NFL JAPAN (2011年12月5日). 2011年12月12日閲覧。
  32. ^ ジャイアンツがOT勝利、SBは2007年シーズン再戦に”. NFL JAPAN (2012年1月23日). 2013年1月13日閲覧。
  33. ^ フォーティーナイナーズ、ファルコンズ破りスーパーボウル進出”. AFP (2013年1月21日). 2015年2月22日閲覧。
  34. ^ 2INT献上のQBキャパニック、「試合を壊してしまった」”. NFL JAPAN (2014年1月20日). 2015年1月15日閲覧。
  35. ^ Malaika Bobino (2013年12月26日). “49ers Say Goodbye to Candlestick Park With a Wild Win Over the Falcons”. ハフィントン・ポスト. 2015年2月22日閲覧。
  36. ^ 49ersに暗雲、選手からHC解任を望む声”. NFL JAPAN (2014年9月30日). 2015年1月15日閲覧。
  37. ^ シーホークス堅守で勝利、49ersはプレイオフ消滅”. NFL JAPAN (2014年12月15日). 2015年1月15日閲覧。
  38. ^ 49ersのハーボー前HCがミシガン大の指揮官に、年俸10億円超か”. NFL JAPAN (2014年12月30日). 2015年1月15日閲覧。
  39. ^ 49ersの新HCは内部昇格、トムシュラDLコーチが就任”. NFL JAPAN (2015年1月15日). 2015年1月15日閲覧。
  40. ^ ブロンコスがTEデービス獲得、49ersとのトレード実現”. NFL JAPAN (2015年11月3日). 2016年1月15日閲覧。
  41. ^ Report: Vernon Davis calls out Kaepernick, Joe Staley defends QB”. CBSスポーツ (2015年10月29日). 2016年1月15日閲覧。
  42. ^ 49ersのOC、ギャバートはかつての先発QBスミスに似ている”. NFL JAPAN (2015年11月7日). 2016年1月15日閲覧。
  43. ^ 49ersのQBキャパニックが肩を手術へ、今季絶望に”. NFL JAPAN (2015年11月22日). 2016年1月15日閲覧。
  44. ^ ケリー前イーグルスHC、49ersの新指揮官に”. NFL JAPAN (2016年1月15日). 2016年1月15日閲覧。
  45. ^ ガロポロはまたもお預け、49ersは次戦もビーサードを先発QBに指名”. NFL JAPAN (2017年11月23日). 2017年12月24日閲覧。
  46. ^ 49ers、ついに登場したQBガロポロがいきなりタッチダウン”. NFL JAPAN (2017年11月27日). 2017年12月24日閲覧。
  47. ^ 49ers、ひとまずはQBガロポロにフランチャイズタグか”. NFL JAPAN (2017年12月14日). 2017年12月24日閲覧。
  48. ^ Some Bay Area teams face county ban on contact sports”. Las Vegas Review Journal. 2020年11月29日閲覧。
  49. ^ 49ers to play next two home games at Cardinals' State Farm Stadium”. NFL. 2020年12月1日閲覧。
  50. ^ San Francisco 49ers acquire No. 3 pick in 2021 NFL draft from Miami Dolphins, who then trade No. 12 to Philadelphia Eagles”. ESPN. 2021年3月30日閲覧。
  51. ^ 終了間際に試合をひっくり返した49ersがパッカーズに競り勝つ”. NFL JAPAN. 2022年1月23日閲覧。
  52. ^ QBガロポロと49ersが契約再構築の最終段階に、バックアップとしてチーム残留へ”. NFL JAPAN. 2022年11月26日閲覧。
  53. ^ 足首を負傷した49ersのQBランスがカートに乗せられてフィールド離脱”. NFL JAPAN. 2022年11月26日閲覧。
  54. ^ 49ersのQBランス、右足首骨折の手術が無事終了で来季完全復帰へ”. NFL JAPAN. 2022年11月26日閲覧。
  55. ^ パンサーズがRBクリスチャン・マカフリーを49ersへトレード”. NFL JAPAN. 2022年11月26日閲覧。
  56. ^ NFL記録は1993年NFLワイルドカードプレーオフ バッファロー・ビルズ対ヒューストン・オイラーズでの32点差からの逆転勝利
  57. ^ Brian Ditullio (2010年12月2日). “The Catch II”. bleacherreport.com. 2013年8月4日閲覧。
  58. ^ AAFC seasons in detail (1946–1949)”. profootballresearchers. 2020年1月15日閲覧。


「サンフランシスコ・フォーティナイナーズ」の続きの解説一覧

サンフランシスコ・フォーティーナイナーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 06:39 UTC 版)

トレイ・ランス」の記事における「サンフランシスコ・フォーティーナイナーズ」の解説

大学時代での活躍により、2021年のNFLドラフト彼は1巡目早い段階で指名予想されていた。ランス1巡目全体3位指名権を持つサンフランシスコ・フォーティーナイナーズにより指名されたが、ドラフト前指名予想では、フォーティーナイナーズは同じくクォーターバック評価高かったマック・ジョーンズ指名する予想されていたため、この指名驚きを持って受け止められた。ランスは、フォーティーナイナーズにとって2005年アレックス・スミス以来高順位でドラフト指名受けたクォーターバックとなり、同じノースダコタ州立大学のクォーターバックでは、2016年カーソン・ウェンツ次いで2番目に高いドラフト指名受けた2021年7月4年間のルーキー契約結んだ

※この「サンフランシスコ・フォーティーナイナーズ」の解説は、「トレイ・ランス」の解説の一部です。
「サンフランシスコ・フォーティーナイナーズ」を含む「トレイ・ランス」の記事については、「トレイ・ランス」の概要を参照ください。


サンフランシスコ・フォーティーナイナーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 05:56 UTC 版)

マルコム・スミス (アメリカンフットボール)」の記事における「サンフランシスコ・フォーティーナイナーズ」の解説

2017年3月9日サンフランシスコ・フォーティナイナーズ5年2650ドル契約結んだ。しかしトレーニングキャンプ胸筋痛めてシーズン棒に振った2019年8月27日チームからリリースされた。

※この「サンフランシスコ・フォーティーナイナーズ」の解説は、「マルコム・スミス (アメリカンフットボール)」の解説の一部です。
「サンフランシスコ・フォーティーナイナーズ」を含む「マルコム・スミス (アメリカンフットボール)」の記事については、「マルコム・スミス (アメリカンフットボール)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サンフランシスコ・フォーティーナイナーズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サンフランシスコ・フォーティーナイナーズ」の関連用語

サンフランシスコ・フォーティーナイナーズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サンフランシスコ・フォーティーナイナーズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサンフランシスコ・フォーティナイナーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトレイ・ランス (改訂履歴)、マルコム・スミス (アメリカンフットボール) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS