サラリーキャップとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > サラリーキャップの意味・解説 

サラリーキャップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 07:40 UTC 版)

サラリーキャップSalary cap)とは、各プロスポーツチームが、所属する選手に支払う年俸総額、あるいはチームの総予算を、毎年リーグ全体の収入に基づいて上限金額を調整し、規定する制度である。スポーツの分野、またはリーグの違いによって詳細は様々である。


  1. ^ What happens if an NFL team is over the salary cap?”. Sportskeeda. 2021年11月23日閲覧。
  2. ^ サラリーキャップ NFL JAPAN
  3. ^ Pawn Stars grantland.com
  4. ^ “NFL sets 2021 salary cap at $182.5 million” (英語). https://www.nfl.com/news/nfl-2021-salary-cap-182-5-million 
  5. ^ [1] the phinsider
  6. ^ a b メジャーリーグの法律とビジネスP174-177 ロジャー・I・エイブラム著
  7. ^ 2013-14 NBA SALARY CAP FIGURE SET AT $58.679 MILLION hangtime.blogs.nba.com
  8. ^ Bリーグ、選手の最低年俸や新人の年俸上限などを発表/バスケSANSPO.COM、2015年11月4日
  9. ^ How previous NHL lockouts unfolded usatoday.com
  10. ^ NHL lockout ends: Here are the (tentative) highlights of their new deal nationalpost.com
  11. ^ メジャーリーグの法律とビジネスP184-195 ロジャー・I・エイブラム著
  12. ^ 「イチローとヤンキースの特別な関係」 NHKスポーツオンライン
  13. ^ 2017-2021 Basic Agreement”. MLBPlayers.com (2016年12月1日). 2018年1月1日閲覧。
  14. ^ Baseball Competitive Balance "Luxury" Tax”. www.stevetheump.com. 2019年1月4日閲覧。
  15. ^ 欧州でサラリーキャップ制導入も? “クラブ間格差”是正へUEFA会長が提案”. フットボールチャンネル (2017年7月2日). 2018年4月6日閲覧。
  16. ^ サッカー=ビアホフ氏、サラリーキャップとドラフト制を支持”. ロイター (2015年9月3日). 2018年4月6日閲覧。
  17. ^ 中国サッカー協会が「バブル」に大ナタ サラリーキャップ制導入、チームから企業名排除”. AFPBB News (2020年12月24日). 2021年2月3日閲覧。
  18. ^ Indian Premier League2015年11月25日閲覧。
  19. ^ 予算制限違反に対するスポーティングペナルティに3チームが反対か。メルセデス代表明かす - motorsport.com 2021年5月2日
  20. ^ 報酬制限の導入に向け、新たなワーキンググループを設置へ。F1ドライバーも議論に参加 - オートスポーツ・2021年2月15日


「サラリーキャップ」の続きの解説一覧

サラリーキャップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 07:26 UTC 版)

1984-1985シーズンのNBA」の記事における「サラリーキャップ」の解説

NBAのサラリーキャップ導入1983年労使協定により決定された。当時リーグには、財政的に潤っているチーム優秀な選手集めることでさらに人気を高まりさらに豊かになる一方財政的に困窮しているチーム選手育ててもすぐに他チームに取られ、さらに人気下がってさらに困窮するという悪循環蔓延していた。また選手たちサラリー異常な高騰見せチーム財政圧迫しており、リーグ全体財政難傾きかけていた。リーグ健全化するために何らかのルールシステム設ける必要があり、それがサラリーキャップ制度だった。 これはアメリカ四大メジャースポーツの中で初めての試みだった。最初の労使協定定められた制限金額リーグ総収益53%で、制度スタートするこの年のサラリーキャップは360ドルだった。この制度リーグシステム面で大きな転換期となった

※この「サラリーキャップ」の解説は、「1984-1985シーズンのNBA」の解説の一部です。
「サラリーキャップ」を含む「1984-1985シーズンのNBA」の記事については、「1984-1985シーズンのNBA」の概要を参照ください。


サラリーキャップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 01:15 UTC 版)

スーパーリーグ (ラグビーリーグ)」の記事における「サラリーキャップ」の解説

サラリーキャップは1998年スーパーリーグ初め導入された。このルールではクラブ収入50%までを選手の賃金として使うことが許された。2002年シーズンから以後リーグ内のクラブ戦力の均衡を図るためサラリーキャップの額が180ポンド固定された。 スーパーリーグはリアルタイムサラリーキャップシステムの下で運営されており、クラブのサラリーキャップはシーズン開始時シーズン中ずっと計算される上位25選手の合計給与1825千ポンドを超えてはならないクラブはサラリーキャップに余裕がある時にのみ新たな選手との契約許されるクラブは、シーズン中少なくとも1試合トップチーム出場した給与上位25選手以外選手に対して最大5万ポンド支払い許されるトップチーム出場しない給与上位25選手以外選手に対する費用制限されない同一クラブ少なくとも10シーズン連続プレーしてきた選手は、11年目のシーズンから給与額半分がサラリーキャップから除外される。これが適用されるのは1つクラブ最大5万ポンドである。 クラブ選手給与を支払う余裕がある限りクラブのサラリーキャップを超過する1人の「マーキープレーヤー」と契約することができる。 2017年スーパーリーグクラブは翌3シーズンにわたってサラリーキャップを上昇させる提案承認した。サラリーキャップを2020年までに210ポンド(約2億9千万円)まで上ることになる。クラブ2人目のマーキープレーヤーと契約することも許される

※この「サラリーキャップ」の解説は、「スーパーリーグ (ラグビーリーグ)」の解説の一部です。
「サラリーキャップ」を含む「スーパーリーグ (ラグビーリーグ)」の記事については、「スーパーリーグ (ラグビーリーグ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サラリーキャップ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「サラリーキャップ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

サラリーキャップのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サラリーキャップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサラリーキャップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの1984-1985シーズンのNBA (改訂履歴)、スーパーリーグ (ラグビーリーグ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS