ニューイングランド・ペイトリオッツとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > スポーツ競技団体 > フットボール > NFLのチーム > ニューイングランド・ペイトリオッツの意味・解説 

ニューイングランド・ペイトリオッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/20 03:06 UTC 版)

ニューイングランド・ペイトリオッツ英語: New England Patriots、略称: NE)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州フォックスボロに本拠地をおくNFLチーム。AFC東地区に所属している。ホームスタジアムとチーム本部は、ボストンの35km南西部に位置するフォックスボロのジレット・スタジアムに位置している。


  1. ^ a b c d ペイトリオッツ、“最初の”本拠地決定!”. NFL JAPAN (2011年4月1日). 2011年4月10日閲覧。
  2. ^ Jim Nance statistics
  3. ^ NFL MVP player of the year
  4. ^ Special Teams”. ニューヨーク・タイムズ (2007年11月11日). 2010年7月30日閲覧。
  5. ^ ネーミングライツビールメーカーの名前「シェーファースタジアム」(1971年から1983年)、その後ペイトリオッツのオーナー一族の名前「サリバン・スタジアム」(1983年から1989年まで)と呼ばれた。
  6. ^ Past Heisman Trophy Winners National Champs.net.
  7. ^ Pro Football Draft History: 1971 Pro Football Hall of Fame.
  8. ^ NFL 1970 Team Rankings.
  9. ^ 彼は12年間ペイトリオッツのオフェンスラインを支えた。
  10. ^ All-time Leaders - Rushing Archived 2007年9月29日, at the Wayback Machine. Patriots.com.
  11. ^ プランケットは後にレイダースで2度のスーパーボウル制覇を果たす
  12. ^ Still painful after all these years; 1976 playoff loss gnaws at”. 2010年8月2日閲覧。
  13. ^ The amazing courage of Derek Stingley Archived 2007年4月10日, at the Wayback Machine. Pro Football Weekly.
  14. ^ 大雪の中行われたこの試合ではペイトリオッツのFG前に雪かきが行われFGが決まった。この試合以降試合中に雪かきは行えないようになった。
  15. ^ この年のドラフト1巡目で指名されたQB6人の中では4人目の指名を受けている。
  16. ^ Historical Moments:1990
  17. ^ Offensive Interference
  18. ^ 2000 New England Patriots Statistics & Players”. 2010年5月20日閲覧。
  19. ^ ペイトリオッツQBブレイディ、左足を負傷”. NFL JAPAN (2002年1月28日). 2010年5月20日閲覧。
  20. ^ ペイトリオッツQBブレイディが先発”. NFL JAPAN (2002年1月31日). 2010年5月20日閲覧。
  21. ^ NFL Videos: Top Ten Biggest Upsets: Super Bowl XXXVI”. NFL.com. 2010年8月8日閲覧。
  22. ^ 2005年にピッツバーグ・スティーラーズベン・ロスリスバーガー第40回スーパーボウルで勝利し、記録を塗り替える。
  23. ^ Patriots say they don't 'Hate' Belichick”. ESPN.com (2003年9月15日). 2009年6月15日閲覧。
  24. ^ ロドニー・ハリソン・ルールとも言われている。1978年から反則とされている「不正な手の使用」(illegal use of hands)をさらに厳しく取るようにしたもの。もともとタイ・ローはバンプなどを駆使したフィジカルなプレーが得意なCBであったが、この試合で彼を筆頭にペイトリオッツDB陣が見せたレシーバーに対する執拗なジャミングは反則を取られるようになった。以後ディフェンスのパス・インターフェアランス、ホールディング、イリーガル・コンタクトなどは総じて従来より厳しく取られるようになり、レシーバーとディフェンダーとの接触プレーは全体的にレシーバー有利に反則が取られるようになった。
  25. ^ Defensive backs get hands-on lesson on new rule”. 2010年5月27日閲覧。
  26. ^ NFL will crack down on pass interference - The Boston Globe
  27. ^ Teams of the decade”. NFL (2010年2月5日). 2010年5月20日閲覧。
  28. ^ Patriots vs Colts 2005NFL Week9”. 2010年5月27日閲覧。
  29. ^ Patriots vs. Bears: Game notes”. Patriots.com (2006年11月26日). 2007年9月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年6月19日閲覧。
  30. ^ 後藤完夫 (2007年5月号). “ベルチックの宣戦布告 モスとメリウエザーは矯正出来る”. タッチダウン. 2010年5月19日閲覧。
  31. ^ “Brown adds to Patriots legend”. The Boston Globe. (2007年1月15日). http://www.boston.com/sports/football/patriots/articles/2007/01/15/brown_adds_to_his_legend/ 2007年1月15日閲覧。 
  32. ^ Reiss, Mike (2007年4月29日). “Trade confirmed”. Boston.com Reiss' Pieces. 2007年6月15日閲覧。
  33. ^ Reiss, Mike (2007年4月29日). “Moss contract”. Boston.com Reiss' Pieces. 2007年6月15日閲覧。
  34. ^ Steelers defensive back Smith guarantees win vs. perfect Pats”. ESPN.com (2007年12月6日). 2009年9月20日閲覧。
  35. ^ QBブレイディ、左ひざ負傷で今季絶望”. NFL JAPAN (2008年9月8日). 2010年5月20日閲覧。
  36. ^ オーナー会議、ルール改正のポイントは危険なプレイへの罰則強化”. NFL JAPAN (2009年3月19日). 2010年5月20日閲覧。
  37. ^ 2009年シーズンにコルツがレギュラーシーズン23連勝を果たし記録を塗り替える。なおプレーオフを含んでの連勝記録はペイトリオッツが2003年から2004年シーズンにかけて達成した21連勝。
  38. ^ ベリチックHC、23年ぶり不運も「チームを誇り思う」”. NFL JAPAN (2008年12月29日). 2010年5月20日閲覧。
  39. ^ ベリチックHC、大敗に「事態を収拾しないといけない」”. NFL JAPAN. 2010年9月2日閲覧。
  40. ^ QBブレイディ、昨季の敗因は「自信と信頼感の欠如」”. NFL JAPAN (2010年5月13日). 2010年5月20日閲覧。
  41. ^ ブレイディ、「今日のプレイではどのチームも倒せない」”. NFL JAPAN (2010年1月11日). 2010年5月20日閲覧。
  42. ^ Brady cites lack of trust, confidence as reasons for early '09 exit”. AP通信. 2010年5月20日閲覧。
  43. ^ 元MVPのQBニュートンがペイトリオッツと1年契約”. NFL JAPAN (2020年6月29日). 2020年6月29日閲覧。
  44. ^ New England Patriots release QB Cam Newton”. NFL.com. 2021年9月1日閲覧。
  45. ^ Gosselin, Rick (2009年4月27日). “Non-combine players make their mark in draft”. The Dallas Morning News. 2009年7月27日閲覧。
  46. ^ Farley, Glen (2009年8月9日). “Patriots Notebook: Edelman isn't coming up short”. The Patriot Ledger. 2009年8月15日閲覧。
  47. ^ “Vince Wilfork Draft Profile”, NFLDraftScout.com, http://www.nfldraftscout.com/ratings/dsprofile.php?pyid=27301&draftyear=2004&genpos=DT 2010年1月1日閲覧。 
  48. ^ Total package is biggest in NFL history”. 2010年8月5日閲覧。
  49. ^ Top Ten QB Controversies: Brady vs. Bledsoe”. 2010年8月5日閲覧。
  50. ^ Bledsoe retires, ends 14-year career”. 2010年8月5日閲覧。
  51. ^ Brock Lesnar And The NFL's Stephen Neal Reflect On Wrestling Match”. fightline.com (2008年12月23日). 2010年8月3日閲覧。
  52. ^ Troy Brown lines up at quarterback”. patriots.com (2006年8月31日). 2010年8月2日閲覧。
  53. ^ Former New England Patriot David Givens pours his positive energy into new business venture”. ESPN Boston. 2010年8月5日閲覧。
  54. ^ Former Patriots star David Givens turns to art after career ending injury”. 2010年8月5日閲覧。
  55. ^ “Former NFL star Corey Dillon arrested on suspicion of assaulting wife in Calabasas”, Los Angeles Times, (May 3, 2010), http://latimesblogs.latimes.com/sports_blog/2010/05/former-nfl-star-corey-dillon-arrested-on-suspicion-of-assaulting-wife.html 
  56. ^ League announces 2000s NFL All-Decade Team”. 2010年8月3日閲覧。NFL.com
  57. ^ Top-Ten-Most-Versatile-Mike-Vrabel”. 2010年5月27日閲覧。
  58. ^ 'I don't want anyone to end up like me' - The Boston Globe”. 2010年8月4日閲覧。
  59. ^ Ex-Pats LB: 'I don't want to place blame anywhere'”. 2010年8月4日閲覧。
  60. ^ Former Patriots Linebacker Ted Johnson Joins NESN”. 2010年8月4日閲覧。
  61. ^ Miami safety Cooper shot, teammate returns fire”. Associated Press. ESPN.com (2006年7月21日). 2007年7月18日閲覧。
  62. ^ Garafolo, Mike (2007年4月17日). “Interview with Meriweather”. The Star Ledger. 2007年7月18日閲覧。
  63. ^ USC Legends William McGinest”. USC Trojans. 2010年8月3日閲覧。
  64. ^ サイドライン撮影の件でペイトリオッツに罰金と3巡目指名権差し止め”. NFL JAPAN (2020年6月29日). 2020年6月29日閲覧。


「ニューイングランド・ペイトリオッツ」の続きの解説一覧

ニューイングランド・ペイトリオッツ(第1期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 09:29 UTC 版)

ブライアン・ホイヤー」の記事における「ニューイングランド・ペイトリオッツ(第1期)」の解説

2009年ドラフトコンバイン招待されスカウト評価高めたが、NFLドラフト指名されることはなく、ドラフト直後4月30日ドラフト外フリーエージェントでニューイングランド・ペイトリオッツと契約結んだプレシーズンシンシナティ・ベンガルズ戦でプロデビューパス19回中11成功112ヤード獲得したニューヨーク・ジャイアンツとのプレシーズン最終戦では第1Q一時0-21リードされたが、パス25回中18成功242ヤード、1TDをあげて、38-27と逆転勝利した。プレシーズン合計で、パス44回中29成功354ヤード、1TD、QBレイティング98.1の成績残したトレーニングキャンプでは、マット・グティエレス、ケビン・オコネル、アンドリュー・ウォルターと4人でトム・ブレイディ控えQBの座を争ったが、彼以外の3人カットされホイヤーだけが開幕ロースター残った10月18日テネシー・タイタンズ戦の後半初出場最初のドライブパス5回全て成功35ヤード獲得最後は1ヤードTDラン締めくくった。この試合チームチーム記録となる59-0勝利した最終週ヒューストン・テキサンズ戦では自陣1ヤードからの厳しい状況ブレイディ交代出場した2010年プレシーズン唯一の控えQBとして迎えた彼はパス57回中32成功471ヤード3TD、1INTの成績残したレギュラーシーズンでは14-34で敗れたクリーブランド・ブラウンズ戦の終盤出場しプロ初のインターセプト喫した第17週マイアミ・ドルフィンズ戦で、チーム31-0リードしてから登場しプロ初のTDパスとなるブランドン・テイトへの42ヤードパス決めた2011年ペイトリオッツドラフトでライアン・マレットを獲得したが、第2QBの座を維持しプレシーズンではパス42回中25成功、1TDをあげた。レギュラーシーズンでは最終週1回しかパス投げなかったが、これはロブ・グロンカウスキーへの22ヤードTDパスとなり、グロンカウスキーはタイトエンドのシーズンレシーブヤードNFL記録更新した2012年プレシーズン第2週フィラデルフィア・イーグルス戦では、控えQBの座を争うライアン・マレットがパス試投1回あたり5.5ヤード獲得したに対してパス17回中わずか5回成功55ヤード獲得と、1回あたり3.2ヤードしか獲得できなかった。8月31日、ニューイングランド・ペイトリオッツを解雇された。

※この「ニューイングランド・ペイトリオッツ(第1期)」の解説は、「ブライアン・ホイヤー」の解説の一部です。
「ニューイングランド・ペイトリオッツ(第1期)」を含む「ブライアン・ホイヤー」の記事については、「ブライアン・ホイヤー」の概要を参照ください。


ニューイングランド・ペイトリオッツ(第2期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 09:29 UTC 版)

ブライアン・ホイヤー」の記事における「ニューイングランド・ペイトリオッツ(第2期)」の解説

2017年11月1日古巣ニューイングランド・ペイトリオッツと3年契約結んだこれによりホイヤーは、ペイトリオッツ10月30日トレードによりフォーティナイナーズ放出したQBジミー・ガロポロに代わる控えQBとなった先発QBトム・ブレイディ)。出場機会こそ少なかったものの、第53回スーパーボウルロースターに残るなどチーム陰で支えた2019年9月1日その年ドラフト指名され新人ジャレット・スティッドハムとの控えQB争い敗れてチームから解雇された。

※この「ニューイングランド・ペイトリオッツ(第2期)」の解説は、「ブライアン・ホイヤー」の解説の一部です。
「ニューイングランド・ペイトリオッツ(第2期)」を含む「ブライアン・ホイヤー」の記事については、「ブライアン・ホイヤー」の概要を参照ください。


ニューイングランド・ペイトリオッツ(第3期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 09:29 UTC 版)

ブライアン・ホイヤー」の記事における「ニューイングランド・ペイトリオッツ(第3期)」の解説

2020年3月25日ペイトリオッツ契約した第4週カンザスシティ・チーフス戦にて、正QBキャム・ニュートン新型コロナウイルス感染症検査陽性反応出たことからペイトリオッツでは初めての先発出場果たした試合は、26-10で敗れた

※この「ニューイングランド・ペイトリオッツ(第3期)」の解説は、「ブライアン・ホイヤー」の解説の一部です。
「ニューイングランド・ペイトリオッツ(第3期)」を含む「ブライアン・ホイヤー」の記事については、「ブライアン・ホイヤー」の概要を参照ください。


ニューイングランド・ペイトリオッツ(第2次)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 07:37 UTC 版)

ジェイミー・コリンズ (アメリカンフットボール)」の記事における「ニューイングランド・ペイトリオッツ(第2次)」の解説

2019年5月15日ペイトリオッツ契約し古巣復帰となった

※この「ニューイングランド・ペイトリオッツ(第2次)」の解説は、「ジェイミー・コリンズ (アメリカンフットボール)」の解説の一部です。
「ニューイングランド・ペイトリオッツ(第2次)」を含む「ジェイミー・コリンズ (アメリカンフットボール)」の記事については、「ジェイミー・コリンズ (アメリカンフットボール)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ニューイングランド・ペイトリオッツ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ニューイングランド・ペイトリオッツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニューイングランド・ペイトリオッツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニューイングランド・ペイトリオッツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブライアン・ホイヤー (改訂履歴)、ジェイミー・コリンズ (アメリカンフットボール) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS