第44回スーパーボウルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第44回スーパーボウルの意味・解説 

第44回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 09:54 UTC 版)

第44回スーパーボウル(Super Bowl XLIV)は2010年2月7日にフロリダ州マイアミガーデンズサンライフ・スタジアムで開催されたアメリカンフットボール(NFL)の試合。プレーオフを勝ち上がったニューオーリンズ・セインツインディアナポリス・コルツとの対戦となった。セインツは1967年のチーム結成以来初出場、コルツは1953年にボルチモア・コルツとしてチーム結成以来4回目の出場。マイアミで行われるスーパーボウルでコルツは1969年の第3回は敗れたが1971年の第5回、2007年の第41回は優勝している。 3年ぶりのスーパーボウル制覇を目指したコルツは最終第4Qで逆転され、創設43シーズン目で初出場したセインツが31-17で初優勝を果たした。MVPにはセインツのQBドリュー・ブリーズが選ばれた[5]


  1. ^ Colts open as 4-point faves over Saints in Super Bowl
  2. ^ Underwood, Latifah sing at Super Bowl
  3. ^ CBS Sports Coverage of Super Bowl XLIV Is Most-Watched Program In Television History”. TVbytheNumbers.com (2010年2月8日). 2010年2月8日閲覧。
  4. ^ Super Bowl XLIV most watched Super Bowl of all time/ Nielsen Blogs
  5. ^ QBブリーズ、セインツを初優勝に導きMVP選出”. NFL JAPAN (2010年2月8日). 2012年6月25日閲覧。
  6. ^ NFL owners work on testy NFLPA contract extension ESPN 2005年8月11日
  7. ^ 敗戦を糧に、来季の王座奪還を誓うコルツ”. NFL JAPAN (2012年2月9日). 2012年6月25日閲覧。
  8. ^ 生沢浩 (2010年1月28日). “コルツとセインツ、プレイオフで勢いを盛り返した要因は?”. NFL JAPAN. 2010年1月30日閲覧。
  9. ^ マニング、スーパーボウル最長タイの96ヤードドライブ演出!”. NFL JAPAN (2010年2月8日). 2012年6月25日閲覧。
  10. ^ オンサイドキック成功のPモーステッド、「蹴る前はおびえていた」”. NFL JAPAN (2010年2月9日). 2012年6月25日閲覧。
  11. ^ TEショッキー、決勝TDで2年前の雪辱”. NFL JAPAN (2012年2月9日). 2012年6月25日閲覧。
  12. ^ ポーター、値千金のINTに「“予習”の成果が出た」”. NFL JAPAN (2010年2月8日). 2012年6月25日閲覧。
  13. ^ セインツ、悲願のスーパーボウル初優勝!”. NFL JAPAN (2010年2月8日). 2012年6月25日閲覧。
  14. ^ Aaron Tallent (2020年2月4日). “50 Greatest Super Bowl Performances of All Time”. ATHLON SPORTS. 2020年6月24日閲覧。
  15. ^ GoDaddy Goes Back to the Super Bowl ニューヨーク・タイムズ 2009年10月24日
  16. ^ ペプシ、スーパーボウルでの広告中止と 1987年以降で初 CNN 2009年12月18日
  17. ^ Sports Illustrated





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

第44回スーパーボウルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第44回スーパーボウルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第44回スーパーボウル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS