サンディエゴ・チャージャーズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > スポーツ競技団体 > フットボール > NFLのチーム > サンディエゴ・チャージャーズの意味・解説 

ロサンゼルス・チャージャーズ

(サンディエゴ・チャージャーズ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 23:08 UTC 版)

ロサンゼルス・チャージャーズ英語: Los Angeles Chargers、略称: LAC)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郊外イングルウッドに本拠地をおくNFLチーム。AFC西地区に所属している。本拠地スタジアムはSoFiスタジアムで、同じNFLのロサンゼルス・ラムズと共同で使用している。チーム本部と練習場は同じくロサンゼルス郊外のコスタメサに位置している。


  1. ^ ロサンゼルス・チャージャーズ”. NFL JAPAN. 2021年11月16日閲覧。
  2. ^ フランチャイズ史 NFL JAPAN 2004年8月24日
  3. ^ LANCE ALWORTH Pro Football Hall of Fame. Accessed 2009年7月10日
  4. ^ NFL History by Decade 1961-1970 NFL.COM
  5. ^ SBに出場していない偉大な選手トップ8”. NFL JAPAN (2012年1月31日). 2012年2月6日閲覧。
  6. ^ a b Say It Ain't So:San Diego Chargers”. スポーツ・イラストレイテッド (2001年2月28日). 2010年5月10日閲覧。
  7. ^ Winslow helped off field after Chargers' OT win”. ESPN. 2010年5月10日閲覧。
  8. ^ リーグ史上に残るオーバータイム名勝負トップ5”. NFL JAPAN (2011年7月19日). 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  9. ^ Brian Ditullio (2010年12月2日). “The Epic In Miami”. bleacherreport.com. 2013年8月4日閲覧。
  10. ^ Freezer Ball”. referee.com. 2012年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月10日閲覧。
  11. ^ MNF History: 1982”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  12. ^ MNF History: 1983”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  13. ^ Chargers are passing on a run for success” (1997年7月28日). 2012年7月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月10日閲覧。
  14. ^ 「ドラフト期待はずれ」の代名詞 ライアン・リーフ”. NFL JAPAN (2009年5月6日). 2010年5月10日閲覧。
  15. ^ サンディエゴ・チャージャーズニュース NFL JAPAN 2004年4月23日
  16. ^ 生沢浩 (2008年9月25日). “まだまだこれから、開幕3連敗から巻き返せ!”. NFL JAPAN. 2010年5月10日閲覧。
  17. ^ チャージャース、今季終了後にターナーHC解任か”. NFL JAPAN (2011年12月4日). 2011年12月4日閲覧。
  18. ^ 勝率5割で奇跡の逆転優勝! LT「プレイオフのような試合だった」”. NFL JAPAN (2008年12月29日). 2010年5月10日閲覧。
  19. ^ チャージャース、OTの熱戦制して2年連続コルツ撃破”. NFL JAPAN (2009年1月4日). 2010年5月10日閲覧。
  20. ^ チャージャース残留のトムリンソン、「心はいつもここにある」”. NFL JAPAN (2009年3月12日). 2010年5月10日閲覧。
  21. ^ チャージャース、エースRBトムリンソンを解雇”. NFL JAPAN (2010年2月23日). 2010年5月10日閲覧。
  22. ^ ブロンコス、24点差をひっくり返す大逆転勝利”. NFL JAPAN (2012年10月16日). 2013年1月2日閲覧。
  23. ^ レイブンズの窮地を救ったRBライス、「強い意志が通じた」”. NFL JAPAN (2012年11月26日). 2013年1月2日閲覧。
  24. ^ チャージャース、ターナーHCとスミスGMを解任”. NFL JAPAN (2013年1月1日). 2013年1月2日閲覧。
  25. ^ チャージャース、新HCにブロンコスOCを招へい”. NFL JAPAN (2013年1月16日). 2013年1月18日閲覧。
  26. ^ NFLラムズが来季ロスへ移転 オーナー投票で承認”. 朝日新聞社 (2016年1月13日). 2016年1月18日閲覧。
  27. ^ Message to Chargers: We don't want you in Los Angeles”. Los Angeles Times. 2017年1月17日閲覧。
  28. ^ Chargers games are actually loud! There's just one problem”. ESPN (2017年9月17日). 2017年9月25日閲覧。
  29. ^ Chargers moving back to San Diego? Not much of a chance”. Los Angeles TImes (2017年9月22日). 2017年9月25日閲覧。


「ロサンゼルス・チャージャーズ」の続きの解説一覧

サンディエゴ・チャージャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 08:25 UTC 版)

ショーン・メリマン」の記事における「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説

2005年のNFLドラフトアーリーエントリーし、1巡目全体12位でサンディエゴ・チャージャーズに指名され入団した。この指名権前年ドラフトチャージャーズ全体1位指名したイーライ・マニングニューヨーク・ジャイアンツ全体4位指名したフィリップ・リバースなどとのトレードチャージャーズ与えられたものである詳細は「en:Manning-Rivers tradeを参照 長期ホールドアウトの末、同年8月1日彼はチャージャーズ5年、1150ドル契約結んだ2005年シーズン開幕前のトレーニングキャンプ10日不参加だった彼は第7週で控え選手となったが、続く先発した4試合で6サック相手QB浴びせた大学時代と同じ3-4ディフェンス採用しているチャージャーズでアウトサイドラインバッカーとして起用され彼はプロボウルにも選出された。第15週行われたインディアナポリス・コルツ戦で彼はペイトン・マニングに2サック及び4thアンドゴールとなったプレイでロスタックルを行いチームシーズン全勝中だったコルツに土をつけた 。 2006年1月4日彼はシアトル・シーホークスのローファ・タトゥプ、シンシナティ・ベンガルズのオデル・サーマン、ダラス・カウボーイズのデマーカス・ウェアを破り最優秀新人守備選手選ばれた2月12日ハワイホノルル行われたプロボウルでも3タックル、1ファンブルフォース記録残した2006年10月彼はステロイド剤服用したことにより4試合出場停止処分受けた出場停止明けの2試合彼は3サック、1インターセプト記録、このシーズン12試合出場ながら17サック、4ファンブルフォースをあげた。この年最優秀守備選手を選ぶ投票彼はジェイソン・テイラー、チャンプ・ベイリー次いで3位となったこの年メリーマン17サックをあげた際、毎回パフォーマンスダンスを見せたが、プレーオフ対戦したニューイングランド・ペイトリオッツ選手試合勝利した後、このパフォーマンスダンスを行った。この行為に対してメリマンチームメートラダニアン・トムリンソン怒り露わにした。 ステロイド剤に対して陽性反応出た 彼がこのシーズンプロボウル選出されことには物議を醸しその後シーズン中薬物陽性反応があった選手プロボウル選出されたり、各賞受賞対象としないことが決定された。 2007年彼はQBサックをした後のパフォーマンスダンスをしないことを宣言したが、第4週カンザスシティ・チーフスのデイモン・ヒュアードをサックした際にダンスパフォーマンス行った。そして1勝3敗と出遅れチームメートファン活気を取り戻すためにパフォーマンスを続けると宣言したシーズン終了までに12.5サック68タックル54ソロタックル、14アシストタックル)をあげた。チームAFCチャンピオンシップゲームペイトリオッツ敗れた彼はAP通信が選ぶオールプロセカンドチーム選ばれた。また3年連続プロボウルへの出場果たした2008年トレーニングキャンプ彼はひざの故障のため数週間休んだ怪我数週間回復する見られていたが靱帯損傷していた彼は9月1試合出場したところで手術決意故障者リスト入りして残りシーズン棒に振った2009年14試合で4サック終わったチャージャーズ長期契約を結ぶ意思示さないことからチームへのトレード要求した2010年制限付きフリーエージェントとなったが、長期契約を結ぶ意思のないチームに不満を持ちホールドアウト続けた8月13日チーム契約を結びキャンプ参加したオークランド・レイダース戦で負傷した彼は開幕から5週間限定的な出場とどまり10月13日故障者リスト入りした。11月2日チャージャーズからウェーバーされバッファロー・ビルズ入り果たした

※この「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説は、「ショーン・メリマン」の解説の一部です。
「サンディエゴ・チャージャーズ」を含む「ショーン・メリマン」の記事については、「ショーン・メリマン」の概要を参照ください。


サンディエゴ・チャージャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 14:30 UTC 版)

パトリック・ロビンソン (コーナーバック)」の記事における「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説

2015年3月19日にサンディエゴ・チャージャーズと1年契約結んだシーズン開幕戦のデトロイト・ライオンズ戦で移籍後初出場し、3タックル挙げた他、マシュー・スタッフォード相手インターセプト奪取するなどの活躍チーム勝利貢献した。このシーズン全試合出場し49タックル・8パスディフェンスを記録した

※この「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説は、「パトリック・ロビンソン (コーナーバック)」の解説の一部です。
「サンディエゴ・チャージャーズ」を含む「パトリック・ロビンソン (コーナーバック)」の記事については、「パトリック・ロビンソン (コーナーバック)」の概要を参照ください。


サンディエゴ・チャージャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 20:53 UTC 版)

ジョニー・ユナイタス」の記事における「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説

1973年トレードにより、サンディエゴ・チャージャーズに移籍した。ジョン・ヘイドルから先発QBの座を奪ったが、移籍前から悩まされていた腕の怪我により、思うようなプレーをできず、インターセプト多発し1勝3敗のシーズン序盤新人ダン・ファウツ先発QBの座を奪われた。このシーズン終了後引退を表明した。

※この「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説は、「ジョニー・ユナイタス」の解説の一部です。
「サンディエゴ・チャージャーズ」を含む「ジョニー・ユナイタス」の記事については、「ジョニー・ユナイタス」の概要を参照ください。


サンディエゴ・チャージャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 09:43 UTC 版)

第29回スーパーボウル」の記事における「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説

チャージャーズスーパーボウル出場はおろかプレーオフ進出すら期待されていなかった。チーム1980年代負け越しシーズン続き1990年GMにワシントン・レッドスキンズからボビー・ベサードを迎えたベサードチーム再建着手し大型のオフェンスラインマンによるパワーランニングゲームと優れたディフェンス構築目指した1992年には元ジョージア工科大学ヘッドコーチボビー・ロスヘッドコーチ招聘チーム11勝5敗でAFC西地区優勝果たしプレーオフ出場した。しかし翌1993年は8勝8敗でプレーオフ逃した1994年チーム新し選手22人、うち先発10加入しており、シーズン開幕前あまり期待されなかった。ところがチーム開幕から6連勝し11勝5敗でAFC西地区制覇した最終週エースQBのスタン・ハンフリーズに代わりゲイル・ギルバートが先発ジョン・カーニー決勝FGピッツバーグ・スティーラーズを37-34で破りAFC第2シード得てプレーオフ1回戦シードされた。 ワシントン・レッドスキンズ第26回スーパーボウル制覇したとき、マーク・リッピンの控えだったハンフリーズは、パス453回中264成功、3,209ヤード、17TD、12INTの成績をあげた。WRマーク・シーイがチームトップの58回のキャッチ645ヤード、6TD、トニー・マーティン50回のキャッチで885ヤード、7TD、ショーン・ジェファーソンが43回のキャッチ627ヤード3TDTEのアルフレッド・ププヌが21回のキャッチ214ヤード、2TDをあげた。 RBネイトロン・ミーンズは1,350ヤード走り、12TD、レシーブでも39回のキャッチ235ヤード獲得しプロボウル選ばれた第3ダウンRBロニー・ハーモン58回のキャッチ615ヤード獲得、1TDをあげた。スペシャルチームのアンドレ・コールマンは49回のキックオフで1,293ヤードリターンし(平均26.4ヤード)2TDをあげた。 ディフェンスライン強力で、プロボウルラインマンのレスリー・オニール12サック、4ファンブルフォース、クリス・ミムズが11サック、ショーン・リーが6,5サック、1ファンブルリカバーをマークしたLB4年連続プロボウル選ばれているジュニア・セアウ率いられた。セアウは123タックル、5.5サック、3ファンブルリカバーをあげた。ディフェンスバックのスタンリー・リチャードは4インターセプト、2TD、ダリエン・ゴードンが4インターセプト他にパントリターンでも2TDをあげた。ロドニー・ハリソンこの時新人であった

※この「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説は、「第29回スーパーボウル」の解説の一部です。
「サンディエゴ・チャージャーズ」を含む「第29回スーパーボウル」の記事については、「第29回スーパーボウル」の概要を参照ください。


サンディエゴ・チャージャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 06:08 UTC 版)

ドリュー・ブリーズ」の記事における「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説

大学時代活躍から彼は2001年のNFLドラフト1巡中盤から後半にかけて指名される予想されていたがプロQBなるには背が低い(183cm)ことや強肩ではないことなどから2巡目でサンディエゴ・チャージャーズに指名された。 チャージャーズこの年全体1位指名を持っていたがこれをアトランタ・ファルコンズトレード(この指名権ファルコンズマイケル・ヴィック指名した。)し、1巡全体5位、3巡、2002年ドラフト2巡指名権(このトレード得た指名権ラダニアン・トムリンソンなどが指名された。)を得た2001年11月4日カンザスシティ・チーフス戦でNFLデビュー果たした2002年トレーニングキャンプダグ・フルーティ先発QBの座を争ったつかんだが、2003年には再びフルーティ先発QBの座を奪われた。 2004年ドラフトチャージャーズ全体1位イーライ・マニング指名した入団拒否されたため、ニューヨーク・ジャイアンツ指名されノースカロライナ大学QBフィリップ・リバースなどとトレード行ったこの時チャージャーズ得た指名権チャージャーズはネイト・ケディング、ショーン・メリマン獲得した。)。このトレードブリーズ先発QBの座を保持することは困難と予想されたが、リバーストレーニングキャンプホールドアウトしたため先発QBの座を確保した結果的にブリーズAP通信カムバック賞に輝く活躍を見せてプロボウル選出された。シーズン終了後フリーエージェントになった彼はチームリバース大型契約結んでいたこともあり残留しないのではと見られていたが、チャージャーズは彼をフランチャイズ・プレイヤー指名し1年800万ドル契約結んだ彼はチャージャーズからの退団望んだが、他チームが彼を獲得するにはドラフト1巡指名権2つトレードする必要がありトレード実現しなかった。2005年シーズン彼は自己ベストの3,576ヤード投げQBレイティングはNFL10位となる89.2でシーズン終えたこの年デンバー・ブロンコスとの最終節セイフティジョン・リンチヒットを受けてファンブルした際にボールリカバーようとして、ジェラルド・ウォレンにヒットされて肩を負傷した2006年1月5日彼は関節内視鏡手術受けた彼はプロボウル2年連続選出されており、カーソン・パーマーの代役として先発QB務め予定であったがジェイク・プラマーにその座を譲った

※この「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説は、「ドリュー・ブリーズ」の解説の一部です。
「サンディエゴ・チャージャーズ」を含む「ドリュー・ブリーズ」の記事については、「ドリュー・ブリーズ」の概要を参照ください。


サンディエゴ・チャージャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 17:43 UTC 版)

アントニオ・クロマティ」の記事における「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説

2006年のNFLドラフト1巡19位でサンディエゴ・チャージャーズに指名され5年1350ドル735ドル保障)で契約し入団したこの年オークランド・レイダース戦では91ヤードのキックオフリターンタッチダウンをあげた。 2年目2007年10月28日ヒューストン・テキサンズ戦では2インターセプト1タッチダウン他にファンブルリカバータッチダウンをあげてAFC守備部門週間MVP選ばれた翌週11月4日ミネソタ・バイキングス戦では、ライアン・ロングウェル狙った58ヤードFG失敗した後、エンドゾーン内でこれを拾い109ヤードのリターンタッチダウンをあげた。これはNFL史上最長のプレーとなっている。翌週インディアナポリス・コルツ戦よりクエンティン・ジャマーが故障者リスト入りしたため先発出場ペイトン・マニングから3インターセプトをあげて週間MVP選ばれた最後のインターセプトレジー・ウェインへのパス片手インターセプトしたものだった。12月16日シーズン10個目インターセプトをあげて1961年にチャーリー・マクニールが作ったチーム記録塗り替えたこの年NFLトップ10インターセプトをあげて、プロボウル選出された。プロボウルでも2インターセプトをあげている。 2008年開幕前にNFL記録である14インターセプト塗り替える発言したが、2インターセプト終わった第3週ニューヨーク・ジェッツとのマンデーナイトフットボールでは自己ベストの9タックルと共にブレット・ファーヴから2インターセプトをあげてAFCディフェンス部門週間MVP選ばれた1月13日のディビジョナルプレーオフでもペイトン・マニングからインターセプト奪いチームも28-24で勝利したシーズン終了後彼は開幕戦カロライナ・パンサーズ戦で臀部怪我負ったままプレーし続けていたと述べている。 2009年、3インターセプト33タックル10パスブロックの成績終えた2008年2009年の2シーズンで5インターセプト終わった彼はトレード要員となった。ただしNFL.comのビッグ・カルーチによれば、これはチャージャーズパスラッシュ弱体よるもの分析されている。2010年3月翌年ドラフト2巡または3巡指名権引き換えにニューヨーク・ジェッツ移籍した

※この「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説は、「アントニオ・クロマティ」の解説の一部です。
「サンディエゴ・チャージャーズ」を含む「アントニオ・クロマティ」の記事については、「アントニオ・クロマティ」の概要を参照ください。


サンディエゴ・チャージャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 23:19 UTC 版)

ラダニアン・トムリンソン」の記事における「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説

2001年のNFLドラフト1巡目全体5位でサンディエゴ・チャージャーズに指名され入団した彼は入団後すぐに先発RBとして起用され2004年最終戦のみ怪我心配されて温存されて欠場しただけで全試合先発出場果たしている。入団してから7シーズンラッシング1200ヤード以上、パスレシーブ50以上の成績残している。またパス成功8回、そのうち7回はタッチダウンパスを投げている。 2003年NFL史上初ラッシング1000ヤード以上、100以上のパスレシーブを達成した選手となったプロ入り60試合目でキャリア50回目タッチダウンをあげておりプロボウルには2002年2004年、2005年2006年、2007年選ばれている。レニー・ムーアの持つ18試合連続タッチダウンタイ記録作った2005年10月16日オークランド・レイダース戦では同じ試合ランレシーブパスのいずれでもタッチダウンをあげたNFL史上7人目の選手となった。このシーズン肋骨痛めたものの欠場することなくランで1,462ヤード、18TD、レシーブ370ヤード、2TDをあげた。フェデックスが選ぶ年間最優秀RB与えられる賞にノミネートされティキ・バーバー、ショーン・アレキサンダー次いで3位となった2006年には連続した6試合で19TDをあげるというNFL記録作ったそのうちのサンフランシスコ・フォーティナイナーズ戦、シンシナティ・ベンガルズ戦、デンバー・ブロンコス戦ではチーム記録となる1試合4TDをあげた。彼が達成した「3試合連続3TD以上」、「1シーズンに3試合TD以上」をあげたことはいずれNFL初のことであった2006年11月19日試合キャリア89試合目にして100TD以上(102)をあげた。これはこれまでのジム・ブラウンエミット・スミス93試合目で達成された記録更新することとなった2006年12月3日試合新人から6年連続で1236ヤード以上を走った最初の選手となり(翌年には7年連続記録作った12月7日月間最優秀攻撃選手選ばれた13試合目でシーズン29タッチダウンショーン・アレキサンダー16試合目で達成)をあげて(パスであげた2回は除いた数字)、12月17日試合タッチダウンをあげ46年ぶりにNFL年間最多得点記録更新自己最高の2323ヤードランレシーブ合計獲得ヤード数)を稼ぎ、31TD(ラン28レシーブ3)をあげた。2007年1月4日50票中44票を獲得してAP通信が選ぶ最優秀選手となった残り6票はチームメートドリュー・ブリーズ、2票はペイトン・マニングであったこの年チームからは9人の選手プロボウル選出され彼もAFC先発RBとなった2007年1月14日地元クァルコム・スタジアム行われたディビジョナルプレーオフで、ラン123ヤードレシーブ64ヤード獲得し2TDをあげたがチーム敗れた2007年12月2日カンザスシティ・チーフス戦でウォルター・ペイトンを抜く111回目TDランをあげた。このシーズン1,474ヤード獲得し2年連続NFLのラッシングリーダーとなった。これは2000年エジャリン・ジェームス以来のことであった2008年1月6日テネシー・タイタンズとのワイルドカードプレーオフでは21回のボールキャリーで42ヤード、パスレシーブ3回19ヤードしか稼げなかったが4アンドゴールの状況からタッチダウンをあげチーム勝利した1月13日インディアナポリス・コルツとのディビジョナルプレーオフでは左ひざ怪我後半欠場したもののチーム勝利した1月20日ニューイングランド・ペイトリオッツ戦ではわずか2回のキャリーで5ヤード獲得に留まりゲームの大部分欠場することとなりチーム敗れた2008年開幕前、怪我影響でほとんどチーム練習参加することができなかった。最初の3週は100ヤード以上を走ることなく1プレイ平均3.3ヤードに留まった。シーズン半ばになっても1ゲームあたり17回のボールキャリーでランで4回、レシーブ1回タッチダウンであった100ヤード以上を走った試合は2試合とどまった8年連続で1,000ヤードラッシュを果たしサーマン・トーマス記録並び、カーティス・マーティン、バリー・サンダースエミット・スミスに次ぐ記録となったこの年怪我に悩んだこともありラッシング獲得ヤードプロ入り最低の1,110ヤードラッシング回数同じく自己最少の292回に終わった最終週に3タッチダウンをあげてタッチダウン11となった通算ラッシングタッチダウンは126回となりマーカス・アレン123回を抜き、レシーブタッチダウンとの合計141回となり歴代3位アレンテレル・オーウェンス145回に迫ったワイルドカードプレーオフコルツ戦で負傷悪化させディビジョナルプレーオフのピッツバーグ・スティーラーズ戦は欠場チーム敗れた2009年チームはダレン・スプロールをフランチャイズ選手として指名し高年俸の彼は契約見直し迫られた。2009年3月10日チーム3年契約合意達しチームへの残留決定したエミット・スミスの持つNFL記録である通算ラッシング記録18,335ヤード更新意欲燃やしている。2009年自己ワースト730ヤード終わったジム・ブラウン通算ラッシング記録抜いた

※この「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説は、「ラダニアン・トムリンソン」の解説の一部です。
「サンディエゴ・チャージャーズ」を含む「ラダニアン・トムリンソン」の記事については、「ラダニアン・トムリンソン」の概要を参照ください。


サンディエゴ・チャージャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 23:39 UTC 版)

ジム・ハーボー」の記事における「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説

1999年、サンディエゴ・チャージャーズで先発12試合を含む14試合出場パス434回中249成功成功率57.4%)、2761ヤード獲得、10TD、14INTをあげた。チームシーズン初戦となる第2週シンシナティ・ベンガルズ戦で勝利したが、翌週コルツ戦では試合終了間際敵陣24ヤードでタイロン・プールにインターセプトされ19-27で敗れた第4週カンザスシティ・チーフス戦で右ひじ痛めて負傷退場した。2試合欠場した彼は第7週グリーンベイ・パッカーズ戦で先発したエリック・クレイマーと交代出場したが、2人とも3インターセプト喫した。4勝1敗と好スタート切ったチームは6連敗失速した。第15週マイアミ・ドルフィンズ戦に敗れてチームプレーオフ出場逃したチャージャーズは8勝8敗でシーズン終えたが、ハーボー先発した試合チームは6勝6敗であった2000年、ライアン・リーフ、ハーボー、モーゼス・モレノがローテーション先発QB務めチーム1勝15敗に終わったハーボー先発5試合を含む7試合出場パス202回中123成功成功率60.9%)、1416ヤード獲得、8TD、10INTをあげた。 第4週シアトル・シーホークス戦でシーズン初出場第5週セントルイス・ラムズ戦でシーズン先発果たした第6週デンバー・ブロンコス戦では3INTを喫したその内の2回はブロンコス絶好のフィールドポジションを与えてTD奪われ3回目インターセプト敵陣5ヤードでのものであった第9週オークランド・レイダースとのサンデーナイトゲームでは残り5分47秒にフレディ・ジョーンズへの21ヤードTDパス決めて13-12とリードしたが2ポイントコンバージョンに失敗残り13秒にセバスチャン・ジャニコウスキーに決勝FG決められて13-15と敗れチーム開幕から8連敗となった第10週シアトル・シーホークス戦でハーボーの2ファンブルなどでチームは13-15で敗れ開幕から9連敗となった彼はこの試合第3Q負傷退場している。第11週試合シーズン最後の出場となった

※この「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説は、「ジム・ハーボー」の解説の一部です。
「サンディエゴ・チャージャーズ」を含む「ジム・ハーボー」の記事については、「ジム・ハーボー」の概要を参照ください。


サンディエゴ・チャージャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 15:18 UTC 版)

ロドニー・ハリソン」の記事における「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説

1994年のNFLドラフトにてAFC西地区所属するサンディエゴ・チャージャーズから指名を受け入団同年チームスーパーボウル初出場第29回スーパーボウル)を果たすが、QBスティーブ・ヤングWRジェリー・ライス擁するサンフランシスコ・49ersに49-26で敗れた2年目1995年シーズンにはチームトップの5INTを奪う活躍をみせると、翌1996年からスターターとして全試合出場しチーム2位125タックル、チームトップの5INTを記録した1997年シーズンにはチームトップの132タックルチーム2位の4サック決めると、1998年シーズンにはチーム2位114タックルチーム3位の4サックチーム2位タイの3INTを決め活躍キャリア初のプロボウルオールプロ選出果たした1999年シーズン怪我で6試合出場にとどまるも、翌2000年シーズンでチームトップの127タックル6INT、チーム2位タイの6サック決めこれまでキャリア最高の成績収めた。しかしチーム開幕から11連敗喫すると、第13週カンザスシティー・チーフス相手に17-16で辛くも勝利したものの残り試合全敗し、1勝15敗というチーム史最低の成績終わった2001年シーズンもチームトップの118タックル記録する活躍などで自身二度目プロボウル選出果たしたチームは5勝11敗と低迷続け13試合出場とどまった2002年シーズン終了後サラリーキャップ問題チームからカットされたチャージャーズでの9年間でハリソン123試合97試合先発)に出場し759タックル、26INT、21.5サック記録するなど、LBジュニア・セアウと共にディフェンスの要として活躍したが、スターターとして活躍を始めた1996年シーズンからチーム低迷期迎え、7シーズン連続プレーオフ進出逃すとこのシーズン最後にハリソンとセアウはチーム離れた

※この「サンディエゴ・チャージャーズ」の解説は、「ロドニー・ハリソン」の解説の一部です。
「サンディエゴ・チャージャーズ」を含む「ロドニー・ハリソン」の記事については、「ロドニー・ハリソン」の概要を参照ください。


サンディエゴチャージャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 03:25 UTC 版)

バルボアスタジアム」の記事における「サンディエゴチャージャーズ」の解説

アメリカン・フットボール・リーグチャージャーズロサンゼルスからの移転対応するため、 アッパーデッキ追加して座席数23,000人から34,000人に増やし1966年シーズンまでチャージャーズホームスタジアムとして使用された。 バルボアスタジアムは、ジョン・ハドル、ランス・アルワースジャック・ケンプ、キース・リンカーン、アーニー・ラッドなどの選手フィーチャーしたアメリカンフットボールリーグチャージャーズ栄光歴史目撃し1961年1963年1965年のAFLチャンピオンシップゲーム、および1961年1962年、および1963年のAFLオールスターゲーム開催した。ここでの6シーズンで、ヘッドコーチのシド・ジルマンは2812–2 (.690),のホーム記録持ち4つの西地区タイトル1つリーグ優勝1963 )を獲得した1967年チャージャーズバルボア離れてミッションバレーの新しサンディエゴスタジアム後に他の複数の名前で知られる)に移転したが、そこでは栄光歴史薄れ1994年AFCチャンピオンシップ獲得するまでタイトル争い止まった(ただし、AFC西地区いくつかのタイトル獲得した )。 チャージャーズ2017年ロサンゼルス戻った

※この「サンディエゴチャージャーズ」の解説は、「バルボアスタジアム」の解説の一部です。
「サンディエゴチャージャーズ」を含む「バルボアスタジアム」の記事については、「バルボアスタジアム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サンディエゴ・チャージャーズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

サンディエゴ・チャージャーズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サンディエゴ・チャージャーズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロサンゼルス・チャージャーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのショーン・メリマン (改訂履歴)、パトリック・ロビンソン (コーナーバック) (改訂履歴)、ジョニー・ユナイタス (改訂履歴)、第29回スーパーボウル (改訂履歴)、ドリュー・ブリーズ (改訂履歴)、アントニオ・クロマティ (改訂履歴)、ラダニアン・トムリンソン (改訂履歴)、ジム・ハーボー (改訂履歴)、ロドニー・ハリソン (改訂履歴)、バルボアスタジアム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS