ディフェンシブエンドとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ディフェンシブエンドの意味・解説 

ディフェンシブエンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/15 03:02 UTC 版)

ディフェンシブエンド (DE)は、アメリカンフットボールカナディアンフットボールの守備ラインのポジションであり、スクリメージライン上の守備ラインの両サイドにセットする。






「ディフェンシブエンド」の続きの解説一覧

ディフェンシブエンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 09:22 UTC 版)

アメリカンフットボールのポジション」の記事における「ディフェンシブエンド」の解説

ディフェンシブエンド(Defensive end, DE)は、ディフェンシブラインのうち、ディフェンシブタックル外側に位置するポジションエッジEdge,E)とも呼ばれるランプレイ際はインサイドからオフタックル(オフェンスタックルの外側)に向ってきたランニングバック担当する。パスプレイの際はクォーターバックパスラッシュをかけることが役割となる。そのため選手には、体が大きいだけではなく瞬発力スピード要求される4-3守備隊形では、オープン攻撃するランニングバック対応する必要があるため、NFL一流になれる人材少ない。3-4隊形の場合は、アウトサイドラインバッカーがオープン攻撃対応するので、ディフェンシブエンドの守備範囲比較的に狭くなり、ディフェンシブタックルタイプの選手3人対応できる。。 ゾーンブリッツの時(ラインバッカーブリッツ仕掛け場合)に、開いたスペースパスカバーをすることもある。主にウィークサイドのディフェンシブエンドをフォックス(FOX)ストロングサイドのディフェンシブエンドをエンド(END)と呼ぶ。 非常にスピードのあるディフェンシブエンドは、クォーターバックブラインドサイド側に配置するそのようなディフェンシブエンドは、場合によってオフェンスラインの外側回り込んでクォーターバックサックしようとする

※この「ディフェンシブエンド」の解説は、「アメリカンフットボールのポジション」の解説の一部です。
「ディフェンシブエンド」を含む「アメリカンフットボールのポジション」の記事については、「アメリカンフットボールのポジション」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ディフェンシブエンド」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ディフェンシブエンド」の関連用語

ディフェンシブエンドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ディフェンシブエンドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのディフェンシブエンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカンフットボールのポジション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS