ディフェンシブタックルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ディフェンシブタックルの意味・解説 

ディフェンシブタックル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/06 05:40 UTC 版)

ディフェンシブタックル (DT)は、アメリカンフットボールカナディアンフットボールの守備のラインのポジションであり、スクリメージライン上の真ん中にセットする。守備ラインに偶数セットする4-3等のフォーメーションにおいては、「ディフェンシブタックル(DT)」、守備ラインに奇数セットする3-4等のフォーメーションにおいては、中央の選手が「ノーズタックル(NT)」と呼ばれるのが通常である。






「ディフェンシブタックル」の続きの解説一覧

ディフェンシブタックル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 09:22 UTC 版)

アメリカンフットボールのポジション」の記事における「ディフェンシブタックル」の解説

ディフェンシブタックル(Defensive tackle, DT) は、ディフェンシブラインのうち、内側に位置するポジション。オフェンスライン(OL)と当たる。体格大きく当た負けしないパワー必要とする瞬発力必要だが、持続的なスピードはあまり重要視されない。 ランプレイ際は、インサイドプレーを担当する。パスプレイの際はクォーターバック向ってパスラッシュをかける。 ディフェンシブライン3名のときはディフェンシブタックルは1人となり、その場合はノーズタックル(NT)と呼ばれるディフェンシブラインが5名の時は、ディフェンシブタックル2名と中心にノーズタックル位置する。ノーズガード(NG)またはミドルガード(MG)とも呼ばれるディフェンシブラインが4名の場合では、ウィークサイドのディフェンシブタックルをノーズタックルストロングサイドのディフェンシブタックルをコンボタックルと呼ぶ場合もある。

※この「ディフェンシブタックル」の解説は、「アメリカンフットボールのポジション」の解説の一部です。
「ディフェンシブタックル」を含む「アメリカンフットボールのポジション」の記事については、「アメリカンフットボールのポジション」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ディフェンシブタックル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ディフェンシブタックル」の関連用語

ディフェンシブタックルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ディフェンシブタックルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのディフェンシブタックル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカンフットボールのポジション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS