ヘラクレスとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ヘラクレスの意味・解説 

ヘラクレス【Hēraklēs】

[一]ギリシャ神話で、最大英雄ゼウスとアンフィトリュオンの妻アルクメネの子ゼウスの妻ヘラ激し嫉妬(しっと)により、幼時から種々の迫害を受けた。ライオン・ヒドラ・怪鳥退治など、アルゴスエウリュステウスに命じられた12難題解決は特に有名。死後天上迎えられて神になったという。ヘルクレス

[二]Hercules大阪証券取引所(現大阪取引所)が平成14年2002)に開設した新興企業向けの株式市場。「ニッポン・ニュー・マーケットヘラクレス」の略称。平成12年2000)に大証ナスダックなどが提携して開設した新興企業向けの株式市場ナスダック・ジャパン」を改称したもの平成22年201010月ジャスダックNEO市場統合、新「ジャスダック」となった。→新興市場ジャスダック[一]


ヘラクレス(へらくれす)(Hercules)

ベンチャー企業向けの証券取引市場

ベンチャー企業成長企業新興企業)向けの証券取引市場として、大阪証券取引所開設されている。ナスダック・ジャパン市場から衣替えした新名称。

大阪証券取引所米国ナスダック提携解消されたことに伴い大阪証券取引所単独で同市場運営することになった。これまでナスダック・ジャパン上場していた銘柄そのまま取引が引き継がれ、市場の名称だけが変わる。

ヘラクレスは、東京証券取引所マザーズと同じように、将来性見込まれた成長企業資金調達する場としての役割担っている

ナスダック・ジャパンに変わる新名称について一般公募をかけた結果ギリシャ神話最大英雄とされる「ヘラクレス」に決まった。上場企業力強く成長してほしいとの期待込めたらしい

(2002.12.20更新


ヘラクレス

名前 Herakles

ヘーラクレース

(ヘラクレス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/06 06:11 UTC 版)

ヘーラクレース古希: Ηρακλής, Hēraklēs) は、ギリシア神話の英雄。ギリシア神話に登場する多くの半神半人の英雄の中でも最大の存在である。のちにオリュンポスの神に連なったとされる。ペルセウスの子孫であり、ミュケーナイ王家の血を引く。幼名をアルケイデースἈλκείδης, Alkeidēs)といい、祖父の名のままアルカイオスἈλκαῖος, Alkaios)とも呼ばれていた。後述する12の功業を行う際、ティーリュンスに居住するようになった彼をデルポイ巫女が 「ヘーラーの栄光」を意味するヘーラクレースと呼んでからそう名乗るようになった。キュノサルゲス等、古代ギリシア各地で神として祀られ、古代ローマに於いても盛んに信仰された。その象徴は弓矢、棍棒、鎌、獅子の毛皮である。




注釈

  1. ^ ヘーラーを表すクジャクを伴うヘーラーの母乳が天に飛び、銀河となる。鷲はゼウスを表し、サソリのような雷電を掴む。わが子を餓死させまいと必死に母乳に向ける。

出典

  1. ^ Seneca, Hercules Furens 235ff.; Seneca, Hercules Oetaeus 1240; Pliny, Nat. Hist. iii.4.
  2. ^ Diodorus 4.18.5.





ヘラクレスと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヘラクレス」の関連用語

ヘラクレスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヘラクレスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2021MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヘーラクレース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS