コンベンションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > コンベンションの意味・解説 

コンベンション【convention】

読み方:こんべんしょん

集会また、政治・社会団体など代表者会議。「―ルーム

博覧会見本市などの大規模な催し。「―シティー

しきたり慣習因襲


コンベンション convention

会議形式で行うイベントシンポジウム講演会大会などのスタイルがあり、コンベンションのための国際会議場各地に建設されている。→イベント

コンベンション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 10:11 UTC 版)

コンベンション: convention




「コンベンション」の続きの解説一覧

コンベンション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 19:29 UTC 版)

ファーリー・ファンダム」の記事における「コンベンション」の解説

詳細は「ファーリー・コンベンション(英語版)」を参照 ファーリー人口十分に揃っている北アメリカヨーロッパにおいては多くのファーリー・コンベンションが開かれるファーリー・ファンこのような催しを通じて作品売買したり、ワークショップ参加したり、着ぐるみに身を包んだりすることにより交流深める毎年6月ピッツバーグ開かれる世界最大のファーリー・コンベンションである『Anthrocon(英語版)』は5861人以上の参加者集めている。2008年試算によると、Anthroconはピッツバーグに約300ドル経済効果もたらしている。サンノゼ毎年1月開かれる『Further Confusion英語版)』はAnthroconに匹敵する規模参加者数誇り2000年から2009年まで間に47ドルチャリティ資金集められた最初のコンベンションとして知られている『ConFurence(英語版)』は現在開かれていないが、同じく南カリフォルニア拠点とする事実上の後継イベントとして『Califur』がある。カリフォルニア大学デービス校調査によると、40パーセントファーリー少なくとも1回はこうしたコンベンションに参加したことがある

※この「コンベンション」の解説は、「ファーリー・ファンダム」の解説の一部です。
「コンベンション」を含む「ファーリー・ファンダム」の記事については、「ファーリー・ファンダム」の概要を参照ください。


コンベンション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 06:04 UTC 版)

「見本市」記事における「コンベンション」の解説

主要都市中には来客宿泊費観光費など都市の経済的な波及効果狙って見本市誘致積極的な姿勢見せているところも少なくないこうした都市巨大な見本市会場コンベンション・センター)を建設運営している。 英語ではexhibition表現が正確。多くの見本市専門会議併催される為、congress & exhibition冠される事が多い。ドイツ語ではメッセ見本市会場はメッセゲレンデという。ドイツにおける見本市800年を超える歴史があり、日本幕張新都心にある幕張メッセは、こうした見本市先進国敬意を表して名づけられたものである日本における見本市は、1954年社団法人大阪国見本市委員会主催の「日本国見本市」が最初である同年には第1回全日本自動車ショー開催され1956年には東京見本市協会設立された。

※この「コンベンション」の解説は、「見本市」の解説の一部です。
「コンベンション」を含む「見本市」の記事については、「見本市」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コンベンション」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「コンベンション」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンベンション」の関連用語

コンベンションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンベンションのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2022 by JugglingDonuts
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンベンション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのファーリー・ファンダム (改訂履歴)、見本市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS