慣例とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > やり方 > 慣例の意味・解説 

かん‐れい〔クワン‐〕【慣例】


慣習

(慣例 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 02:58 UTC 版)

慣習(かんしゅう、: Custom/Convention)は、同意された、規定されたあるいは一般に受け入れられたしきたり、規範、社会的規範である。一定のタイプのルール又は慣習は法律になることがあり、規制を制定する法律は、慣習を公式化又は強制するために取り入れられることがある。(例えば、車が道路のどちら側を走らなければならないかを規定する法律)社会についての脈絡では、慣習は「不文の」慣習法の特徴を持っていることがある。(例えば、握手のように人々が互いに挨拶する仕方)




「慣習」の続きの解説一覧

慣例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/01 14:56 UTC 版)

ハートレー変換」の記事における「慣例」の解説

上述の定義はハートレーによる元々の定義と一致するものである。しかし、様々な些細な点が慣例上の問題となっており、それらは本質的な性質脅かことなく変更することも出来る: 元の変換逆変換等しものとする代わりに元の変換から係数 1 / 2 π {\displaystyle {1}/{\sqrt {2\pi }}} を除きその代わりに逆変換係数 1 / 2 π {\displaystyle {1}/{2\pi }} を付けることも出来る。あるいは、実際、積が 1 / 2 π {\displaystyle {1}/{2\pi }} となるような組み合わせならどのような係数用いて正規化してもよい上の例のような非対称的正規化は、純粋数学および工学いずれの分野おいても用いられる)。 ω t {\displaystyle \omega t} の代わりに 2 π ν t {\displaystyle 2\pi \nu t} を用いることも出来る(すなわち、角周波数ではなく周波数用いることも出来る)。そのような場合係数 1 / 2 π {\displaystyle {1}/{\sqrt {2\pi }}} は完全に取り除かれる積分核として、cos+sin代わりに cossin用いることも出来る。

※この「慣例」の解説は、「ハートレー変換」の解説の一部です。
「慣例」を含む「ハートレー変換」の記事については、「ハートレー変換」の概要を参照ください。


慣例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 14:01 UTC 版)

参議院枠」の記事における「慣例」の解説

内閣発足するに当たり政務三役人事において、与党参議院議員団配慮することが慣例となっている。 閣僚人事内閣総理大臣専権事項だが、閣僚ポストいくつか参議院議員団推す入閣希望者リスト配慮するのが慣例になっている参議院議員団影響力が強い場合首相人事権党内派閥力学を超えて、与党参議院議員団事実上の人事権を持つ事例もある。

※この「慣例」の解説は、「参議院枠」の解説の一部です。
「慣例」を含む「参議院枠」の記事については、「参議院枠」の概要を参照ください。


慣例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/13 15:07 UTC 版)

EBNF」の記事における「慣例」の解説

1.下のような慣例が使われている。 EBNF におけるそれぞれのメタ識別子非終端記号)は、単語ハイフン連結した形式記述されるメタ識別子の名前が“-symbol”で終わっている場合、それは EBNF終端記号に名前を付けたものと解釈できる。 2. EBNF特別な意味を持つ文字とその優先順位次の通り上の方優先順位が高い)。 * repetition-symbol- except-symbol, concatenate-symbol| definition-separator-symbol= defining-symbol; terminator-symbol 3. 通常の優先順位は以下の括弧ペア変更される。 ´ first-quote-symbol first-quote-symbol ´" second-quote-symbol second-quote-symbol "(* start-comment-symbol end-comment-symbol *)( start-group-symbol end-group-symbol )[ start-option-symbol end-option-symbol ]{ start-repeat-symbol end-repeat-symbol }? special-sequence-symbol special-sequence-symbol ? 以下の例は、様々な繰り返し記法示したものであるaa = "A";bb = 3 * aa, "B";cc = 3 * [aa], "C";dd = {aa}, "D";ee = aa, {aa}, "E";ff = 3 * aa, 3 * [aa], "F";gg = {3 * aa}, "D"; この規則群から生成される終端文字列は以下のうになるaa: Abb: AAABcc: C AC AAC AAACdd: D AD AAD AAAD AAAAD etc.ee: AE AAE AAAE AAAAE AAAAAE etc.ff: AAAF AAAAF AAAAAF AAAAAAFgg: D AAAD AAAAAAD etc.

※この「慣例」の解説は、「EBNF」の解説の一部です。
「慣例」を含む「EBNF」の記事については、「EBNF」の概要を参照ください。


慣例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 09:12 UTC 版)

全国小説執筆月間」の記事における「慣例」の解説

著明作家は、参加者励ますためにペップトーク応援コメント)を作成する完成作品出版社から出版することが可能である

※この「慣例」の解説は、「全国小説執筆月間」の解説の一部です。
「慣例」を含む「全国小説執筆月間」の記事については、「全国小説執筆月間」の概要を参照ください。


慣例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 21:43 UTC 版)

海賊旗」の記事における「慣例」の解説

1700年カーボベルデ諸島海賊エマニュエル・ウィン(英語版)が使用していた黒地に交際した骨、頭蓋骨砂時計という旗がジョリー・ロジャー最初の目撃例である。また、海賊処刑する絞首台の上に海賊旗掲げられるように定められていた。 現在の日本では海上保安庁水上警察テロ取締訓練登場するテロリスト」役の船(アグレッサー)が海賊旗を掲げる。

※この「慣例」の解説は、「海賊旗」の解説の一部です。
「慣例」を含む「海賊旗」の記事については、「海賊旗」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「慣例」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

慣例

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 01:16 UTC 版)

名詞

かんれい

  1. 繰り返し行われ習慣のようになっている事柄

発音(?)

か↗んれー

関連語

翻訳


「慣例」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



慣例と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

慣例のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



慣例のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの慣習 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハートレー変換 (改訂履歴)、参議院枠 (改訂履歴)、EBNF (改訂履歴)、全国小説執筆月間 (改訂履歴)、海賊旗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの慣例 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS