センチュリーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > > トヨタの車種 > センチュリーの意味・解説 

センチュリー【century】

世紀また、1世紀100年

欧文活字書体の一。起筆部と終筆部にセリフが付く。


センチュリー

〔名〕 (英 century

世紀百年

欧文活字書体一種。最も一般的に用いられているもので、雑誌「センチュリー」用として作られたのが始まりという。


センチュリー

英語 Century

英語で1世紀(100年)を意味する。初代モデル1967年9月発売したが、この年はちょう明治から数え100年トヨタ創業の父・豊田佐吉生誕100年にあたり、それを記念してのネーミングとなった。

トヨタ55年1月初代クラウン発売したが、クラウンが順調に伸び、それとともにクラウン・エイトがそのトップモデルとして64年4月登場、センチュリーはさらに上の最高級車として世に出た。バリエーションはA、B、C、Dの4タイプがあり、Dが最高級グレードで、発売時の価格268万円(東京23区店頭渡し)。ボンネット先端に付けシンボルマークは、宇治・平等院鳳凰をかたどった格調高いのだった

2代目97年4月登場した。実に30年ぶりのフルモデルチェンジだった。基本スタイル変わらないが、顔であるラジエーターランプまわりを一新。しかし、最大変更エンジンで、V8・4LからV12・5Lに換装したこと。片側6気筒でも動く。その後2000年4月一部改良車両安定制御システムVSCクルーズコントロールDVDナビゲーションなどの最新装置装備した。盗難対策用のエンジンイモビライザーも付いた。さらに1年後2001年5月マイナスイオン発生装置採用や、ETC対応車載機器、ヘルプネット対応ユニット販売店装着オプション設定などがあった。国産車としては唯一V12エンジン搭載本格VIPカーである。

2003年1月CNG圧縮天然ガスエンジンシステム搭載車をリリースV12・5Lエンジンベースシリンダーヘッド改造燃料タンクインジェクターなど燃料系にも変更加え、超一低排出ガス当のクリーン排気実現した。NAエンジン同様、6気筒でも走行が可能。価格1350万円

センチュリー

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

センチュリー

名前 Century

センチュリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 09:37 UTC 版)

センチュリー (century) は、英語100年世紀などを意味する。ラテン語で「100の集合」を意味するケントゥリア(centuria)を語源とする。




「センチュリー」の続きの解説一覧

センチュリー

出典:『Wiktionary』 (2019/03/31 19:42 UTC 版)

語源

英語 century音写

発音

セ↘ンチュリー

名詞

センチュリー

  1. 世紀百年
    • ミッドセンチュリーデザイン



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「センチュリー」に関係したコラム

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「センチュリー」の関連用語

センチュリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



センチュリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセンチュリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのセンチュリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS