第12回とは? わかりやすく解説

第12回(昭和53年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/24 00:44 UTC 版)

仏教伝道文化賞」の記事における「第12回(昭和53年)」の解説

文化賞 中村瑞隆:A項 - 仏跡踏査カピラ城跡の発掘調査加藤辨三郎:C項 - 外護者として「在家仏教運動」に献身功労賞 榑林皓堂 - 駒澤大学総長教育・学術面に。

※この「第12回(昭和53年)」の解説は、「仏教伝道文化賞」の解説の一部です。
「第12回(昭和53年)」を含む「仏教伝道文化賞」の記事については、「仏教伝道文化賞」の概要を参照ください。


第12回(2019年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 15:56 UTC 版)

キングオブコント」の記事における「第12回(2019年)」の解説

成績グループ名所事務所決勝出場回数ファーストファースト通過ファイナル合計出番得点披露ネタ順位出番得点披露ネタ01/優勝 どぶろっく浅井企画初出場 06480農夫神様 1位通過 3番 455山男神様 935点 2位 うるとらブギーズ吉本興業 東京 初出場 01462催眠術 2通過 2番 463サッカー中継 9253位 ジャルジャル吉本興業 東京 9年ぶり3回目 05457点(3票) 野球部練習 3位通過 1番 448空き巣 905点 4位 GAG吉本興業 東京 3年連続3回目 08457点(2票) 若手芸人 - - - - 457点 5位 ゾフィーグレープカンパニー 2年ぶり2回目 09452記者会見 - - - - 452点 6位 ネルソンズ吉本興業 東京 初出場 02446マネージャーの噂 - - - - 446ビスケットブラザーズ吉本興業 大阪 初出場 04446知らない街 - - - - 446点 かが屋マセキ芸能社 初出場 07446喫茶店 - - - - 446点 9位 空気階段吉本興業 東京 初出場 03438タクシー - - - - 438わらふぢなるおグレープカンパニー 3年連続3回目 10番 438バンジージャンプ - - - - 438ファーストステージ得点詳細審査員の■は3位並んだ2組決選投票結果グループ得点決選投票設楽日村三村大竹松本どぶろっく 480 93 96 98 97 96 うるとらブギーズ 462 90 95 95 92 90 ジャルジャル 457 3 92 93 89 90 93 GAG 457 2 92 88 92 93 92 ゾフィー 452 90 90 89 91 92 ネルソンズ 446 90 90 90 90 86 ビスケットブラザーズ 446 89 90 90 88 89 かが屋 446 94 89 87 88 88 空気階段 438 87 88 88 90 85 わらふぢなるお 438 87 87 88 87 89高評98三村マサカズどぶろっく)最低評点 85松本人志空気階段平均点 452.2点 ファイナルステージ得点詳細グループ得点設楽日村三村大竹松本うるとらブギーズ 463 93 92 93 93 92 どぶろっく 455 94 90 89 91 91 ジャルジャル 448 90 90 88 90 90高評94設楽統どぶろっく)最低評点 88三村マサカズジャルジャル平均点 455.3点 全体ステージ得点ランキング順位グループステージ得点01どぶろっく ファースト 480 02うるとらブギーズ ファイナル 463 03ファースト 462 04ジャルジャル 457 GAG 06どぶろっく ファイナル 455 07ゾフィー ファースト 452 08ジャルジャル ファイナル 448 09ネルソンズ ファースト 446 ビスケットブラザーズ かが屋 012位 空気階段 438 わらふぢなるお どぶろっくM-1R-1THE MANZAIと合わせて浅井企画所属初めての優勝者となった第8回以降の制度ファイナルステージネタ順がトリ優勝した初めてのコンビとなった大会全体としては、第7回シソンヌ以来)。 どぶろっくが、史上初となる40代優勝者となった江口ともに優勝当時41歳で、キングオブコメディ高橋健一当時39歳)が持っていた優勝最年長記録コンビ更新したうるとらブギーズ第8回藤崎マーケット以来4年ぶりにトップバッターでのファイナルステージ進出果たした第8回以降の制度で、ファーストステージにおいて同点獲得したコンビ・ユニット初め複数出たジャルジャルGAG457点、ネルソンズビスケットブラザーズかが屋446点、空気階段わらふぢなるお438点)。このうち後者5組ネタ10番手のコンビ終了した時点で敗退決定していたため、番組内優劣つけられることもなくそのまま進行した一方ジャルジャルGAGネタ10番手のコンビ終了した時点でファイナルステージ進出決め上位3組入ったままだったため、審査員5名による決選投票が行われた。結果ジャルジャルが3票(設楽日村松本)、GAGが2票(三村大竹)となり、ジャルジャルファイナルステージ進出となった

※この「第12回(2019年)」の解説は、「キングオブコント」の解説の一部です。
「第12回(2019年)」を含む「キングオブコント」の記事については、「キングオブコント」の概要を参照ください。


第12回(2019)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 16:59 UTC 版)

スラムダンク奨学金」の記事における「第12回(2019)」の解説

木村圭吾 東京都出身八王子高校出身実践学園中時代主力選手として全国優勝八王子学園八王子高校進学後、1年生から活躍し3年次インターハイでは、平均36得点ウインターカップでは平均41.3得点記録

※この「第12回(2019)」の解説は、「スラムダンク奨学金」の解説の一部です。
「第12回(2019)」を含む「スラムダンク奨学金」の記事については、「スラムダンク奨学金」の概要を参照ください。


第12回(1986年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/14 03:46 UTC 版)

美術の祭典・東京展」の記事における「第12回(1986年)」の解説

9月18日から10月3日まで開催

※この「第12回(1986年)」の解説は、「美術の祭典・東京展」の解説の一部です。
「第12回(1986年)」を含む「美術の祭典・東京展」の記事については、「美術の祭典・東京展」の概要を参照ください。


第12回(2006年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 07:14 UTC 版)

スポーツマンNo.1決定戦 総合順位 種目別順位」の記事における「第12回(2006年)」の解説

(1月1日 18:30-23:24)スポーツマンNo.1決定戦XXXI 収録会場幕張メッセ 総合順位(21人出場・総合順位入賞6人) 順位名前P競技職業所属備考1位 宮﨑大輔 375 ハンドボール 大崎OSOL 第2位 池谷直樹 370 体操 ホリプロ 前回総合No.1 第3位 青木宣親 340 プロ野球 ヤクルトスワローズ 第4なかやまきんに君 310 お笑い芸人 吉本興業 芸能人サバイバルバトル2連覇 第5位 赤田将吾 280 プロ野球 西武ライオンズ 前回総合2位 第6位 小林宏之 195 プロ野球 千葉ロッテマリーンズ下の順位 順位名前P競技職業所属(当時チーム名)備考第7位 波多野和也 190 バスケットボール 大阪エヴェッサ 第8位 森谷昭仁 145 プロ野球 東北楽天ゴールデンイーグルス 第9ショーン・フィギンズ 125 メジャーリーグ ロサンゼルス・エンゼルス10小比類巻貴之 110 格闘技 チームドラゴン 前回総合12位 第11多村仁 085 プロ野球 横浜ベイスターズ12位 相川亮二 080 プロ野球 横浜ベイスターズ 前回総合8位 第12栗山巧 080 プロ野球 西武ライオンズ12西岡剛 080 プロ野球 千葉ロッテマリーンズ15所英男 070 総合格闘技 リバーサルジム 第16ボビー・オロゴン 010 格闘技 アレムコプロダクション 前回総合14本戦6種目出場総合ランキング入っていない選手スペシャルバトルのみの出場 名前競技職業所属備考ヨー・ホンチュル 体操 MONSTER BOX世界記録保持者(23段) モーガン・ハム 体操 アメリカ代表 MONSTER BOX世界記録保持者(23段) ワッキー お笑い芸人 吉本興業 第14回芸能人サバイバルバトル総合2位 亀田興毅 ボクシング 協栄ジム 須藤元気 格闘技 ビバリーヒルズ柔術クラブ 第12回芸能人サバイバルバトル総合5位 種目別結果 BATTLE競技No.1記録実況備考1st BURN OUT GUYS 池谷直樹 5911(世界新記録芸能人新記録) 初田啓介駒田健吾第3組から第5組まで)小笠原亘(第6組のみ) 2nd BEACH FLAGS 池谷直樹 藤森祥平 3rd MONSTER BOX 池谷直樹 22小笠原亘17段まで)初田啓介18以降藤森祥平(別会場SP QUICK MUSCLE 亀田興毅 250回(プロスポーツマン新記録) 小笠原亘 池谷直樹 222回(芸能人新記録) 4th TAIL IMPOSSIBLE なかやまきんに君 藤森祥平 5th POWER FORCE 青木宣親 駒田健吾2回戦まで)初田啓介準決勝以降Final SHOT-GUN-TOUCH 青木宣親 13m60cm(世界新記録) 初田啓介 パワーバトル怪力世界一決定戦(9人出場) 名前競技職業所属備考琴欧州 大相撲 佐渡ヶ嶽部屋 千代大海 大相撲 九重部屋 ボブ・サップ 格闘技 チーム・ビースト 第10回大会総合12里見恒平 アメフト オービックシーガルス 第10回大会総合2位 石田力哉 アメフト アムステルダム・アドミラルズ 前回総合6位 サム・グレコ 格闘技 チーム・ビースト 武藤一之 パワーリフティング Brave Farm 鈴木健想 プロレス ハッスル アラン・カラエフ 格闘技 リングスロシア 前回総合17種目別結果 BATTLE競技No.1記録実況備考1st SPIN OFF 石田力哉 小笠原亘 2nd THE TUG-OF-WAR アラン・カラエフ 小笠原亘 Final THE GALLON THROW アラン・カラエフボブ・サップ 7m00cm 小笠原亘 ディフェンディングチャンピオンとして挑んだ池谷直樹がいきなり3種目連No.1というこれ以上ないスタート切ったBURN OUT GUYSでは史上初50秒台を達成BEACH FLAGSでは球界一の俊足森谷昭仁決勝撃破MONSTER BOXでは史上初めて3人世界記録保持者激突したが、ヨー・ホンチュルは19成功の後20段をパスその後21段で失敗して記録19段で試技終了モーガン・ハム記録21段で試技終了池谷22段を成功して2人勝利したこの時点では池谷独走であり、それを追いかけていたのが初出場宮﨑大輔、そして、プロスポーツマン大会初出場なかやまきんに君である。宮﨑MONSTER BOX初挑戦19段を成功させる快挙その後安定した成績収め、SHOT-GUN-TOUCHまで暫定総合3位追いかけていた。暫定総合2位だったきんに君は、BEACH FLAGS1回戦西岡剛勝負挑み勝利し準々決勝まで進出したTAIL IMPOSSIBLE制するPOWER FORCEでは2回戦敗退した為、池谷との差が広がったまま暫定総合2位でSHOT-GUN-TOUCHへ。 迎えたSHOT-GUN-TOUCHで、きんに君は12m00cmで高さがあり過ぎた為か1回目失敗2回目成功するその後自己新記録となる12m50cmに失敗し試技終了総合No.1争い池谷宮﨑2人絞られた。75Pもの差をつけていた池谷だが、11m50cmで限りなくエビ反りに近いフォームダイブし、フォーム違和感露呈し手で触れられず腕で掠るような形で成功という際どいシーンとなった。さらに12m50cmでは1回目試技ふくらはぎがつってしまい僅かに届かず後の無い2回目失敗した残された宮﨑持ち前のスピード少しずつポイント差を縮めていく。そして遂に13m10cmまで到達し、ここをクリアすれば5P差で大逆転総合No.1決定という大勝負1回目は非常に惜し所で失敗したが、2回目試技成功大逆転での総合No.1となった種目別No.1にならずに総合No.1になったのは大会史唯一である。 初出場青木宣親BEACH FLAGSこそ1回戦敗退となったものの、POWER FORCE種目別No.1獲得。更にSHOT-GUN-TOUCHでは最初こそコツをつかめずにいたものの、総合No.1争い繰り広げる宮﨑と共に記録伸ばしていった。そして遂に世界新記録の13m60cmを成功させる偉業成し遂げ総合3位食い込んだ今回はかつて同じヤクルト選手でSHOT-GUN-TOUCH元世界記録保持者飯田哲也6年ぶりにコロッセオ訪れ当時同じ楽天選手だった森谷昭仁コーチ役)、その目の前で世界新記録樹立であったパワーバトルには第10回大会総合2位となった里見恒平出場同大会ではTHE GALLON THROW記録が4m50cmに終わっていたが、今回は6m00cmという大台突破して本来の実力見せつけたまた、第11回大会総合6位の石田力哉同じく6m00cmをマーク。こちらは前回続いてSPIN OFF種目別連覇達成した。 今大会これまで芸能人大会のみの登場であったQUICK MUSCLEプロスポーツマン大会初登場し、芸能人記録保持者池谷222回で記録更新したが、亀田興毅250回を記録し初代プロスポーツマン記録作った。 今大会から総合順位入賞人数が8人から6人に変更された。 オープニングのラストカットは青木宣親のSHOT-GUN-TOUCH 13m60cm。

※この「第12回(2006年)」の解説は、「スポーツマンNo.1決定戦 総合順位 種目別順位」の解説の一部です。
「第12回(2006年)」を含む「スポーツマンNo.1決定戦 総合順位 種目別順位」の記事については、「スポーツマンNo.1決定戦 総合順位 種目別順位」の概要を参照ください。


第12回(2016年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 04:33 UTC 版)

M-1グランプリ」の記事における「第12回(2016年)」の解説

詳細は「M-1グランプリ2016を参照 順位コンビ名所属事務所No.結成決勝出場回数番組キャッチフレーズ出番得点/得票1/優勝 銀シャリよしもとCA 大阪 1949 2005年 3大会連続3回目 王道漫才 4番/3番 470点/3票 2位 和牛よしもとCA 大阪 1796 2006年 2大会連続2回目敗者復活) 9番/2番 469点/1票 3位 スーパーマラドーナよしもとCA 大阪 171 2003年 2大会連続2回目 虚弱 × 最強 7番/1番 459点/1票 4位 さらば青春の光ザ・森東 2479 2008年 初出場 予測不能 8番 448点 5位 アキナよしもとCA 大阪 231 2012年 初出場ノーシード変幻自在 1番 446点(3名) 6位 ハライチワタナベエンターテインメント 1888 2006年 4大連続4回目 シン・ハライチ 6番 446点(1名) 7位 カミナリグレープカンパニー 73 2011年 初出場ノーシードダークホース 2番 441点(3名) 8位 スリムクラブよしもとCA 東京 2453 2005年 2大会ぶり2回目ノーシード一撃必殺 5番 441点(2名) 9位 相スタートよしもとCA 東京 1843 2013年 初出場 婚活漫才 3番 436得点詳細コンビ名Final1st巨人礼二大吉松本上沼ギン/銀シャリ 3 47065896 91 93 95 95 ワギュウ/和牛 1.1 46965795 95 91 93 95 スーパーマラドーナ 1 45964390 95 92 89 93 サラバ/さらば青春の光 44862787 90 90 90 91 アキナ 446.1(624.1) 92 89 89 87 89 ハライチ 44662491 88 89 85 93 カミナリ 441.1(617.1) 91 90 90 89 81 スリムクラブ 44161785 89 88 90 89 アイセキ/相席スタート 43661087 88 87 84 90 備考 審査員が5人だったのはこの回のみ。 カミナリが、グレープカンパニー所属コンビとして初め決勝進出した。 スリムクラブ初の40代同士コンビとして決勝進出したまた、40代決勝進出第6回2006年)の変ホ長調小田ひとみ以来6大会ぶり(10年ぶり)で、プロとして初めて。 ハライチが、吉本興業以外所属コンビ最多出場記録および連続出場記録更新した4大連続4回目)。 初め同点獲得したコンビ同時に出たカミナリスリムクラブアキナハライチ)。 第4回2004年以来、8大会ぶり(12年ぶり)に全組がネタ終了時点暫定3位以内入った第7回2007年)から6大会連続敗者復活組が最終決戦進出した初め最終決戦進出3組全て前年決勝進出コンビ敗者復活組を含む)となった決勝初出場組が最終決戦進出しなかったのは、第6回2006年以来6大会ぶり(10年ぶり)。 第1回2001年)から第10回2010年)に決勝進出経験があるコンビ優勝したのは銀シャリ唯一である。第7回2007年以来、5大会ぶり(9年ぶり)にファーストラウンド1位通過コンビ優勝した。 2大会連続最終決戦進出3組全てに得票があった。

※この「第12回(2016年)」の解説は、「M-1グランプリ」の解説の一部です。
「第12回(2016年)」を含む「M-1グランプリ」の記事については、「M-1グランプリ」の概要を参照ください。


第12回(2016年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 04:33 UTC 版)

M-1グランプリ」の記事における「第12回(2016年)」の解説

詳細は「M-1グランプリ2016を参照 とろサーモン10大会連続10回目敗者復活戦出場となり、自身の最多連続出場回数の9回を更新した順位コンビ名所属事務所結成敗者復活戦出場回数出番票数準決勝順位1位 和牛よしもとCA 大阪 2006年 2大会ぶり3回目 18番 175482票 9位 2位 ミキよしもとCA 大阪 2012年 初出場 12番 137318票 163位 メイプル超合金サンミュージックプロダクション 2012年 初出場 13番 124092票 154位 とろサーモンよしもとCA 東京 2002年 10大会連続10回目 7番 107546票 22位 5位 かまいたちよしもとCA 大阪 2004年 8大会連続8回目 11番 101219票 17位 6位 ジャルジャルよしもとCA 東京 2003年 3大会ぶり5回目 10番 - 19位 7位 三四郎マセキ芸能社 2005年 2大会ぶり2回目 9番 - 20位 8位 東京ダイナマイトよしもとCA 東京 2001年 3大会連続7回目 3番 - 27位 9位 学天即よしもとCA 大阪 2005年 2大会連続3回目 14番 - 1410インディアンスよしもとCA 東京 2010年 初出場 16番 - 1211マヂカルラブリーよしもとCA 東京 2007年 2大会ぶり3回目 15番 - 1312ニューヨークよしもとCA 東京 2010年 初出場 17番 - 1013大自然よしもとCA 大阪 2015年 初出場 5番 - 2514アインシュタインよしもとCA 大阪 2011年 2大会連続2回目 1番 - 2915錦鯉SMA 2012年 初出場 8番 - 2116位 Aマッソワタナベエンターテインメント 2010年 初出場 6番 - 2417ゆにばーすよしもとCA 東京 2013年 初出場 4番 - 2618霜降り明星よしもとCA 大阪 2013年 初出場 2番 - 28欠場 アルコ&ピース太田プロダクション 2006年 - - - 23欠場 南海キャンディーズよしもとCA 東京 2003年 - - - 18出場権なし 馬鹿よ貴方はオフィス北野 2008年 - - - 11

※この「第12回(2016年)」の解説は、「M-1グランプリ」の解説の一部です。
「第12回(2016年)」を含む「M-1グランプリ」の記事については、「M-1グランプリ」の概要を参照ください。


第12回 (2015年 7月 5日放送 ゲスト出演者 日笠陽子 本渡楓)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 01:32 UTC 版)

project758」の記事における「第12回 (2015年 7月 5日放送 ゲスト出演者 日笠陽子 本渡楓)」の解説

新年度最初の放送で、司会も本田から、吉田阿部コンビへと移行しし、それまで放送振り返りが行われた。新キャストある日笠が初登場。またプロデビュー果たした本渡が生ドラマ共演した。この放送でりつ・平子・きよめからなる音楽ユニット少年ミリオン」の詳細発表恒例食レポでは、ひつまぶし試食した

※この「第12回 (2015年 7月 5日放送 ゲスト出演者 日笠陽子 本渡楓)」の解説は、「project758」の解説の一部です。
「第12回 (2015年 7月 5日放送 ゲスト出演者 日笠陽子 本渡楓)」を含む「project758」の記事については、「project758」の概要を参照ください。


第12回(2019年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 03:30 UTC 版)

マンガ大賞」の記事における「第12回(2019年)」の解説

マンガ大賞 彼方のアストラ篠原健太) 94P ノミネート作品 ミステリと言う勿れ田村由美) 78P ブルーピリオド山口つばさ) 73P 違国日記ヤマシタトモコ) 45P サザン彗星少女赤瀬里子) 41P 北北西に曇と往け入江亜季) 40P 金剛寺さんは面倒臭いとよ田みのる) 39P メタモルフォーゼの縁側鶴谷香央理) 38P ハクメイとミコチ樫木祐人) 33P 凪のお暇コナリミサト) 25P ダンジョン飯九井諒子) 23P ゴールデンゴールド堀尾省太) 22P 1122(渡辺ペコ19P 選考第1次選考94人、第2次選考95備考 大賞彼方のアストラ』はウェブコミック初の受賞。『ダンジョン飯』は歴代最多となる4年連続ノミネート

※この「第12回(2019年)」の解説は、「マンガ大賞」の解説の一部です。
「第12回(2019年)」を含む「マンガ大賞」の記事については、「マンガ大賞」の概要を参照ください。


第12回(2017年)


第12回(2003年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 07:27 UTC 版)

ミュージックステーションスーパーライブ」の記事における「第12回(2003年)」の解説

番組タイトル:『テレビ朝日開局45周年記念特別番組 ミュージックステーション スーパーライブ2003ロゴ表記:『⬢ MUSIC STATIONSUPER LIVE 2003放送日12月26日 19:00 - 23:04JST視聴率:16.6%(ビデオリサーチ調べ関東地区世帯リアルタイム出演者 総合司会 タモリ 武内絵美 アーティスト 愛内里菜 aiko 安室奈美恵175R 上戸彩 HY Every Little Thing EXILE ORANGE RANGE Gackt KinKi Kids ケツメイシ CHEMISTRY ゴスペラーズ 後藤真希 島谷ひとみ 女子十二楽坊 SPEED SMAP ZONE タッキー&翼 玉置成実 TUBE TOKIO 中島美嘉 NEWS HYDE はなわ 浜崎あゆみ B'z 一青窈 V6 FLOW BoA ポルノグラフィティ Mr.Children 光永亮太 モーニング娘。 森山直太朗 L'Arc〜en〜Ciel ロードオブメジャー トピックス 出演したアーティスト41組(HYDE含めると42組)。うち太字この年の『第54回NHK紅白歌合戦』にも出場したアーティストこの年12月1日より地上デジタルテレビ放送本放送開始され番組この回よりハイビジョン制作となる。地上アナログ放送では、画角16:9レターボックスでの放送12月31日をもってZONE脱退するTAKAYOが、ZONEとしての最後の出演となった期間限定再結成したSPEEDが、第8回1999年以来4年ぶりに出演2001年以降メンバーソロ活動行ない活動休止状態だったL'Arc〜en〜Ciel久々にテレビ出演した。 この年で、12年間にわたってスーパーライブ熱狂伝えた東京ベイNKホールからの放送最後となる。 番組終了時間23:0420分繰り下がった事に伴い放送時間4時5分拡大したアリーナオーバルに、新たなロードとして真ん中にセンターロードを追加された。またこの年10月に、番組ロゴマイナーチェンジし、ロゴ2代目リニューアルされた事に伴いスーパーライブロゴ表記などが一部変更このほか楽曲紹介時における表示テロップに、アニメーション施されるようになった

※この「第12回(2003年)」の解説は、「ミュージックステーションスーパーライブ」の解説の一部です。
「第12回(2003年)」を含む「ミュージックステーションスーパーライブ」の記事については、「ミュージックステーションスーパーライブ」の概要を参照ください。


第12回(2012年6月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/14 16:52 UTC 版)

ロシア語スピーチコンテスト」の記事における「第12回(2012年6月)」の解説

第12回からは協賛企業入門Aの部と入門Bの部に優勝賞品提供した入門Aが「ロシアチョコレートの店マツヤ」からチョコレート詰め合わせ入門Bが「パンの店シエール」から黒パンロシア蜂蜜賞品受けた一般の部優勝賞品ロシア極東連邦大学1か月留学権利だった。その他の各部2位下の賞品ロシア民芸品だった。

※この「第12回(2012年6月)」の解説は、「ロシア語スピーチコンテスト」の解説の一部です。
「第12回(2012年6月)」を含む「ロシア語スピーチコンテスト」の記事については、「ロシア語スピーチコンテスト」の概要を参照ください。


第12回(2018年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 10:07 UTC 版)

GGオークション杯女流対シニア連勝対抗戦」の記事における「第12回(2018年)」の解説

第12回から、3連勝した棋士12番手の前に出場させるという方式行われた1. 都恩教 - 安官旭 2. 都恩教 - 姜晩寓 3. 都恩教 - 金宗俊 4. 金東勉 - 許瑞玹 5. 金東勉 - 張兮領 6. 李裕真 - 金東勉 7. 李裕真 - 鄭大相 8. 崔珪昞 - 李裕真 9. 姜多情 - 崔珪昞 10. 尹炫晢 - 姜多情 11. 宋彗領 - 尹炫晢 12. 李聖宰 - 宋彗領 13. 李聖宰 - 金伸英 14. 李聖宰 - 金恵敏 15. 呉侑珍 - 崔明勲 16. 呉侑珍 - 白大鉉 17. 呉侑珍 - 李昌鎬 18. 趙惠連 - 李聖宰 19. 徐奉洙 - 趙惠連 20. 金彩瑛 - 徐奉洙 女流チーム勝利(12-8)

※この「第12回(2018年)」の解説は、「GGオークション杯女流対シニア連勝対抗戦」の解説の一部です。
「第12回(2018年)」を含む「GGオークション杯女流対シニア連勝対抗戦」の記事については、「GGオークション杯女流対シニア連勝対抗戦」の概要を参照ください。


第12回(1988年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 15:52 UTC 版)

ランベス会議」の記事における「第12回(1988年)」の解説

ロバート・ランシー(Robert Runcie大主教招いて行われ518名の主教出席した

※この「第12回(1988年)」の解説は、「ランベス会議」の解説の一部です。
「第12回(1988年)」を含む「ランベス会議」の記事については、「ランベス会議」の概要を参照ください。


第12回(2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:00 UTC 版)

R-1グランプリ」の記事における「第12回(2014年)」の解説

成績名前所属事務所キャッチコピー決勝出場回数1stネタ1/優勝 やまもとまさみ サト/佐藤企画 カイ/開演!お一人さま劇場 2/7年ぶり2回目 B-7Final進出 レイザーラモンRG よしもとCA東京 ホ/本家あるあるシンガー 1/A-1番 ウ/馬と魚 よしもとCA大阪 それいけ!雰囲気ミュージシャン 1/初(ノーシードC-10番 4/1st敗退 ヒューマン中村 よしもとCA大阪 ハ/盤石フリップ職人 4年連続4回目 A-2番 タ/TAIGA オスカープロモーション めでたいロックンローラー 1/A-3スギちゃん サンミュージックプロダクション ワイルド頂点3年連続3回目 A-4番 コ/小森園ひろし よしもとCA大阪 ネ/熱血コント1/B-5ミヤシタガク フリー この男ご注意下さい 1/初(ノーシードB-6番 ナ/中山女子短期大学 よしもとCA大阪 キ/鬼気迫るエンターテナー 1/初(ノーシードB-8バイク川崎バイク よしもとCA大阪 アクセル全開!漫談ライダー 1/初 C-9番 おぐ ソ/SMA カカ/鏡の前マリオネット 1/初(ノーシードC-11じゅんいちダビッドソン アミー・パーク ワラ/笑いエースストライカー 1/初(ノーシードC-12Aブロック ネタ順・名前得票数文枝関根天野清水木村石板尾d1レイザーラモンRG 11 0 3 2 2 2 0 2 012%) 2ヒューマン中村 8 1 0 1 1 1 2 1 120%) 3TAIGA 2 2 0 0 0 0 0 0 0(19%) 4スギちゃん 3 0 0 0 0 0 1 0 249%) Bブロック ネタ順・名前得票数文枝関根天野清水木村石板尾d5小森園ひろし 1 1 0 0 0 0 0 0 0(16%) 6ミヤシタガク 0 0 0 0 0 0 0 0 0(18%) 7やまもとまさみ 15 2 2 2 2 2 2 1 2(34%) 8中山女子短期大学 8 0 1 1 1 1 1 2 132%) Cブロック ネタ順・名前得票数文枝関根天野清水木村石板尾d9バイク川崎バイク 5 0 1 1 1 0 0 0 230%) 10馬と魚 14 3 2 2 1 1 2 2 1(27%) 11おぐ 4 0 0 0 1 2 1 0 017%12じゅんいちダビッドソン 1 0 0 0 0 0 0 1 026%) ファイナルステージ ネタ名前得票数文枝関根天野清水木村石板尾d1AレイザーラモンRG 0 (25%2Bやまもとまさみ 8 ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○(62%) 3C馬と魚 0 (13%) 備考 準決勝観客投票1位中山女子短期大学決勝進出主催よしもとクリエイティブ・エージェンシー以外の事務所から優勝者出たのは第1回以来12年ぶり(11大会ぶり)。 やまもとまさみM-1THE MANZAIキングオブコントと合わせて佐藤企画所属初めての優勝者となった2年連続満場一致で優勝者決定したU-NEXTでの配信では、やまもとまさみ1本目ネタ著作権都合により一部カットされている。

※この「第12回(2014年)」の解説は、「R-1グランプリ」の解説の一部です。
「第12回(2014年)」を含む「R-1グランプリ」の記事については、「R-1グランプリ」の概要を参照ください。


第12回(2017年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 01:58 UTC 版)

SAKAE SP-RING」の記事における「第12回(2017年)」の解説

開催日6月3日4日 会場数:21ヶ所 出演アーティスト数:302会場NAGOYA CLUB QUATTROHOLIDAY NEXT NAGOYA名古屋ReNY limited名古屋スクールオブミュージック&ダンスclub JB'STIGHT ROPER.A.D6月3日魔法少女になり隊 THREEOUT MOSHIMO Bentham 八十八ヶ所巡礼 鳴ル銅鑼 LACCO TOWER FABLED NUMBER Shout it Out 二人目ジャイナ LOCAL CONNECT EARNIE FROGs LAID BACK OCEAN uchuu, SpecialThanks sooogood! the unknown forecast Theキャンプ ミソッカス 植田真梨恵 クアイフ THE 夏の魔物 The Idol Formerly Known As LADYBABY バックドロップシンデレラ I Don't Like Mondays. Ivy to Fraudulent Game Halo at 四畳半 URAJINKA がらくたロボット シンガロンパレード ロザリーナ TOMOO バニラビーンズ SPEED OF LIGHTS 阪本奨悟 ペンギンラッシュ noovy 杉恵ゆりか ねぇ、忘れないでねmemento QoN FouFou asayake no ato 湯木 慧 ペロペロしてやりたいわズ。 DALEN 午前3時と退屈 GIRLFRIEND おおしま豆腐ユビキタス Re view ワスレナ postman Large House Satisfaction そこに鳴る 群青スピカ The 3 minutes Swimy DIALUCK イエスマン King Gnu BabySitter 6月4日ココロオークション THE BOY MEETS GIRLS D.W.ニコルズ FIVE NEW OLD BURNOUT SYNDROMES サイダーガール POT EVERLONG ReVision of Sence OVER THE DOGS Homecomings STANCE PUNKS DJライブキッズ あるある中の人 午前四時、 朝焼けにツキ THE ZUTAZUTAZ THE PINBALLS カフカ みるきーうぇい ピアノゾンビ ベッド・イン 緑黄色社会 ぜんぶ君のせいだ。 あいみょん HOWL BE QUIET ポタリ never young beach シナリオアート ドラマストア YAJICO GIRL 関取 花 加藤伎乃 森山ほのみ 焚吐 GOOD BYE APRIL Chicago Poodle The Songbards RED DOG SAME Castaway スノーマン alcott スロウハイツ太陽 グッバイフジヤマ CRAZY VODKA TONIC w.o.d. irukasowaka ゴードマウンテン フィッシュライフ THE SIXTH LIE Brave Back LASTGASP 音×AiR ねこね、こねこね。 GOODWARP 会場RAD HALLTOYSLive Hall M.I.DX-HALL -ZEN-DIAMOND HALLAPOLLO BASESPADE BOX6月3日FEELFLIP Migimimi sleep tight Esora Saku それでも尚、未来に媚びる J-REXXX BAND Split BoB ゆるふわリムーブ MOP of HEAD Dice Meik 中村千尋 Myuu RAYS 大野舞 裂固 ORESAMA SHE'S WEAVER ヒステリックパニック BACK LIFT SA Xmas Eileen KNOCK OUT MONKEY cinema staff 四星球 Half time Old セックスマシーン Goodbye holiday クウチュウ戦 空きっ腹に酒 谷川POPゴリラ あいくれ 赤色のグリッター LUCCI iri 山岸竜之介 asobius ザ・チャレンジ WOMCADOLE ラックライフ WATARU プププランド バズマザーズ 6月4日Tequeolo Caliqueolo ラブリーサマーちゃん ATLANTIS AIRPORT 宇宙まお 杏沙子 バスクのスポーツ シンリズム Survive Said The Prophet ゆくえしれずつれづれ カホリ ブレエメン 川音TO-YA Mayu PREDIANNA ハッカドロップス 奥村愛子 井上実優 Rude-α ホタルライトヒルズバンド Mississippi Duck Festival アイラヴミー 夕食ホット カルメラ キクチリョウタ ISEKI 磯貝サイモン Carat 大脇愛 FREAK 1 FINGER DAOKO ENTH ドラマチックアラスカ ビレッジマンズストア アルカラ イトヲカシ BRADIO ヒトリエ ストレイテナー 挫・人間 愛はズボーン ircle All Found Bright Lights Saucy Dog ジラフポット Rei Amelie おいしくるメロンパン Lenny code fiction アカシック トミタ栞 CIVILIAN パノラマパナマタウン オメでたい頭でなにより 0.8秒と衝撃会場HeartLandRAD SEVENCLUB ROCK'N'ROLLcme HIGASHISAKURA STUDIOsunset BLUE仏前オアシス楽運寺タワレコ パルコインストアライブ会場6月3日VOI SQUARE CAT INKYMAP スズムシラプソディ 野田愛実 岡本隆根 日食なつこ 踊る!ディスコ室町 パンパンの塔 RIRI T/ssue But by Fall 九十九 セプテンバーミー CHAI the twenties 歌うアホウドリ Slimcat vivid undress THE MUSMUS Sunrise In My Attache Case Mona Monica Cellchrome リアクション ザ ブッタ しなまゆ BUGY CRAXONE Booby Adventure ORANGE POST REASON ゴマアブラ TWEEDEES オモイメグラス polly kukatachii キネマズ odol CRAZY WEST MOUNTAINトナリ リリィさよなら。 爽 ヒグチアイ 金木和也 南壽あさ子 須澤紀信 カネコアヤノ The nonnon 村上紗由里 TO-YA LAID BACK OCEAN asobius ビレッジマンズストア 赤色のグリッター カムラミカウ ポタリ 6月4日Two Lead She, in the haze FINLANDS オワリカラ SaToMansion Made in Asia め組 コレサワ The Cheserasera PLUE The Skateboard Kids ジョゼ Helsinki Lambda Club teto 33Insanity's Vertebra ドミコ ARCHAIC RAG STORE sozoro座mode Manhole New World LONE BOYS END SWING GIRL 少年がミルク GET BILL MONKEYS 神はサイコロを振らない 宮脇詩音 Lily's Blow Omoinotake コトリノループトリノ SLOWBIRD ariel makes gloomy anderlust ЯeaL 瀬川あやか 西田美津希 CLOW わたしのねがいごと。 FUKI Softly 大知正紘 ReN 宇宙まお Softly HOWL BE QUIET 大知正紘 坊さんバンド G・ぷんだりーか 中山卓哉&小島"lue"秀和グッバイフジヤマPAN ドラマストア おいしくるメロンパン セプテンバーミー

※この「第12回(2017年)」の解説は、「SAKAE SP-RING」の解説の一部です。
「第12回(2017年)」を含む「SAKAE SP-RING」の記事については、「SAKAE SP-RING」の概要を参照ください。


第12回(1986/3/1 O.A.)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/02 00:54 UTC 版)

ひょうきんスター誕生」の記事における「第12回(1986/3/1 O.A.)」の解説

審査員フランソワーズ・モレシャン片岡鶴太郎)、林真理子野沢直子)、青木日出雄大平シロー)、アダモステ島崎俊郎)、上田正樹明石家さんま松村花子本人出場芸人だんだん(渡辺正行) - でんでん ゴーゴー三匹石井章雄太平サブロー・シロー) - レツゴー三匹 ゴーゴー三匹1週勝ち抜き審査員から大絶賛受けた太平シロー演ずるゴーゴーじゅん」が、鶴太郎笑い転げる程「レツゴーじゅん」本人ソックリだった為。)

※この「第12回(1986/3/1 O.A.)」の解説は、「ひょうきんスター誕生」の解説の一部です。
「第12回(1986/3/1 O.A.)」を含む「ひょうきんスター誕生」の記事については、「ひょうきんスター誕生」の概要を参照ください。


第12回(2018年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 15:34 UTC 版)

グランドチャンピオンシップ (独立リーグ)」の記事における「第12回(2018年)」の解説

香川オリーブガイナーズ vs 群馬ダイヤモンドペガサス 詳細は「2018年のグランドチャンピオンシップ (独立リーグ)を参照 3勝1分群馬2年ぶりに優勝し2年ぶりにBCL勢の優勝となった無敗での制覇2012年以来3度目であるが、引き分けを含むのは初めてとなる。

※この「第12回(2018年)」の解説は、「グランドチャンピオンシップ (独立リーグ)」の解説の一部です。
「第12回(2018年)」を含む「グランドチャンピオンシップ (独立リーグ)」の記事については、「グランドチャンピオンシップ (独立リーグ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第12回」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

第12回のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第12回のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの仏教伝道文化賞 (改訂履歴)、キングオブコント (改訂履歴)、スラムダンク奨学金 (改訂履歴)、美術の祭典・東京展 (改訂履歴)、スポーツマンNo.1決定戦 総合順位 種目別順位 (改訂履歴)、M-1グランプリ (改訂履歴)、project758 (改訂履歴)、マンガ大賞 (改訂履歴)、全国書店員が選んだおすすめコミック (改訂履歴)、ミュージックステーションスーパーライブ (改訂履歴)、ロシア語スピーチコンテスト (改訂履歴)、GGオークション杯女流対シニア連勝対抗戦 (改訂履歴)、ランベス会議 (改訂履歴)、R-1グランプリ (改訂履歴)、SAKAE SP-RING (改訂履歴)、ひょうきんスター誕生 (改訂履歴)、グランドチャンピオンシップ (独立リーグ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS