ハッスルとは?

ハッスル [1]hustle

スル
はりきること。十分な意欲闘志をもって活動すること。 プレー 声援を受けて一段と-した

はっ・する [0]発する

サ変 [文] サ変 はつ・す
自動詞
その地を出る。出発する。 列車東京駅を-・する
外へあらわれでる熱が-・する 怒り心頭に-・する 積日疲労つかれ)が-・して/多情多恨 紅葉 手前生国と-・しまするは…
ある事を原因として起こる。 親切心に-・した行
他動詞
起こす。はじめる。 宇治川琵琶湖に源を-・する 暴落に端を-・した大恐慌
音・光・熱匂いなどを外に向かって出す。はなつ。 騒音を-・する 悪臭を-・する 空しく埋もれ、名を-・せず世を経()る/五重塔 露伴
考え命令などを明らかにするまた、言葉を口から出す。 会議の間、一言も-・しなかった 警告を-・する
矢・弾丸などを発射する。はなつ。
使者便りなどをさし向ける。 特使を-・する

ハッスル

行政入力情報

団体名称 ハッスル
所轄 東京都
主たる事務所所在地 港区南青山一丁目15番19号 グランドメゾン乃木坂204号室
従たる事務所所在地
代表者氏名 中田 建一郎
法人設立認証年月日  
定款記載された目的
この法人は、主として東日本大震災被災者被災地域に居住する障がいを持つひとに対して被災地域とその他の地域をつなぐために、仕事づくり支援情報発信支援アート活動支援の事業行い社会的弱者をつくらない、社会的弱者孤立させないあたたかな社会づくりの増進寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療・福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:  2016/06/14     認定満了日:  2021/06/13     認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

ハッスル

原題:Hustle
製作国:アメリカ
製作年:1975
配給:パラマウント映画CIC配給
スタッフ
監督:Robert Aldrich ロバート・アルドリッチ
製作:Robert Aldrich ロバート・アルドリッチ
脚本:Steve Shagan スティーブ・シェイガン
撮影:Joseph Biroc ジョゼフ・バイロック
音楽:Frank De Vol フランク・デヴォール
編集:Michael Luciano マイケル・ルチアーノ
キャスト(役名
Burt Reynolds バート・レイノルズ (LT. Phil Gaines
Catherine Deneuve カトリーヌ・ドヌーヴ (Nicole Britton
Ben Johnson ベン・ジョンソン (Marty Hollinger
Paul Winfield ポール・ウィンフィールド (SGT.Louis Belgrave
Eileen Brennan アイリーン・ブレナン (Paula Hollinger
Eddie Albert エディ・アルバート (Leo Sellers
Ernest Borgnine アーネスト・ボーグナイン (Santoro
Sharon Kelly シャロン・ケリー (Gloria Hollinger
Jack Carter ジャック・カーター (Herbie Dalitz)
解説
犯罪都市ロサンゼルス舞台に、敏腕刑事娼婦の愛を描く。製作・監督は「ロンゲスト・ヤード」のロバート・アルドリッチ脚本スティーブ・シェイガン撮影ジョセフ・バイロック音楽はフランク・デボール、編集マイケル・ルチアーノ各々担当出演バート・レイノルズカトリーヌ・ドヌーブベン・ジョンソンポール・ウィンフィールドアイリーン・ブレナンエディ・アルバートアーネスト・ボーグナインシャロン・ケリージャック・カーターなど。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ある日曜の朝、ロサンゼルス警察特捜班のフィル・ゲインズ刑事バート・レイノルズ) は、電話のベルで起こされた。マリブ海岸で若い娘の死体発見されたという。フィル同棲中の恋人ニコルカトリーヌ・ドヌーブ)の『今日一緒にいられの筈だったのに』という不平聞き流し、署に向かった。パリジェンヌニコルは高級コールガールだが、今はパリ捨て、ここロス地盤に稼いでいる。フィルとのつきあいは真剣で、彼の口から結婚という言葉が出れば商売から足を洗いたいと思っていた。だが、フィルの口からその言葉はなかなか出ない。アメリカ中産階級倫理感が身にしみついている彼にとって、商売女女房にすることは、愛情とは関係なく抵抗があるし、まして結婚1度失敗している苦い経験があればなおさらのことだ。署では、ホリンジャー(ベン・ジョンソン)とその妻ポーラアイリーン・ブレナン)が待っていた。夫婦海岸発見された女が、数年前家出した娘のグロリアシャロン・ケリー)らしいという知らせで馳けつけてきたのだ。フィル同僚のルイス・ベルグレイブ(ポール・ウィンフィールド)がホリイジャーを死体置場に連れていった。それはグロリア間違いなかった。グロリア身辺を洗ったフィルは、彼女がペギー・サマーズという娘と一緒にポルノ映画出演したり、いかがわしいクラブで踊っていたことをつきとめた。翌日フィル主任警部サントロアーネスト・ボーグナイン)に、グロリアの死が睡眠薬による自殺だったと報告するが、念のために娘の財布にあった1写真を、35ミリスライドに引きのばすことにした。その写真には2人ビキニ娘と1人の男がうつっていた一方ホリンジャーはフィル自殺説を激しく否定し、他殺であることを主張する。捜査結果グロリアの持っていた写真の男は大物弁護士、レオ・セラーズ(エディ・アルバート)であることが確認された。そもそもニコルアメリカ入国世話し、フィル紹介したのはこのセラーズだった。事件の裏には不気味な影がゆれ動いていた。その頃ホリンジャーも、娘の死の真相を独自で捜査始めペギーから2人レオという男に命令されて乱交パーティなどにはべらされていたことを聞き出すある日、ポーラ・ホリンジャーからフィル電話があり、至急家に来てくれという。娘に関する聞き込みをしていた夫が、グロリアが働いていたストリップ・クラブを訪ね、そこの司会者ハービー・ダリッツ(ジャック・カーター)にさんざん痛めつけられたというのだ。フィルはホリンジャーにこれ以上勝手に動かないよう忠告し、問題クラブ踏み込んでグリッツしめあげる翌日フィルは、ポーラ・ホリンジャーから、夫のマーティ朝鮮戦争部下全員戦死させ、自分だけ生き残ったこと、また夫が出征中に当時3歳だったグロリア不貞現場目撃され、以来母親にまったく背を向けた娘になってしまったことを聞かされた。グロリアそもそもマーティの実の子ですらなかったのだ。警察事件捜査しつこく迫るホリンジャーに真実教えるため、フィルルイス仕方なくグロリアのポルノ・フィルムを見せる。ホリンジャーの衝撃大きかった。彼はペギーから力づくでレオ・セラーズの名前を聞き出すと、復讐燃えセラーズの邸に忍び込んだ。ポーラからこの知らせをうけたフィルルイスセラーズの邸に馳けつけるが、既に彼は死体になっていた。フィルは、ホリンジャーが正当防衛セラーズを撃ったように見せかけるため、わざと彼に傷を負わせると、その銃を死んでいるセラーズの手に握らせた。ルイス一部始終見守る他なかった。事件はこうして落着した。フィル電話ニコル告げた。「空港で会おう。結婚するのも悪い考えじゃない」。空港へ車を走らせる途中、酒を買うことを思いついたフィルは、酒屋に立ち寄った。犯罪都市ロス昼日中、ホールドアップ・ギャングは到るところに出没する。逃走ようとするギャング銃撃戦になり、一弾がフィルの体を貫いた。数時間後、空港フィルではなくルイス歩み寄ってくるのを見てニコルの眼から涙があふれた。

ハッスル!

原題:Los Debutantes
製作国:チリ
製作年:2003
配給:ハピネット・ピクチャーズ=メディアボックス
スタッフ
監督:Andres Waissbluth アンドレス・ヴァイスブルス
製作:Andres Waissbluth アンドレス・ヴァイスブルス

Sebastian Freund セバスティアン・フロイント
脚本:Andres Waissbluth アンドレス・ヴァイスブルス

Julio Rojas フリオ・ロハス
撮影:Arnaldo Rodriguez アーノルド・ロドリゲス
音楽:Christian Heyne クリス・へイン
編集:Galut Alarcon ガルート・アラルソン
音響効果:Boris Herrera ボリス・エレラ

Christian Freund クリスティアン・フロイント
キャスト(役名
Antonella Rios アントネーリャ・リオス (Gracia
Nestor Cantillana ネストル・カンティリャーナ (Silvio
Juan Pablo Miranda フアン・パブロ・ミランダ (Victor
Alejandro Trejo アレハンドロ・トレホ (Don Pascual
Eduardo Barril エデュアルド・バリル (Don Marco
Roberto Farias ロベルト・ファリアス (Danilo
Victor Montero ビクトル・モンテロ (Marcelo
Anita Alvarado アニータ・アルバラード (Solange
解説
シティ・オブ・ゴッド」「モーターサイクル・ダイアリーズ」など、近年活気づいているラテン映画界から登場したチリ・ムービー。一人魔性の女めぐって、実の兄弟が愛と欲望錯綜させる官能ラブ・サスペンス。“チリ人妻”として日本ワイドショーを賑わせたあのアニータが、少年大人にする性の指南役として特別出演している。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
母親死後チリ南部田舎町テムコから首都サンチアゴにやってきた若き兄弟シルビオネストル・カンティリャーナ)とビクトルフアン・パブロ・ミランダ)。華やか都会の生活に憧れ期待に胸を膨らませて田舎を出てきたふたりにとって、大都会あまりにも誘惑の多い場所だった。弟ビクトル17歳誕生日、兄のシルビオ怪しげナイトクラブビクトル連れてゆく。そのクラブには中央小さな舞台があり、妖艶なストリッパーたちが激しく腰を振りながら、官能的ダンス男たち魅了している。その悩ましげなダンス横目にしながらシルビオ店内にいたひとりの娼婦ソランジ(アニータ・アルバラード)に声をかけると、彼女は任せて」と言い残し、ビクトルの手をとって店の隠れ部屋へと消えていった…。弟思いシルビオがこの店に連れてきた本当理由とは、誕生日プレゼントとして「童貞卒業」させてやることだった。ビクトル初体験に夢中だった頃、クラブではひとりの泥酔客が拳銃取り出し騒ぎ出す。店の男たちたじろぐ中、シルビオ一瞬の隙を見て男を倒し、あっという間にその場収めた。その一部始終見ていた店のオーナー、ドン・パスカル(アレハンドロ・トレホ)は、シルビオを2階にある事務所に呼ぶ。ひとりその場残ったビクトルは、舞台一心不乱踊るひとりのダンサーに目を奪われていた。店の人気ナンバーワンである彼女は、胸と腰をビキニのようにクリーム隠しての挑発的ダンスで、自らも陶酔するように踊り続けている。その狂おしい表情憂い秘めまなざしに、ビクトルはすっかり魅了されてしまった。一方事務所では、シルビオはドン・パスカルからドライバー取立て仕事与えられる。こうしてシルビオは、裏ではサンチアゴの裏社会牛耳るチリマフィアのボスという顔を持つドン・パスカルに誘われるまま、闇社会へと足を踏み入れるのだった。それから数日後ビクトル例のダンサーのことが頭からはなれず、勉強も身に入らない。学校をさぼって街へ出かけた彼の足は、いつのまにかあのストリップバーへと向かっていた。そこでビクトルは、あのダンサーの名前はグラシアアントネーリャ・リオス)といい、昼間映画館チケット売りをしていると聞き出し、さっそく映画館へ行く。窓口にいたのは確かに彼女だったが、ストリップバーでの彼女とは程遠い、ごく普通の女性の姿だった。数日後ビクトルは再び映画館行き勇気振り絞ってグラシアに「アイスを食べにいかないか?」とデート申し込む。そのあまりにも唐突シンプル誘いあっけにとられたグラシアだったが、ビクトル純真態度好感持ち、その誘いを受ける。公園アイスクリームを食べながら、いつしかお互い生い立ち夢について語り合い、ふたりは打ち解けてゆく。一方いつしかシルビオは、ドン・パスカルの右腕ダニーロロベルト・ファリアス)とマルセロビクトル・モンテロ)を尻目にドン信望得て社会の“勝ち組”の階段上り始めていた。ある日ドン一週間仕事マイアミへ行くため、その留守シルビオに託した。シルビオドン留守を預かっている間、うっかり家の鍵をなくしたビクトルが、ドン屋敷へ向かう。そして、家の駐車場シルビオグラシア激しく抱擁し、熱いキスを交わしている現場目撃してしまい

ハッスル

名前 HassallHatle

ハッスル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/12 20:33 UTC 版)

ハッスル (hustle) は、英語で「ごり押しする」「乱暴に押しのけて進む」などの意味の言葉であるが、日本における「カタカナ語」としては本来の意味から大きく外れ、「張り切る」「とにかく頑張る」といったニュアンスである。


  1. ^ 浅尾敦則「ディスコ映画の系譜」『映画秘宝 映画懐かし地獄70's』洋泉社1998年(平成10年)、p32
  2. ^ 中村カタブツ君「スポーツ選手も政治家も… 皆揃ってハッスル! ハッスル!」R25、2004年(平成16年)7月29日
  3. ^ サンケイスポーツ「2004流行語はプロ野球関連語がズラリ…来月1日発表2004年(平成16年)11月13日
  4. ^ スポーツナビ「スポーツナビアワード2004 敏腕・鬼編Mが選ぶ 格闘技ベスト5


「ハッスル」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハッスル」の関連用語

ハッスルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハッスルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2020 the Cabinet Office All Rights Reserved
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハッスル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS