パンパンとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > パンパンの意味・解説 

パンパン


ぱん‐ぱん

【一】[副]

手を打ち合わせたり、物をたたいたりする音を表す語。「ぱんぱん(と)かしわ手を打つ」

物が破裂する音を表す語。「ポップコーンがぱんぱん(と)はじける

【二】形動はち切れそうにふくらんでいるさま。「かばんがぱんぱんになる」「食べ過ぎて腹がぱんぱんだ」

アクセント【一】ンパン、【二】はパンパン


【パンパン】(ぱんぱん)

  1. Pan-pan
    艦船航空機で起こった緊急事態無線知らせるためのコール
    重大な問題発生したものの、メーデーコールするほど切迫してはいない場合に用いられる。
    最初呼びかけでは"Pan-pan(パンパン), Pan-pan(パンパン), Pan-pan(パンパン)"と3回繰り返す

  2. 自衛隊地上演習において、発砲模擬するため隊員発する言葉
    関連たまに撃つ弾が無いのが玉に傷

パンパン

読み方:ぱんすけぱんぱん

  1. 売笑婦清水
  2. 淫売婦のこと、略して「パン」とか「パン助」とかいう。語源の(一)は仏印辺で上陸した日本兵を見ると、食料不足から若い女たち手をさしのべてパンパン」と哀願したことから起つた、パン麺麭のこと。(二)は港に入港して上陸許可が出て早速花街駆けつけたがもう寝しづまつている、「パンパン」と表戸叩いて起した、その音から出たともいう。(三)はパンポルトガル語麺麭のこと)を求めて稼ぐ女の意ともいう。
  3. ぱんすけのこと。〔一般犯罪
  4. 闇の女。〔香具師不良
  5. 街娼売春婦呼び名として昔から各国共通語戦後駐留軍により使いじめられた。〔俗〕

分類 俗/一般犯罪香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

パンパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/03 22:57 UTC 版)

パンパン: pom-pom, pom-pom girl[1])とは、戦後混乱期の日本で、主として在日米軍将兵を相手にした街娼である[2]


  1. ^ 『大きな活字のコンサイスカタカナ語辞典』三省堂、2010年2月10日、第4版、868頁。ISBN 978-4-385-11063-9
  2. ^ 赤塚行雄「敗戦後のヨコハマ--パンパンガールという風俗」『公評』第42巻第5号、公評社、2005年、 58-65頁、 NAID 40006766567
  3. ^ a b c 井上et al 2004, p. 296.
  4. ^ 『20世紀のことばの年表』加藤廸男、東京堂出版、2001年11月5日、100頁。ISBN 4-490-10567-3
  5. ^ a b c 世界大百事典 2007, p. 572.
  6. ^ 鈴木哲『暮らしの年表流行語100年』講談社、2011年、83頁。
  7. ^ 松沢呉一『風俗見聞録』ポット出版、2003年、10頁。ISBN 978-4-939015-59-5
  8. ^ 松谷みよ子『現代民話考[8] ラジオ・テレビ局の笑いと怪談』筑摩書房〈ちくま文庫〉、2003年11月1日、246頁。ISBN 4480038183
  9. ^ a b c d 木村et小出 2000, p. 1042.
  10. ^ 『研究社新英和大辞典』研究社、2002年、第6版、1914頁。ISBN 4-7674-1026-6
  11. ^ 『日本語インドネシア語大辞典』末永晃(編著)、大学書林、997頁。ISBN 4-475-00148-X
  12. ^ a b c 日本大百科全書 1988, p. 348.
  13. ^ 米川 2006, p. 522.
  14. ^ a b c 谷川建司 (2011年8月24日) (日本語). 占領期のキーワード100 1945-1952 (電子書籍). 青弓社.. ISBN 9784787220431 
  15. ^ 米川 2003, p. 522.
  16. ^ 井上et al 2004, p. 300.
  17. ^ ここでのパンは麵麭
  18. ^ 井上et al 2004, p. 298.
  19. ^ a b 笠間千浪(編著) (2012年). “占領期日本の娼婦表象 「ベビサン」と「パンパン」:男性主体を構築する媒体 (メディア)”. 〈悪女〉と〈良女〉の身体表象 (電子書籍). 青弓社.. ASIN B014KVVA1C 
  20. ^ 『新千歳市史 通史編』下巻、千歳市史編さん委員会、千歳市、2019年3月28日、1003頁。
  21. ^ 田中雅一「戦後日本の米兵と日本人売春婦 : もうひとつのグローバリゼーション」『アジア太平洋地域におけるグローバリゼイション、ローカリゼイションと日本文化 Volume 2』国際日本文化研究センター〈Singapore Symposium: International Symposium in Singapore 2004〉、2010年3月25日、27-35頁。doi:10.15055/00001302
  22. ^ 茶園敏美「GIとつきあうおんなたち : 占領期日本における「オンリー・ワン」」『コンタクト・ゾーン』第6巻第2013号、京都大学大学院人間・環境学研究科 文化人類学分野、2014年3月31日、 128-162頁、 ISSN 2188-5974NAID 120005617575
  23. ^ a b ジョン・ダワー『増補版 敗北を抱きしめて』上、三浦陽一, 高杉忠明訳、岩波書店、2004年1月30日、135-158頁。ISBN 4000244205
  24. ^ 『性風俗史年表 昭和[戦後]編 1945-1989』下川耿史、河出書房新社、2007年7月13日、61頁。ISBN 978-4-309-22466-4
  25. ^ a b 田村 1982, p. 20.
  26. ^ 恵泉女学園大学 2007, p. 22-23.


「パンパン」の続きの解説一覧

パン-パン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/19 08:39 UTC 版)

パン-パンpan-pan [1][ˈpɑːn ˈpɑːn][2][3])とは、船舶や航空機が使う無線電話用語である。




「パン-パン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パンパン」の関連用語

パンパンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パンパンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパンパン (改訂履歴)、パン-パン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS