ぱんぱんとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(様相) > ぱんぱんの意味・解説 

ぱん‐ぱん

【一】[副]

手を打ち合わせたり物をたたいたりする音を表す語。「―(と)かしわ手を打つ」

物が破裂する音を表す語。「ポップコーンが―(と)はじける

【二】形動はち切れそうふくらんでいるさま。「かばんが―になる」「食べ過ぎて腹が―だ」

アクセント【一】ンパン、【二】はパンパン


パンパン


ぱんぱん

甲州弁意味用例
ぱんぱん早くぱんぱんしろ(早くしなさい)

パンパン

読み方:ぱんすけ,ぱんぱん

  1. 売笑婦清水
  2. 淫売婦のこと、略してパン」とか「パン助とかいう語源の(一)仏印辺で上陸した日本兵を見ると、食料不足から若い女たちが手をさしのべてパンパン」と哀願したことから起つた、パン麺麭のこと。(二)は港に入港して上陸許可出て早速花街駆けつけたがもう寝しづまつている、「パンパン」と表戸叩いて起した、その音から出たともいう。(三)パンポルトガル語麺麭のこと)を求めて稼ぐ女の意ともいう。
  3. ぱんすけのこと。〔一般犯罪
  4. 闇の女。〔香具師不良
  5. 街娼売春婦呼び名として昔から各国共通語戦後駐留軍により使いはじめられた。〔俗〕

分類 俗/一般犯罪香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

パンパン (曖昧さ回避)

(ぱんぱん から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 09:39 UTC 版)

パンパン

パン-パン(pan-pan)

  • 航空機船舶が使用する緊急通信(信号)。一般的に知られるメーデー(Mayday)が現に遭難状態に陥った場合に使用されるのに対し、こちらは遭難状態に陥る「危険が生じた」場合に用いられる。電信では「XXX」。→SOS

Pan-Pan



「ぱんぱん」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ぱんぱん」の関連用語

ぱんぱんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ぱんぱんのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
うっち~の甲州弁研究所うっち~の甲州弁研究所
Copyright(c) うっち ~の甲州弁研究所 All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパンパン (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS