トロフィーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > トロフィーの意味・解説 

トロフィー【trophy】

読み方:とろふぃー

優勝入賞などの勝利を記念して与えられるカップ・盾・像など。

トロフィーの画像
「トロフィー」に似た言葉

トロフィー

作者井上変里

収載図書短編集 ソフトドリンク
出版社日本図刊行
刊行年月1998.10


トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/27 01:50 UTC 版)

トロフィー: Trophy)は、主にスポーツの試合や競技会において優勝者に授与される優勝杯・優勝楯・像などの総称である。元々は戦利品を意味し、勝利の女神に祝福された勝者を称える儀式的な意味合いがある。


  1. ^ Studio ivy Co.,Ltd. (2005年12月23日). “トピックス(2005)”. ANCIENT GREEK COINS. 2013年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月5日閲覧。


「トロフィー」の続きの解説一覧

トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 00:49 UTC 版)

2006 FIFAワールドカップ」の記事における「トロフィー」の解説

優勝トロフィーは、3代目になる。地球2人の人間支えデザインで、2代目大陸日本陸続きになっていたのが正確に修正された。高さ36.8cm、重さ6175g。前大会までは、優勝国次の大会まで管理していたが、今大会からは表彰式直後にFIFAによって回収保管されることになり、優勝国にはレプリカ贈られることになった

※この「トロフィー」の解説は、「2006 FIFAワールドカップ」の解説の一部です。
「トロフィー」を含む「2006 FIFAワールドカップ」の記事については、「2006 FIFAワールドカップ」の概要を参照ください。


トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 14:10 UTC 版)

フィルムフェア賞 南インド映画部門」の記事における「トロフィー」の解説

受賞者授与されるトロフィーは、両手を挙げ女性踊っている姿をかたどっており、「ブラックレディ(The Black Lady)」と呼ばれている。トロフィーはザ・タイムズ・オブ・インディアアートディレクターであるウォルター・ランガンミールの下でN・G・パーンサレーがデザインしており、高さ46.5センチメートル重量が5キログラム青銅となっている。映画賞創設25周年際に銀製のトロフィーが作られ50周年際に金製のトロフィーが作られている。

※この「トロフィー」の解説は、「フィルムフェア賞 南インド映画部門」の解説の一部です。
「トロフィー」を含む「フィルムフェア賞 南インド映画部門」の記事については、「フィルムフェア賞 南インド映画部門」の概要を参照ください。


トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 21:31 UTC 版)

GLAADメディア賞」の記事における「トロフィー」の解説

オリジナルのトロフィーは全高約6インチで、5インチ直方体クリスタル・ガラス新聞記事背景に5本の同心円デザイン施され扇形台座受賞年がエッチングされていた2009年第20回より、Society AwardsのDavid Moritzによる新デザイン一新された新デザインのトロフィーは全高12インチで、ニッケルロジウムメッキ施された3インチ台座の上に手作業サテン質感仕上げられた9インチダイカスト亜鉛彫刻構成されている。

※この「トロフィー」の解説は、「GLAADメディア賞」の解説の一部です。
「トロフィー」を含む「GLAADメディア賞」の記事については、「GLAADメディア賞」の概要を参照ください。


トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 05:40 UTC 版)

エミー賞」の記事における「トロフィー」の解説

エミー賞のトロフィーは、原子模型を掲げた羽の生えた女性の像で、「エミー像」(The Emmy statuette)と呼ばれるテレビ技術者ルイス・マクマヌス(英語版)がデザインしたもので、彼の妻をモデルとしている。1948年にマクマヌスのデザイン決着するまで、ATAS47提案拒絶したそれ以来この像は、テレビ芸術科学支援し高揚させるというテレビアカデミー目標象徴となっている。翼は芸術女神表し原子科学を表す。 賞の名前を決めるとき、アカデミー創設者シド・カシド(英語版)は"Ike"(アイク)を提案した。これは、撮像管一種のアイコノスコープ英語版)を意味するスラングだった。しかしアイクは、第二次世界大戦連合国遠征軍最高司令官ドワイト・D・アイゼンハワー後のアメリカ合衆国大統領)の愛称でもあり、ここから名前を取った思われてしまうということでアカデミー他のメンバー拒絶した最終的にテレビ技術者アカデミー副理事Harry Lubckeが、初期のテレビカメラ使われていたイメージオルシコンスラング"Immy"を提案した。"Immy"が選ばれた後、トロフィーの女性像に合わせる形で女性名化して"Emmy"とした。 プライムタイム・エミー賞各賞のトロフィーは、重さが6ポンド12.5オンス(3.08kg)で、ニッケル・銀・金でできている。像は高さ15.5インチ (39 cm)、直径7.5インチ (19 cm)、重さ88オンス2.5 kg)である。地域エミー賞の像は高さ11.5インチ(29cm)、直径5.5インチ14 cm)、重さ48オンス1.4 kg)である。それぞれ製造5時間半かかり、指紋がつくのを防ぐために白い手袋取り扱われる地域エミー賞のトロフィーは、ゴールデングローブ賞のトロフィーも作成している、ニューヨーク拠点とする企業であるソサイエティ・アワーズ(英語版)によって作成されるプライムタイム・エミー賞のトロフィーは、イリノイ州シカゴ拠点とするR.S. Owens & Company英語版)によって作成されている。 ATASとNATASは共同でエミー賞に関する商標所有しており、「エミー賞」という名前とエミー像の画像使用について厳格な規則課している。例えば、エミー像は常に左向きしなければならない。像の著作権表示は「ATAS/NATAS」と両団体併記しなければならないアカデミー会員は、たとえ賞の受賞者であったとしても、像の画像や名前を宣伝用に使用する場合許可得なければならない。さらに、エミー賞受賞した番組DVDは、エミー賞受賞したという事実を表示して良いが、受賞から1年後全てのコピーから削除できない限り、像の画像使用できない

※この「トロフィー」の解説は、「エミー賞」の解説の一部です。
「トロフィー」を含む「エミー賞」の記事については、「エミー賞」の概要を参照ください。


トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 17:49 UTC 版)

コパ・デル・レイ」の記事における「トロフィー」の解説

大会の歴史を通じて初代から12代までのトロフィーが存在する3連覇もしくは5回優勝したクラブにはトロフィーの永久所持認められ、また特別な理由で永久所持認められる場合もある。FCバルセロナは4個、アスレティック・ビルバオは3個、レアル・マドリードは1個のトロフィーを永久所持しているアスレティック・ビルバオ第1回大会のトロフィーを保持しており、セビージャFC1939年大会(トロフェオ・デル・ヘネラリシモ)のトロフィーを保持している。 2010年12月22日にはスペインサッカー連盟臨時総会が行なわれた。2010 FIFAワールドカップスペイン代表優勝したことを記念し2009-10シーズン優勝クラブセビージャFCがトロフィー永久保持許可連盟求め総会承認経てセビージャにトロフィーが与えられた。トロフィーの現物クラブ与えられた前例としては、コパ・デ・ラ・レプブリカの初代王者1936年)のレアル・マドリードコパ・デル・ヘネラリシモ初代王者1939年)であるセビージャコパ・デル・ヘネラリシモ最後の王者(1976年)であるアトレティコ・マドリードがあった。 新しいトロフィーはマドリード宝石職人であるフェデリコ・アレグレによって制作された。このトロフィーの重量は15kgであり、高さは75cmである。2011年4月21日レアル・マドリード新しいトロフィーの初代受賞者となったレアル・マドリードシベーレス広場祝賀パレード行なったが、ディフェンダーセルヒオ・ラモスダブルデッカーバス2階からトロフィーを落下させてしまい、バス轢かれたトロフィーが破損する事故があった。関係者によって10個の破片集められ元の状態に修復された。レアル・マドリードレプリカ受け取ってエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ飾っている。

※この「トロフィー」の解説は、「コパ・デル・レイ」の解説の一部です。
「トロフィー」を含む「コパ・デル・レイ」の記事については、「コパ・デル・レイ」の概要を参照ください。


トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 17:19 UTC 版)

ヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ」の記事における「トロフィー」の解説

2009年からCL準々決勝以降の組み合わせ抽選会場においてトロフィーを返還代わりにレプリカ授与される規定になっている1967年当時UEFA事務局長ハンス・バンゲルターがデザイン一新することを決めたベルン鋳物職人、ユルグ・シュタデルマンが本体鋳物作業行い彫刻家のフレッド・ベニンガーが仕上げ施して完成させた。製作には340時間掛かった銀製のトロフィーで、高さは74cm、重さは8kgある。正面にUEFAロゴフランス語で "COUPE DES CLUBS CHAMPIONS EUROPÉENS'"と記載され裏側に歴代優勝チーム記載されている

※この「トロフィー」の解説は、「ヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ」の解説の一部です。
「トロフィー」を含む「ヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ」の記事については、「ヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ」の概要を参照ください。


トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 08:28 UTC 版)

ルーンファクトリー3」の記事における「トロフィー」の解説

風邪をひくお祭り入賞するなど、一定の条件を満たす事で自宅地下にトロフィーが飾られていく。このトロフィーから難易度の選択お祭り再プレイなども行える

※この「トロフィー」の解説は、「ルーンファクトリー3」の解説の一部です。
「トロフィー」を含む「ルーンファクトリー3」の記事については、「ルーンファクトリー3」の概要を参照ください。


トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/03 04:20 UTC 版)

ミッシェル・エルブラン」の記事における「トロフィー」の解説

2018年発表された時計モデルである。スポーティカジュアルなデザイン特徴であり、30気圧防水ダイバーズウォッチとなっている。

※この「トロフィー」の解説は、「ミッシェル・エルブラン」の解説の一部です。
「トロフィー」を含む「ミッシェル・エルブラン」の記事については、「ミッシェル・エルブラン」の概要を参照ください。


トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 16:16 UTC 版)

PlayStation 3」の記事における「トロフィー」の解説

PS3アップデートによって更新され機能で、ゲームのやり込み度を表す。

※この「トロフィー」の解説は、「PlayStation 3」の解説の一部です。
「トロフィー」を含む「PlayStation 3」の記事については、「PlayStation 3」の概要を参照ください。


トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/23 02:46 UTC 版)

747リアルオペレーション」の記事における「トロフィー」の解説

エキスパートステージを除く全てのステージクリアする手に入れられる

※この「トロフィー」の解説は、「747リアルオペレーション」の解説の一部です。
「トロフィー」を含む「747リアルオペレーション」の記事については、「747リアルオペレーション」の概要を参照ください。


トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 01:44 UTC 版)

Maru-JanR」の記事における「トロフィー」の解説

対局時の成績や、イベント成績により獲得するトロフィーを確認できる

※この「トロフィー」の解説は、「Maru-JanR」の解説の一部です。
「トロフィー」を含む「Maru-JanR」の記事については、「Maru-JanR」の概要を参照ください。


トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 14:44 UTC 版)

ディディーコングレーシング」の記事における「トロフィー」の解説

トロフィーレース1位になる手に入る隠し要素に関わっている。

※この「トロフィー」の解説は、「ディディーコングレーシング」の解説の一部です。
「トロフィー」を含む「ディディーコングレーシング」の記事については、「ディディーコングレーシング」の概要を参照ください。


トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 10:04 UTC 版)

アサシン クリード II」の記事における「トロフィー」の解説

本作からPlayStationのトロフィー機能に対応となった本作のトロフィーは獲得がしやすく、最も多くのプラチナトロフィーが獲得されているとの調査結果もある。

※この「トロフィー」の解説は、「アサシン クリード II」の解説の一部です。
「トロフィー」を含む「アサシン クリード II」の記事については、「アサシン クリード II」の概要を参照ください。


トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 21:44 UTC 版)

FFAカップ」の記事における「トロフィー」の解説

決勝戦終了後優勝クラブFFAカップというトロフィーを掲げる。このトロフィーは次年度決勝戦まで優勝クラブ保管する。 トロフィーは1962年から1968年まで開催され国内カップ戦、オーストラリア・カップのトロフィーに似せた伝統的な大きなカップスタイルのトロフィーである。FFAカップ自体は銀と真鍮から作られており、そのプレートには24カラットの金とスターリングシルバー使用されているFFAカップには2つ取手があり、それぞれの内側にオーストラリアサッカー連盟バッジ刻まれている。この他、トロフィーにはFFAデザインFFAカップの文字刻まれている。トロフィーは2つサッカーボール模しており、ひとつはカップ台座部分に、もうひとつカップ最上部に取付けられている。 FFAカップのトロフィーはD3デザインにより制作された。D3デザインAリーグWリーグNPL優勝銀盃制作している。

※この「トロフィー」の解説は、「FFAカップ」の解説の一部です。
「トロフィー」を含む「FFAカップ」の記事については、「FFAカップ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「トロフィー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

トロフィー

出典:『Wiktionary』 (2021/09/13 14:20 UTC 版)

語源

発音

名詞

トロフィー

  1. スポーツ試合競技会において優勝者に授与されるなど。

類義語


「トロフィー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



トロフィーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トロフィーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトロフィー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2006 FIFAワールドカップ (改訂履歴)、フィルムフェア賞 南インド映画部門 (改訂履歴)、GLAADメディア賞 (改訂履歴)、エミー賞 (改訂履歴)、コパ・デル・レイ (改訂履歴)、ヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ (改訂履歴)、ルーンファクトリー3 (改訂履歴)、ミッシェル・エルブラン (改訂履歴)、PlayStation 3 (改訂履歴)、747リアルオペレーション (改訂履歴)、Maru-JanR (改訂履歴)、ディディーコングレーシング (改訂履歴)、アサシン クリード II (改訂履歴)、FFAカップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのトロフィー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS