酒田市とは? わかりやすく解説

さかた‐し【酒田市】

読み方:さかたし

酒田


酒田市

読み方:サカタシ(sakatashi)

所在 山形県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

酒田市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 13:42 UTC 版)

酒田市(さかたし)は、山形県の北西に位置する庄内北部の都市である。の人口は約9万7千人で、県内人口第3位である。


  1. ^ 酒田天正寺町、酒田上内町、酒田下内町、酒田細肴町、酒田片町、酒田中ノ口町、酒田山王堂町、酒田給人町、酒田元米屋町、酒田八軒町、酒田荒瀬町、酒田米屋町、酒田浜町、酒田檜物町、酒田近江町、酒田筑後町、酒田新片町、酒田鷹町、酒田外野町、酒田浜畑町、酒田南千日堂前、酒田北千日堂前、酒田本町一丁目、酒田本町二丁目、酒田本町三丁目、酒田本町四丁目、酒田本町五丁目、酒田本町六丁目、酒田本町七丁目、酒田肴町、酒田上袋小路、酒田稲荷小路、酒田山椒小路、酒田中袋小路、酒田実小路、酒田利右衛門小路、酒田下袋小路、酒田染屋小路、酒田鍛冶町、酒田上中町、酒田下中町、酒田十王堂町、酒田大工町、酒田桶屋町、酒田上内匠町、酒田下内匠町、酒田寺町、酒田秋田町、酒田伝馬町、酒田今町、酒田上台町、酒田下台町、酒田桜小路、酒田出町、酒田上荒町、酒田下荒町、酒田上小路、酒田下小路、酒田船場町、酒田新町。
  2. ^ 『電気事業要覧. 第〔6〕回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  3. ^ 消防通信
  4. ^ 『内務省告示第55号』官報. 1933年02月27日 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2022年2月9日閲覧。
  5. ^ 『村廃止並市村境界変更』官報. 1941年07月10日 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2022年2月10日閲覧。
  6. ^ a b 歴代全国ランキング - 気象庁
  7. ^ 平年値ダウンロード”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  8. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  9. ^ 酒田市ホームページ 【統計資料】旧酒田市の統計情報資料.2015年2月27日閲覧。
  10. ^ 京都・大阪・USJ線”. 庄内交通. 2018年2月19日閲覧。
  11. ^ “酒田の花火、来年から大輪「2尺玉」競技会 コロナ逆手”. 朝日新聞デジタル (株式会社朝日新聞社). (2021年5月17日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASP5J6T4ZP4NUZHB005.html 2021年9月18日閲覧。 
  12. ^ 姉妹都市締結:酒田市と米デラウェア市、4月に29年前のALTきっかけに交流/山形”. 毎日新聞 (2017年2月26日). 2017年4月21日閲覧。
  13. ^ 平成27年度 酒田出身の人物 展示人物一覧”. 酒田市立資料館 (2015年). 2019年5月16日閲覧。
  14. ^ 西野寿章「戦前における町村営電気事業の類型化に関する一考察(2)」『地域政策研究』第16巻第1号、高崎経済大学地域政策学会、2013年
  15. ^ 『電気事業要覧. 第〔6〕回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  16. ^ 『電気事業要覧. 第30回』(国立国会図書館デジタルコレクション)



酒田市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/27 09:44 UTC 版)

山形県特別支援学校一覧」の記事における「酒田市」の解説

山形県立酒田特別支援学校前身聾学校だったことから聴覚障害も扱う「併置校」扱い

※この「酒田市」の解説は、「山形県特別支援学校一覧」の解説の一部です。
「酒田市」を含む「山形県特別支援学校一覧」の記事については、「山形県特別支援学校一覧」の概要を参照ください。


酒田市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 02:51 UTC 版)

荘内銀行」の記事における「酒田市」の解説

酒田中央支店は、荘銀と経済団体が酒田市役所近隣建設した酒田産業会館 1階従来東支店を新築移転酒田中央支店改称し開設したまた、これと同時に酒田市および飽海地区における母店機能も担うこととした。さらに1997年には建物老朽化した酒田支店酒田中央支店統合したその後、酒田市においてもドーナツ化現象顕著となったため、酒田駅前の庄交ビル1階所在し酒田駅支店同市二番町所在し浜町支店へと統合し量販店集積し始めた同市北部のゆたか地区2001年8月酒田北支店として新築移転した。また同市南部においては酒田中央支店卸町出張所おおみや支店として昇格したほか、後年には酒田営業部とし同市南部拠点とした、また2009年には同営業部若竹町支店統合し若竹町二丁目新築移転している。 2015年12月21日には、松山支店移転・名称変更の上平田支店統合し、酒田市平田総合支所(旧:平田町役場内に酒田東部支店開設した

※この「酒田市」の解説は、「荘内銀行」の解説の一部です。
「酒田市」を含む「荘内銀行」の記事については、「荘内銀行」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「酒田市」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「酒田市」の例文・使い方・用例・文例

  • 酒田市という市
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

酒田市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



酒田市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酒田市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの山形県特別支援学校一覧 (改訂履歴)、荘内銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS